Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

It might be fair to say that Chinese people live in a mental situation similar to that of Itaewon, South Korea, where the crushing accident took place(中国の人々は、日々、今回の圧死事故を起こしたサプアの梨泰院のような精神的状況下で暮らしていると言ってもイイのかも)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○非独立国家のままの情けなくてみっともないUSAの属国の我が日本でも、まず国防を自分たちの手ですることから、宗主国USAの本当の信頼を勝ち取るべき。

東仙坊、我が日本政府の異常さは、あれだけ「動態清零(ドンタイチンリン)」、「ゼロコロナ対策」を実践している中国で、今、感染拡大しているのに、まるでパンデミックが収束したかのような政策を遂行していることにあると、実に不思議な気持ちにさせられている。
自分たちで生成し、世界にバラ撒き、世界を混乱させておきながら、できていたワクチンも解毒剤も全然効果がないことがわかって、完全に顔面蒼白の習近平にとって、「中共ウィルス」は、まさしくトラウマそのもの。
けれども、結果的に、悪魔の中国の対策は、功を奏しているのでは?
なぜなら、今までの発見されたウィルスのすべては、変異を繰り返しつつ、弱毒化してゆくもの。
その一方、人間社会の方は、感染やワクチンなどで、ヒトがそのウィルスに対する抗体を生成するようになり、やがて集団免疫を生み、自然にフェイドアウトしてゆくもの。
そ、そ、それなのに、この人造的としか思えない奇妙奇天烈なコロナウィルス、変異すればするほど感染力が強まり、抗体をスルーする能力を高め、極めつけは、感染すればするほど重症化するというから、ますます厄介。
最新変異株の「オミクロン」亜種「XBB(グリフォン)」と「BQ.1.1(ケルベロス)」にいたっては、感染力がさらに強く、抗体を完全にスルーするというから、あな恐ろしや。
中国国家衛生健康委員会によると、11月6日1日で、中国本土において新たに5496人の「中共ウィルス」国内感染者が確認されたとか。
そのうち、感染確定例が、22の省市区で535例、無症状感染例が、29の省市区で4961例。
中国本土での現在の感染確定者数は、6617人(うち輸入性が504人)、重症患者は30人(輸入性ゼロ)。
医学観察が行われている無症状感染者が、3万4158人、濃厚接触者が、68万3516人。
5月2日以来最多だというのだが、凄く不可解では?
あれだけ、厳格に感染を抑止する「ゼロコロナ」政策を取っているのに、なぜ増加するのか?
ともあれ、これで、せっかく「ゼロコロナ」政策が近く緩和されるのでは?との期待から、中国株は、先週急伸していたのに、香港株以外は、再び停滞。
しかも、中国国家衛生健康委員会が、「ダイナミックゼロコロナ」政策を堅持すると改めて表明したから、ゴクロウサン。
そ、そ、そうしたら、「フォックス・ハント(キツネ狩り)」が日常化してしまった中国共産党、新たに7年間中国人民銀行副総裁だった范一飛を、重大な規律違反の疑いで取り調べているとか。
ちなみに、コヤツ、デジタル人民元の実証実験や携帯電話を使った支払いなどのフィンテック分野を担当していたというから、その汚職金額は膨大なのでは?
では、新しい習近平の経済音痴のイエスマンだらけの中国新執行部で、中国の経済は成長するのか?
誰が考えても、絶対ムリなのでは?
特に、経済を担当するのが、「ミスター・マイナス13.7」こと李強では、最悪なのでは?
えっ、何で「ミスター・マイナス13.7」って、呼ばれるのか?って?
何でも、上海市の第2四半期(4月~6月)の経済成長率を、記録的な「マイナス13.7%に落ち込ませたオトコ」という意味だとか。
それより何より、このご仁、2500万人の上海市民を準備不足のままメチャクチャ厳しい「ロックダウン」、強制的「封城(フェンチェン)」を2回もして、上海市民から大顰蹙を買いながら住宅地を視察して、その上海市民たちから、直接、「ニンジンとジャガイモ、タマネギ2個ずつしか支給されていない。食べ物がない! 恥を知れ!!」とか、「国をこんなふうにしてしまった「アナタたちは有罪だ」などと罵声を浴びせられている動画をnet上に掲載され、大恥をかいた情けないオトコ。
そして、上海市民たちに、「我好『社死(シャースー:社会的な死)啊!」という流行語を作らせたオトコ。
どうだろう?
こんなご仁に、経済を任せて、本当に大丈夫なの?と余計なお世話を言いたくなるのは、東仙坊だけではないと思うが…。

Living in a fiercely competitive society in a multi-ethnic country like the United States and China, people naturally should stop trusting others(米中のような大きな国の多民族国家で激烈な競争社会に生きていると、人間は自然に他人を信じなくなってしまうもの)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード