Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

The people of Japan, who have been under the bad influence of South Korea, have lost the grit that was the aesthetics of the Japanese people, and they are no longer seriously angry at vicious acts of barbarism(いつのまにかサプアの悪影響を受けるようになった我が日本の国民が、日本人の美学だった気概を喪失し、悪辣な蛮行にも本気で怒らなくなったことが、テロリストをも甘やかすことになっている)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本の希望に満ちた未来は、敢然と侠気を持って、近隣諸国と完全無欠に隔絶しない限り、ゼロ、零、皆無、ナッシング。

②東仙坊、今回の事件を、安倍晋三元総理をひたすらターゲットにした卑劣で卑怯な計画的手製散弾銃による暗殺事件と断定している。
もちろん、その最大の理由は、世界を股にかけた利権争い、ここでは、日米韓の利権争いの犠牲者に安倍晋三元総理になっただけ。
つまり、日本の政界で勢力を拡大した安倍晋三元総理を、自分たちの利権の回復のために、「ジャマ者は消せ!」とばかりに共謀した日米韓のある組織が、単なる41歳のマザーファッカーを安倍晋三元総理暗殺のための冷酷な暗殺者に仕立てて実行し抹殺しただけ。
より簡単にわかりやすく比喩的に言えば、安倍晋三元総理とグルの893組織とその組織と敵対する893組織との利権抗争の悲運の犠牲者に安倍晋三元総理がなってしまっただけ。
だからといって、もちろん、決して安倍晋三元総理が893だと言っているワケでは毛頭ない。
消去法的にしろ、ロクな政治屋がいない我が国で、ストーカー893国家サプアに凜とした対応ができた数少ない傑出した政治屋の一人と十分に評価している。
何しろ、「美しい国日本」を標榜し、日本人としての尊厳を守り、侮りを受けても臆することなく、敢然と立ち向かう気概を示した、自分の存在を世界のなかで守った男。
だからこそ、普通じゃないPuサンやドナルド・トランプからまで信用され頼りにされた稀有な男。
ただ、政治家ボンボン過ぎて、世俗に無知過ぎて、脇が甘いだけ。
それは、浮き世離れした女房を見れば、一目瞭然。
ともあれ、個人的には、世界に衝撃を与えた衆人環視の中での銃による暗殺テロ事件で非業を死を遂げさせられたのだから、国葬にするのは当たり前。
それにしても、世界一安全かのように言われている我が国のトップである首相や元首相の暗殺事件が、むやみやたらと多い。
事実、初代・5代・7代・10代伊藤博文、1909年10月26日、ハルビン駅で、サプア人テロリスト安重根に狙撃されて暗殺。
「平民宰相」第19代原敬、1921年11月4日、東京駅で、大塚駅職員中岡艮一に短刀で心臓を一突きされ即死。
「ライオン宰相」第27代浜口雄幸、1930年11月14日、東京駅で、愛国社社員の佐郷屋留雄に銃撃され負傷し、翌年死亡。
第29代犬養毅、1932年5月15日、いわゆる「五・一五事件」で、武装した海軍青年将校たちにより銃殺。
第20代高橋是清&第30代斎藤実、1936年2月26日、「二・二六事件」で青年将校どもに虐殺的に暗殺。
そして、今回の90代・96代・97代・98代安倍晋三元首相で、な、な、なんと64人の歴代首相のうち、無念にも暗殺されたのは、7人目。
では、死を恐れない大和男子らしく、仮にも我が国のトップになった首相たちが、みんな悔しさを露わにすること亡くなくなったのか?
国を思って、国民を思って、懸命に生きていたはずでも、とっくに涅槃に到達していて、これもまた仕方がないことと覚悟して、息絶えたのか?
そう、「3発当たった。相手は誰だ? (サプア人と知らされると)オレを撃ったりして、バカなヤツだ。オレはダメだ。誰か他にやられたか? (森槐南も傷ついたと知って)森もやられたか…じゃあ、ちょっと行ってくるわ」とか、「大丈夫だ。(うむ、殺ったな…殺されるには少し早いな)というような言葉が脳裏に浮かんだ。人に迷惑をかけるくらいなら死んだ方がマシだな」とか、「逃げない、会おう。撃つのはいつでも撃てる。あっちへ行って話を聞こう。靴でも脱げや、話を聞こう。(女中に)呼んでこい、今の若いモン、話して聞かせることがある。九つのうち三つしか当らんようじゃ兵隊の訓練はダメだ。死にたくなるほどイヤになるな」とか、「(夫人に覆い被さられ、私も撃ちなさいと叫んでいるのを聞きながら)愛された生活をしていたんだな」などと、みんな潔く三途の川を渡っていったのか?
どう考えたって、そんなワケは絶対にないと思うのは、東仙坊だけではあるまい。
どんな人間だって、たった一度の人生をいかなる理由があれ突然自分の意思を無視して寸断されたら、それも乳離れも満足にできていないマインドコントロールされた卑劣で卑怯な暗殺者に惨殺されたら、冗談じゃない、フザケロ! 何でこんなことができるんだと地団駄踏んで怒り狂って成仏できないはず。
ましてや、それが、国を心から愛し、世界が対立と抗争を繰り返しているという事実に見て見ぬフリをし、平和と安全を唱えていればどの国も我が国に敵意を抱いて攻撃してこないとトンチンカンに安心し甘え切った国民を、何とか自分の国を自分たちので守ろうとする気概を持った本来の日本人に戻そうと粉骨砕身尽力していた首相や首相経験者だったらなおさらそうのはず。
では、世界一安全とか言われている我が国で、なぜこんな惨劇が簡単に起きるのか?
とりわけ、世界に威風堂々と将来の我が国の子どもたちのために、謝罪外交を止めると宣言していた我が国では稀有なシャキッとしていた安倍晋三元総理が、なぜこんな目に遭わなければならないのか?

If it's between humans, it's natural to apologize morally if you do something bad to the other person, but if it's between countries, instead of apologizing, there's no choice but to help something physically(人間同士なら、相手に悪いコトをしたらモラルとして謝るのは当然だが、それが国同士なら、謝る代わりに、フィジカルに何かモノを援助することしかない)!

To be continued...



profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード