Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

China, which has no real technology, outsmarted the USA and created an artificial chemical weapon that was being developed by China under the sponsorship of the USA. Therefore, I am convinced that the truth is that it has grown into a “monster coronavirus” that couldn't be controlled by humans(金儲けのためにUSAがスポンサーになって中国が開発していた人造化学兵器を本当の技術がない中国がUSAを出し抜いて創り上げてしまった。それだから、人間の手に負えない「モンスター・コロナウィルス」に成長させてしまったというのが真相だと確信しているのは、東仙坊だけではあるまい)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○なぜ世界中のマスメディアが、我が国の宗主国USAを分断国家として認識しているのに、我が国のみっともない政府は、それを的確に認識できないのか?

東仙坊、この中国の「中共ウィルス」感染大爆発にも、米中の陰の連携のようなモノを感じ、ただただ不快。
実は、中国で流行しているとされる「BA.5.2」と「BF.7」は、「オミクロン株」亜種なのだが、厳密に言えば、オミクロン株派生型「XBB.1.5」。
そして、この「XBB.1.5」は、「オミクロン株 : BA.2.75(ケンタウロス)」と「オミクロン株 : BA.2.10.1」の組み換え体である「XBB」と呼ばれる変異株の子孫で、極めて高い免疫回避力を持つ恐ろしきコロナウィルスとか。
ちなみに、組み換えとは、2つの異なるゲノム、またはウィルスの遺伝物質が組み合わさってハイブリッド化するもので、2つの異なる系統のウィルスが宿主に同時感染して結合することで生じるとか。
そして、その厄介な点は、組み換えウィルスは、ランダムな突然変異とは異なり、ワクチンや感染から生成された抗体やその他の遺伝的障害に適応したもの同士が結合することで、ウィルスが免疫を逃避しやすくなることとか。
医学分野プレプリントサービス「medRxiv」に公開された東京大学の査読前論文によると、「XBB」型は、免疫逃避に関連する置換と感染性を高める置換のペアを、たった1回の組み換えで2セットも獲得した驚異のコロナウィルスとか。
この2組の置換基をもつことが、「XBB」が、「オミクロン」系統の変異株より、高い実行再生産数を示す原因の1つ。
先行する多種多様な「オミクロン変異株」ブレイクスルー感染でできた抗体に対する回避力をより強化させており、これまで確認されたなかで最も免疫回避力が高い株であるというから、あな恐ろしや。
また、別の査読前論文によると、「XBB」の子孫である「XBB.1.5」には、「S486P」と呼ばれるタンパク質の突然変異があり、これが細胞の侵入口として使われるACE2受容体に結合しやすくなる作用があるとも。
さらに、医学学術誌「CELL」で報告された論文によると、「BA.5」対応の2価ワクチンのブースターを含むワクチン接種者と感染者の血清による「BQ.1」、「BQ.1.1」、「XBB」、「XBB.1」の中和が著しく阻害されたとか。
何でも、「BQ」型に対する血清の中和力は、3~81分の1で、「XBB」型にいたっては66分の1~155分の1に低下していて、これまでにないほど低値だったとか。
そして、最初の「オミクロン株 : BA.1」を中和できていたモノクローナル抗体は、「BQ」型と「XBB」型の変異株にはほとんど効果がないとも。
それから、これらの変異株は、認可されているすべての抗体を不活性化し、免疫回避に有利になったことで集団内で優勢になったとか。
このために、現行のワクチンにとって、重大な脅威になるとも。
ともあれ、この「XBB.1.5」変異株は、最も致命的な「デルタ株」ほどではないものの、「ケンタウロス株(BA.2.75)」と同等の致死率があるとも。
そして、この「XBB.1.5」は、オリジナルのオミクロン株「BA.1」よりさらに多くの人々を中等症化、重症化させるとも。
それだけじゃない。
今までにでき上がっている各種ワクチンや自然感染でできた抗体は、もはや感染予防にはほぼ意味がなく、これまで使用されていたモノクローナル抗体もほとんど効果がないというから、大変。
どちらにしても、こんなこのうえなく不気味な「XBB.1.5」、なぜかまだマスクをしている日々とが多い中国とマスクナシのニューヨークを中心としたUSAで、感染大爆発を起こしているというのも、どこか意味深では?
それで、我々が肝に銘じるべきポイントが、2つ
1つ目は、昨年12月16日、CDCが、「18歳未満の小児患者におけるインフルエンザと『中共ウィルス』の2種のウィルスの同時感染は、より重症化しやすい」と発表。
何でも、小児インフルエンザによる入院の6%(575例中32例)、小児インフルエンザによる死亡の16%(44例中7例)において、「中共ウィルス」の同時感染が発生。
「中共ウィルス」に感染している患者の方が、感染していない患者よりも人工呼吸器を装着した割合が高く、13%対4%、二相性気道陽圧呼吸器、または、持続気道陽圧呼吸療法の使用率も、16%対6%。
そして、死亡した7例は、いずれもインフルエンザワクチンの接種を受けておらず、インフルエンザ抗ウイルス薬の投与を受けていたのは1例だけだったとも。

It's a free country no matter what you think, but I really don't wanna see the faces of the people who help the assassin of former Prime Minister Shinzo Abe for the rest of my life. Anyway, am I the only one who thinks it's really embarrassing that so many selfish and childish idiots have increased in Japan, which I love so much(いくら何をどう考えようと自由な国だけど、安倍晋三元総理暗殺犯を援助するヒトたちの顔だけは、残りの人生で絶対に見たくないと心底思っている。それにしても、この愛する日本によくそこまでジコチュウで幼稚なクソッタレどもが増えてしまって、本当に恥ずかしいと思うのは、東仙坊だけなのか)?

To be continued....

To be continued...

profile

東仙坊 

東仙坊 tohsenboh.jp
コピーライター歴三十有余年。人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード