Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

真実イチロー  イチローのお陰で、今や「ワンワン」状態!!

The badness of the condition of Ichiro has been suffering me like a dog(イチローの調子の悪さに犬のように喘いでいる)!

東仙坊、今や、毎日、アヘ、アヘと舌を出して、喘いでいる。
どこから見ても、陽射しの中の犬、ワン公状態。
もっとも見る人によっては、どう見ても陸に上がったトドか…。
もちろん、うだるような暑さのためではない。
それこそ、命懸けで応援している、我がイチローの最悪の調子が原因。
首位打者だけでなく、たった一つの絶対目標である年間200安打まで、危うい様子に、もうクラクラ。
と、と、とうとう、オールスター後の8試合で、32打数5安打、打率156、得点0、ただし打点3。
こうなってしまった原因は、間違いなく一つ。
何しろ、クリーンアップの3番打者が、250、打点4。
4番打者が、182、打点2。
5番打者が、167、打点0。
打てない後続打者のせい。
この数字だって、8試合目で、辛うじて少し打ったお陰…。
特に、戦犯は、ドン・ワカマツ監督が鈍に4番を打たせ続ける、サードのホセ・ロペス。
おそらく他の監督なら、試合にも出さないはずのクソッタレ。
チーム全体が、そのホセ・ロペスの沈滞ムードが伝染したまま。
今日だって、延長11回裏、1死満塁の絶好のサヨナラのチャンスで、2球目を簡単に力なく打って、一塁のファールフライ。
東仙坊、あの意気を感じない情けないクソッタレの頭を、西武ライオンズのコーチのように思いきりな殴ってやりたい気分。
どこの国のどんな世界でも、ハングリー精神を失ったヤツは、ただのカス。
必死に全力プレーをしないヤツは、プロフェッショナルではないのでは?
せっかく史上最悪のキャッチャー、ロブ・ジョンソンを先発させなくなったのだから、ホセ・ロペスも出さないでと祈るばかり。
どちらにしても、つ、つ、ついに打率312で、アメリカンリーグ・打率部門12位。
ヒット数も、123で、MLBの3位で、トップと9本差…。
残り試合、66試合。
しかも、今年のMLBは若手ピッチャーの調子がメチャクチャいい。
我がイチローにとっては、ヤバい状況が揃ってしまっている。
東仙坊、もうワンと吠える元気もなくなってしまっているのだが…。

ところで、東仙坊、何年ぶりに日本のオールスターを観た。
シアトル・マリナーズに行かせたい選手が何人かいた。
真実イチロー  空は快晴、イチローだけは梅雨真っ盛り!! で書いた小笠原道大 、阿部慎之助はもちろん、前田健太、ダルビッシュ有、久保裕也、和田毅、森野将彦、藤川球児を、そして、城島健司をぜひシアトルに…。
ところで、セントラルリーグの原辰徳監督のジコチュウな采配に、極めて不愉快にされた。
誰が考えても、トップバッターは、青木宣親か、平野恵一では?
自分の特権で、坂本勇人を使ったとしても、あんなバッテイングをしてたら、すぐ交代させるべきでは?
我がイチローですら、2打席で交代させられるのがオールスターでは?
正直、女形、坂本勇人自身のためにも、よくないと思うが…。
このあたりが、あまりにも日本的で、凄くつまんないのは、所詮、野球とベースボールとの違いなのか?
メジャー・リーガーにとって、オールスター出場は本物の名誉なのだから。
それで、再びシアトル・マリナーズ…。
イチロー以外で、選ばれる選手は、向こう10年はいないと思うと、凄く悲しいのだが…。

The powerful charm of the sports watching games should be an all energy play of the professionals(スポーツ観戦の醍醐味は、プロフェッショナルの全力プレーのはず)!
profile

東仙坊 

東仙坊 tohsenboh.jp
コピーライター歴三十有余年。人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード