Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

Just a our fate(まさに我らが運命)?-47 「溶解」、「妖怪」と「天」を呼ぶ!?

I guess if we try to dissolve ice to gain the money,it must be generated that all shall melt at a stretch(氷を溶かして儲けようとすれば、一気に何もかもが溶けるようなことが起きる)!

とける…。
わだかまりが、誤解が、確執が、しこりが、とける。
とけることは、すっきり心が晴れやかになって、とっても前向きで、大切なこと。
愛する人の胸の上で、腕の中で、とけることは、ここちよくて心がときめき、とっても安心して、大切なこと。
とけて困るのは、手にしたアイスクリームと氷河や氷山の氷…。
氷河や氷山の氷の「溶解」は、まさに海の「妖怪」。
このままそれらの氷がとけ続けると、世界はどうなってしまうかは自明の理では?
それなのに、とけまくる氷…。
コオリゃ、大変? とどコオリなく、地球滅亡?
北極や南極だけでなく、最近、気になるのはグリーンランド、そして、近くにある「アイスランド(氷島)」。

なかでも、アイスランドは、9世紀末~10世紀、ノルウェー人とケルト人が完全な無人島で創った、理想の930年発足の世界最古の民主議会「アルシング」による民主的合議制自治国家。
そのせいか、直接選挙選出の世界初の女性大統領が誕生したり、世界一汚職が少ない国としてリスペクトされていた。
それが、日本汚染米化プロファイリング 本当のことは誰もオセンマイ-25 誰よりも、愛すらんど!? で書き込んだように、金融危機から経済破綻。
最悪の国の状態になっているのである。
すると、一党独裁の覇権国家を目指す中国が、その弱みにつけ込んで魔の手を伸ばしていて、東仙坊、ずっと心配していた。
なにしろ資源制覇を試みるダボハゼ中国、北極海制圧のために抜け目がない。
北極海の氷がとけ、北東航路が開通すれば、アイスランドは北大西洋の要衝になるからである。
最初はマフィアのように、資金を黙って差し出す「小切手外交」。
すでに、首都レイキャビクに巨大な中国大使館を建設中なだけでなく、ありとあらゆるインフラ、港湾まで建造中。
プロファイリング-6 「世界不可視的戦争」今すぐそこにある重大危機-8 で書き込んだように、その利権確保のために、中国は、北極圏探査基地をノルウェーに設置、最新鋭の砕氷船の建造に3億ドルを投資しているというから、凄いと思わないか?
それでなお、アイスランドを、自分たちの氷島にしてしまおうとしているのである。
どちらにしても、いくら金のためとはいえ、魂を売ると天は見ていると、アイスランドを憂慮していた。

す、す、すると、やはり…ということが、起きてしまった。
3月20日、アイスランド南部にあるアイスランドで5番目に大きいエイヤフィヤトラヨークトル氷河にある火山が噴火、噴火の熱で氷河が溶け出し洪水の恐れがあるとして、当局が非常事態宣言を発令、約600人が避難したというから、ああ、って思わず絶句。
何でも、3週間ほど前から地震が続いていたというのだが…。
ちなみに、アイスランドでの火山噴火は2004年以来、6年ぶり。
けれども、レイキャビクの東120kmのエイヤフィヤトラヨークトル氷河の下にある火山は、1823年を最後に噴火していなかったというから、2世紀ぶり。
そのエイヤフィヤトラヨークトル氷河を起源とし,スコゥガアゥ川から約62mの落差を一気に流れ落ちる風光明媚な滝まで、降灰で真っ黒の様子。
東仙坊、「ねっ、お金のためにあの中国と手を組むと…」と呟いているのだが…。

さて、そこで、断然気になるのが、「ネゴシエーション下手」と同じぐらい気になる我が国の「インテリジェンス(諜報)」、マスメディアの「インテリジェンス(情報)」。
これだけの市場原理主義社会の世界で、「誰が誰に何のためにお金を払う? 結局、その結果誰にお金が入る?」と考えてモノを見る目を養うべきだと思うが…。
そのための深慮遠謀を看破する目がいると思わないか?
TOYOTAを貶めるためのハイウエーでの一般人の猿芝居、それを実況するCNNの猿芝居。
電子システム異常を実験する南イリノイ大学教授の猿芝居、それを実況するABCの猿芝居。
それらにお金を払う調査会社の猿芝居、それを取り上げるUSAトゥディの猿芝居。
それらを取り上げる下院議員たちの猿芝居。
もういい加減、それらの猿を操る猿使いが誰なのか?わかったうえで、対処するときでは?
その意味で、全くインテリジェンス(知力)のない情けなくてみっともない国だと思わないか?我が日本は…。

I think we should follow Chinese espionage more and more(我々は中国の諜報活動をもっともっと見習うべき)!


profile

東仙坊 

東仙坊 tohsenboh.jp
コピーライター歴三十有余年。人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード