Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Once Li Keqiang and Hu Chunhua are removed, the Chinese economy would undoubtedly fall into decline(李克強と胡春華を外した段階で、中国経済は、間違いなく階段を転がり落ちるように衰退してゆくに違いない)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本の希望に満ちた未来は、敢然と侠気を持って、近隣諸国と完全無欠に隔絶しない限り、ゼロ、零、皆無、ナッシング。

サプアの経済崩壊の象徴を、今や戦争になっている半導体業界における「サムソン」の落ち目度で指摘したので、中国の経済の凋落ぶりを、その見地から、チェックしてみたい。
10月24日時点の時価総額基準で、世界100大半導体企業のうち中国国籍企業が、なんと42社。 
USA28社、台湾10社、日本7社、オランダ4社、サプア3社(サムスン3位、SKハイニックス14位、SKスクエア100位)。
USAが主導する半導体協力体「チップ4(USA・台湾・日本・サプア)」国家に属する企業は、計48社。
そう、数では、中国が圧倒しているのに、その時価総額では、あくまで後発。
台湾「TSMC」と「サムソン」をパクる「SMIC」28位、「TCL(中環新能源科技)」 31位、「ユニグループ・グオシン・マイクロエレクトロニクス(紫光国芯)」32位、「ウィル・セミコンダクター(韋爾半導体)」 38位などがイイところ。
しかも、中国企業の対2018年比の2021年平均売上高の増加率は、26.7%で、中国外企業8.2%に比べ成長性が約3.3倍、同期間の営業キャッシュフローに対する設備投資比率も、124.7%で、中国以外の企業47.7%の2.6倍なのに、そんな程度。
つまり、「チップ4」よりも、パクリ・盗み・ハッキングだけの技術では、売り上げが伸びないということ。
さて、そ、そ、そんなとき、ジョー・バイデンにとって、いくらCIAからある程度情報が入っていたとしても、中間選挙のことで頭を抱えているのところに、メチャクチャ厄介なことが発生した。
発狂したPuサンが、本当にウクライナ侵攻の愚挙に出たのである。
それに対し、老人性痴呆症が始まっていたジョー・バイデン、自分が自由民主主義国家のリーダーであることを忘れ、ロシアと戦争になったら地球は滅亡するとビビって、「我々は、一切関与しない」とすぐさま口走ってしまったのである。
おかげで、ジョー・バイデンは、またしても世界から、国内から非難囂々。
そのために、仕方なくロシアへの経済制裁で対応するしかスベはナシ。
もっとも、民主党、ウォール街、「チャイナゲート」は、もともと共和党の「ボヘミアン・グローブ」とは違って、最初からロシアに大して投資していなかったから、メチャクチャ厳しい制裁を断行可。
とりわけ、ウィリアム・J・バーンズCIA長官が、2005年~2008年駐ロシア大使だったから、ロシアの弱点を熟知。
何しろ、コヤツ、ロシア語、アラビア語、フランス語に堪能で、大統領功労賞を2度、国務省功労栄誉賞も2度、ジェイムズ・クレメント・ダン賞、ロバート・C・フレイジャー記念賞、チャールズ・E・コッブJr.国際親善賞、のチャールズ・E・コッブJr.特別栄誉賞を5度受賞、そして、旭日大綬章まで受章しているほど。
ロシアのウクライナ侵攻直後の2月28日、MI-6を通じ、「サハリン2」の「サハリン・エナジー」の27.5%-1株を所有する権益を持つ「ロイヤル・ダッチ・シェル」に、ロシアでのそれを含む全事業から撤退を決定させる。
同じく、10月17日、「エクソンモービル」が、権益30%を所有する「サハリン1」から完全に撤退。
と、と、ところが、またしても、日本が、今までのように素直に言うことを聞かないので、ジョー・バイデンは、イライラ。
それだけじゃない。
安倍晋三元総理とPuサンとの特別な関係のせいもあるのか、「ディロン・リード」と「ベクテル」を通じて、「千代田化工建設」、「東洋エンジニアリング」が、プラント建設工事を受注していたせいか、はたまた、12.5%の権益を取有する「三井物産」、10%の権益を取有する「三菱商事」、30%の権益を保有する「伊藤忠商事」、「丸紅」、「石油資源開発」などの強い意向なのか、日本の最大派閥の大臣どもが、「日本企業の権益を守る」とか、「『サハリン1&2」の権益を維持する方針は変わりない。『サハリン2』の権益を持つ『三井物産』、『三菱商事』に対しては、ロシアが新たに設立した会社への参画を前向きに検討するように引き続き働きかける」とあろうことか堂々とうそぶいたから、ジョー・バイデンは、完全にブチ切れ。
とりわけ、ウィリアム・J・バーンズCIA長官は、「フザケロ! 安倍晋三元総理! 安倍派! 目にもの見せてやる」と激怒。
というのも、日本に恥をかかされるのは2度目だから。
そう、コヤツ、タリバンが首都制圧後のアフガニスタンを極秘訪問し、カーブルにおいてバラダル師と会談して、「日本に人道支援するように言ってあるから心配ない」と豪語していたのに、恥をかかされた状態のままなのだから、それも当たり前。

Who did former Prime Minister Shinzo Abe anger the most? That must be the main reason why he was brutally assassinated(安倍晋三元総理は、一体誰を一番怒らせたのか? それこそが、凄惨に暗殺された主因)!

To be continued...

















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード