Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

It must be time for the people of our country to realize that we have never once become a truly independent nation since the end of the war(我が国の国民は、戦後、ただの一度も真の独立国家になったことがないことを自覚すべきとき)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本の希望に満ちた未来は、敢然と侠気を持って、近隣諸国と完全無欠に隔絶しない限り、ゼロ、零、皆無、ナッシング。

東仙坊、サプアの「陰の政府」である「ベクテル組」、我が国の「陰の政府」である「ベクテル組」の子会社「ディロン・リード」について、
かなり詳細に書き込んできている。
そして、それらをパーフェクトにコントロールしている、「陰のUSAコア・コンピタンス政府」というよりも、「実質的なUSA政府」である「ボヘミアン・グローブ」の存在を知って、絶望的な気分にさせられている。
金、金、金がすべての市場原理主義の世界を創り上げた白人至上主義者たちにとって、戦争さえ単なる金儲けのための手段。
ましてや、その後、自分たちが占領した国など、ただただ便利で都合のいいマネー・ロンダリングのためのターゲット。
なかでも、日本とサプアのように、かつて1国だった国がウマく分割できたときは、旨味100倍。
「ベクテル組」と「ディロン・リード」を見れば、一目瞭然。
それにしても、「実質的なUSA政府」である「ボヘミアン・グローブ」メンバーどものジャイアントパワーは、凄まじい。
何しろ、戦後、77年も経っても、日韓をヌケヌケと蹂躙し続けているのだから…。
我が日本なんて、JCIAさえ組織だてさせてもらえないのだから、CIAに闊歩されるのも、当たり前。
それはそうである。
「日米安全保障条約」だって、起草したのが、「ボヘミアン・グローブ」メンバーのジェームズ・フォレスタル、ウィリアム・H・ドレイパーなど。
そう、メイド・イン・「ディロン・リード」。
それだけでも、我が国の国益など一切考慮されていないのは、明白なのでは?
それは、不気味なsexカルト「FFWPU(世界平和統一家庭連合)」の信者よりも、もっと気性の悪い信者がたくさんいる日本国憲法も同じ。
それはそうだと思わないか?
こともあろうに敢然と自分たちに立ち向かった日本人の肝を、タマ(?)を抜こうという意図から、また、どこまでも自分たちの思いどおりに言うことを聞かせることを意図し、さらにまた、他の国に干渉させないことを意図し、ダグラス・マッカーサーが、自分の懐刀だったコートニー・ホイットニーGHQ民政局長を日本国憲法起草案責任者に選出。
そして、「マッカーサーノート」、憲法起草のための3原則(天皇は国家の元首/戦争放棄/封建制度(?)の廃止)に基づき、憲法学を学んだ人が一人もいない24人と、草案をたった1週間で作成したシロモノ。
そう、日本人関係者を、「案を飲まなければ天皇を軍事裁判にかける」とか、「我々は原子力の日光浴をしている」などと恫喝しながら…。
そもそも、まだ主権のないときに、主権の大元になる主権の意思、すなわち、国民の総意のないときに憲法を外国人に作られるなんてメチャクチャ情けなく歯痒くバカにされているのでは?
そのリアリティは、その低級な日本国憲法の前文だけでも、明々白々。
日本国民は、恒久の平和を祈願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、我らの安全と生存を保持しようと決意した
東仙坊、その悔しさから、徹底解読。
◉「恒久の平和を祈願」
祈るのは、自由、誰もが自由なのだから、カラスの勝手。
それも、sexカルトだろうが、鰯の頭だろうが、何に祈ろうと、自由。
だとしても、人間としている生きるには、今の瞬間、せいぜい明日、自分の目の黒いうちは、平和であってほしいと願うのが、人間の謙虚さのはず。
ところで、世界のどこかで平和じゃない人が、人々がいるのに、自分の平和だけを祈るなんて、かなり身勝手なのでは?
絶えず自分自身を見つめ、我が国が平和であるために、世界が平和であるために、自分が何をできているかを考え、平和ボケにならないように努めるぐらいなのでは?
どちらにしても、人類誕生以来、どの一瞬にも、必ず世界のどこかで平和とは無縁に生きていた人、人々が必ずいたことだけは確かなのでは?
その観点からでも、やがて人類が地球上から、そして、空間から消滅するときまで、平和な世界など絶対にないのでは?

No one has ever told us out loud that our government is completely controlled by the CIA and “Dillon Reed” and “Bectel” and “Bohemian Grove”(我が国の政府が、CIAと「ディロン・リード」と「ベクテル」と「ボヘミアン・グローブ」に完全支配されていることを、今まで誰も大声で教えてくれなかった)!

To be continued...








profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード