Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

In Ukraine, you have no idea where Russian spies and pro-Russian ties to Russia are(ウクライナでは、どこにロシア人スパイが、ロシアと通じる親露派がいるのか全くわからないのでは)?

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○非独立国家のままの情けなくてみっともないUSAの属国の我が日本でも、まず国防を自分たちの手ですることから、宗主国USAの本当の信頼を勝ち取るべき。

東仙坊、ロシアとウクライナとの戦いで証明されていることは、どちらもメチャクチャ大勢存在するスパイ、いわゆる「ヒューミント」をやたらめったら有効活用しているということ。
まさか、21世紀になっても、忍者のようなスパイが最重要だとは、鼻白むばかり。
おかげで、それぞれが発信する情報はそれぞれに信用できないし、「ニセ旗作戦」は常套手段。
ましてや、ロシア人とウクライナ人は、見た目が酷似、兄弟国と言われるのも、ある意味、当然。
それゆえ、お互いにスパイの発見は、相当大変なはず。
それで、ついつい考えてしまうのが、世界一のお人好し国家我が日本のスパイのこと。
人を信じやすい世界でも稀有な「性善説」の持ち主で、せっかく繊細で感受性が強いのに相手と思いやりと心配りで善意に解釈してしまう我が日本に、このうえなくエクセレントなスパイなどいるのか?ということ。
逆に、世界からスパイ天国と呼ばれる我が国には、世界中のスパイがいっぱい。
とりわけ、見た目が酷似する中韓北のスパイは、一体どのくらい多くいるのか?
もしかしたら、2人に1人がそうじゃないかと思ってしまうほど、昨今、胡散臭いヒトがいると思うのだが、どうだろう?
ところで、11月23日、微博に投稿された動画などによると、河南省鄭州市にあるアップルの「iPhone」を生産する巨大工場周辺で、従業員と鄭州市当局者が睨み合い、一部で衝突する事態が起きたとか。
何でも、台湾の「鴻海精密工業」傘下にある工場従業員の待遇を勝手に改悪したことに抗議してのことで、この生産低迷が「アップル」の業績に響く可能性があるとか。
ウソつき中国の国営マスメディアは、その台湾企業が、ボーナスを支払わなかったからと伝えているが、果たして本当にそうなのか?
それで、断然気になるのが、サプアのマスメディアの報道したこの話。
11月22日、サプア「ヘラルド経済」は、「0%なんてあり得る? サムスンも衝撃、中国の厳しい韓国産冷遇」と題する記事を掲載。
「中国の今年7~9月期の5Gスマートフォン市場で、『サムスン』のシェアは0.8%で、中国市場に進出しているスマホメーカーの中で事実上最下位の9位に当たる」とか。
何でも、シェア1位、「アップル」19.4%、2位「Vivo」18.6%、3位「OPPO」15.0%、[ファーウェイ」14.8%。
機種別でも、1位、「アップル」iPhone 13、2位「アップル」iPhone 12、3位「アップル」iPhone 13 Pro Max、4位「アップル」iPhone 12 Pro Max、5位「アップル」iPhone 13 Pro。
「サムスン」のスマートフォンは、20位以内にも入っていないとか。
「『サムスン』にとっては手痛い結果となった。サムスンは、昨年末、中国のスマートフォン市場でシェア20%を獲得するため副会長直属の中国事業革新チームを新設。『Galaxy Z Fold』と『Galaxy Z flip』の発表イベントも中国内では別途で開催し、現地の有名インフルエンサーを使った広報も積極的に行っているが、こうした努力も空しく、1年が経ってもシェア0%台を抜け出せていない」
このニュースに対するサプアnetユーザーの反応。
「限韓令も問題だけど、中国国民はサプアが1位をとり、ウマくいくのが気に食わないのだろう」
中国人は『サムスン』のスマホを『iPhone』には及ばず、中国製スマホとは大した差がないと考えている。『サムスン』を買うメリットがないから、挽回するのは難しい」
「反韓感情ではなく、中国製品の質が向上してサプア製品を買う必要がないんだよ」
中国にとって『サムスン』は利用価値がなくなり、除去対象になった。0%は当然のこと。この世には実利のみを追求する民族や国がたくさんあるが、中国はその中でもトップ
「中国市場は諦めて別の国に目を向けた方がイイ」
「経済の中国依存度を減らすことは、未来のために必ずクリアしなければならない課題だ」
どうだろう?
かなり理解できているサプア人もいるようで、ほんの少し苦笑したくならないか?
さて、東仙坊、この2つのニュースは、見事にリンクしていると思うのだが…。
いくら何社ものスマホ会社が中国製スマートフォンのシェアを伸ばしても、「アップル」を超えられていないのである。
そこで、国産を買え!と号令をかけている中国共産党政府、「アップル」の生産工場、それも台湾の「アップル」の生産工場でトラブルをわざと起こさせ、その稼働を遅滞させようとしたのでは?と思わないか?
それこそが、中国。
ともあれ、世界では、モノゴトが簡潔明瞭ではないということを我々日本人は、もっともっと肝に銘じる必要があるのでは?

For the Chinese Communist Party, in order to increase the sales of domestically-made smartphones, it would be trivial to interfere with the operation of factories that manufacture rival smartphones from other countries in China(中国共産党なら、自国製のスマホの売り上げを伸ばすためには、中国にある他国のライバル会社のスマホを生産工場の稼働のジャマをすることなど、朝飯前なのでは)!

To be continued...

profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード