Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-10 なぜ日本人は893国家中国を崇め奉るのか!!! 〈4〉

Yakuza Nation China never really trusts mafia nations who approach them with a smile to exchange cups(893国家中国は、盃を交わそうと笑顔で近づいてくるマフィア国家を決して本心で信用などしていない)!

■ほとんど世界の普通の国々が、中国をウィグル人を弾圧するジェノサイドの悪徳国家と認定しているのでは!!!?

●ことほどさように、なぜ我が日本人はそんな異様な国と友好関係を作るべきだと思い込んでいるのか!!?

◆とにかく夜郎自大で横暴で大ウソつきで、人を貶めたり分断させることで辛うじて体裁を取り繕っている非人間的国家!
中国の相手の弱みにつけ込む抜け目のなさは、それだけではない。
習近平は、5月18・19日、シルクロードの古都西安で中央アジアのカザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタン5ヵ国首脳との首脳会議。
それはそうである。
中国と5ヵ国の昨年の貿易総額の合計は、703億ドル(約9兆6300億円)、前年比40%増と過去最高。
そして、5月19日、「中国・中央アジアサミット西安宣言」を採択。
①「一帯一路」推進の確認
②中央アジアの治安維持やテロ対策の支援
③貿易・エネルギー開発の加速と総額260億元(約5100億円)の資金援助
西部国境では、中国・キルギス・ウズベク横断鉄道が前進。
中国・新疆ウイグル自治区からキルギスタンとウズベキスタンに延びる「新鉄道建設」総延長523㎞の着工加速。
これらの鉄道が完成すると、中国貨物を鉄道で中央アジアから中東各国に輸送できるだけではなく、中国から欧州への鉄道の最短ルートができあがるというのである。
この計画は、1997年に浮上したものの、山岳地帯を貫く工法や環境問題、軌道幅など技術問題に加え、ロシアと中国のどちらが出資するかなど政治的理由もあり一向に進展しなかったとか。
ところが、昨年5月16日、モスクワで開かれたロシアと旧USSR6ヵ国の「CSTO(集団安全保障条約機構)」首脳会合で、Puサンがキルギス大統領の進言を受け、計画を中国資金で建設することに反対しないと初表明。
それを受け、王毅外相が、翌6月、「2023年着工」を発表したのである。
どうだろう?
中国が、ロシアの権益を次々と侵食し始めていることは間違ないのでは?
これでは、いくら西側諸国や我が国が、「中国がロシアのウクライナ侵攻を非難せず、ロシア軍の即時撤退を求めていない」とか、「中国のロシア寄り姿勢」を批判したところで、広島サミットの首脳声明で、「中国にロシア軍撤退を要求するように」などと促したところで、馬の耳に念仏なのでは?
それで、実に不可解なことが、いくつか。
◉中国が、2014年のロシアによるクリミア併合をいまだに認めていないこと。
◉フランスのエマニュエル・マクロン大統領が、昨年5月14日、「ロシアは国際的に孤立し、中国の属国に成り下がった」と酷評したのに対し、ドミトリー・ペスコフ報道官が、即座に「両国は戦略的パートナーであり、従属かどうかの問題などない(?)」と反論。
昨年6月16日、Puサン自身も、サンクトペテルブルクでの「国際経済フォーラム」で、欧米制裁にもかかわらず、「世界経済のリーダーの地位を維持する(???)」と空元気。
けれども、中国はなぜかノーコメント。
◉3月の中露首脳会談共同声明は、「中露双方は、国際連合憲章の目的と原則が尊重されなければならず、国際法が尊重されなければならないと信じる(???)」とウクライナ侵攻が国連憲章に違反していることなぜか念頭にしている不思議なものなのである。
それでいて、Puサン、『ウクライナ危機の政治的解決に関する中国の立場』に示された建設的な命題を歓迎する」と中国の仲介工作を支持しているのである。
これって、Puサンが完全に狂ってしまっているのかもしれないが、中国が、事実上、ロシア批判しているのでは?
どちらにしても、あまりに権益浸食が露骨になると、「発狂したタイガー」が何をするかわからないというところだけは、きちんと抑えておいてほしいとおバカ習近平に伝えておきたいのだが…。

How far could yakuza boss Xi Jinping really tame Putin, the “crazy tiger”(893国家のボスである習近平は、「発狂したタイガー」であるPuサンをどこまで本当に手懐けられるのか)?

To be continued....














profile

東仙坊 

東仙坊 tohsenboh.jp
コピーライター歴三十有余年。人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード