Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

プロファイリング-20  兵庫県西宮市夫婦惨殺事件-supplement(追補)

If Japan is transcribed into “Japan, China”, we must be not able to bear it(日本が「Japan,China」と表記されたら、耐えられない)!

東仙坊、Chinaアレルギーが酷くなり、Chinaの国家発揚プロジェクトでしかない口臭アジア大会にオメオメとに、この時期参加している自分のことしか考えない大バカ者どもに腹立ちながら、出場する以上、Chinaに負けたら帰国するな!と、それでも時々観戦。
情けなくてみっともないスポーツ・フリークであることには、変わりない。
そんななかで、メチャクチャ気になったのは、参加国の国名表記。
「ホンコン」、「マカオ」、「台湾」の「Hong Kong,China」、「Makao,China」、「Chinese,Taipei」は当然としても、なんとなくもうすぐ「Korea,China」、そして、「Japan,China 」になるような気がして、わざわざブルーになりながら…。
さて、プロファイリングしたばかりの「兵庫県西宮市夫婦惨殺事件」で、思わぬ展開があった。
そこで、急遽、フォローのプロファイリングをしてみたい。

■兵庫県西宮市夫婦惨殺事件

●捜査段階で読めてきた事件のボワンとした概要

2人が刺殺されていた室内に、被害者夫婦以外の2種類の血痕と足跡があったというから、いくら無能な警察でもこれでホシどもをすぐ捕まえられると、祈る思いになっていた。
妻の姉に被害者の妻が、11月8日の昼に事務所近くのスーパーで会った際、「今日は習い事などで忙しい。夜は来客の予定もある」などと話していたうえ、1階事務所には複数の割れた来客用湯飲みや茶菓子が散乱していたというから、顔見知りの犯行ということもほぼ確実だった。
もっとも、来客の具体的な名前や約束の時刻などには触れなかったというところは、残念だったが…。
また、被害者夫婦には施錠の習慣があったのに、事務所出入り口や窓のカギが破壊されていないのだから、顔見知りの犯行ということは、かなり有力。
しかも、建築士である夫は、防犯設備重視設計推進派で、電子ロックや強盗に入られても避難できるよう玄関以外の出入り口設置まで推奨するのが基本だったというから、確信的。
実際、11月8日午後7時半以降に尼崎市内のイタリア語教室から帰宅した妻が靴をはいたまま1階事務所で殺害されていること、午後3時ごろ西宮市内の量販店で買い物をしていた夫が裸足でガレージで殺害されていることから、が確認などからも、顔見知りが訪ねてきたのは間違いない。
さらには、3、4階の自宅内に通帳、多額の現金、それぞれの携帯電話が残されていたというから、ほとんど典型的な痴情怨恨事件。
そして、2階作業場にあった夫の11月8日の携帯電話履歴には、計3件発信が2件、着信が1件。
3階自宅に残されていた妻の11月8日携帯電話履歴はゼロ。
ところが、妻の携帯電話履歴に、10月20日以降、8人30件の通話履歴があり、その中で、11月5日午後0時50分ごろと午後1時半ごろまでの4回を含む、10月21日、11月2日、11月4日と11回もの同じ男性との通話があり、不在着信を除くと、携帯電話ではその男性との通話が最後。
特に、11月5日午後0時53分に妻からから発信した電話では、脈絡のない話を40分も笑い声で話し合った後、男性が唐突に、「わはは、ほんなら月曜日、間違いなく行くわ」と11月8日の訪問を告げていたことが、1分間録音されていたことが判明。
また、夫の携帯電話には、この男性の番号登録や履歴はない。
そのほか、自宅北側の民家に設置された防犯カメラを分析した結果、夫がいったん引き戸を開けて外に逃げようとしたものの、犯人に引き戻されたということも判明。

そこで、兵庫県警甲子園署捜査本部は、11月15日正午過ぎ、その男性(61歳)に「被害者妻のことを聞きたい」と連絡。
男性は11月16日午後7時ごろ「「神戸に用事があるので11月17日午後8時に出向きます」と約束し、11月17日午後8時から聴取予定。
11月17日、大阪市西淀川区出来島の11階建てマンション6階にあるその男性の部屋から水漏れ。
午後7時ごろ、階下の住民が部屋から連絡を受けた管理人が「どうしたんですか?」とそのドア越しに尋ねた。
室内からドンドンという大きな物音がした後、室内から男性が「もうちょっと待ってください」と応えた。
間もなく男性がビチャビチャの姿で廊下に出てきて、突然、踊り場から飛び降りた。
あわてて11月16日から張り込んでいた兵庫県警捜査員が男性の部屋の前まで行き「火事です。中にいるんですか?」とドアを何度も叩く。
しかしドアは開く気配はなく、窓からは白い煙が漏れ始める。
マンション前の駐車場でも、兵庫県警捜査員らしい男性が「火事だ」と大声を出す。
すると、兵庫県警捜査員から「人が飛び降りた」と119番通報。
数分後にはさらに「マンション6階で火災が発生した」と119番通報。
火事は4畳半の洋室が約5平方メートル燃えただけで消し止められ、奥の部屋で死後1日を経過した男性の妻(61歳)の絞殺死体を発見。
男性の妻はは別の部屋に倒れており、灯油のような臭いがしたというから、無理心中。
11月17日午後7時15分ごろのことである…。
ちなみに、男性夫婦は、以前住んでいた家が競売にかけられ、2004年5月にこのマンションに入居
また、相変わらずのテイタラクの兵庫県警、「まだ任意同行する要素はなかった(???)。事情が聴けないのは残念だ」とおしゃられているのだが…。

●東仙坊が再プロファイリングする事件の全容

①この事件で、明白になったことが一つだけある。
それは、どこまでも確固たる一人の人間の尊厳を無視され、信頼する伴侶に裏切られ、無念にも巻き添えを食ってたった一度の人生を無残に寸断されてしまった2人の人間が新たに出たこと…。
1人は、何十年も連れ添った妻の一時的な好奇心的不倫のために、その妻と一緒に残虐に刺殺された、被害者の夫。
もう1人は、同じく何十年も連れ添った夫の打算的な不倫のために、自分の夫に残虐に絞殺された、男性の妻。
2人とも、まさに「いい面の皮」で、おそらく死んでも死にきれないに違いない。
事件の発端は、その欲情のままに何かを錯覚し不倫した相手が、思いのほか金欠で言われるままに金を被害者妻が渡したために、「夫にバラすぞ!」と次々に金を無心され、ようやく男性の狙いがわかり線を引こうとしたが、時すでに遅し。
金に困った男性が脅かすつもりで、加勢(!!もしかしたら男性の債権者?もしくは、昔の仲間?)を連れて訪問したところ、妻が思いのほかキッパリと拒絶しただけでなく、男性そのものを愚弄したためにマジギレしたあたりが真相か?
どうあれ、実行犯は、他にもいるはず。
もしかしたら、男性自身は実行犯ではないかも?
無能な兵庫県警の慎重な捜査に期待したいが…。

②この不倫による無残な痴情怨恨事件に共通する、同い年の友だち型結婚の行く末…。
この2つの夫婦、東仙坊に偶然近い世代なのでよくわかる。
この世代、高度成長を背景に、青春時代は自由恋愛が大流行。
毎日、毎日、それこそ切った張ったの恋愛ゴッコの明け暮れ。
ところが、その煩雑さ、面倒、葛藤にそれこそ目を背けるように、それこそ、そんな潮流から一歩外れ、初恋の相手や友だち感覚の相手と早くからそのまま仮面夫婦のような形態を取る、コズルイ奴らもかなり多くいた。
つまり、自分たちの恋愛の果実のジュースを絞り切らず、小出しに絞り合う、事なかれ主義的恋愛欺瞞者も、世の反動のように多く輩出した。
どんなワンダフルな恋愛の果実だって、そのジュースは永遠なんかではない。
必ず枯渇する。
本当の恋愛は、そうなってからが恋愛の恋愛たる所以。
ジュースがなくなってもその果実そのものを朽ちさせないように、全身全霊で相手を大切にすることが肝心。
それは、死や病気や老い同様、絶対的なもののはずだから。
それなのに、最初から打算と妥協に明け暮れていると、お互いのrest of life(残りの人生)が見えてきたとき、必要以上にその恋愛の滓やヨドミが気になってしまうもの。
「私の人生って、一体何だったんだろう?」症候群に襲われるもの。
そんなとき、悠々自適な生活を送っているヒトほど、どうしようもないスカタンとのアバンチュールにはまってしまうもの。
この事件の本質は、まさにそれ!と、東仙坊、断言できる。
偶然、被害者夫婦が62歳同士、加害者男性夫婦が61歳同士。
老境に入った2組のカップル、そのどちらかがどこか充ち足りない何かを衝動的に満たそうとしたことで、当然起きた事件に違いないと思うが…。
その点から考察すると、被害者の妻と男性との関係は、どこかでクラスメート? 元同僚? 近所のサークル? 同じ旅行での出遭い? 語学学校のクラスメート? スポーツジムの同じメンバー? 誰かの冠婚葬祭で?
せいぜいそんなところか?
どちらにしても、更年期を過ぎても本質的に成熟していないオトコとオンナの暇つぶし的疑似恋愛によるツマラナイ不倫が事件の原因。

The love affair that you get old should be stylish until the end(老境に入っての不倫は最後までオシャレであるべき)! 


プロファイリング-20  兵庫県西宮市夫婦惨殺事件-2

We don't have to lose consciousness to follow a command with cooperating by a hand of ourselves (自分たちの手で命を守る意識を失ったらダメ)!

東仙坊、後、何年生きるかわからないが、おそらくこれほどまでの屈辱、国辱は二度とないのでは?と、絶望してしまった。
どうしようもない絶望管…。
鈍管、不管、遺管、まさに、もう管弁!
安閑としてはいられない…。
「暗管?」、「アンカン?」…。
麻雀で、「アンカン(暗槓)」と言えば、国士無双の役満以外に当たられることがないだけでなく、「ヒッヒ、使えないんだぜ!」とある種の優越感と満足感が得られ、ドラまで増やせるもの。
しかし、この暗管は、それこそクソの役にも立たない。
それはそうだと思わないか?
どんな経緯でセッティングできたか? どんな内容だったか?にも、興味もない。
22分間の日中トップ会談で、こともあろうにメモを見ながら、座談をするとは?
日本国民は、その恥ずかしさに、みんな穴に入るべきだと思うが…。
ちなみに、麻雀での「ミンカン(明槓)」は、「槍槓(チャンカン)」やドラや虎(?)のリスクをともなうだけでなく、場荒らし、流れを変えるもの。
その意味で、ミンカン(民間)は、管にウンザリでは?
こんな空気が日本中に蔓延すると、人間のイヤな側面ばかりが表に出始める。
心底、傍若無人で厚顔無恥なsengokuは論外でも、sengoku38の人間としてのイヤらしさも、五十歩百歩。
東仙坊、すでに明言しているが、本当に義憤に駆られ、覚悟を決めた行動だったら、もっと早く行動すべきだっただろうし、証拠隠滅を図ったり、報道機関に連絡したりせず、自分から名乗ればよかっただけでは?
なぜ、懲りずに、この事件のプロファイリングのイントロで言及するのかと言うと、早くも、その人間の弱さやイヤらしさが表面に出てきたから…。
司法解剖の結果、2人の被害者は8日から9日の間に刺殺されたとみられるが、数多くの近所住民が11月8日昼ごろ、被害者宅付近の様子をうかがう数人の男を目撃していた、11月8日午後10時ごろ、被害者宅からオトコの言い合う大声や大きな物音を聞いていた、というような証言があるというではないか?
つまり、近所の人々は、早くから異常を感じながら、110番しなかったということでは?
もっと率直に言えば、この被害者夫婦は、近所の爪弾きになっていたのでは?
どうあれ、案の定、被害者男性の胸の傷は深さ10数cmで心臓に達していたほか、胴体に10数ヵ所の傷があり、妻の首にも約10ヵ所の傷があり、死因は2人とも残忍無比な失血死だったというのだが…。

■兵庫県西宮市夫婦惨殺事件

●東仙坊がプロファイリングする、この事件の犯人像

①ホシたちの殺害方法から見えてくる、ホシたちの殺し屋としてのレベルと殺害目的。
実は、事件直後、東仙坊、2000年に起きた「世田谷一家殺害事件」を直感的に思い出し、「またあのパターンに違いない」と事件の迷宮入りを覚悟していた。
このモラル完全崩壊の我が国では、本来の日本人なら想像だにできないはずの殺人依頼、そして殺人請負が横行していて、実行犯どもは無表情に何事もなかったかのように海外逃亡。
それで、ジ・エンドだと思っていた。
ところが、新情報で、その見込みは少し変わってきた。
被害者宅の様子を堂々と真昼間に伺ったり、殺害直前に大声で言い合ったりしていたことがわかって、犯人像のレベルを下げる必要が生じた。
最初は、大量の返り血を浴びながら残酷に何度も刺し、その血を滴り落して歩くことも怖れない、粗野で下品なヒトデナシの殺人請負者たちの凶行と思った。
何しろ、夫婦を別々の場所で仰向けに、殺害したのだから…問答無用でそそくさと物音も立てずに、入念に計画し殺害したに決まっていると感じていた。
と同時に、この殺人は、ある種の見せしめで、今、真っ青になっている人たちがいるとも感じていた。
ただし、誰もが直感するように、1級建築士である夫の仕事に関わる怪しげなトラブルが原因だとは思わなかった。
確かに、建築関係では、多種多様な利権が関わり、その手のヒトたちも多い。
しかし、その手のヒトたちは、かえって妻を巻き添えにわざわざしたりはしないはず。
妻が首周りで、夫が腹部中心ということだけでも、本当のターゲットは妻であり、夫は行きがかりの駄賃と感じたからである。
東仙坊、このプロファイリングには、かなり自信があるのだが…。

②ホシたちの犯行動機、もしくは犯行請負の原因になった依頼者の犯行動機。
かなりの高い確率で、妻が誰かの痴情怨恨ドラマに深く関わり、その当事者のどちらかの優柔不断な対応に強い示唆を与えていたと思われる。
それが逆恨みを買い、妻と同じような示唆を与える他の関係者たちにも警告を与えたと思われる。
なぜなら、この妻は自分の考えに確信を持ち、それを他人に言わずにはいられない性格だったはずだから。
誤解を恐れずに言えば、sengokuに近い独断専行タイプだったはず。
そこまで、断言する根拠は、30年も大手建築会社で一級建築士と働いたエリート亭主を持ち、掃き溜めに鶴のようなオシャレでモダンな家に住み、独学で外国語を学び、おそらくしょっちゅう外国にも行っていたに違いない女性の自由奔放で唯我独尊が生じる無遠慮。
それは、ときに相手を完膚なきまで叩きのめすものだと思うが…。
どちらにしても、それを許し難い大きなお世話と感じた大バカ者が、同じ何も考えず金のためには何でもやる大バカ者が協力するか、情けなく請け負ったに違いない。

③東仙坊が最も暗澹とさせられる、犯人像。
後ろから、前から、斜めから、愛情交換ならうれしいが、新宗主国の魔の手が、金のためなら何でもありの「黒社会」の不気味な臭みが、我が国を黄砂のように覆っていることを危惧している。
そして、そんな不逞な輩たちと結託するみっともないオトコどもに憤慨している。
実際のところ、政治や経済の負の要素より、それが一番深刻だと思うが…。
その殺害方法が、昨今、日本中いたるところで見られる残虐性の質が、日本人ではないと感じるのは、東仙坊だけではあるまい。
どうあれ、指紋もDNAもデータベースがない外国人犯罪への対応を考えなければいけないと思うが…。
さて、現実的な犯人像は、日本の893組織には正式に属さない、金をもらって殺害を請け負った、いわゆる殺し屋。
それも、妻を刺殺した外国人が、少なくとも1人はホシたちの中にいる。

I think that one of the practice criminals of this case must be a foreigner(この事件の実行犯の一人は、外国人)!

プロファイリング-20  兵庫県西宮市夫婦惨殺事件-1

If the politics becomes doltish, such cruel crimes should increase by all means(政治が腑抜けになると、残虐な犯罪が必ず増加する)!

東仙坊、情けなくてみっともないsengoku官房長官が言う「尖閣」が「千掻く」と聞こえるようになったせいか、世界最大の「オオシャコガイ」の動きを観ながら、「こりゃ、現代の女性みたい」と苦笑していた。
もっとも、「オオシャコガイ」には、敵を敏感に察する青いセンサーのようなものがついていること、夜には閉じていることが人間の女性とは違うし、実際「オオシャコガイ」は雌雄合体…。
政治が堕ちるとこまで堕ちると、自然、世の中全体がますますグシャグシャになるもの。
国益の代弁者であるはずの首相ともあろうご仁が、正々堂々と渡り合わなければならない相手国の代表に、「二言三言声をかけられた」ので、「APECでもお会いできますよね」と言ったと、喜色満面にテレビカメラに向かって話すような国は、滅亡も時間の問題かも…。
そんな卑屈な国では、人心までが激しく揺れる。
わけのわからない心ない犯罪が増加する。
大阪府池田市で11月3日以降、複数の幼児を撮影した写真200枚以上が路上にバラまかれ、半数以上に幼児の顔の部分にフェルトペンで「死」と書かれていたというから、ただただオゾマシイ。
そして、またしても、卑怯で卑劣な殺人事件が発生した。
11月12日、兵庫県西宮市小松西町の古い家が密集する住宅地の中にある、新築の外壁がコンクリート打ちっ放しの4階建ての「オシャレでモダンな家」で、そこに住む1級建築士(62歳)と妻(62歳)が刃物で刺殺される残忍な事件…。

■兵庫県西宮市夫婦惨殺事件

●現時点で知りうる限りの事件の断片的概要

11月12日午後5時すぎ、兵庫県西宮市小松西町の民家の「ガレージ扉に血が付いている」と、通行人男性(46歳)が近くの兵庫県警甲子園署小松交番に届け出た。
駆け付けた兵庫県警甲子園署員が2人の遺体を発見。
男性はガレージで仰向けに主に右腹を複数刺され、妻は1階事務所内で首を中心に集中的に何度も刺され仰向けに死亡していたというから、かなりの殺意。
1階事務所内の机やイスが倒れるなど争った跡があったが、建物2階作業場と3、4階の自宅スペースが荒らされた形跡はなく、金銭目的というより、殺害自体が目的か?
ガレージの引き戸は施錠され、事務所入り口の鍵は掛かっていなかったうえ、2人とも手の甲などにかなりの防御瘡があり、抵抗したというから、残酷。
また、ガレージには建物内から出入りできる構造で、凶器は見つかっていない。
さらに、殺害現場には大量の血…。
なお、被害者宅は、南北に延びる片側2車線の道路に面して東側にあり、血痕が道路東側歩道に1m弱の間隔で南方向に続き、この道路が東西の道路と交差する約30m先までは確認。
そのまま南に約350m進むと国道43号にぶつかるので、少なくとも交差点までは徒歩でホシが逃走したと思われる(???)。
ちなみに、被害者夫妻は10年ほど前に引っ越してきたばかり。
夫は竹中工務店に30年ほど勤務、退職後、設計事務所をオープン。
阪神大震災で住宅が壊れた被災者のために、通常より安い料金で住宅の設計を請け負うなど、その仕事ぶりが「金じゃなく、人のために仕事をする人」と多くの顧客に慕われていたというのだが…。
そして、妻は独学で英語やフランス語を勉強する努力家で、仲がいい夫婦でもあったというのだが…。

●東仙坊がプロファイリングする、この事件の不可解な点

①この凄惨な事件に触れ、誰もが最初に痛感するのが、我が国のコミュニティの崩壊。
それはそうだと思わないか?
独り暮らしや空き家の多い住宅街で、突然、オシャレでモダンな家のガレージ北側の鉄製扉に血痕が、北側玄関前の路上に約30cmの血だまりが、玄関のドアノブにも血がついていたのに…、明かりが消えたままで「何かあったのか?」と噂になっていたのに、「通報しても事件じゃなかったらどうしようと思い、みんな通報できなかった」と、3日間放置していたというのだから、開いた口が塞がらない。
逆に、すぐ110番するのがスジだと思うが…。
どうあれ、こんな風に我が国の美徳の一つであった近所の絆が崩壊しているのは事実と感じて、悲嘆にくれているのは、東仙坊だけではあるまい。
どちらにしても、偶然、雨が降らなかったので、現場の血痕が残ることになったが、もし雨でも降っていたら、そうでなくても、あまり有能ではなくなっている日本の警察のこと、またしてもすぐに迷宮入り(?)になったのでは?

②全く同じ意味で、我が国の家族構造の崩壊。
詳細はまだよくわからないが、このオシャレな被害者宅には、他に住んでいる人はいなかった様子?
ということは、子どもがいても家を離れているのか?
あるいは、同い年の結婚であるということは、子ども作らなかったのか?
もしくは、できなかったのか?
どちらにしても、家族の絆が密でなかったことは確実。
それはそうだと思わないか?
少なくとも、突然、一切連絡が取れなくなり、3日間もコンタクトできないのに、誰も大騒ぎしないばかりか、誰も家に尋ねてはいないのだから…。
その点、11月8日昼おそらく殺害される前に最後に被害者である妻と会った妻の姉が、被害者宅近くで会ったということは、その姉が近くに住んでいるか?
もしくは、安易に自宅を訪ねなかったのでは?
東仙坊、死者に鞭打つつもりなど毛頭ないが、ここらあたりに今回、被害者夫婦が襲われる要因の一つがある気がするのだが…。
どういうことかって?
被害者夫婦が、巷間言われているような純粋に人のために犠牲になるようなタイプではなかった気がするのだが…。

③被害者夫婦の殺害状況に見る、ホシの意図。
司法解剖の結果がまだ出ていないが、間違いなく2人とも失血死。
どうやら、そのぐらい執拗に刺されているようである。
そこで、気になるのがその殺害方法…。
夫は腹部周辺で、妻が首周りである点。
どちらが先に殺されたのか?
ターゲットは夫婦だったのか?
それとも、本当のターゲットはどちらかで、片方は道連れなのか?
一体何時ごろの犯行なのか?
ホシは家のそばに車を置かないほど用意周到で、現場に凶器を残さなかったことも、メチャクチャ、ハイレベル(?)だと思わないか?
それどころか、モノ取りの犯行に見せる証拠隠滅工作もしなかっただけでなく、放火さえしていないのは、なぜ?
そもそも、ホシは、ホシではなく、ホシs、つまり1人ではないのでは?
なぜなら、夫婦は別の場所で刺殺され、かなりの防御瘡があるのでは?
と同時に、かなりの返り血を浴びながら、そのまま逃走しているということは、少なくともホシ、もしくはさらにホシたち(?)を迎える第3者が車で待っていたと考えるべきでは?
どちらにしても、これは殺し屋(ども?)による犯行と直感するのは、東仙坊だけではあるまい。

When those poor assassins who easily undertake homicide for money come out, that kind of the civilization must collapse(金で簡単に殺しを請け負うヤツらが出てくると、その文明は間違いなく崩壊する)!

To be continued...



profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード