Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

Just a our fate(まさに我らが運命)?-28   太陽のムチが「マタピチャ」!?

I am surprised at hearing the news that there were 77 Japanese tourists in the Peruvian heart of a mountain in this time(こんな時期にペルーの山奥に日本人観光客が77人もいるなんて驚き)!

1月30日、世界遺産「マチュピチュ」遺跡周辺で、豪雨や土砂崩れによる鉄道の寸断で孤立していた観光客の救出作業は29日も続けられ、残っていた日本人観光客5人がヘリコプターで同じく世界遺産の古都「クスコ」に無事避難、日本人旅行者77人全員が救出された。
とりあえず、いつものことながら、日本にとっては(?)、ヨシヨシ…。
日本人以外の観光客の無事を祈りつつ、まずメデタシ?
何て言ったって、1月24日(現地時間)に突然起きた豪雨や土砂崩れで、これまでにアルゼンチン人観光客やガイドら計5人の死亡が確認されていたのだから…。
それにしても、これだけ世界的不況が叫ばれているときに、いくら世界遺産だと言っても、日本人を含む観光客約2000人がいることに、驚嘆しないか?
とりわけ、我が日本人が77人もいることに…。
どちらにしても、尖った絶壁の山々がそびえるウルバンバ渓谷の山間(標高2,280m)の頂上にあって、スペインの侵攻から逃れ、500年近くも古代インカ帝国の遺跡として無事に存在してたのに、豪雨や土砂崩れでこんなことが起きるなんて、慄然とするより皮肉だと思わないか?
太陽を崇拝し、黄金にあふれ、文字を使わずに驚くべき高度な石の文化を創造したのだから、心配していた太陽の憤怒か啓示ではと感じているのは、東仙坊だけではあるまい。
実際、「マチュピチュ(老いた峰)」は山裾からはその存在を確認できないことから、「空中都市」とか、「空中の楼閣」とか、「インカの失われた都市」とか呼ばれ、 「太陽神殿」や「インティワタナ(太陽をつなぐ)と呼ばれる日時計」があるというから、それを暗示していないか?
どちらにしても、せっかくのミステリアスな「マチュピチュ」が無事であることも祈るばかり…。
ところで、どうしても気になるのが、こんな不況下で、そんな世界遺産観光にわざわざペルーまで出かけている77人の日本人。
もちろん、自分がマチュピチュ状態でどこにも行けない羨望と嫉妬もあるのだが…。
太陽の怒りを感じたいだけなら、我が日本で十分だと思うがどうだろう?
毎日毎日、心の中にあるインティワタナがイヤな予感を感じている。
すべてが身から出たサビ…。
人類の何と横暴で不遜なことよ…。

それで、断然思い出したのが、京都議定書になぜか批准していないUSAの科学者が出した、新たな見解。
1月23日、都市部の公園などに芝を植えるとかえって地球温暖化を加速する恐れのあるというのだから、開いた口が塞がらない。
まさに、何を今さらの感…。
その施肥や手入れのために、芝が吸収する約4倍の温室効果ガスを排出してしまっていると、USAカリフォルニア大アーバイン校の研究チームが、USA地球物理学誌「ジオフィジカル・リサーチ・レターズ」電子版に掲載したのである。
な、な、何でも同校近郊にある4ヵ所の公園の芝や土壌を分析、CO2(二酸化炭素)吸収量と、草刈り機の燃料によるCO2、肥料使用にともなうN2O(亜酸化窒素)などの排出量を比較したら、N2Oは、CO2の約310倍も温室効果が強いことが判明したというのである。
その結果、観賞用の芝では、吸収分の約10~30%に相当するN2Oを排出。
手入れのための燃料使用による排出分も含めると、吸収分の約4倍の温室効果ガスを排出。
運動場用芝は頻繁に植え直すことから、土壌に蓄えられるCO2が少なく、観賞用の芝より吸収効果が小さいというのだから、呆れないか?
今まで一所懸命展開してきた、緑化運動は何だったのか?
確かに、東仙坊も、オーそれみろ-10   黒点は「こういってん」じゃない?で、N2Oがヤバいとは指摘していたのだが…。
こんなことだと、ますます太陽が怒る気がすると思わないか?

I am concerned about the anger of the sun everyday(毎日太陽の怒りを心配している)!



profile

東仙坊 

東仙坊 tohsenboh.jp
コピーライター歴三十有余年。人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード