Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Due to the collusion of the Ministry of Health, Labor and Welfare and the medical association, the number of hidden deaths due to the “Chinese Communist Party virus” in our country should continue to increase due to the ineffective vaccine(厚生労働省と医師会の共謀で、効果のないワクチン一辺倒で、我が国の「中共ウィルス」感染者による隠れ死者を増やし続けている)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○非独立国家のままの情けなくてみっともないUSAの属国の我が日本でも、まず国防を自分たちの手ですることから、宗主国USAの本当の信頼を勝ち取るべき。

東仙坊、ワケのわからない「新たな資本主義」と「脱炭素化」を標榜し、ロシアをまるで国際法を履行する国とみなし、「サハリン1」を見限れない情けなくてみっともない我が日本に、凄く絶望している。
それはそうである。
ついに、一向にパンデミックが収まらないばかりか、さらに感染力が強く、免疫回避性があり、感染速度が「BA.5」と比較して20%も速い「オミクロン」の新株「XBB(グリフォン)」と「BQ.1.1(ケルベロス)」の感染拡大しているというのに、国民が自分自身でコロナの簡易検査をし、陽性だったら自ら保健所に登録し、具合が悪くなったら保健所に医者を紹介してもらえるというシステムに変えるなんて、まさにキチガイ沙汰。
どうやら、ロシアに、「ブレヴェスニク」か、「ジルコン」か、「カリブル」か、「グラニート」か、「キンジャール」か、「カリブル」でも撃ち込まれない限り、ロシアを普通の国と思ったままのご様子。
本当にバカは死んでも治らないのかも?
マフィア国家がどういうものかさえ理解できないのか?
それは、黒社会国家中国だって、全く同じ。
何が、14億人超のビッグマーケットだ! 世界の工場だ!だと思わないか?
実質は、1億人のマーケットで、技術なきデタラメ工場だとなぜわからないのか?
そのデタラメさ加減、ズボラさは、まさしく世界一。
東仙坊、10年間以上、説明の中国語での案内を出し続けても、ゴミの分別出しを、やたら近隣に住む中国人の方々はご理解できないことでも、明々白々。
それをリアルに象徴する話が、これ。
11月4日、中国が、自国の宇宙ステーションのコンポーネントを軌道に届けるべく打ち上げた大型ロケット「長征5号B」の最上段モジュールを、また、放置状態で、大気圏に再突入させたとか。
それによって、落下地点に近い南欧諸国は、万一に備え、安全が確認されるまで空域を閉鎖する対応を取らされるハメになったというから、メチャクチャ迷惑。
それなのに、CNSA(中国国家航天局)は、10月31日、天宮宇宙ステーションの3つ目と最後のモジュールを長征5号Bロケット4号機に搭載して打ち上げ、ミッションは問題なく進行し、13時間後にモジュールはステーションへのドッキングに成功したと、大騒ぎで自慢。
科学技術があるなら、そのモジュールが他の地球上の人間の迷惑にならないようにするのが、責任なのでは?
なぜなら、大気圏外に打ち上げたモノは、重力に引き寄せられ、高度を下げ、大気圏に再突入するのは当たり前。
実際、EUの宇宙監視・追跡システム「EUSST」は、明確に予測しているのだから。
それゆえ、EASA(欧州航空安全機関)は、落下してくるロケット最上段が上空を通過すると予測されるス、ペイン北部の空域の一部であるフランス・コルシカ島の南の空域を閉鎖する措置を実施し、ポルトガルのリスボン、スペインのバルセロナとマドリード、フランスのマルセイユ、イタリアのローマなどが不測の事態になった場合に影響を受ける可能性があると、各国の航空当局は、ロケットの予測ルート両側70~120kmの範囲を、予測される時刻の前後数分間、空域制限するよう勧告しているのでは?
それでも、再突入時刻を正確に予測せず、前後数分間のウィンドウで管理しているのは、落下してくる物体の軌道が大気の抵抗の揺らぎから、どの程度減速・減衰するかを見極めるのが難しいからというのでは?
そもそも、地球低軌道を回るオブジェクトは、だいたい1秒間に8km近くも移動しているために、もし数分予測が狂えば影響区域は1000km以上もズレることになるというのでは?
それから、「Nature Astronomy」に発表された論文によると、中国が今のような使用ズミ大型ロケットの処分方法を続けた場合、10年間に1人以上の死傷者が出る可能性が10%に上るというのでは?
今回の落下により、過去に制御不能状態で大気圏に再突入した最大の物体のうち、4つが長征5号のものだというのでは?
そ、そ、それなのに、長征5号Bを、2023年末~2024年初めにまた打ち上げる予定だというから、本当にジコチュウ国家。

The inability of Professor Yoshihiro Kawaoka's team to complete their own inactivated vaccine provides a glimpse of the true nature of this unidentified coronavirus(河岡義裕教授のチームが、なかなか独自の不活化ワクチンを完成できないところに、この正体不明のコロナウィルスの本質が垣間見れる)!

To be continued...




profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード