Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 最後まで「大谷翔平」ブランドを利用し尽くそうとしたオカッパ・ピカロ水原一平 〈26〉

The recent Ippei Mizuhara scandal must be a result of the USA government's efforts to make sports betting legal across the country at once, by spreading propaganda that even pure super athletes such as Shohei Ohtani are illegal and that it would become a big scandal if sports betting is illegal. It's just one strategy(今回の水原一平騒動は、大谷翔平みたいな純粋なスーパーアスリートでも、スポーツ・ベッティングが違法だと、巻き込まれて大変なスキャンダルになるとプロパガンダして、一気にUSA中を合法化させようというUSA政府の一つのストラテジーでしかない)!

■このグローバルな市場原理主義に蹂躙され切った世界における「エブリバディ・ジコチュウ」の時代、ヒトを見たら、詐欺師か、泥棒かを疑わなければならないのが、必至!!!?

●ウソつきは泥棒の始まり。その見解から、ヒトのウソを的確に見極めるには、ハイレベルの自分自身が持つコミュニケーション・スキルが絶対不可欠!!? それは、相手に母国語で話せないケースでも同じ

◆実は、東仙坊、我が孫のプレシャスな「マンダラチャート」に「英会話力を精確無比に身につける」という項目がないことを、かねてから心配していた。30歳近くにもなって他人を頼っているようではダメだから!?

東仙坊、今回の2024年MLB開幕前に、「ESPN」と「ロサンジェルス・タイムズ」に大谷翔平大スキャンダルをスクープさせ、大きなマーケットであるはずのカリフォルニア州にスポーツ・ベッティング合法化の気運を一気に高めようとした、FBI、すなわち、USAの民主党政府の術策が失敗し、スポーツ界全体の衰退化につながりそうになって、メチャクチャ焦ったに違いないと確信している。
それは、政府の術策に協力しつつ、自分たちが全面サポートしているロサンジェルス・エンジェルスを見棄てた裏切り者にチョッピリお灸を据えてやると企んだ「ESPN」と「ロサンジェルス・タイムズ」にとっても、同じだった。
すでに世紀のスーパースターになっていた大谷翔平の経済波及効果は、自分たちが想像する以上に絶大なモノになってしまっていたのである。
2社も、必死になって、政府同様、イヤイヤ、違法ブックメーカー運営で荒稼ぎしているUSAの、イヤイヤ、世界中のマフィア同様、世界中から愛されている純粋無垢な野球バカである大谷翔平のネガティブなイメージ払拭のために、躍起になっているのが実状なのである。
◎「当初はそんな大金が消えていることに気づかないなんて、あり得るのか?」と懐疑的だった元「ESPN」スポーツキャスターのリッチ・アイゼン
「訴状を読んだ。こんなことがあるんだな。大谷翔平が預金を盗まれた被害者だということは紛れもなく明らか。しかも、信頼していた友人が実は詐欺師で、とてつもなく深い闇に落ちて救いが必要なレベルだったというのだからね」
◎「ロサンゼルス・タイムズ」ビル・プラシュキー
「ギャンブラーではなく、球界のスターとして、大谷翔平の伝説は続く」
「ワタシは当初、450万ドルも不正に違法賭博の胴元に送金されていたことを大谷翔平が知らなかったということがまったく信じられなかった。だが連邦検察の捜査結果がわかった今は信じられる。『水原一平がボクの口座からお金を盗んでウソをついていた』と大谷翔平が言ったときは信じられなかったが、今はその通りだったと納得できる。大谷翔平は史上最高の野球選手になるため起きている時間のほぼすべてをそれに集中しているのは明らかで、自分の人生のそれ以外の部分にはほとんど注意を向けていない。そうなのだ、それが問題なのだ。自分のお金に無関心な金持ちの男って、まさに子どもではないのか? それにしても情けないのは、大谷翔平の代理人を務める大手事務所『CAA Sports』のネズ・バレロとその周辺のスタッフだ。水原一平が不正アクセスしていた大谷翔平の口座について代理人や財務アドバイザーがチェックできなかったことは、大谷翔平のビジネスチームが、口座を放置していたということで、信じられない。大谷翔平のアドバイザーたちは、アドバイザー史上最も弱腰で存在価値がない者たちだ。代理人と危機管理担当広報をクビにし、チームを完全に入れ替えるべきだ」
◎「ESPN」ジェフ・パッサン
「どのように口座にアクセスされたのかという長い間の謎がついに明らかになった」とXにup。
「大谷翔平の被害額は、450万ドル(約6億9000万円)と伝えられていたが、実際はその3.5倍以上の総額1600万ドル(約24億5000万円)だった。これもそれも、ロサンジェルス・エンジェルス球団からの給料が振り込まれる口座をUSAで作るとき、悪魔の申し子的小泥棒の水原一平、通訳をしながらその口座番号と暗証番号をなかば堂々とメモリーしていたから、大谷翔平の銀行口座の設定を変更したり、取引に関するアラートや確認などが大谷翔平本人にいかないようにしたり、口座にヒモづけた電話番号やメールを自分のモノに変更したり、送金の際に銀行から認証を得る際には電話で大谷翔平に「ナリスマシ」たりできたとか。そして、代理人ネズ・バレロ、経理担当、財務アドバイザーから口座情報の開示を求められると、『本人が私的な口座なので情報を見せたくないと言っている』平然ととウソをつき代理人らが気づく機会を封じていたというから、あまりにも大胆で悪質」
どうだろう?
◎「ESPN」ティム・キヨン
「過去6年間は水原一平ナシの大谷翔平は想像できなかった。通訳であるだけでなく、練習相手にもなり、スケジュールも管理し、あらゆる世話をした。大谷翔平のリズムは水原一平のリズムで、選手用ラウンジの同じテーブルで食事をし、大谷翔平が昨季運転免許を取得するまで、毎日2人で球場に通った。かつてのロサンジェルス・エンゼルスのフィル・ネビン監督が、『大谷翔平は毎朝目を覚まして、どうすれば地球上で最高の野球選手になれるかを考えている』と説明していたように、それは水原一平がすべての仕事をこなしてくれるからこそ、余計なことで他者と絡む必要もなく野球に集中できたからである。2018年のメジャー1年目、多くの関係者が『いずれ二刀流を断念しどちらか1つを選択しなければならないときがくる』と決めつけていた。だが、大谷翔平は不可能を可能にし、2021年から2023年まで野球史上最高のパフォーマンスを続けた。それを支えたのは水原一平だった。かつてのエンゼルスのチームメイトたちは、『大谷翔平が賭けをするとは信じられないし、水原一平がお金を盗んだことも信じられない』と証言する。しかしながら、実際のところ、彼らも大谷翔平について多くを知らない。大谷翔平は禁欲主義的にホテルから球場に行き、球場からホテルに戻る生活を続けていたからだ。2人のパートナーシップは完璧に機能していたかに見えた。しかし、スキャンダルが発覚、関係にピリオドが打たれた。大谷翔平は会見で、『ボク自身も信頼していた方の過ちに悲しくショックですし、今はそういう風に感じています』と切り出した。そして、カメラを見つめながら、『彼がボクの口座からお金を盗んで、なおかつみんなにウソをついていた。結論から言うとそうなります』と続けた。大谷翔平は、最も信頼し、一緒に成功してきた人物を失ったことについてどう感じているのか? 直に質問したかったが、大谷翔平は、『これが今、お話できるすべてなので、質疑応答はしません』と打ち切った」とまで言っていたのでは?

The mass media, which plans to expand legal sports betting, and the federal law enforcement authorities, who have to crack down on illegal sports betting, are carrying out a Shohei Ohtani sacrificial performance with the development of the sports world as a pretext from the standpoint of mutually beneficial interests(合法スポーツ・ベッティング拡大を画策するマスメディアと違法スポーツ・ベッティングを取り締まらなければならない連邦捜査当局とが、利益併存の立場からスポーツ界発展を大義名分に大谷翔平生贄パフォーマンスを実行しているのである)!

To be continued...



profile

東仙坊 

東仙坊 tohsenboh.jp
コピーライター歴三十有余年。人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード