Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 足立猟奇的家族殺害事件-2

I am confused and dazed not to discriminate the new from the old at first(最初はこの事件と前の事件と区別がつかなくて悩んだ)!

東仙坊、日本に戻ってこの事件の話を部下に聞いた瞬間、「その事件なら知ってるよ。もうブログにも書き込んだよ、少し」と真剣に応えてた。
それは、「日本砂漠化プロファイリング 映画『Seven』を観たか?」で触れていた事件と錯綜したからである。
1月28日、午前8時頃、宮城県仙台市の住宅街で、会社経営者、米沢俊信(53歳)が、妻(45歳)を果物ナイフで刺しネクタイで首を絞め殺害し、二女(14歳)を刺殺した後自宅を放火した事件。
その際、長女(23歳)と長男(21歳)は刺されながらも命からがら近くの民家に避難し、長男が「お父さんに刺された」と110番通報したことで事件が発覚し、その父親は3時間後に近くの調整池の水中でうつぶせの状態で発見され、病院に搬送され、無様で情けないことにも助かってしまったのである。
確かその時も、家族でケンカする声など聞いたこともなかった。信じられないという、能天気で無神経で無感覚な周りの話ばかりだった。
今回はそんなことはどうでもいい。
猟奇的家族殺人を企画した目立ちたがり屋のこのデイドリーマーは、間違いなくその事件報道を観ていて、「何とカッコ悪い。オレだったら、もっとカッコよく、しかももっと世間を驚かせ、もっと話題になるように、もっとテレビにバンバン取り上げてもらえるようにやるのに…」と考えたのである。

それと昨今一大ブーム(?)になっている、介護問題とそれから拡大する家族問題を一挙に解決する妙案、要介護人を含んだ一家放火無理心中が、このデイドリーマーの一世一代のパフォーマンスのヒントなのである。

Why do we Japanese deserve to copy anything as if anybody should prefer to imitate a fashion of the other’s(ファッションじゃあるまいし、なぜ日本人は何でも真似するのが好きなのか)?

■米沢俊信の子どもじみた意図的な猟奇的犯行動機

①この後の自分の仕事のビジョンもない無責任で、そのために新たな努力をしようともしない怠惰で、何の自信も我慢力もない情けない未成熟なオトコが、一人じゃ寂しくて不安で恥ずかし過ぎてカッコ悪いと、childish(わがままな子どものような)な計画のもとに実行した単なる劇場型自殺事件でしかない。
そして、ついでに、何一つ自分の心根を見ようとしない仮面家族一人一人へ懲罰を与えたという家族殺人事件なのである。

②この幼稚なデイドリーマーは、それでもその修養のない愚鈍な頭で懸命に考え、テレビに託す以上、目一杯派手な殺し方をしなければ失礼だと結論したのである。
それが刃渡り20cmのナタの使用であり、頭部をかち割ることであり、手首の切断なのである。
ただ、ここでもその社会性のなさが露呈している。
そんな残忍さは、個人保護法上、報道倫理規定法上、詳細は伝えられないということすら気がついていないのである。
また、これは学生時代にバンド活動してたときを含め、今までの人生に1度もなかった晴れ舞台、東京ドーム公演だと、その見えっ張りでfoolish pride(ただただ無意味なプライド)しか持たないデイドリーマーが勝手に思い込んでしまったということの証左でもある。

③遺書にも明言されているように、この計画の直接的契機が、母親の介護問題に発していることは間違いない。
仮に車イスで暮らせる家で在宅介護するとしても、3,600万円でそんな家を買うのは不可能かギリギリで、全てが無くなる。それは介護型老人ホームに入居させても全く同じである。
これは東仙坊自身、イヤというほど実体験しているのでよく解る。
もっと安く何とかできると言われるヒトもいるだろうが、息子にとって母親の場合は、そうは簡単じゃないのである。
これは実際に直面すると、共感するヒトが多いと、東仙坊、確信する。
ましてや、このデイドリーマーのように幼稚だと顕著になる。
では、なぜそんな母親の頭を残酷無比にナタでかち割ったのか?
その理由は極めて明白である。
いま自分の思い通りにそれができないのは、自分の意に反して母親が家業を継がせたことにあると、今自分がこんなに惨めな暮らしをしなければならないのも、みんなそのせいだと、責任転嫁したい気持ちと、そんな暮らしを強いられ自分の人生を台無しにさせられたという逆恨み的復讐なのである。

④では、なぜ、好きな洋裁をする家を買ってやりたかった妻までを、同様に残虐に惨殺したのか?
それも母親の介護問題が大きく関わっている。
2年前に姑が入院したときは、言われているように献身的に看病したかも知れない。
それだって、このデイドリーマーが暗に望んでいたから仕方なくに違いない。
というのも、寡黙なはずのデイドリーマーがクラス会でわざわざ「妻の看病のお陰で母親が寝たきりや認知症にならなかった」と感謝の弁を述べているのである。
これを心理分析すれば、自分の強い欲求を表しているだけなのである。
それだって、介護状態じゃなかったからこそであって、本当の介護となれば全く別物で、前日の家族団らんに姑は加われていないのである。
所詮妻にとって他人の母親になるのも仕方がなく、責めてはいけないことなのである。
そのうえ、大変な窮状の生活をしているときに、どうあれ大金が手に入るということになれば、自分勝手の儚い夢を見てしまうのは、新たな生活がすぐできると錯覚してしまうのは、則物的な女の本質、karma(業)でもある。ところが、オトコはこれがなかなか許せないのである。
すなわち、今までとは打って変わって、転居先の選定に関し頑として自分の意見を主張したことは間違いなく、はっきりと姑との同居を拒んだのである。
事実、それに夫婦の意見の対立があるとぼやいていたという話がある。
どうあれ、自分に歯向い、自分の母親を拒絶した妻は死刑だったということでしかない。

⑤では、誰もが注目の二男の両手首を、なぜこれ以上ないだろうという凄惨さで切断したのか?
そう、誰だって容易に想像できるだろう。
赤貧の暗い町工場の中で、人生で最も多感な時期を毎日送っていたのである。どこに明るく清々しくなれる要素があるのだろうか?
もちろん、そんな環境でもそうなる子どもだって一杯いることを否定しない。しかしながら、子どもの座標である父親が何の自浄努力もしない怠け者なのである。
当然、常軌を逸脱した、親にとっても世間にとっても、カワイイ子どもではなかったはずである。
それでも、このデイドリーマーは普段はそれも自分の不徳の致すところと我慢してたに違いない。だからこそ、最後の最後に、父親として初めて、大きな天誅を加えたのである。
その証拠に、長男は「父」と呼んでいるのに、この二男は「オヤジ」と呼んだのである。
ちなみに、仙台のケースでも「お父さん」と呼んでいるのである。そのオヤジと言う言葉に、畏敬の念が一切感じられないと思うのは、東仙坊だけなのか?
その意味で、反撃されないために切断したと考えること自体が、いかにナンセンスであるか、お解りいただけると思うのだが…。
反撃されないためだったら、初めから他の2人同様頭をかち割るに決まっている。

⑥では、なぜ、長男だけは生かしておいたのか?
実は、ここにデイドリーマーのちょっと複雑な心模様もあることはあるが、結果的には、最も重い制裁を加えたのである。
家庭の状況、特に経済状況にも我関せずを通し、少しぐらい成績がいいぐらいで、あたかも自分だけは別世界の人間であるかのように、唯我独尊を貫く長男が、親の要望に従い仕方なく店を継いだこのデイドリーマーにとって、一番許せない存在だったのである。
だからこそ、のほほんと大学受験に出掛けて帰ってきた長男に、「これがオマエの家の実体だ。これがオマエの家族の正体だ。思い知れ!」と強行したのである。
その証拠に、言われているように長男だけは生かしたいと本当に考えたのなら、テレビ局にまで手紙を出したのに(今になって、テレ朝にまで届いていたというから、このデイドリーマーもテレ朝も、本当に訳解らない…)、なぜ、長男宛には何もないのか?
東仙坊、この長男が、いくら幼稚なデイドリーマーの父親からの暗黙のridiculous(バカな)なメッセージでも、それだけは理解したほうがいいと思う。
社会は、どんなときでも本気で関わることが最も重要だからであり、自分だけは違うと思いたいなら、独立し、自分の力で早く生きるようにするべきだったと、東仙坊は思う。

It might be too painful to leave him behind more than to be killed(殺されるよりも辛いことかも)?

これで、緊急プロファイリング、足立猟奇的家族殺人事件を終わりにする。
正直、家族間の殺人にはもう辟易である。
そこで、抑止という意味で、マスコミの方々や事件現場となった近隣の住民の方々に、東仙坊、心からお願いする。
「まさかあんなにイイヒトが」「あんなに仲のよかった家族が」的な報道を止めたらどうだろうか?
心にもないウソの集約が犯罪の連鎖を間違いなく生んでいると、東仙坊は断言する。
ところで、今のヒトたち、どうやら、ナタ(鉈)、オノ(斧)、マサカリ(鉞)をよく知らないようなので、簡単に説明しておきたい。
ナタは、大きめな包丁の刃の厚いヤツという感じ。
オノは、ハンマーの大きめなヤツに、直角に金属の厚めの刃が付いてると考えたら、想像しやすいか?
そして、オノのでっかいヤツが、マサカリ。
どれも、基本的に草や木を切るもので、どこにも殺人用とは書いていない。
とおりゃんせさん、こちらこそ、ありがとう。



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎


 にほんブログ村 ニュースブログへ 

緊急プロファイリング 足立猟奇的家族殺害事件-1

I am moved at your intuition ,Miss? Mrs? Mr? Tohryanse. But I am disgusted at hearing of this kind of case again(とおりゃんせさんの直感に感心したけど、またこんな事件を聞かされウンザリ)!

その通り。東仙坊、仕事で海外に行って帰ってきたばかり。
ブログを開始して以来、初めての出張で、自分のブログに対し不思議な感覚を覚え驚いた。
まるで、部屋に独りぼっちで子犬を残してきちゃったみたいに、ちゃんとエサを食べているか?病気になっていないか?電話やメールで確かめられないから管理人さんに様子を見てもらおう?ってな感じで、落ち着かなく参った。
そして、部屋を開け元気な子犬の姿を見てホッとしつつ、とおりゃんせさんのコメントに吃驚させられた。海外に行ってるのが読まれるなんて…正直、凄く感動した。

そこで、書き込もうと思っていたことを急遽変更。
本当は「香川坂出3人殺害事件」のように触りたくない事件だけど、とおりゃんせさんのリクエストにお答えして、「足立猟奇的家族殺害事件」のホシ、稚拙なdaydreamer(白日夢症候人)、佐々木亨(52歳)の自己顕示型犯行動機プロファイリングをお届けしたい。


■現時点で知りうる限りの事件の概要

2月11日、午後4時半頃、東京都足立区梅田で、このデイドリーマーが自分の母親(85歳)と妻(52歳)の頭を刃渡り20cmのナタでかち割って殺害し、都立高校1年生の二男の両手首を切断し後頭部陥没の重傷にさせた後、自らも躊躇うことなくそのナタで首の左をかき切って自殺した事件。
現場は、東武伊勢崎線梅島町駅に近い町工場地帯。
2階で妻が、1階で母親が殺害されており、二男は同じく1階で重傷で倒れていて、かなり争った様子もあり、殺された2人には抵抗傷があって、意識のあった二男が駆けつけた救急隊員に「オヤジにやられた」と言ったという。
また、便箋1枚に8~9行書かれた遺書が階段踊り場に置かれていて、「母親だけ連れていくつもりだった。でも、どうしても皆を残しては…自分が情けない。皆を守れなかった。葬式は出さないでください」とあったという。
さらに、なぜか唯一人生かされた都立高校3年生の長男(18歳)は朝7時半には大学受験のために家を出ていて、その証言では「父は普段と様子は変わらず。前日も祖母を除いた4人で夕食を共に取り、父は晩酌をしていた。仲のいい家族だった。トラブルはなかった」という。

I think what a terrible family they are(なんと気色の悪い家族だろう)!

■子どもじみた自己顕示型犯行の背景と東仙坊の考察

①このデイドリーマーは、地元中学、定時制高校卒業後、不本意ながら親の後を継ぎ、1階中古工具販売店兼修理作業所、2階住居にして、35年。寡黙な職人気質の生真面目で穏やかなヒトで、悩みや愚痴一つ言わなかったという。
また始まったと思わないか?何で家族を残忍に殺すとイイヒトにしなければならないのだろう?そうしないと、自分たちが困るからだけではないのか?
悪いヒトが悪いコトをしただけだと、かえって対岸の火にならず、考えたくない現実を見せられ怖いから、発作的なコトだから仕方ないと片付けられないからじゃないのか?
つまり、誰もが遠くに考えていたいはずの死がきてしまうように、起きる起きると言われている地震が起きてしまうように、撃つ撃つと叫んでいるお隣のキチガイが核ミサイルを撃ち込んできたように…。
東仙坊、そんな目を背ける姿勢がまた同じような事件を誘発させていると思うのだが、どうだろう?
本人が書いているように、何と情けない卑怯なヤツだと言うべきだと思うのだが…。
第一、こんな世の中に生きていて、悩みや愚痴がないなんて、人間じゃないと思うが、どうだろう?


②このデイドリーマーは学生時代にバンド活動をしていた粋人で、特に登山が趣味で、仲間と毎月のように楽しんでいたという。それに、家族お揃いのヘルメットでサイクリングを楽しむ羨ましいほど仲のよさだったともいう。
オイオイ、可笑しくないか?店は連日のようにシャッターがおり、2~3年前から数百円の自治会費を滞納し、催促されたら「自治会なんか止める」と開き直ったというじゃないか?どこに社会性が感じられる?不況の煽りを受けた中小企業経営者の構造的な問題だって?冗談じゃない。世界中それは一緒じゃないか?変われないのは変わる努力をしなかっただけじゃないのか?どんな人間だって、生きている限り変わり続けるからこそ、『生きてるだけで丸儲け』になるんじゃないのか?
つまり、勇気のない最低の卑屈なヤツということじゃないのか?
どんな人間だって、どんな家族だって、いっぱい仮面を持っているのが当たり前と思うのは、東仙坊だけなのだろうか?
少なくとも、この東仙坊、このデイドリーマーと同じくらいの見えっ張りだと思うが、家族でお揃いのヘルメットでサイクリングしたいと生まれて1度も思ったことはないし、これからも絶対にないと宣言できる。
ところで、実際問題、生活は困窮を窮め、2月5日に、不動産屋との売却契約を結び、「これで店を辞めるメドが立った。一家は喜んでいた」という。それも、当初2,500万円というところを交渉で4,000万円にしたというから、大したもんだと思わないか?
さて、その手付金の400万円は一体どう使ったのだろう?本当に返済で右から左に消えたのだろうか?



③このデイドリーマー、なんと日本テレビに、A4判1枚の直筆の手紙を送り付けていたというから恐れ入った。
それには、「欲に目がくらんだ自分の責任です。母親には車イスで生活できる家を、妻には好きな洋裁をする家を、子どもたちには自分の家をプレゼントしたかった。全部無くしてしまいました。死んでおわびをします」と書かれ、ご丁寧に不動産会社との売買契約の書類が同封されていたという。
??? これはどういうこと? さあ、日テレさん、棚ぼたスクープ(?)の真相、早くオ・シ・エ・テ!それとも、トンダ迷惑?
さすがの東仙坊でも、わけがわからない。
普通に考えると、残金を担保に何かバカをやってしまって、その保全?どちらにしたって、相続か贈与になるから、仮に巷間言われているように、その優秀な長男(失礼ながら、東仙坊、そんなKY.がちっとも優秀だと思わない)をイイ大学(?ここは韓国?中国?)に入れさせ、ラクな暮らしをさせてやりたいと画策したんだとしても、あまりにも幼稚な発想過ぎて呆れる。
第一、こんな情況で残されてしまった18歳に何をしろと言うのだろう?とにかく、精一杯の勇気を振り絞って生きていって欲しいと、心から祈るだけである。
どちらにしても、なぜテレビに手紙を送ったのか?この事件の犯行動機がここに集約されていると思う。
そして、どうせなら、400万円の一部で最新のビデオカメラでも買って、昨年4月に、USAのバージニア工科大学で銃乱射事件を起こした23歳の在米韓国人学生犯人、チョ・スンヒの真似をして、ビデオレターにすればよかったのにと思うのだが、どうだろう?


それでは、本題の犯行動機に入ろう。
その前に、忘れないでおいて欲しい。この事件は、偶然店の前を通りかかった女性の通報で発覚してしまったが、それがなければ、第一発見者が間違いなく長男になるはずの時間を選んで強行したのだということを…。
東仙坊、この事件は1回でプロファイリングを終えたかったが、長くなりそうなので2回に分けることにする。
とおりゃんせさん、ゴメンなさい。

Nobody could save such an immature daydreamer(誰もこれほど幼稚な夢見る夢男を救えない)!

To be continued…


◎東仙坊へのメールはこちらへ◎


 にほんブログ村 ニュースブログへ 
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード