Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

If there is a general contractor who makes the top of their own country go to war, kills the top of the other country, and tries to get orders for the reconstruction, isn't it as easy as that general contractor to eliminate their intruders(自国のトップに戦争を起こさせ、相手国のトップを殺害し、その復興を受注しようとするゼネコンがあるとしたら、そのゼネコンが自分たちのジャマ者を消すぐらい簡単なのでは)?

※恥ずかしながら、昨日、up忘れ!!! 大谷翔平ロスかも???

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本の希望に満ちた未来は、敢然と侠気を持って、近隣諸国と完全無欠に隔絶しない限り、ゼロ、零、皆無、ナッシング。

東仙坊、今回の安倍晋三元総理暗殺の本当の黒幕が、不気味なほどパワフルな世界一のゼネコンの「ベクレル組」だと断定しているワケではない。
残忍非道な殺人事件である以上、確かな物的証拠がなければ、軽々に特定し指弾するワケにはいかないことぐらい、百も承知。
正直、それほど無知ではない。
ただ、今、歴史的貿易赤字に苦しむサプアと長い間結託しラクして荒稼ぎしていた「ベクレル組」が、サプア経済の停滞原因がどこまでもサプアに毅然と対処する安倍晋三元総理のせいだと聞かされ、それだったら、排除すればイイだろうが…と命令した可能性は高い。
そのぐらい、何でも人のせいにするサプアでは、凜とした安倍晋三元総理の存在が煙ったかったはず。
そこで、もう少し「ベクレル組」の持つ圧倒的パワーについてプロファイリング。
◇ドワイト・D・アイゼンハワー以降、「ベクテル組」は、ありとあらゆる国家のすべての最高責任者と密接に連携。
もちろん、USAでは、1つの民間会社が、ここまで大統領の権力と結びついたことは、いまだかつて例がないと言われるほどになったとか。
◇第40代ロナルド・レーガン~第41代ジョージ・H・W・ブッシュの12年間で、得体の知れないほどのパワーを持つ巨大政商の座を確立。「影のUSA内閣」と呼ばれるほどに台頭。
◇1980年ロナルド・レーガンの大統領選挙運動で、「ベクテル組」は、メチャクチャ大口の寄付を行ったが、そのとき、仲介したのがある「ディープステート」メンバー企業のある人物。
それを機に、「ベクテル組」とその企業との協力関係は確固たるモノになったとか。
実は、このことは、重要な意味を持っているので、後で詳しく…。
◇「ベクテル組」の顧問会議メンバーに、「シティバンク」ウォルター・リストンと「ピーボディ石炭」社長のロバート・クエノンが参加。
◇1981~1987年CIA長官ウィリアム・ケーシーは、「ベクテル組」と深い関係のあるインドネシア大手石油会社「プルタミナ」のUSA代理人。
◇「ベクテル組」副社長ケネス・デービスは、USAエネルギー省のナンバー2。
ところで、せっかく驚愕の権力を掌握した「ベクテル組」でも、このころ、世界的な時代の潮流であるエコブームの訪れの前に、なすスベがなかった。
また、地球温暖化による脱炭素化は、間違いなく大きなウネリになりかかっていた。
さらに、1980年代になると、CIAの命令や情報に従っていた「ベクテル組」が、その推進の先頭に立ち、そこから巨万の富を得てきた原子力産業が、急騰する建設費と環境問題が深刻化するなかで、終りを告げ始めた。
そして、石油産業も打撃を受け、そのために、長い間「ベクテル組」が、金のなる木としてきた精油所やパイプラインの注文が一気に減少。
そこに、世界的な建設業界不況が続き、さすがの「ベクテル組」も、売上は極めて不安定になっていた。
実際、「ベクテル組」副社長でもあったキャスパー・ワインバーガー元国防長官会長のフォーブス誌の非公開企業の売上高ランキングで、「ベクテル組」は、1999年売上151億ドル(全USA5位)をピークに、2001年、134億ドル(全USA6位)と低迷が顕著になった。
そこで、メチャクチャ興味深い話が、2つ。
1つは、「ベクテル」家のステファン、ライリー、アラン・ダックスの3名が取締役会に名を連ねる「ベクテル組」所有の「プライベイト・インベストメント・ファーム」と「フリーモント・グループ」取締役で、2000年大統領選選挙準備委員会メンバーで、ジョージ・W・ブッシュ大統領の生みの親で、「ベクテル組」の影のボスで、「ベクテル組」と関係の深い「JPモルガン」取締役で、そして、ヘンリー・A・キッシンジャー元国務長官やデビッド・ロックフェラーを率い財界への絶大な影響力を持つ、ジョージ・P・シュルツが、2002年9月6日、「ワシントン・ポスト」に、「アクト・ナウ」と題する寄稿を掲載。
「危機は差し迫っている。時間をかけることはフセインを利するだけだ」とサダム・フセイン政権の即時打倒を直訴しているというから、ビックリしないか?
そう、イラク戦争を仕向けているのである。
そ、そ、そして、イラク戦争終了後のイラクの初期復興事業で、実際に、最大の総額6億8000万ドル(約816億円)に上るインフラ復旧事業を受注しているのである。
ちなみに、1991年の湾岸戦争後のクウェートの戦後復興を受注したのも、「ベクテル組」。
◎2003年4月19日、「ニューヨーク・タイムズ」
「そして、『ベクテル』が勝った」と題する社説。
「イラク復興の最初の主要事業の受注先が、ブッシュ政権と政治的に親密な企業に決まり、国際社会に嘆かわしいメッセージが送られた」と不透明な一握りのUSA企業にしか入札を認めない「第二次世界大戦後の『マーシャル・プラン』以来の規模」の「復興利権」の配分法に、「USAID(USA国際開発局)」を批判しているのである。
ちなみに、世界最大ゼネコン「フルーア」など4社が入札に参加。
また、ロナルド・レーガン政権の国務長官ジョージ・シュルツは、「ベクテル組」取締役、ライリー・ベクテル「ベクテル組」会長は、大統領諮問機関「輸出会議」メンバー、元海兵隊大将ジャック・シーハン「ベクテル組」上級副社長は、国防長官諮問機関「国防政策委員会」メンバー。
まだある。
「ベクテル組」は、イラクからヨルダン南部のアカバ港に抜ける「パイプライン」計画を推進。
1983年、USA政府特使としてイラクを訪れ、「ベクテル・プラン」をサダム・フセインに持ちかけたのが、何をあろうドナルド・ラムズフェルド元国防長官(軍備管理に関する大統領諮問委員会委員&中東特使)。
けれども、1986年、サダム・フセインが拒否。
と、と、ということは、MI-6とCIAを使って、イラク戦争を起こし、サダム・フセインを殺害したのかもしれないのでは???

Just because you're a USA politician like China and Korea, who are weak in money, if you listen to the creepy general contractor, you couldn't at least become a great politician, could you(金に弱い中韓みたいなUSAの政治屋だからといって、不気味なゼネコンの言うことを聞いているようでは、少なくとも偉大な為政者にはなれないのでは)?

To be continued...



















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード