Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

The reason why this 41-year-old third-rate assassin targeted former Prime Minister Shinzo Abe may have been a grudge against the “Family Federation for World Peace and Unification” that preyed on his mother, but the real motive was “Family for World Peace and Unification”. It must have been because it was ordered by an organization that was not the Union(この41歳のにわか三流暗殺者が安倍晋三元総理を狙ったのは、母親を食いものした「世界平和統一家庭連合」への恨みもあったかもしれないが、本当の動機は、「世界平和統一家庭連合」ではない組織に命令されたからに違いない)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本の希望に満ちた未来は、敢然と侠気を持って、近隣諸国と完全無欠に隔絶しない限り、ゼロ、零、皆無、ナッシング。

東仙坊、正直、「世界平和統一家庭連合」に触れたくない。
そもそも、この団体をおよそ宗教団体とは思えないうえ、今、我が国のおバカメインストリームメディアどもが、むやみやたらフィーチャーしているから、なおさら。
では、今回の残忍非道な安倍晋三元総理暗殺事件と「世界平和統一家庭連合」とは全く無関係なのか?
間違いなく深く関わっていると確信している。
そこで、あくまでその観点から、「世界平和統一家庭連合」で何が起きているかについてプロファイリングしたい。
5)それなりに経済的に発展し、いっぱしの経済先進国を装っていたサプアが、いよいよ落ち目の三度笠、ほとんど壊滅状態。
そうなると、毎度お馴染みの我が日本へのなりふり構わぬタカリグセが鎌首を持ち上げてくるのが、サプア。
それをかなり詳細に書き込んできたが、ここで、そのサプアの最新状況をいくつか。
◇ご多分に漏れず大水害に見舞われ、ビショ濡れ生活。
特に、ソウルの高級住宅街(?)の江南では、夏祭りの夜店のヨーヨーのように、外国製高級車がプカプカ浮かんで、壮観。
そんなとき、8月23日、太田地裁が、日本車ばかりを狙ってボンネットなどに落書きし器物損壊の罪に問われた幼稚な50代オトコに対し、懲役6ヵ月(?)、執行猶予2年(?)を言い渡したとか。
何でも、3月15日、太田市内の飲食店前に駐車されていた日本車のボンネットに油性マジックで、「売国奴、日本に行け!」などと落書き。3月28日、別の日本車のボンネットに「日本へ行ってしまえ!」と落書きし、フロントガラスとサイドミラーを黒く塗り潰したとか。
また、この未熟なアホンダラ、同様の手口で計4回に犯行に及んだとも。
ともあれ、太田地裁、「オトコの犯行により被害者らが大きな精神的苦痛を受けていること、オトコが被害補償のための努力をしていないことなど」を量刑確定の理由に挙げたとか。
それに対するサプアnetユーザーの反応。
「日本車を買うのは個人の自由」
「サプア車に日本製部品が使われていないとでも?」
「日本車がそんなに羨ましいのか?」
「自分はサプア車に乗っていて、高価な日本車に乗る人に嫉妬したのだろう」
「英雄なのだから無罪! (?)」「
「むしろ賞を与えるべき」
「サプア車にもいい車が多いのに、なぜ日本車を選ぶのか理解できない」
◇8月7日、美人妻持ち大統領が、訪韓したナンシー・ペロシUSA下院議長と会談しなかったことが、USAで大波紋。
ミッチェル・リース元USA国務省政策企画部長、「ナンシー・ペロシがサプアの指導者に会わなかったことは非常に憂慮されるものだ。失敗だったと思う。中国を宥める目的だったのなら、それは成功しないだろう。USAを侮辱したものだ。サプアは共同の価値を守らないという信号を世界に送った」
マーク・フィッツパトリック元国務次官補代理(核不拡散担当)、「ミッチェル・リースの立場に全て同意する。屈辱的だった。美人妻持ち大統領が会談しなかったことは中国がサプアに圧力をかけることができ、サプアは中国の意思に屈服するとの認識を与えるものだ」
◎8月4日、「ブルームバーグ」、「サプアの指導者が、休暇中にナンシー・ペロシ下院議長を冷遇し、懸念を増大させた。美人妻持ち大統領はアジア歴訪中のナンシー・ペロシ議長と会わなかった唯一の指導者だ」
USA外交専門誌、「ナンシー・ペロシ議長との会談を省いた美人妻持ち大統領の決定にサプア国民は疑問を投げかけている。大統領の職務を怠ったと批判されている。美人妻持ち大統領が『夏休み中のため会談しない』と発表したことも、大衆の怒りをさらに激しくした」
どうだろう?
USAも、そろそろ本気でサプアを見放す可能性が強くなってきているのでは?

It might be said that the trend of wanting to eliminate South Korea and former Korean Prime Minister Shinzo Abe as a nuisance caused this horrific assassination.(サプアおよびサプア人の安倍晋三元総理をジャマ者として排除したいという気運が、この凄惨な暗殺事件を生んだとも言えるかもしれない)!

To be continued...










profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード