Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

It must be not easy for the original Japanese, who are open-minded and flexible, to simply think about things in terms of angels and devils(天使か悪魔の二律で単純にモノゴトを考えることは、鷹揚で柔軟な本来の日本人には、簡単にできないはず)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本の希望に満ちた未来は、敢然と侠気を持って、近隣諸国と完全無欠に隔絶しない限り、ゼロ、零、皆無、ナッシング。

東仙坊、「世界平和統一家庭連合(FFWPU: Family Federation for World Peace and Unification)」の実態が、宗教団体というよりも、
世界を股にかけるパイオニア的総合商社で、そのための人柱として日本人女性信者と彼女たちが持ち運ぶ資金を、それぞれの地元有力者どもを籠絡するために、狡猾かつ有効的に活用する陰険な営利団体でしかないと書き込んできた。
サプア人らしく「ブラックマネー」や「アンダーマネー」の渡し方、「ハニー・トラップ」のかけ方も、お見事。
それに比べ、17世紀のUK詩人ジョン・ミルトンの旧約聖書「創世記」第3章のエピソードをテーマにした壮大な叙事詩「失楽園」をパクった教義は、あまりにも幼稚。
それゆえ、この「FFWPU」を鰯の頭にできるヒトたちは、どう考えても本物の日本人ではないと感じてしまうのだが…。
「失楽園」。
蛇に唆されたアダムとイヴが、神の禁を破って「善悪の知識の木」の実である「禁断の果実」を食べ、最終的にエデンの園を追放される人間的なストーリー。
神の軍勢に敗れたサタンと悪魔たちが地獄に創った「パンデモニウム(伏魔殿)」。
そこで、悪魔たちが話し合い、神の新しい創造物である「地球」を破壊することを提案すると、サタンもそれに同意する。
そして、サタンは、一人で奈落の底を越え「地球」を探すことを提案する。
地獄を出たサタンは、自分の子どもである「罪」と「死」に出会い、彼らはサタンの後を追って、地獄から「地球」への橋を架ける。
やがて、サタンは、「カオス」と「夜」を通り越し、地球にたどり着く。
そして、ケルビムになりすまし、天使の見張りを交わし、パラダイスに入ったとたん、その美しさに嫉妬する。
それから、最初の人間であるアダムとイヴを見て、彼らが「知識の木の実」を食べることを禁じた神の戒律について話し合っているのを耳にし、その夜、アダムとイヴは、罪のないsex(?)をして眠りにつき、サタンは、ヒキガエルに姿を変えてイヴに囁きかける。
すると、大天使ガブリエルが、サタンを見つけ出し、対峙する。
サタンは戦おうとするが、そのとき、神が空に「金の天秤」を吊るしたので、サタンは逃走する。
そのとき、イヴは、「不服従の夢」から目覚める。
2人の自由意志を確保するために、神は、天使ラファエルを送り、アダムを堕落させようとするサタンについて警告する。
サタンは、人間を堕落させようとする。
人類のために自らを犠牲にする「御子」は、光を創造し、次に星と惑星を創造し、そして、動物と人間を創造する。
アダムは、ラファエルに宇宙のことを詳しく尋ねるが、ラファエルは知識を求めすぎることを逆に警告する。
アダムは、イヴに肉体的に惹かれたことを認め、ラファエルは、天国に戻る。
7日後、サタンは、エデンに戻り、蛇に憑依し、イヴを見つけ、おだてる。
イヴが、「どうやって言葉を覚えたのか?」と尋ねると、サタンは、「『知識の木の実』を食べた」と応える。
サタンは、イヴがその実を食べて勇気を証明し女神になることを提案し、イヴは、躊躇いながらも実を口にする。
イヴは、アダムにも実を差し出し、アダムはイヴが堕落したことに気づくが、2人が離れ離れにならないように実を食べる。
アダムとイヴは、初めて欲情しつつ、激しいsexをする。
神は、この2人を罰するために「御子」を遣わす。
「御子」は、蛇には地面を這う定めを、イヴには出産時の痛みと夫への服従を、アダムには食べ物を得るための労働を、それぞれ罰として課す。
サタンは、地獄に戻り、「罪」と「死」を送り、地球を堕落させる。
サタンと悪魔たちは、蛇に変えられるという罰を受ける。
「堕落」の後、天使たちが、地球を住みにくい環境に変え、動物たちは肉食となり人間に懐かなくなる。
アダムとイヴは、お互いを非難して言い争い、その末に、今の自分たちの心がどれだけ醜いかになんとか気づく。
イヴは、責任を受け入れて自殺を考えるようになり、アダムは神に従うことでサタンに復讐することを提案し、2人は泣いて悔い改める。
神は、ミカエルを送り、アダムに未来のビジョンを見せる。
そこには、彼の子どもたちの犯罪や多くの罪深い世代、そして、ノアの家族以外のすべての人間を神が殺す大洪水も含まれている。
それから、バベルの塔、イスラエル創造、出エジプト、そして、最後には受肉した「御子」としてのイエスを見る。
ミカエルは、堕落を償い、人類を救うための「御子」の犠牲を説明する。
アダムは慰められ、イヴとともに涙ながらにエデン、すなわち、楽園から追放される。

ジョン・ミルトンは、ヤハウェに反逆し地にまみれた堕天使ルシファーの再起、ルシファーの人間に対する嫉妬、ルシファーの謀略により楽園追放にいたるもその罪を自覚して甘受し楽園を去る人間の偉大さを捉えていて、ルシファーがヤハウェの偉大さを知りつつも、服従よりも自由に戦って敗北することを選ぶ美しさを、実にヒロイックだと称賛しているはず。
これが、なぜ、一に集金、二に集金、三に集金の話になるのか?

Religion must be absolutely spiritual, so no matter how you think about it, it shouldn't lead to physical exchanges of money, right(宗教は絶対的にスピリチャルなもののはずなのだから、どこをどう考えても、フィジカルな金のやり取りに繋がるはずはないのでは)?

To be continued...


profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード