Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

新・日本砂漠化-19 我が国に巣食う本物の悪魔の顔!!

If you wanna look at the face of the genuine devil, you will be better take a look at the face of Azuma Koshiishi(本物の悪魔の顔を見たかったら、輿石東の顔をご覧あれ)!

東仙坊、民主党なるポリシーの全くない平和ボケ政党に、全く興味がない。
そんな政党が、自民党のバカさ加減のお陰で、偶然、政権政党になってしまった。
「これで、日本はますます甘えた、モラルもプライドもない、情けなくてみっともない国になり下がるな」と危惧していたが、それも事なかれ主義が蔓延し、政治すらも冗談と乗りでしか考えられない、無知蒙昧なジコチュウ国民の因果応報と諦めてもいた。
それでも、まがりなりにも政治屋である以上、それなりの認識と知識は少しは持っているに違いないと思い込んでしまっていた自分が、今になると恥ずかしい。
あの小沢一郎が、田中角栄の秘蔵っ子が仕切っているのだから、「政治は数と金の力。政治屋であれさえすれば何も怖くない。何をやっても大丈夫」という政党になるのも無理のないこと。
国益よりも、国民益よりも、姑息に政治屋としての利益を優先するのも、政治に明確なビジョンを持っていないのも、当然のこと…。それはそうである。
予算もないのに、国民を愚弄し切って、バラマキ三昧。
それこそ、日本という国家をグシャグシャにしたいだけのデストロイヤー、クラッシャー、テロリストでしかない小沢一郎にモノすら言えない恥知らずばかり…。
そもそも、満足に働かずに文句を言うだけで金を欲しがる組合員のための政党なのだから、当たり前か。
その証拠が、東仙坊、再三再四指摘してきた、その相の悪さ。
誰もが、悪代官小沢一郎のような見たくもないイヤな顔ばかり。
それは、自民党だって、同じだって?
それはそうでも、一際、姑息そうで卑しそうで保身のためになりふり構わない顔が多いのは事実。
東仙坊、その象徴として取り上げたい顔がある。

その小沢一郎の下でコバンザメのように陰険に動いていた、輿石東なる民主党参院議員会長。
我が国の官庁はもちろん、一般企業でも必ず一人はいる、自分のことを棚に上げ、権力者とのパイプを振りかざし、人の足ばかり引っ張る卑劣な輩顔(?)。
見るだけで吐き気を他人に覚えさせる極悪顔。
東仙坊、輿石東がテレビで出てくるだけで、リモコンを投げつけそうで恐い。
日本を貶める典型的なヒトデナシ。
今や、日本の骨格を骨粗鬆症にしようとしている日教組出身というのも、すぐ納得できる。
その悪代官配下の目明し気取りの輿石東、今度の参議員改選対象なので、必死のプロパガンダ…。
こんな醜い顔のヤツを当選させる無知蒙昧な国民がいるわけないと思いたいが、さてどうなることか?
管直人などという時代遅れの共産党員のようなクソッタレを首相にしてしまう国のこと、輿石東も力強い日教組の組織票で当選してしまうのでは?
あたかも、小林千代美と同じに…。
そこで、念のために輿石東の悪行について、書き込んでおきたい。

平成16年11月2日の参院選で、「山教組(山梨教員組合)」の教員が、当時、民主党参院幹事長だった輿石氏支援のため組織的に選挙資金を集めていたこと、輿石氏の後援会入会カード集めなど選挙活動していたことが発覚したが、当時の岡田克也代表(現外相)が「自民党なり某所が、民主党の政治とカネの問題について、何か民主党への対抗策がないかということで調査をしていたことは承知している」というような「陰謀論」で収拾。
後に、小林千代美同様、「山教組」財政部長ら2人が規正法違反の罪で略式起訴され罰金刑に、校長ら24人が教育公務員特例法で懲戒処分に処せられたのに、輿石東はなぜか不問(???)。
それどころか当時の小沢一郎代表に、参院幹事長から参院議員会長へと昇格され、「参院議長という名誉ある地位が待っている」と重用、ここで2人の間には切っても切られぬ関係ができたことは間違いない。。
どうあれ、民主党全体が、日教組ぐるみの選挙活動を是認しているシンボルなのが、この輿石東なのである。
実際、鳩山由紀夫元(?)首相自身も幹事長時代の昨年1月、日教組の新春の集いに出席し、「常日頃、民主党に対しご支援くださっていることに心から感謝します。日教組の皆さんとともにこの国を担う覚悟だ」と公言。
輿石東自身も「教育の政治的中立などといわれても、そんなものはありえない」と、なぜか恐いものがないかのように、教育基本法や教育公務員特例法を無視する発言を堂々としているのである。
これだけの世界一のお人好し国民、どうせ何を言ってもムダだと思うが、こんな輿石東を当選させることは、自分が「亡国の徒」になることだということを忘れずに…。

さて、ここからが今回の最大のテーマ。
管直人なる国歌を歌わない我が国の首相(な、な、何とあの「北教組」の下では今春の卒業式では、国家斉唱の際教員が起立しない公立学校が96校、入学式では68校もあったというから、何をかいわんや。「北教祖」の望み通りに北海道はもう日本じゃないのかも…)が、就任挨拶に立った民主党両議員総会の壇上で、その右隣に枝野幹事長がいるのは理解できるが、その左隣に、この輿石東が立っていたことにお気づきか?
いくら小沢外しとかマヤカシを演じたところで、それが実体。
何しろ、輿石東は小沢一郎の懐刀、番頭なのである。
その事実だけは、絶対に忘れてはいけないと思うが、どうだろう?
こんな不逞の輩が跋扈している限り、我が国の未来はどこにもないと感じているのは、東仙坊だけではないと思いたいが…。

A Democrat should count on the money of Ichiro Ozawa(民主党員が小沢一郎の金を当てにしないわけがない)!
profile

東仙坊 

東仙坊 tohsenboh.jp
コピーライター歴三十有余年。人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード