Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

日本水没道程プロファイリング 「岩手女性殺人1ヶ月遅れの手配をイワッテ」!?

Gee,I can't stand any longer (もう、我慢できない)!

東仙坊、認知症がますます進んだのか、どうしてもわからないことがある。
自然資源として石油が、有限で、残り何年で底を突くと聞かされたのは、かなり前のはず…。
その時、確か子ども心に、
「それは当たり前。地球も、人間の命も、同じじゃないか…。だから?」
そんな風に、感じていた。
かなりのペシミスト、いやニヒリストだったのかも…。
どちらにしても、そんな有限資源で生活しようとしている国も、ヒトも不思議な存在だと感じていた。
その残量がいよいよカウントダウンに入っているというのに、こんな21世紀になっても、そんな不思議な国やヒトが荒稼ぎできるとは、どうしてなのだろう?
何が史上最大の高値だクソ喰らえ!と思っているのは、東仙坊だけなのか?
本当に変な世の中になったものだと思わないか?
ローリングストーンズの名曲に、「Jumping Jack Flash」がある。
東仙坊、なぜかそのフレーズを思い出し、大声で歌っている。
Jumping Jack Flash It's a gas, gas, gas!
宗主国の皆さん!
アラブの皆さん!
ロシアの皆さん!
皆さんはすばらしいヒトたちだ!
まさにgas だ! gas だ! gasだ!
ひたすら賞賛して「ガス」と言っているので、決して「おなら」なんて言っていませんので念のため…
とっくに、東仙坊、本気で車に二度と乗るまいと決心している。
残念ながら、それ以外に抵抗手段がない。
そう言えば、その石油総残量が地球上で燃やされたら、どのくらいのCO2になるのだろうか…?

そんなGas警察が我が国にあることがわかった。
6月28日に宮城県の17歳女性が殺され遺棄された、岩手女性殺人。その犯人として、ようやく7月29日、とっくに誰もがそう思っていた姑息なヘンチクリン、小原勝幸(28歳)が全国指名手配された。
ちょうど1ヶ月後である。
これって、岩手県警が、犯人を見逃し、捜査をしたくないための偽装?
凄く変だと思わないか、どうだろう?
東仙坊、日本砂漠化プロファイリング 17歳タトー少女の死!? でもプロファイリングしたように、1000%犯人は、この自殺を偽装した姑息なヘンチクリン。あの時点で自殺防止人命救助を名目に、公開捜査をするべきだったのではないのか?
岩手県警、どこから見ても、ジャンピングフラッシュでは…?
まさに、今の日本を代表する「すばらしいひとたち、Gas Gas Gas」の集まりのようである。
地震が起こるワケは、それが原因だったりして…。
Gas、ガス爆発?
本当に情けなくてみっともないと思わないか?


What a wonderful police like a gas(何とすばらしいガスのような岩手警察なのだろう)!



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

日本水没道程プロファイリング 親ダメこけたら子がこけた!?

Already knew it or did not, that is not important(すでに知っていたか知らなかったかは重要じゃない)!

東仙坊、モラルの再生のためには、修養しかない、そのためには、教育が一番重要だから、教師が全てと、何度も何度も教師のモラル向上を期待してきた。どうやら、それは時間の浪費でしかなかったようだと、途轍もない空虚感、虚無感、絶望を覚えている。
「惻隠の情」が消え、「職員の上」もいない。
「もののあわれ」は感じず、「ものは割れ」だらけ。
「思いやり」は、心の中に「重いヤリ」。
本当にこの国は?
この国の子どもたちはどうなってしまうのだろうか?
自分の書き込んだ、「普通仮面を被った異常犯罪-3」 「普通仮面を被った異常犯罪-4」 「普通仮面を被った異常犯罪-10」を読み返しても、一条の光明も見つからない。
それどころか、一畳の安息場も、一重の友だちの輪も、学校にはなくなった気がする。
真っ暗闇で、熱い夏にはピッタリかも…いろいろな意味で…。
もしかしたら、情けなくてみっともない「お化け」が出てきて、もっと寒くなるかも。

さて、7月23日、とりあえず大分県教員採用汚職問題で、唯一不正合格が明々白々だった、贈賄で再逮捕された大分県教委義務教育課参事、矢野哲郎(52歳)の長女(23歳)が、辞職届を出した。
「迷惑をおかけしている。沈静化と教職員への信頼回復を望む、不正については知らなかった」と話している。
世界一のお人好しである日本国民、「それなら関係ないのに、可哀想だわ」、「いい先生だったのに…」などという声まで出てきている。
これはある意味、あのれっきとした犯罪者の辻元某、鈴木某も堂々テレビに出ているくらいだから、当然と言えば当然かも…「罪を憎んでヒトを憎まず」、不思議だけど、我が国では「罪」がひとりでに自分の意志で「ヒトの手を煩らわせず」勝手に起きるのである、東仙坊、もう訳がわかならい…。
根本的に、採用をペーパーテストに頼っていること自体に、是非はある。
しかし、それが既成の登竜門ならクリアするしかない。
納得できないなら、諦めればいいだけ、人生の現実なんて、そんなもの。
事実、1000点満点のこのテストで、400点で、240点も水増しされ合格しているヒトがいるというから、ここの教育者レベルは、低級だと言わざるを得ない。
では、これをどうやって糺すのだろう?
少なくとも賄賂を渡した親自身はわかっているはずでも、潔く申告し、自分から罪に服し、子どもの人生を親自らの手で壊せる奇特なヒト(?)がいるはずもないと思わないか?
大分のお墓は、何百人(?)のイミテーション教師とその親たちが封印したままあの世まで持っていく贈賄の重さで、ガタガタしてしまうだろう。
この情けなくてみっともない犯罪は恒常化していて、根は相当深いと思うが、どうだろう?

ところで、この娘、本当に知らなかったのか?
よしんば知らなかったとしても、知った時に、なぜすぐ辞職しなかったか?
それより、今、自分がそうやって教師になったことをどう思っているのだろうか?
東仙坊、お金で買って教師になったヒトの心理にとても興味がある。
そして、自分の生徒たちに、このことをどう説明するのか?もちろん、話さないのか?
その話す内容にも、興味津々。
失礼でも、子どもの心のケアとしてではなく、何が言えるのか?流行りの他人のせいにするのか?
極端に言えば、最近のいろいろなクソッタレたちの中でも、一番耳を傾けてみたいお話しと感じるのだが…人間として。
そして、この後も平然と教師を続けるだろうイミテーション教師たちに、どうしてもお願いしたいことがある。
後生だから、子どもたちが何か悪戯をした時「誰だこれをやったヤツは、正直に名乗りなさい」とだけは…、「天網恢々疎にして漏らさず」という言葉だけは…教えないで!!!

ところが、こんなことを書き込んでいたら、偶然、母親で小学校の校長だった浅利幾美(52歳)が、長男と長女合わせて、2人分の(?)400万円を払ったという。その長女が(これは極悪人が合格ラインに達していたと話しているだけ?)、「私は辞めない。生徒たちにも、泣いて謝った」と言っているというニュースを観て、東仙坊、飲んでいたコーヒーを思わず吹き出した。
そして、その長女を擁護している生徒の親までが画面に出てきていた。
この根本的な勘違いって、一体どこからくるのだろうか?
結果として賄賂で教師になった長女、その長女をお人好しの日本人らしく擁護する父兄たち、どちらも何か一番大切なものを忘れていると思うが、どうだろう?
しかも、贈賄した母親(自分もそれで校長に?)が教頭をやっていた頃の学校に、長女は今、働いているのである。
問題は、金銭の授受だけではないと思うが、どうだろう?
教育はどこまでもモラルが最優先。その意味で、全くの頭の腐った教育者に、そして、それを道義的に責任を感じない教育者に、微塵もモラルを重要にする気配がないとは、とても変だと思わないか?
正直言って、その長女がどんな情操教育を、修養を子どもに教えられるのか、本当に疑問だと思うのは東仙坊だけなのか?
このことがウヤムヤになるなら、世の教員になりたい奇特な頭の可笑しいヒトは、ぜひ、大分県に行くことをお薦めしたい。

I would like listen to her deeper inside as a imitation teacher who bought the license by money(金で教師資格を買った女の内心が知りたい)!



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

日本水没道程プロファイリング 殊勝な首相の主唱!?

Hang on, our prime minister. Your speech doesn't use to be enough(ちょっと待って首相、何か言うことない)!

街の中で、アンポンタンが「親を困らせたいから、誰でもいいから殺したかった」と無差別に包丁で人を殺傷する。
オモチャ屋の店前で、可愛くないガキが「買って買って」と泣きわめきながら、持っていたソフトクリームを投げる。
この2つの幼児性、ワガママに違いが見つからないことが、恐ろしい。
30ぐらいの歳の差が、何の意味も持たないなんて、この国は一体どうなるのだろう?
教育が、着実に成長させ、修養を身に着けさせ、社会と適応できる人間にさせてゆく。そんな幻想をいつまで持っていていいのだろうか?
今やそれは人間のただの傲慢なのではないのか、どうだろう?

夏の高校野球地区予選決勝までが、テレビ中継されるようになったらしい。
東仙坊、イチローの8打席ノーヒットに、すっかり落胆している。
来週はかなり忙しい。
破れかぶれで、睡魔と戦いながら、来週の月曜分のブログでも書いてしまおうとPCの前にいる。
熱中症が恐いので、各種ドリンクのペットボトルに囲まれている。
まるで献花台のようだ…と思いながら、テレビで高校野球を観てもいる。
そして、このテレビ中継なるものが、これらの高校球児をすでに勘違いさせてしまうのでは?と懸念している。
とにかく、パフォーマンス的な表情やプレーが多く、観ていられない。
それ以上に、この炎天下で球審をしている人の出鱈目なストライクゾーンに、驚いている。
さっきまでのメジャーリーグの球審と同じように、出鱈目で呆れるからである。
負けるなイチロー!東仙坊、絶叫している。
それだったら、テレビを消すなり、チャンネルを替えればいいと思われるかも知れないが、BGMにすると、眠ってしまいそうであり、不愉快なニュースというより、不愉快な目撃談をまた観て、これ以上憤怒したくないのである。

7月25日午前9時10分頃、千葉県多古町で、家が全焼し、30歳母親、5歳の長男と二男、9ヶ月の長女が焼死するという痛ましい出来事があった。
その目撃者のバカタレが、笑みを浮かべて報道インタビューを受けていた。
それを観ていて、何とも言えない憤懣やる方ない気持ちになったのは東仙坊だけなのか?
こんな世の中のムードって、一体なんなのだろう?
やはり、この国のモラルは完全に喪失してしまったのかも知れない…。

それで、東仙坊、どうしても気になることがある。
何の根拠なのか、どこまでもパフォーマンスでしかない「cool bis(クールビズ?)」で、いつも情けなくてみっともない格好をしている政治屋の大将。
その「服だ」さん、毎日記者団からどうでもいい質問を受けているが、なぜ「無差別殺人は最低だ。人間のやることじゃない。絶対に劇場型犯罪を許さない。二度とそういうことの起こらないように、問答無用で未報道のまま即座に始末できる法改正を考える」と一言でいいから触れないのだろうか…それこそパフォーマンスでもいいから…。
それが国のリーダーだと思わないか?
何か変だと思わないか?
ちなみに、宗主国の大統領は、こういうケースでは、真先にそれを諌めるような発言をすると思うが、どうだろう?
とにかく、無差別殺人に、ありとあらゆる手段と早急な対応策を講じる必要があると思わないか?

さて、公言しているように、東仙坊、ヘビースモーカーである。
自分のプロファイリングが当たらなくとも、医者の自分へのプロファイリングはかなりの確率で当たる気がしている。
それでも、煙草を止めない。すでに回りからヒンシュクを買っているが、平身低頭、勘弁してもらっている。
その苦しい言訳として、いろいろな確率を示し逃れている。
毎年約33万人ガンで死亡。その肺ガンが約6万人、男性は死亡原因の1位、女性は2位。喫煙者は男性で4.4倍、女性で2.8倍。
さすがに喫煙に、その副流煙に、問題がないとは言えないが、そんなに大差が…。
小児ガンが約10%もいること、交通事故死者が約3万人、自殺者約3万人を考えれば、そんなに目くじら立てなくてもいい確率では…。
それから、おもむろに、喫煙者が喫煙しているから肺ガンになるだけでなく、非喫煙者でも喫煙しなくても肺ガンになるのでは…。
それは「CO2を出さなければ、地球が助かる」かのような虚構では…。
肺ガンは、危険因子のDNAがあり、それが何かの原因でガン化しやすくなるだけで、喫煙しなくても危険DNAを持っていれば、肺ガン発症率が高くなるのでは…。
自動車の排気ガスが大いに関係しているのでは…。
最後に、煙草を吸って肺ガンになるなら、誰も絶対に吸わないと思わない?
第一そうなら、さすがの頭の腐った政治屋や官僚でも、煙草を売れないだろうし、1000円に値上げして財源にしようともしないのでは…。
他の人より税金を払いたがり、勝手に死にたがっているバカと見てていただけば…。
それが悲しき喫煙者の本音だと思うが、どうだろう?
ついこの前まで、スーパーのビニール袋の存在であり、今やエコバッグみたいなものにされたのが、煙草だと思わないか?

さて、7月24日、埼玉県さいたま市の路上で、22歳の男が、23歳の大学生の顔を殴り鼻の骨を折り、傷害の現行犯で逮捕された。
この短気なアホ、「煙草を吸っていたところ、通りかかった大学生が、煙草の煙を嫌がり、自分の顔の前で手で露骨に煙を払ったそぶりに腹が立った」と供述しているという。
この話を聞いて、正直、その被害者の性格の方が、八王子のアンポンタンに近いと感じるが、どうだろう?
喫煙派、東仙坊、ひいき目に判断していないので、念のため…。
大学生にもなって、路上なのである、煙草のケムリと車の排気ガスのどちらが健康に悪いのかも知らないのか、どうだろう?
実は、驚くほどそういった勘違い手合が増えている気がして、とてもイヤな感じがしているからである。
それって、他人の彼女を見て、片手で頬を押さえ、その間からもう片手の人差指で鼻を上に突き押したことになると思うが、どうだろう?
つまり、人の趣味嗜好に、傲岸不遜にかかわるのは越権行為だと思うが、どうだろう?
隣の家にやたらうるさいとか、臭いんだよとか、怒鳴るようなバカ、短いスカートの女性を見て、ネエチャンいい足してるネーとか、ヒデェ格好だなとか、声をかけるようなバカ、などなど。
自己中心的な基準で、他人に無理矢理かかわる、自分の「福だ」だけを主張するマナーやモラルのないヒトが、本当に増えたと思わないか?
こういう手合に限って、タクシー乗り場やインター出口で横入りしたり、泣いている自分の子どもに何で泣いてるのよ静かにしなさいってただ怒鳴るに違いないと思うが、どうだろう?

Don't force anybody to do what only you should believe in(自分の信じることを人に強制するな)!



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

日本砂漠化プロファイリング 熱中症!?教師はわいせつ行為に熱中しょう!?

Now it must be the most necessary for the school teachers to have a license like a Taspo to molest own schoolgirls(タスポのような許可証が1番必要なのは、自分の生徒にわいせつ行為する教師に違いない)!

東仙坊、「寒い、寒いな」って言ってたら、一気に温度が上がって、熱中症が急増した。
天は、どこまで試練を与え続けてくるのか?
7月19日、午後10時までに、全国で453人も熱中症で救急車で病院に搬送された。
中には、死亡してしまった人までいるというから、誠にお気の毒。
マメに水分を取ろう。
7月12日、東京都大田区の多摩川河川敷で、中学校野球大会開会式で、その演奏のために参加していた高校生マーチングバンドの生徒が、熱中症で12人も運ばれたと聞いた時、何と脆弱な若者なんだろうと勝手に罵っていたことを反省している。
激しい温度差が、熱中症をどんどん発症させるらしい。

さて、暑さのせいか、はてまた暑さに関係ないのか、我々普通人より、一足先に「わいせつ熱中しよう」にかかっているのは、やっぱり偽りのライセンスで教師になった普通仮面を被ったヒトたちなのかも…。
偽物は、どんな世界でも、足が早いのは当たり前。
それにしても、今や、教師になるのは、わいせつ目的以外にないのでは?
そうとしか思えないクソ暑苦しい事件が連発している。

7月8日、大分市立佐賀関小学校教諭、沢田隆一郎(34歳)に、大分県迷惑防止条例違反で、大分家裁が略式起訴、罰金10万を命じた。
この正式に合格したかわからない?《大分》のスケベだめオトコ、JR津久見駅の階段で、女子高校生のスカートの中を階段の横からのぞき見てつかまったという。
まさに、開いた口が塞がらない。
インチキにクソッタレでは、手に負えないと思わないか?

7月10日、愛知県美浜町立中学校教諭、梶谷博(49歳)を、児童買春・ポルノ禁止法違反で、愛知県警豊橋署が逮捕した。
この不謹慎な面汚し、中学1年女子生徒を買春したうえ2台のビデオカメラで撮影したというから恐れ入る。しかも、平然と20歳と偽って携帯電話のプロフィールサイトで連絡していたというから、妙に感心しないか?
本当に恥知らずもここまで来ると、凄いかも…。

7月17日、神奈川県川崎市立野川中学校教諭、花形晋(39歳)が、神奈川県多摩署に、県迷惑防止条例違反で現行犯逮捕された。
このノータリン駄々っ子、JR南武線内で、21歳の女子大生の下半身を触ったというのだが、その言い訳が「短パンで足が露出しているから、触ってしまった」というのだから、どこに理性のカケラがあるのだろう?
本当に情けなくてみっともないと思わないか?

7月18日、長野市立中学校教諭、宮原弘志(51歳)が、児童福祉法違反で、長野県警長野南署に逮捕された。
この好色なボンクラ、顔見知りの女子中学生に長野市のホテルでみだらな行為をしたというから、言語道断。
顔写真でも、そこら中に貼りだして、確認したらどうだろう?

7月18日、横浜市立港南中学校教諭、蓬田秀次(52歳)が、県迷惑条例違反の現行犯で、神奈川県警港南署に逮捕された。
この無教養な無礼者、市営地下鉄の上りエスカレーターで、高校1年女子生徒のスカート内を、右手に持っていた手鏡を使って覗いたというのだが、「後ろ姿が可愛かったので、覗きたかった」と供述しているというから、何をか言わんやである。
頭の中は、2歳乳児並だと思わないか?
バブバブ、ミルク、ほちい。ブー、ママ、オッパイチュ、そんな感じがして哀しくならないか?

人間、熱中する姿は美しい。
我がイチローは、どこかの教師のように頭の腐ったシアトルの記者に「ホームランを打てないイチローは蚊だ」と言われた翌日、イチローはホームランを打った。
これこそがリーダー、男は黙って、結果を見せたいものだと思わないか?
今、侍精神を持つ人は、世界中で評価され、間違いなくもてる。
人を教育するなら、率先垂範とは言わないが、せめて、最低のモラルだけは守って欲しいと思うのは、東仙坊だけなのか?
もし女性にもてないから教師になっていて、隙あらばとご期待のご仁、東仙坊がもて方を教授してあげるから、耳をかっぽじってよく聞いて欲しい。
「据膳を喰わないこと」、そして「武士は食わねど高楊枝」を歯を食いしばって実践すること。
そうしてさえいれば、チクったり、リークしたりしないような本物の女性が、必ず向こうからやってくる。
それを必死に「君のために僕は我慢する」と拒んでいれば、一生尊敬される教師になれること、間違いなしだと思うが、どうだろう?
「やせ我慢している男って、凄くセクシー」だと、東仙坊が個人的に知っている、ある有名美人女優が言っていたけど…。
まあ、教師になっているようなオトコじゃ、どうせこの意味もわからないだろうけど…。

Even if you would be a lovable teacher ,you would better be patient more and more to be respect(もし愛される教師になるには、尊敬されるまでずっと我慢すべき)! 



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

日本砂漠化プロファイリング 無差別殺人報道という名の幇助!?

Completely I got be mad to the mass media to report the murder case in Hachiouji(八王子無差別殺人のマスコミ報道に完全に切れた)!

この国の、恥を知らない情けなくてみっともないassholesどもは、水面下で、一体どれだけ繁殖してしまっているのだろうか?それこそ、「バイオハザード」の「undead(アンデッド)」のように…。
卑怯で卑劣なヒトたちの中で生き残りたいなら、目を閉じるな!耳をそばだてろ!鼻を広げろ!口を結べ!全神経を集中しろ!そして、ヒトから距離を取れ!それしかないと思うが、どうだろう?
ただし、肉体的に距離を取っても、精神的には距離を詰めておいたほうがいいと思うが…。
本当に、この国のモラルは完全に喪失してしまったのか?

7月24日、0時26分頃、岩手県沿岸北部で、マグニチュード6.8、震度6強の大きな地震が起きた。
いよいよ「天の鉄槌」が下るのでは?と、改めて危惧している。
ところで、その緊急地震報道をしているNHKのアナウンサーの語る内容、口調に、「ふざけろ!頭腐ってるんじゃないのか!」と、激怒していたのは、東仙坊だけなのか?
我々人間って、それほどまでに、『他人の不幸は蜜の味』を欲しがっているのだろうか?
凄く変だと思わないか?
そもそも、NHKまでがそんな調子だから、誰もがそんなムードになっているのではないのか?
「地震が起きたのが自分の地域じゃなくてよかった…」
「なんだ、大した被害じゃないじゃないか…」
「何人死んだんだ?えっ、死亡者がいないって?」
そんな風に陰の声が聞こえてきて、とっても絶望的な気分にならないか?
それにしても、運よくテレビ画面上で、他人事として観ることのできる人間が、願わくは地震の被害が大きいことを、そしてその地震の生々しい臨場感を欲していると、こういうNHKのプロデューサーは、どのような観点から勝手に思い込むのだろう?
東仙坊、これは「世にも不思議な物語」では?と、ただただ唖然とさせられた。
「発生直後のお忙しいところ、すいません。今、どちらに?」
「家の2階に」
「どんな状況でしょうか?」
「もう滅茶滅茶で、足の踏み場もありません」
「そうですか?お店の状況は?」
「動けないので、まだ見ていません」
「そうですか?では、回りの状況は?」
「ですから家の2階で動けない状態で見てません」
これって、とっても人間味に溢れた、思いやりのある、やり取りなのだろうか?
東仙坊、あまりの感激に、その場でテレビを消していた…。

7月22日午後9時40分頃、八王子駅の商業ビルで、また「テレビに名前が出れば、相談に乗ってくれなかった家族に迷惑がかけられる」と20歳以上のアンポンタンが、刃渡り15cmの包丁を無差別に振り回し、21歳女性を刺殺し、23歳女性を傷つける事件が起きた。
東仙坊、そんなアンポンタンの思うつぼになりたくないので、プロファイリングしないどころか一切触れたくない。
もちろん、不運この上ないことに被害に遭ってしまった2人の女性には、かける言葉も慰める言葉も見つからない。心から哀悼の意を表するとともに、くれぐれもお大事にと心配している。
さて、この八王子無差別殺傷事件に関するマスコミの報道の姿勢に、またしても義憤を覚え、ワナワナ震えている。
東仙坊、これまでも再三再四、「緊急プロファイリング ある殺人加害者の父親!? そして!?」「プロファイリング-8  普通の人々の日常的犯罪-2」「緊急プロファイリング ある殺人加害者の親!?そして!? supplement(追補)」などで糾弾してきたが、マスコミが、国のリーダーが、凛として正々堂々とモラルの大切さを国民に示唆していかなければ、この国はどうなってしまうのだろうか?
そこで、もう一度マスコミの有能な方々に、いくつかぜひお尋ねしたい。

①まずその意志に反して人生を寸断された、不運極まりない被害者のプライバシーをなぜ暴くのか?
それはその不運さを強調している以外に意味があるのか?
その友だちヅラして(?)被害現場でわざわざ泣いてインタビューを受けるヒトを出すのか?
その単なるバイト仲間なるヒトたちに一体何を言わせたいのか?
その学校関係者たちを、その欣喜雀躍したアホ面を下げた教授に、何を言わせたいのか?
その近所の人たちが、どれだけ昔のことを覚えているのか?第一、本音で答えるヒトがいるのか?
ところで、子ども時代の作文を、その不運を証明するための必須アイテムだとでも考えているのか?
本人でさえ記憶していないのでは?

②20歳以上の加害者の父親をインタビューするのは、何の意味があるのか?事件とどんな関わりがあるのか?
いっそ犯罪者の家族は自動的に共同正犯にしたら、どうだろう?
そして、そんな不貞の輩を雇っていた会社に、何らかのペナルティーを払わせたら、どうだろう?
それなら、どんどん画面に出してもいいと思うが…。

③偶然現場にいて、幸運にも事件に巻き込まれなかった、喜色満面のヒトたちをインタビューするのはどんな意味があるのか?一世一代の檜舞台にでも上がったような錯覚をした、勘違いassholeを、誰が見たいと思っていると考えているのか?
ところで、その恥知らずの大バカ者たちは、一体どんな神経でインタビューを笑って受けるのか?

④なぜ、事件直後に献花台が用意されていて、それを放送するのか?
ところで、誰が何のためにあの場所に献花台を用意したのだろう?とっても変だと思わないか?

⑤犯行現場に初めて入れた報道陣たちが、なぜお互いに陣地取りを和気あいあいとやっているようなシーンまで流すのか?

本当に情けなくてみっともない国になったと思わないか?
マスコミの方々、どう思う?

I wanna let such a asshole be the heatstroke(人の不運を自己顕示に利用するタコは熱中症になれ)!


◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

緊急プロファイリング 川口14歳少女父親殺人事件-supplement(追補)

I am fed up with hearing that kind of the fairy tale any more to protect the oneself only(自分を守るだけの戯言を聞くのはうんざり)!

東仙坊、どうしても、この事件に関してのマスコミ報道、学校の対応、母親のreaction(反応)が、納得できないので、それどころか義憤を覚えるので、補足プロファイリングをすることにした。
不可解でショッキングな父娘間殺人事件は、不運にも起きてしまったのである。
残念なことに、食い止められなかったのである。
その真相を、一体何のために、誰のために、知ろうとしているのだろうか?
本当にこのような悲惨な事件を抑止するためなのだろうか、何か怪しい気がするのだが、どうだろう?
隣の芝生が荒らされていれば、一先ず自分の芝生が荒らされないと、安心したいだけのように感じるのは、東仙坊だけなのか?
結局は、自分の芝生もすぐ荒らされてしまうのに…。
対岸の火事ではなく、他山の石にする必要があると思わないか?

14歳女子生徒加害者(便宜上、ナイーブ不幸少女、N.U.G.と呼ぶ)が、その父親殺人という犯罪を凶行した段階で、その中学校での成績や評判、近所の評判、過去の小学校での成績や評判、そんな瑣末的なことなど事件の真相解明に、一切何の意味も意義も持たないと思うのだが、どうだろう?
東仙坊、叫び続けて8ヶ月、キチガイが卑怯で卑劣な罪を犯すのではなく、罪を犯した瞬間からキチガイになるもの、その説を絶対曲げない。
それゆえ、真相解明には、犯行直前に何があったのかが最も重要で、後は大して重要でないと思うのだが…。
ところが、それがなぜか遅く帰って来て、一緒に食事しビデオを見て、午後11時に先に寝た母親、姉の学校からの電話に「風邪で寝ている」と虚言を吐き、一緒に食事しビデオを見ず、夏休みの模試のために勉強していて、事件が起きても気がつかなかった小学6年生の弟、その2人の身内の保身的で自己弁護的な証言しかないから、話しが変に、可笑しくなるのではないのか、どうだろう?

このN.U.G.の部屋から、オカルト雑誌、ホラー漫画、本当のことが書けない日記などが、いろいろ出てこようと、この事件とは何も関係ない。同じくカラオケが好きなことも関係ない。
N.U.G.が本当は成績がよくなくて、礼儀正しくなくて、嫌われ者でも、一切この事件と関係ない。
被害者の父親が、非上場でも売上200億円の製薬会社の社員で、何千万円もする分譲マンションに住んでいたことも関係ない。
N.U.G.自身が、小学校時代から夜10時まで塾通いで、それでもいくら歴史があってもそこそこの中学校にしか入れなかったことも関係ない。
N.U.G.がすでに供述しているように、学校の成績が下がったことも、親がそのことで怒ったことも関係ない。
N.U.G.が取り調べに、出された食事をきちんと食べること、落ち着いていること、「目が覚めたときに刺そうと思った。勉強しろと言われ反感があり、うっとうしかった。大変なことをしてしまった」と反省していることも関係ない。
友だちの1人が明確に話していた通り、「この事件は起こるべくして起こった」、悲劇的で低劣で哀切にあふれる事件でしかないと思わないか?

■東仙坊がこだわる不可解な点

①N.U.G.の母親は、N.U.G.の供述まで無視して、なぜここまで父娘の仲がよかったと公言し続けるのだろう?こんな状態なのに、わざわざ学校にまで連絡して「本当に理由がわからない。勉強しろと厳しいのはむしろ自分の方だった」と告げたのか?
この母親には、ある大きな悔悟があり、それを必死に転嫁しようとしているようにしか見えない。
実は、この問題の根底に夫婦間のことがあるのではないのか?
事実、N.U.G.は友だちに「人間関係で悩んでいる」と告白している。
また、見ず知らずのオヤジが「名前を教えろ?」と声をかけてきたとき、毅然と「何でそんなことを聞くの」と言い返している。


②N.U.G.は、犯行前に、ブレーカーを落として家中を真暗にし、真っ暗闇の中で、的確に父親の寝ている場所を確認し、刃渡り20cmの包丁で、肺に達するほどの一刺し、右目のあたりに強烈なさらなる一刺し与えているのである。その手ごたえはどのぐらいのものがあったのだろうか?
この真暗闇、つまり家中の音がなくなる状況って、仮に寝ていても無気味な気配を感じて起きたりするものではないか?
母親の部屋には、エアコンも、スタンドも、電気時計も何も電気製品がなかったのか?そして、弟の枕元にも…。


③前回も書き込んだが、どうしてもわからないのが12歳という微妙にデリケートなはずの弟である。本当に気がつかなかったのか?実は気がついても気がつかなかった振りをしているのではないのか?本能的に、あるいは経験的に…。
弟は、一体どこで何時まで勉強して、何時に寝たのか?
おそらくiPodでも耳にして寝てたのだろうか?そんなに鈍感な男の子がこの世にいるのだろうか?
もう一度確認しておきたい。
あの夜は寝苦しい夜ではなかったか?エアコンが止まったら、寝てなどいられなかったと思うが…。
では、ブレーカーを落としてすぐだったのか?暗順応という言葉をご存じだと思うが、あんなモダンなマンションにそんなに窓があったのだろうか?
見たところ、通路側で、そんなに窓があったと思わないが、どうだろう?
そして、肝心なことだが、居間に残った父娘は、そこで何をしていたのか?あるいは、何を話していたのか?少なくとも、N.U.G.の供述では、12時までは二人で居間にいて、N.U.G.は部屋に戻って寝たという。では、父親は、何時に寝たのか?


④相変わらずの情けなくてみっともない学校の会見。毎度のことながら、全くナンセンスで恥知らずの学校関係者のあのような席は、誰が何のために依頼するのか?あるいは、勝手に開催するのか?
責任転嫁の言葉しか辞書に載っていない能天気な教師たちのご立派な会見、東仙坊、反吐が出た。
「服装の乱れもなく(???)、何ごとにも真摯に真面目に取り組む態度で、保護者とのトラブルや悩みも聞いていない。悩みのサインが出ていれば気づくと思うのに、そういうところはなかった。普通の子だった」、日本中の子どもを持つ親は、この学校に入れるべきだと思うが、どうだろう?超能力を持った卓越した教師たちしかいないようだからである。


■東仙坊のプロファイルする、N.U.G.が言えない犯行動機

N.U.G.は最後まで、その本当の理由を供述しないと断言する。
それができるくらいなら、父親を殺す必要が全くなかったからである。
このN.U.G.は、母親も、弟も、大切にしたいのである。おそらく、それぞれとは、いい関係があったことだろう。それだからこそ、これからも、ポツリポツリとせいぜい話す程度だろう。
これだけ罪を憎む東仙坊が、このN.U.G.がアスペルガーで数年後に社会復帰することに、あえて眼をつむる。そして、この忌まわしい出来事を1日も忘れて、次は成熟した人生を送って欲しいと心から願っている。
誰も言わないだろうから、東仙坊、火中の栗を拾う。誰が何と言おうと、このN.U.G.の父親には、それだけの天の怒りを買う業があったと言わざる得ない。
N.U.G.の少女らしさを、少なくとも精神的に、最悪の場合には肉体的に蹂躙した気がする。その詳細は、N.U.G.のために、記述しない。

本当に、この国のモラルはどこへ…。

For the first time I will have no choice to give N.U.G. the special forgiveness(初めてこのナイーブな不幸少女に特別な許しを与えるのはしょうがない)!



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

緊急プロファイリング 川口14歳少女父親殺人事件

Anybody should feel something strange to hear this news at once(このニュースを聞いて誰もが何か変な感じになったのでは)!

東仙坊、「オオユスリカ」が異常大量発生しているのを観て、我が国に対する2つの啓示かな?とぼーっと考えていた。
1つは、振り込み詐欺犯罪国家日本には、「おおユスリか」が、なぜかよく似合う気がするなぁ…。
1つは、平和ボケお人好し日本に、昨日福島県沖で起きたような「大揺すりか」が、そろそろ起きそうだなぁ…。
そして、起きようかな…とタバコに火をつけ、コーヒーを挽きながら、新聞に眼を通していた。
昨夜仕事に忙殺され、ニュースチェックする暇が全くなかったせいもあるが、朝早くから介護ホームに出掛けなくてよくなり、のたりとした休日を実に5年振りに取っているからである。
正月の母に続いて、父が亡くなり、ついにいわゆる孤児になった。
とりあえず、流行りの親殺しをしたくてもできなくなったという意味では.、ひと安心と言える。
そんな風に考え、苦笑いしていて、東仙坊、急にプロファイリングしたくなった事件を見つけた。
その流行りの親殺しの一つである。

7月17日、愛知県春日井市で、大学院教授の妻(60歳)が、二男の太田淳平(28歳)に、「食事の取り方が悪い」と拳で殴り殺された事件ではない。
これも、28歳無職で、食事のマナーの問題で実の母親を殴り殺すなどとは、どうしようもないうすらトンカチだと思うが、豆腐を10丁ぐらい渡して、頭にぶつけてもらうしかない。

気になるのは、7月19日午前3時5分頃、埼玉県川口市の7階建マンションで、中学3年女子生徒の長女(14歳)が、父親(46歳)を自宅の包丁で刺し殺した事件である。

■現時点で知りうる限りの事件の断片的概要

この家族は、46歳の製薬会社に勤務する父親、パートで働く49歳の母親、12歳の長男の4人家族。
事件当日、その長女は風邪を理由に学校を欠席しながら、父親と長男と一緒に買い物に出掛け、夕方には父親とチキンカレーを作り、母を交えた家族で食事をし、みんなでビデオを観て、11時頃に就寝したという。
午前2時頃には、長女の悲鳴を聞いたという近所の証言もある。事件を発見して、「娘が父親を刺した。助けて下さい」と110通報した母親の話しによると、物音と叫び声で目を覚ました母親が夫の部屋に行くと、父親が床に倒れて(ベッドにいたという話しも?)いて、「電気をつけてくれ!救急車を呼んでくれ!」と頼み、長女は父親のベッドの上にうつ伏せに放心状態でいた。床には、その凶器の約20cmの包丁が落ちていた。
駆けつけた警察官に「私がやりました。父の上半身を2回ぐらい刺した。真暗だった。その後のことは覚えていない」とポツリポツリ言ったため、その場で逮捕された。その後、長女は「父親とは普段からあまり会話はなかった。『勉強しろ』、『はい』以外の余計な会話はしていない。大変なことをしてしまった」と供述しているという。また、父親の死因は、右目の近くの額と右胸を刺されたことによる出血性ショック死だという。

■この事件のいくつかの不可解な点

①母親は「親子仲はよく大きなケンカもない」と話している。
長女があまり父親と話したこともないと供述しているのに、そう言える根拠は何なのか?一緒に買い物に行き、料理をすれば、家族で取り溜めていた(?)ビデオを見れば仲がいいということになるのか?
それ以上に、それらも家族の話がベースなのにどこに信憑性があるのか?


②相変わらず、近所の話で、「頭が良くて面白くて、礼儀正しくて、真面目でやさしい子なのに…」というような適当な話しがでてきている。
この時代、70世帯もあるマンションなのに、どんな親密な近所づきあいをしているというのか?
東仙坊、百万年ぐらい叫んでいる気がするが、もういい加減「他人の不幸は蜜の味」のような対応はやめたいと思うがどうだろう?この家庭は、とっくに仮面家族だったと言うことでしかないと思わないか?


③父親はその日休日だったという。長女も、家庭学習(?)の日で、期末テストの結果が悪く英会話の追試の日なのに、休んでいる。では、長男はどうだったのだろうか?学校から、すでに帰って来ていたのか?
もし長女がきちんと追試の話を父親にしていれば、父親は長女を休ませたのだろうか?あるいは、聞いていたのに、それでもあえて休ませたのか?成績は中位で、.薬剤師を希望するなら、死ぬ気で勉強しなければと三者面談で言われているのではないのか?1年の時入部したバスケットボールも1年で退部し、英検3級を取得したのではないのか?
その意味で、この家庭に本当のコミュニケーションがあったのだろうか?
もし仲のいい家族なら4連休になるのに…何か家族計画はなかったのか?。
もしかして、父親に何か訳ありのプランがあったのか?


④この日、間違いなく夕食を作ったのは父親と長女であることは事実のようである。では、普段は、誰が夕食を作っていたのか?つまり、母親のパートのスケジュールは?
15歳と12歳の子どもがいる家庭にとって、食事は重要かつ面倒な問題ではないのか?
そして、長女と母親の関係はどうだったのか?実は、その方に問題がもっとあった気がするのだが…。


⑤この家庭で、とても気になるのは、プライバシーのことであまり言及したくないが、家族の部屋割り。46歳の夫と49歳の妻が別々に寝ることはカラスの勝手だが、7畳の1番広い部屋を、長女が1人で使い、母親は6畳を1人で使い、本来なら書斎を持ってもいい父親が6畳で長男と一緒なのだろう?
12歳の長男は、一体いつこの騒ぎに気づいたのだろうか?近所の人までが気づく悲鳴が上がっているのに気づかないなんてことがあるのだろうか?
それ以上に、この夫婦の関係はうまくいっていたのだろうか?
父親と長女のことに焦点を合わせ過ぎると、重要なことを見失う気がするのだが…。
事実、長女は「お父さんが家族を殺す夢を見た」とも供述しているのである。


■東仙坊がプロファイリングする長女の犯行動機

①46歳の男盛りのはずの(?)父親とまだ女盛りのはずの(?)49歳の夜遅くなることもある母親の寝室別居。
この倦怠期の夫婦が醸し出す空気を多感な長女が感じていた何かがあったのではないのか?
そして、この長女が供述するかどうかわからないが、もしかしたら誰にも言えないような禁断の何かが、この父娘の間にあったのではないのか?凄くイヤな気がするのは、東仙坊だけなのか?
ジョンベネ事件は、決して別世界の話しではないと思うのだが…。

②1の仮定が杞憂だとしても、12歳の弟の面倒を見る長女が、パートで出掛け食事を満足に作らない妻より、余程愛おしく大事に思うあまり、ついつい執拗にかまったり、物理的に接触してしまうようなことがあっても自然ではないのか?ところが、それは思春期の娘にとって、必要以上にうざったい感じに思うことがあるのではないのか?

③また逆に、長女は、女の直感で、不貞な行動をしている母親を感じていて、それに毅然とした態度をできない父親にやきもきしたのではないのか?あるいは、いつかキレるのではと心配したのではないのか?
ここまで東仙坊がこの背徳の匂いにこだわるのは、母親が「二人は仲がよかった」と簡単に答えていること、長男が見て見ぬふりをするくせがついてしまっているのではないかということ、この2点から、父親と母親の間、母親と長女の間は、父親と長女の間以上に円満ではなかったと確信するからである。
長女が父親となかよくなかったと言っているのに、なぜ母親は「二人の仲がよかった」というのか、この仲ってもしや?
12歳の長男は、見猿、言わ猿、聞か猿にならなきゃならない、地獄図がそこにたびたびあったのではないのか?
東仙坊、心から自分の勘が外れることを祈ってるが…。

どちらにしても、最近の普通仮面を被った家族の中で、デリケートな長女が初めに仮面を取ったのがこの事件の真相だと思うがどうだろう?
本当に、未成熟なカタチだけの空虚な家族が何と多いことか…。
凄く哀しい気持にならないか、どうだろう?
13歳~20歳の子どものいる家庭は、そろそろ包丁を金庫に入れることお薦めしたい。

The real communication should be able to make the real family relationship without telling lies(嘘のない本物のコミュニケーションが家族関係を作れる)!





◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

東仙坊、イチローの感極まった涙に、涙、涙!?

After a long time I am moved so much at watching the play of Ichiro at All Star Game 2008(オールスターゲームでのイチローを観て、久しぶりに感動した)!

東仙坊、MLBのオールスターゲームを観ていて、子どものように大興奮した。
アメリカンリーグのスターターとして、しかもMLBの歴史に残る最高の先頭バッターとして、我がイチローは、今年で消滅するヤンキースタジアムでの2008オールスターゲームに出場した。
第1打席、打った瞬間、ホームラン!と思って、「ヤッター!」と喜んだが、ライトフライでガクッとうなだれた。
第2打席、キーンという金属音を残した打球は、ラインドライブのライト前ヒット。「上がれば、間違いなくホームランだったのに…」と、残念がった。
第3打席、一死1塁・2塁のチャンスで回ってきた。「やっぱりイチローに何か凄い力が後押ししている。ホームランを打てば、2年連続 MVPは決定」と祈った。
結果は、空振りの三振。でも、誰が見ても、ホームラン狙ったのは歴然ということに感心していた。
圧巻は、4回の表の守備だった。
間違いなく2塁打と思われたバッターを、得意のレーザービームで、2塁塁上で刺殺するというtremendous(滅茶苦茶凄い)なプレーを見せてくれたからだった。
やっぱり、イチローは、日本人らしくcool。
東仙坊、無邪気に手が痛くなるほど拍手していた。
事実、試合後のインタビューで、
「全ての打席でホームランを、2年連続でMVPを狙っていた。この場所で、ああいう打球がくるのが僕なんだな、と思いました。気持がよかった」と、
イチロー自身がそう談話していた。
観ていた人なら、きっとそれを感じたに違いない。
そして、東仙坊、感涙させられたのが、NHKの与田氏のインタビューに答えた時、図らずも感極まって流したイチローの一筋の涙だった。
「ただただ感動した。オールスターに参加できて、楽しかった。野球殿堂入りした往年のスーパースターが、声をかけてくれたことがうれしかった」
「どんな会話をしたのか?」
「会話なんかしていない。おじいちゃんが孫を温かく見つめるように、自分の名前を呼んでくれたことに感動した」
「後半戦は?」
「自分を見に球場に足を運んでくれるヒトたちのために、必死でプレーする」と言って、その感激と心の片隅で痛感している自分のチーム選択ミスの忸怩に、思わずこみ上げて出てきてしまったのだろう。
本当に清々しい涙だった…。
東仙坊、いつも自分で自分に負荷をかけ、それを引きずりながらも、疾駆し続けてゆくイチローのそんな生き方を賞賛し、心から羨望する。
こんなイチローこそが、侍精神の体現者、伝道師だと思うが、どうだろう?

ファン投票によるオールスター選出後の会見で、この孤高の天才は、正々堂々、「最後のヤンキースタジアムでのオールスターゲームでプレーさせてもらえる機会を与えてもらった感じ。『ちゃんとやれよ』と言われているんでしょうね。オールスターに選ばれなければ、もう2度とプレーすることのなかった場所で、目の肥えたファンが多く、いいプレーをするとブーイングが起こり、ヒットを重ねるとさらにブーイングが起こり、それでいて街で会えば『サイン頂戴』といってくれる場所で、もう一度本気でプレーできる…何か運命的なものを感じる…」とまで、明言していた。

球宴前の会見では、そのテンションを自分で高めるために、「僕はここにいなければならない。今年はかなり地味なメンバー。過去8年の中で1番地味。今までは実力以上の評価を受け、それに追いつこうと超えてきた。そして今ここにいる選手たちが地味に感じる自分がいる」とまで、あえて豪語していた。
こんなに怜悧で洒落っ気のある日本人が、他にいるのだろうか?

考えてもみよう。
イチロー自身が告白しているように、「自分の選択ミスで、オリックスのようなマリナーズに在籍している」のである。
シーズン半ばで、自分の記録を考えるしかないようなチーム状態なのである。
一体どうやって、そのモチベーションを維持してゆくのだろう?
イチローの今の心中は、どんななのだろうか?
普段できないようなことをやって、圧倒するしかないと決意してるに違いない。
その悔悟を払拭するために、そのストレスを思いっきり発散するために、そして厳しいNYのファンのために、東仙坊のような日本人ファンのために、全く新たなアメリカンドリームを実現しようと、本気で3打席3ホーマーを狙ったと、今なお確信している。

だからこそ、結果的に、それを実現できなかったイチローは、自分のために、NYのファンのために、日本人ファンのために、口惜しかったのだろう…。
東仙坊、イチローの気持をしっかり受けとめ、最近の若者の空虚な涙とは、明らかに違う本物の男の涙に、ずーっと感激し続けている。
そして、我が国の若者が、1人でも多く、イチローのようなスピリットを持ってくれたらと、夢見ている。

I wish any kind of young man should be a man like a Ichiro(イチローのような本物の男になって)!



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

日本砂漠化プロファイリング 空気で読めないヒトたち!?

I don't know why they could do it like that without thinking about it well (なぜ、あんな風によく考えずできるのか)!

東仙坊、一向に茹だるように暑くならない毎日に、不安な気持で陽射しの中を歩いている。
ちょっと日陰に入るだけで、なぜか寒い感じがして、とっても変だからである。
この国では、もう二度と、あの燃えるような暑さは味わえないのでは?とまで感じて、鳥肌になっている。
寒いのは、本当に苦手である…。

7月16日午前10時45分頃、茨城県東海村の久慈川沿いの堤防を犬の散歩で歩いていた、父娘、61歳男性とその25歳長女が、寺島喜一(32歳)なるアホに、包丁で右腕、両足、背中を刺され、重傷を負う事件が起きた。
現場は散歩やジョギングをする大勢の人が集まる場所。
その自転車に乗って近づいてきたアホ、意味不明のことを言いながら、いきなり切りつけてきたという。
「助けて!助けて!」と長女が叫び、「見知らぬオトコに刺された」という父親からの通報で、直後に、現場付近で現行犯逮捕されたというから、被害者父娘にはお気の毒でも、まだ不幸中の幸いかも…。
ところで、「二人をやった(?)。知らない相手だ。最初から殺すつもりはなかった」と供述しているアホの部屋が、偶然、画面に映しだされ、東仙坊、驚愕のあまり卒倒した。
このアホの座右の銘らしい直筆の習字(?)が飾られていたのだが、その「継続は力なり」の文字が、な、なんと左合わせに書いているだけでなく、漢字にご丁寧にルビがふられていたからである。
このアホ、どうせ裁判で190%アスペルガーに無理矢理させられ、無罪になるだろうから、これ以上触れたくない。
東仙坊、ここで問題にしたいのは、その習字を教えた教師?もしくは親?である。
これでは、「継続」の意味も、「力」の意味も、当然、「継続は力なり」の意味もわからないまま、ただの飾りでしかなかったと思わないか、どうだろう?
事実、32歳で無職なのである。
まず、基本的な素養を徹底的に教え、修養を学ばせるのが、教育の原点だと思わないか?
こんなことでは、そうでなくても南洋諸島みたいな気候になってきている現在、卑屈なヒトスジシマカやネッタイシマカのような犯罪者が、大量発生してしまうと思わないか?
何か凄くイヤな予感がしないか?

さて、7月16日午後1時頃、愛知県の東名高速道路で、黒いサングラスをかけた14歳の情けなくてみっともない餓鬼がバスハイジャック事件を起こした。
東仙坊、例のごとくこの餓鬼の思い通りになりたくないので、この事件に関するプロファイリングなど死んでもしない。
このような劇場型事件を抑止するには、完全無視しかないと思わないか、どうだろう?
我が国のマスコミが、一日も早くそれに気づいてくれることを切望している。
そんな時間があったら、もうすぐオリンピック開催する新宗主国が、実は、今、大変な豪雨の被害に遭っていて、36万人以上が被災していること、約1万5千トンの食糧が喪失してしまったことを報道すべきだと思うが、どうだろう?
さらに言えば、その国の今年に入ってからの洪水被害が、耕地面積367万6千ha、被災人口6220万人、倒壊家屋25万戸、直接的被害総額約735億円にもなっている現実を、その一方、干ばつ被害が、耕地面積476万4千ha、被災人口281万人、被災家畜257万頭になっている現実を伝えるべきではないのか、これ以上もったいないをさせないためにも…。
もっと言えば、今、インド洋の海水温異常が5月から発生していることをきちんと報道すべきだと思うが、どうだろう?
この「インド洋ダイポールモード」と呼ばれるエルニーニョと同じような現象、地球全体の異常気象と直結しているのである。
これらのことを普通に考えていれば、自分勝手な罪など犯している暇はないと思うが…。
今こそ、人類の英知を結集しなければ、そんな時だと真剣に悩んでいるのは、東仙坊だけなのか?
燃料がなくても生きていけそうだが、食糧や水がなくなったら、一体どうするのだろうか?

その意味で、どうしてもマスコミの方々に聞いてみたいことがある。
元タレントとか言う、情けなくてみっともないだけの田代某の出所なるものに、どんなニュースバリューがあるのだろうか?
そして、あの香川坂出3人殺害事件で、しっかり稼いで(?)すっかり有名になった、世紀のガサツ・オトコをなぜ再びテレビで取り上げるのだろうか?
そのうえ、東仙坊が二度と顔も見たくないと断言した、その被害者遺族オトコに、なぜ平然とおもねるのか?
どう考えても、東仙坊には、全くわからない。
凄く哀しい気持にならないのか?

Please let me know what kind of news value Mr.Asshole has now(どんなニュース価値がミスターオバカサンに今あるのか教えて)!




◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

日本砂漠化プロファイリング いよいよ地震も本丸か!?

If you couldn't believe in the person at a glance, you would never believe in the one at all(もし一見信じられない相手は、全く信じないほうがいい)!

東仙坊、正直、予言者も、占い師も、政治屋も、官僚も、教師も、あまり信じない。
人間的に、魅力あふれるヒトが少ないからである。
cool、smart、sexy、humane、結局は、人間味があるかどうかだと確信する。
さすがに、医者だけはそれでは困るので、セカンドオピニオンはもちろん、いろいろな仲間の親切や恩義に甘え、信頼できる優秀な人を選び抜いて、診察してもらっている。
おそらく、たった一つの贅沢(?)かも…。
その意味で、すばらしい仲間たちとその厚意に深く感謝している。
そして、そういう医者たちは、いつも知り合えてよかったと感じさせてくれる何かを絶対に持っている。
だからこそ、「医者が信じられなくなったその時は、潔く」といつも決心している。
その一方、自分に何らかの予知能力があるのでは?と思ったことなど、当然一度もない。
ところが、例のごとくモラルの喪失を悲嘆しながら、最近のいろいろな空気の流れの可笑しさに、「何か、イヤな感じ!やばいかも…」とやたら言っていたら、7月15日、富士五湖の同じ場所を震源とした地震がたて続けに起きた。どちらも、震度3だということで、気にする必要はないと思うだろうが、実はそうは簡単に片付けられない。
地震大国の日本だから、毎日のようにどこかで地震が起きている国だから、と安易に見逃し、安逸を貪っていてはいけない気がするのだが、どうだろう?
その信憑性はどうあれ、「南関東大地震69年周期説」、「南関東大地震70年周期説」という言葉が、俄然、脳裏を駆け巡り始めたからである。
1923年の関東大震災から、85年も経っているのである。
やはり、地震の本丸は関東ではないのか?と予感がするのは、東仙坊だけなのか?
何か天が見ている気がしないか?

さて、我が国の宗主国を妾として独り占めしたいと錯乱した、近くの国のキチガイ・ストーカーオトコが仕掛けていたのだろう(?)、ここ数ヶ月間、正規の情夫である隣の国は、本来そんなに大したことではない輸入牛肉BSE問題で大揺れさせられ、かなり険悪な状態が続いていた。
そんなときに、そのキチガイ・ストーカーオトコは、その米びつのはずだった金剛山で、情夫の国の女性をこともあろうか射殺した。
そうすると、そのインポテンツのはずだった情夫が、柄でもなくキチガイ・ストーカーオトコに怒った。
その途端、悪辣極まりないキチガイ・ストカーオトコは、逆ギレしただけでなく、お人好しの極楽トンボ亭主のスキャンダル(?)をでっち上げて、矛先を変えさせようとし始めた。
それにしても、世に開き直ったオトコほど、強いものはないのかも知れない。
辛くない唐辛子を脳ミソにつけていた整形女形大統領から、経済通の在日大統領に替わって、少しは昨今の韓流ブームにふさわしい素直な気持の交換ができるかと期待していたのに、あっという間に、そのキチガイ・ストーカーオトコの思うつぼ。
瞬く間に、大使まで召還してしまったから、情夫の方にもうんざりしないか?
やはり、世に情夫をしているオトコに、本当の信念も自信もないのかも知れない。
ところで、我が国のマスコミに、日韓関係に重大な損失があるような論調が相変わらずあるが、一体何が日本の不利益になるのだろう?
すぐに近親憎悪のようになる情緒不安定な韓国の方が、我が国との国交がなくなると、デメリットが多いと思うのだが、どうだろう?
日本にも若干のデメリットがあっても、冷静に考えれば、韓国ほどではないと思わないか?
巷間言われている拉致問題の解決に、初めから韓国は何の寄与もしていないのも事実である。
尖閣諸島問題のときもそうだったが、今だGDP世界第2位の我が国との国交をなくして、一体どうするつもりなのかと聞いてみたいと思わないか?
戦争にもともと正義も悪もないはず。
どちらにしても、台湾も韓国も、我が国のインフラ整備があったから、今日の繁栄の土台ができたと考えるのが、正しい歴史認識だと思うが、どうだろう?
どんな家族関係もそうであるように、オヤジの毅然とした態度が、真の親子関係を作り、子どもを成熟させると思うが、どうだろう?
こんなときほど、オヤジの沽券が大切なのでは…。

そもそも、まず文部科学省の「学習指導要領の解説書」なるもの、それぞれの家庭のレシピ、献立表みたいなもので、何の料理を作ろうと、その家のカラスの勝手だと思わないか、どうだろう?
一言で言って、「大きなお世話!人の家の台所を覗くな!」ということでは…。
それよりも何よりも、自分の息子がコイツ、自分の娘がコレって明言できない父親に、親の資格があるのだろうか、どうだろう?
いくらどんなに能天気なオヤジだとしても、誰が何と言っても、「自分の子どもだけは誰にも絶対渡さない」と言うべきと思わないか?
国がそんなこともできないから、それぞれの家庭で、同じようなことが起きているのでは…。
そんな戸籍謄本か住民票に、そっとこれは自分の子って書き込んで、事を片付けようとしていること自体が大問題と思っているのは、東仙坊だけなのか?
その意味で、我が国も、本当に情けなくてみっともない国だと思わないか?

ちなみに、尖閣諸島は、1895年日本の領土となった無人島で、第二次世界大戦後、宗主国に支配されたが、1972年沖縄返還と一緒に日本の領土に再びなっている。
また、竹島は、1905年日韓併合以来、我が国の固有の領土であるのにかかわらず、1952年李承晩が一方的に国土宣言し、韓国は武力占有をしている。

Say it so easily “That is my son, and that is my daughter”(こっちが自分の息子、こっちが自分の娘」とはっきり言おう)!



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

東仙坊のイチローへの憂慮!? 

I am worry about the condition of Ichiro before All Star Game 2008(オールスターゲーム前にイチローの状態が心配)!

東仙坊、日本のモラルの喪失を憂慮して以来、なぜか休む暇がないほど、ブログの書き込みが滅茶苦茶忙しくて、憂鬱である。
そのぐらいモラル崩壊を象徴する、情けなくてみっともない事件や出来事が枚挙にいとまがない。
お陰で、たった一つの気晴らしであるMLB、メジャーリーグベースボールを観ている時間がない。
そのせいか?応援しているマリナーズは、アメリカンリーグ西地区のぶっちぎりの最下位であるばかりでなく、メジャーリーグ全球団の中で、最低勝率である。
東仙坊、毎日ブルーで、元気がない。
しかも、応援するたった一人のアスリートである、イチローの調子がなかなか上がらなく、やきもきし、胃に何かイヤなものができそう?なほど具合が悪い。
このままでは、オールスター前、日米3000本安打達成どころか、最低クリア目標の年間200本まで、危うい気がしてきて、さらに憂鬱である。
それなのに、苦節8年初めて、太ももの張りで試合を欠場したというから、心中、穏やかでない。
日本のマスコミは、メジャーリーグで初めての日本人に日本人の代打なんて報道しているだけだが、東仙坊の心配は、半端じゃない。
あれだけ身体のケアを怠らないイチローにとって、これは大問題。
現在、卓越した英知、精緻な技術、真摯な克己心で、世界を席巻している日本人の一人が、間違いなくイチローのはずだからである。
ところで、イチローが気づいているかどうか知らないが、あのヒット数のメジャー記録を達成した2004年、その記録の序章になるアナハイムでの5打数5安打に、東仙坊の手作りポスターが影響したと自画自賛している。
どうあれ、イチローこそ、本物の侍と呼べる数少ない日本人だと思わないか、どうだろう?

東仙坊、我が国のモラル再生のために、教育改革は当然のことで、教育者改革を急がなくてはと再三再四叫んできた。
どこから考えても、無能な教育者が、情操教育や修養を教えることなんか不可能に決まっていると感じていたからである。
ナマズの孫が、カエルに飛び跳ね方を教えられないように…。
そのまた一方、我が国全体が、振り込め詐欺社会だと杞憂し続けてきた。
金を振り込ませるためなら、問題の年金の還付金まで使うように…。
それが、大分県の教育委員会の実態が赤裸々に暴かれ始め、教育者がこれではと、改めて悲観的な気分にさせられてしまった。
もちろん、これは氷山の一角でしかなく、日本中が同じようなものに違いない。
こんな卑怯で卑劣で情けなくてみっともない輩たちが、我が国の教育界をこれだけ好き勝手にしているのだから、まさに、何をか言わんや、言語道断である。
東仙坊、「プロファイリング-11 普通仮面を被った異常犯罪-10」でも、気になって指摘したが、何のためにあるかわからない教育委員会なるものが、恥知らずの教師を生む、振り込め詐欺の親玉だったとは、お釈迦様でも?と吃驚仰天させられている。
灯台下暗し。
これじゃモラル再生の前に、日本は水没してしまうと思わないか?
それにしても、賄賂で教師になるなんて、なるほうも、させるほうも、あまりに破廉恥で、本当に情けないと思わないか?
自責の念って、日本の美学では?
案の定、賄賂で教師になった病欠中の娘に、運よく(?)教わっている子どもが、「凄く恐い」って言っていた。
その感じって、とってわかる気がすると思わないか、どうだろう?
結局、魂を売った人間は、平静でいられる訳はないに違いない。
自業自得。
潔い判断を望みたいものである。
また、実際、「先生もお金払ったの?」と児童から聞かれる先生も出てきているという。
正規に先生になった人にとっても、どう答えていいかわからないことだと思うが、どうだろう?
一部で、そんなことしたら、教師がいなくなってしまうというお門違いな心配があるようだが、そういう問題ではないのでは?
まず、隗より始めるしかないと思うが…。全員、イチローの爪の垢でも煎じて飲むべきでは?
正々堂々と必死に生きている人間こそが、子どもにとって重要な手本になると思うが、どうだろう?
東仙坊、イチローの方が、そんじょそこらの教師よりも、成熟した教師だと思う。

ところで、文化審議会漢字小委員会(?)の常用漢字表改定作業が、「俺」という漢字を、子どもに教えるべきか否かでもめているという。
まさに、平和ボケの極みだと思わないか?ここまでピントが外れていると、かえって感心しないか、どうだろう?
我が国古来の誰もが自然に使っている日常的な言語、黙って教えるべきで、使う使わないは個人の問題、それだけだと思わないか?
この能天気度が、我が国の教育レベルだと思うと、何か涙が出てくるのは、東仙坊だけなのか?
俺は、オレ。オレオレ詐欺のイメージがするからか?僕、私、ワタクシ、アタシ、どんな言葉だろうと、まず覚えることが大事であり、相手との距離を測る重要な言葉だとか、子どもに教えるべきものかだとか、論議するものではないと思うのだが…。
ちなみに、鬱が残って、叩く、濡れる、覗くが落選したというが、こういうヒトたちも、何寝言を言っているんだと思わないか、本当に不思議な国だと思うが、どうだろう?

Since I was born I have been never accepted to be called as a teacher(生れて以来、先生と呼ばれるのはイヤだった)!



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

日本砂漠化プロファイリング 「苔生し」!?「コケムシ」!?

What a hell is that? It looks so creepy and unbelievable(信じられないほど気持の悪い、あれは何)?

今、石川県小松市の木場潟で、無気味な謎の生物(?)のようなカタチに見える、「オオマリコケムシ」が、異常大量発生しているというニュースを観て、東仙坊、寒気がして倒れそうになった。
動植物や水質に影響はないというが、本当にそうなのだろうか?
あれだけ気持悪いと、あんなにグロテスクだと、そんな訳がないと思わないか?
北京オリンピックのカヌー競技出場国の4ヶ国の直前合宿地だからというだけでなく、十分に慎重に調査する必要がある気がするのだが…。
そもそも、その摩訶不思議なエイリアンのようなコケムシ、北米産で、個体の大きさが1~2mmだというから、どうしてあんなカタチになるのか、鳥肌ものと思わないか?
どこから観ても、今、日本中の漁業関係者を悩ませているクラゲ、そのクラゲのお化けクラゲより大きな生物にしか観えない、おどろおどろしたものである。
「ギャー、気色悪い!誰か何とかして!」
そんな風にしか言えない。
実際、その米国(?)からのエイリアン生物、1972年に静岡県の河口湖で、我が国で最初に見つかったようだが、生態系を破壊したという報告も挙がっている。
凄く変な感じがしないか?
何だかイヤな予感がしないか?
ブラックバス。アルゼンチンアリ。セアカゴケグモ。イエカ。セイタカアワダチソウ。
思いつくまま並べても、経済だけでなく、いろいろなところで、外来種にいいようにされていると思わないか?
本当にグローバリゼーションで、我が国に何かメリットがあるのだろうか?
東仙坊、今こそ、世界中に日本人の精神性のすばらしさ、ものあわれ、惻隠、おもいやりを発信して、世界のバランスを取るのに貢献する時だと思うが、どうだろう?
それにしても、我が国の国民も、生物も、どうしてここまで根っからのお人好しなんだろう、歯痒いと思わないか?

国歌「君が代」の最後に、「こけのむーすうまーぁで」、「苔の生すまで」とある。
末長く、そんな意味。
確かに平和な時間、おだやかな日々は、末長く続いて欲しいが、卑怯で卑劣な事件は、一日も早く解決して、犯罪抑止に繋げて欲しいと思うが、どうだろう?
残虐無比な事件は、「苔生し」に、「コケムシ」に、絶対に未解決にしてはいけない。
東仙坊、自分がプロファイリングした事件の情けなくてみっともないホシが、速やかに捕えられることを祈りながら、「オオマリコケムシ」、「オオマリコケムシ」、「オマワリコケムシ」って?と我が国の警察に期待している。

ところで、あの優秀な(?)愛知県警、しかも豊田署が、7月9日、陳腐なクソッタレ、日比野繁則(24歳)を強制わいせつで逮捕した。
この陳腐なクソッタレ、犯行時に目出し帽を被り白いトラックを使い、路上を歩いていた女性を、後ろから「騒ぐと殺すぞ」と押し倒し、わいせつ行為をしていたという。それも、昨年の11月から30件以上だというから、呆れると同時に、情けない気持になる。
当然、もしやと思うかも知れないが、東仙坊、残念ながら、豊田市女子高校生殺人事件とは、全然関係がないと思う。
それで、俄然思い出したのだが、その15歳女子高校生被害者の携帯電話の記録は、全部ウラを取ったのだろうか、どうだろう?
どうしても、東仙坊、その許したくないホシの名前が、その中にあると思うのだが…。
凄くイライラしないか?
この豊田市女子高校生殺人事件を、絶対に「コケムシ」に、してはいけない。
もちろん、「おまわりコケ無視」にも、なってはいけない。
もっとも、こんな陳腐なクソッタレの逮捕に、半年以上もかかるのだから、あんまり期待はできないかも…。
「おまわりコケ虫」、もしかしたら、我が国の警察に怒って増殖しているのかも、そんな気がしている。

そう言えば、世界文化遺産である宮島・厳島神社で、最近の10年間、その本殿と舞台を結ぶ回廊の冠水が10倍に増えていることが判明した。
この1168年に平清盛が造営した、潮が満ちると海に浮かんでいるように見える幻想的な美しさを生みだす神社、瀬戸内海の平均潮位50年で約30cm上昇しているというのだから、無理もないのかも知れないけど、いつまで水没しないでいられるのか、心配だと思わないか?
「沖の干潟遥かなれど、磯より潮の満つる如し」。
何か、それを地で行っているみたいだと思わないか?
天は、その懲罰を冠水で、完遂するつもりなのかも知れない。
それなのに、側の瀬戸内海国立公園・宮島の弥山原始林で、赤いペンキで悪戯した不届き者が現われたというから、本当に情けなくてみっともないと思わないか?
美しくて豊かな原生林に、赤いペンキを塗る発想って、一体どんな頭で考えるのか?
東仙坊の伊中のヒトで指摘した「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」に落書きしたassholeどもより、恥知らずだと思うが、どうだろう?
我が日本人の真摯さ、健気さ、聡明さは、一体どこに?
本当に、何か得体のしれない大きな力が、この国にとんでもない罰を与えるのではと憂慮しているのは、東仙坊だけなのか?

Anyway we have to arrest the motherfucker of Toyota case(とにかく豊田市女子高校生殺人事件の犯人を捕まえよう)!



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

日本砂漠化プロファイリング ヘェー「きょういんだ」!?

I wonder why such a teacher who could eat own pupils should come out with the illusion(自分の生徒を食べていいと勘違いする教師がなぜいるのか)!

「おい、校長室にこい」、「ちょっと保健室にこい」、「さあ、ラブホ行くぞ」と、時にはビデオカメラで撮影までしながら、あのニセの卒業旅行スケジュールを保護者に渡し、那須のホテルなどでも、教え子を淫行していた出歯亀中学教師、鈴木明(52歳)の初公判が、7月9日、東京家裁で開かれた。
この出歯亀、「教師の立場を利用してわいせつ行為をしたわけじゃない。恋愛感情を抱いた15歳女子生徒から誘われて行った」と無罪を主張しているというから、許せない気持にならないか?どうだろう?
プロファイリング-11 普通仮面を被った異常犯罪-3でも書き込んだが、本当に情けなくて、みっともなくないか?
仮に、百歩譲って、その通りだとしても、「キサマは、きょういんだろ?」。どこに整合性があると思うのだろうか、呆れないか?
自分の教え子に「きょういんだろ?」と言う前に、自分が教員であることを忘れるな!と思わないか?
成熟していない教師が、一体どうやって、未熟な生徒を指導できるのだろうか?
東仙坊、教育に携わるヒトにもともとあまり期待はしていなかったけど、ここまでモラルが喪失してくると、放置しておくわけにはいかないと思うが、どうだろう?

7月6日、新潟県三条市で、三条市立西鱈田小学校きょういん、細川浩通(42歳)が、強制わいせつ現行犯で逮捕された。
この情けないうつけ者、村上大祭でにぎわう露店を見ていた小学5年女子生徒(11歳)の胸を服の上から触ったという。
校長が「まじめで仕事に一生懸命な先生だったので驚いている。きょういんとして、あるまじき行為だと思っている」という談話を発表したが、このうつけ者?本当に何を考えているのだろうか?
前回書き込んだ、東京都人事委員会なら、「服の上から触ってる“程度”だから、軽いわいせつ」ということになるのだろうが…。
その意味で、このうつけ者、東京に逃げればいいのでは…。
本当に、凄く変だと思わないか?

東仙坊、偶然、テレビで、「ミンクリイ」という魚の存在を知って、素直に感動している。
砂漠のガラパゴスとも呼ばれる、そのメキシコのチワワ砂漠の泉に住む、ミンクリイは、カワスズメの仲間らしいのだが、世界でここだけにしかいない固有の品種の魚だそうである。
そして、誕生して、1万年。今なお進化の過程にあり、貝を食べる種類、堆積物を食べる種類、魚を食べる種類に、成長の途中で、変化するという。
凄くミステリアスで、生命の不思議さをそのまま教えてくれた。
透明度50mという水中の世界で繰り広げる、ファビラスなファンタジーは、息をのむものがあった。
白いメスに近づく黒いオス。オスたちは、メスを奪い合い、口で噛み合い、負けたオスがすごすごと退散するシーンに感激した。人間もそうあるべきだと思うが、どうだろう?
どこまでも魚なのである。その後、メスが産卵し、オスはそこに射精するだけ。そこに愛の交換など何もないのに、必死で戦うオスたちに同情した。
そして、何よりも感動させられたのは、その後のメスの行動だった。
単なる水の中の小さな卵の子どもたちを守るために、不眠不休で外敵を追い払いつづけたのである。
それから、1ヶ月、ようやく稚魚になった子どもたちを守りながら、エサの取り方を教え、お腹の下に連れて泳ぎ回った。
それを可能にするために、産卵数も調整し、200匹ぐらいで、半分の100匹が生き残るようにさせているのだ。
それなのに、やがて、その子どもたちの中から、兄弟を食べる種類が生れるなんて、何て残酷でリアルなことか…。
東仙坊、何とも言えない感覚に、ついつい人間社会と比較してしまった。
命は、限りなく崇高なはず…。
少なくとも、人間の母親は、「ミンクリイのアヒルの子?」なのかも…。

さて、大分教員採用試験汚職、東仙坊、出てくるヒトたちの相を見ていて、「これは全く駄目だ。警察官より悪い顔をしている」と感じて、正直、唖然呆然、何も言いたくない。
言おうとするだけで、興奮して舌を噛んだ。
「Ohいたっ!」
それでも、ただ一言、「せいぜい長生きして、お幸せに、天は見ているはず」とだけは言っておきたい。
本当にいやらしい顔していると思わないか?

I know it well that among us the person should be a teacher must be hardly mature(我々の中で教師になったのは、未熟なヤツばかり)!


◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

日本砂漠化プロファイリング ヒデーショ京都イテーショ!?

We much better know about the truth of Kyoto Protocol (京都議定書のことをもっと知ったほうがイイ)!

洞爺湖サミットが終了した。
東仙坊、G6、G7、そしてG8なるもの、何のために何でやっているのかよくわからないので、どうでもよかったのだが、その警備に閉口させられていたから、とにかくホッとしている。
どうやら、近いうちに、G11になるのは自明の理。
これだけの国際社会なのだから、やらないよりはやればいい、そんな感想である。
どちらにしても、守口乳児殺害事件でも、イージス艦や化学特別機動隊はさすがにいらないだろうが、このぐらい(約4万人強)の警察官を導入してくれたら、すぐ解決できるのではと、正直思った。
街を歩けば、犬(?)、警官に当たった。おかげで、いろいろな犬の顔を見ることができた。
そして、内心、「こりゃ駄目だ!?」と、なぜか感じていた。今後、未解決事件は増えるに違いない。
ところで、この第3次石油危機による世界的不況、温暖化による世界的食糧危機が叫ばれているときに、この洞爺湖サミット、一体経費がいくらかかったのだろう?
我が国のマスコミが、なかなか教えてくれないので調べてみた。
ワシントンポストやBBCによれば、約300億円だという。
ちょっと驚きだと思うが、どうだろう?
2007年ドイツで、約200億円。
世界一のお人好し、見えっ張りの我が国らしく、何とポンと100億円増やしたのである。
本当に呆れないか?
それだけではない。無料配布した、質実剛健でおもてなしの精神に満ちた「プレスキット」。室内灯でも駆動する腕時計、若狭産の塗り箸やリバーシブル風呂敷、ボールペンなど10点を、エコバッグに入れたものだという。
何か変だと思わないか?
事実、英国の新聞は、「豪華ディナーを食べながら食糧危機を語るとは?」、「キャビアやウニを食べながら、指導者は食糧危機を考える」と、その偽善を批判している。
昨年のバリ島での「COP13(国連機構変動枠組み条約締約国会議)」を冷房ガンガンでやったり、あの「不都合な真実」のアル・ゴアが高級車と豪邸で燃料大量消費していたり、可笑しいことばかりだから、一概に非難されるのは変だけど…。

結果的に、CO2の50%削減を目標値に設定したが、だからといって、何かよくなるわけではないのだから、凄く虚しいと思わないか?
案の定、経済発展著しい新興国(?)から、経済を犠牲にしてまで、環境問題に関わりたくないと本音が出てきた。
これが、人類の実態だと思わないか、どうだろう?
市場原理主義の末路、そんな気がしないか?
今、食べられないヒトたちが、地球の未来を考えられないのは、当然といえば当然なのかも知れない。
我が国だって、地球温暖化より、硫化水素などでの自殺、交通事故死、無差別テロ殺人のほうが、本当は深刻なのだが…。
どちらにしても、我が国は、それこそ世界一、律義に環境汚染に配慮している、誠実な国家と言っても過言ではない。
環境省(?)は、毎年、約1兆円も予算を組んで、真摯に(?)削減に取り組んでいる。
それも、1人当り1日1kg削減だというのだから、まさに優等生だと思わないか?
そもそも、京都議定書なるマヤカシが、我が国に大きな足かせになっていることを、忘れてはいけない。
こんなに真面目に地球温暖化に取り組む我が国は、その技術と資金を提供し、削減義務を負っていない新興国が、排出削減を達成すると、その削減分を排出枠として買い取るというのだから、呆れないか?
どこまで、お人好しの情けなくてみっともないパトロンをやるのだろうか?
ちなみに、アルゼンチンの世界遺産「氷河国立公園」のペリトモレノ氷河が、真冬にもかかわらず大崩落したという。
地球の怒りがマジだと感じているのは、東仙坊だけなのか?

さて、東京都人事委員会なるものには、どうやら痴漢常習者がいっぱいいるらしい?
一度痴漢で懲戒解雇処分を受けていた、恥知らずの副校長、長坂俊哉(45歳)が、不服申し立てしていた採決で、停職6ヶ月に修正されたという。
東京都教育委員会の規定では、痴漢は免職なのである。
それが、「短時間の出来事で比較的軽い」と判断したというから、笑えないか?
この恥知らず、被害女性を追い回して痴漢し、都迷惑防止条例違反現行犯で逮捕され、その後2度の痴漢行為を認め、被害女性に弁償金を払い示談にしているのである。
それなのに、「電車の減速で身体がよろけてたまたま女性にぶつかったので、偶然で故意ではない」と主張したのである。
凄く変だと思わないか?
被害女性が大声で「痴漢」と叫び手首を捕まえたのに、抗議や弁明もしていないのである。
それに対して、「短時間の出来事で、女性の着衣の上から尻を触った“程度”のうえ、自分の体を女性の背中から尻まで押し付けた“程度”で痴漢行為として悪質ではない」と認定したというのである。
呆れて、開いた口が塞がらないと思わないか?
モラルの問題でしかないはずの痴漢を、“程度”問題にしたこの人事委員会なるものの見識に、絶望的な気分にならないか?
痴漢のような卑劣で卑怯でみっともない犯罪は、そういう気持を持つこと自体で、十分成立するのではないのか?どうだろう?
どちらにしても、この恥知らずの教育を受ける奇特な人は、お好きにどうぞ。
それにしても、本当に情けない国だと思わないか?

Please never forget this name as a motherfucker for ever(この恥知らずの名前を永遠に忘れないで)! 


◎東仙坊へのメールはこちらへ◎


日本砂漠化プロファイリング ウザイが無罪!?無罪はウザイ!?

The lawyer should keep in faith before one would protect the criminal(犯罪者を守る前に、弁護士は信義を守るべき)!

これだけ、卑怯で卑劣な犯罪が増えてくると、裁判所って、忙しくて、面倒臭くて、煩わしくて、裁判自体がウザったくなってしまうのだろうか?
それを証明するかのように、昨年、刑事裁判1審で起訴事実を否認した被告の無罪率(一部無罪を含む)が、2.91%と過去10年で最高に上がったという。
殺人事件だけをみると、1審で無罪になった被告は5人で、全員が否認。
1審判決があった69,238人の公判で、起訴事実を否認した被告は4,904人。1審で起訴事実が全て無罪になったのは、99人で、無罪率は0.14%。これに対し、否認事件での全部無罪は97人、一部無罪は48人、両方を合わせた無罪率は2.91%。
平成15年に2.1%になってから、ずっと2%台になっているという。
そもそも、有罪を、「ウザイ」とも呼ぶ。
本来、有罪(ウザイ)なものまで、無罪にしてしまっているから、無罪率が上がっているのでは?
何だかウザイ感じがしないか?つまり、無罪がウザイのでは?
裁判所も、弁護士も、本当は暇で商売上がったりで、我が国を犯罪天国にさせたくて、どんどん犯罪者を野に放っている気がする。
どちらにしても、裁判所は情けなくてみっともなくなり、犯罪者そのものも情けなくてみっともないヒトが増えてしまったのかもしれない。
潔さは、日本人の美徳だったと思うが…。
いっそ切腹でも復活させてみたら、どうだろう?
いろいろな精神鑑定結果で、次から次へと、モラルの高い(?)弁護士たちが無罪にしている気がするのは、東仙坊だけなのか?
とりわけ、社会派、人権派と呼ばれている世紀の二枚舌、普段、何を食べ、どんな夢を見て寝ているのだろう?
どうせ夢なんか見るわけもないか…せいぜい悪夢だろうから…。
ところで、あのようなincredibleな人格者と付きあっている女性、結婚した女性って、どんな気持で暮らしているのだろう?
東仙坊、きっと一生付きあわない女性だろうと確信している。

さて、7月4日、東京都小金井市の団地で、大貫哲郎(32歳)なるバスターが、「死んでくれ」と自分の妻(30歳)の背中や肩6カ所を包丁で刺して逃げ、長野県で身柄を確保される事件が起きた。
昨年12月に入籍し、5日に結婚式を挙げる予定だったのが、前日になって、「他にも交際している女性がいて悩んでいた。妻を見て心中しようと思ったが、死にきれなかった」と供述しているという。
本当に呆れないか?
これが成熟したオトコのやることなのだろうか、ほとんど頭の中は中学生のままだと思うが、どうだろう?
どちらにしても、こんな煮え切らないオトコと付きあう女性たちの顔が見たいと思うのは東仙坊だけなのか?
誰が考えても、籍を入れる前に、結婚式を決める前に、包丁を降り下ろす前に、ほんのちょっとだけでも相手のことを思いやればいいだけ。
それにしても、どこかの自殺を偽装したタコと同じで、よくもシャアシャアと「死のうと思った」なんて、白々しく嘘がつけるのだろう?
結果的には、籍を入れた女性と結婚するのがイヤだっただけではないのか?そして、願わくば、他の女性と結婚したかっただけではないのか?
とりあえず籍を入れてしまった女性は、積極的で、経済力があったが、不細工だったのか?どうしても別れられなかった女性は、受動的で、経済力がないが、美人だったのか?
そんな風にプロファイリングもどきをしながら、東仙坊、失笑している。
やはり、加害者にも被害者にも、どちらにも精神的な問題があると思うが、どうだろう?
30歳を過ぎて、ここまで幼稚で自己中心的な考え方ができるなんて、摩訶不思議だと思わないか?
おそらく秋葉原事件の加藤某とは違って、二人以上の女性と同時に付き合っているのだから、不細工でなくて、経済力があって、一味違うオトコなのだろうが、なんとなく加藤某と見比べてみたいと思わないか、どうだろう?
ついでに、その加藤某の意見も聞いてみたくないか…。
「こんな格差は、許せない」と、そのバスターを刺し殺してくれるかも?

When someone got married with someone, both of them got be mature (結婚する時は、両方とも成熟して)!


◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

日本砂漠化プロファイリング 何かサムイッと!?

I feel so cold to listen to the sentences of Summit in Toyako(洞爺湖サミットから聞こえて来る話しは寒い)!

支笏洞爺国立公園の区域内にある風光明媚な場所で、デッカイドーの静かな大自然の中で、世界中の金の亡者たちが、大声で好き勝手な利権争いを表明し合う。当然、ビビリ屋でお人好しの我が国は、その無能な調整力をはぐらかそうと、金を使い、金をばらまき、空手形を切る。
もしかしたら、今や、この国全体が、投資会社「ワールドオーシャンファーム」になってしまっているのかも?エビで、無用の長物(?)の国連安全保障理事会常任理事国にでもなりたいのか?
凄く変な国だと思わないか?
今どき、サミットだろうと、オリンピックだろうと、ワールドカップだろうと、「経済効果!経済効果!」と考えるだけで、品格が損なわれ、その狭量さ、さもしさに恥ずかしい気がしないか、どうだろう?
実際、英国フィナンシャルタイムズで、「行方不明の日本 姿が見えないサミット主催国。世界2番目に強力な経済力を持ちながら、政治的には姿を見せていないも同然だ」と、酷評されている。
それだけではない。相撲嫌いの仏国の大統領などは、そのわがままなモデル夫人を来日ドタキャンさせただけでなく、日本について最新外交白書で一言も触れていないのである。
さらには、古女房に三行半を突きつけたような宗主国の大統領は、「自分一人では飯も食えないオマエをどうあろうと食わしてやったじゃないか…オマエが年を取り、醜くなっても、オレの女房でいられるだけで幸せだろ…イヤだったら一人で稼いでみろ」とまで言い切ったのに、「子どものために我慢します」と答えた、情けなくてみっともない古女房なのである。
何と律義で控え目なイイ女みたいな国なのだろう、我が国は…。
今こそ、世界は人類のために、司馬遼太郎が言うところの「美しき停滞をしよう」と表明してやれ、と思うのは、東仙坊だけなのか?
もっとも、この国の政治屋も官僚も、税金をどうネコババしようかとしか考えていないのだから、無理もないが…。
1975年にSummt(主要国首脳会議)が始まったとき、そのG6で、GDPは世界全体の48%だった。
それが今ではその権威はすっかり失墜し、最終日に新興国、中国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカ、オーストラリア、韓国、インドネシアまで参加して会合が行われる予定なのである。
それなら、国連で話せばいいだけだと思わないか?
どちらにしても、これらの国のCO2排出量だけで、世界全体の80%もあるのだから、いっそ「G8」なんていう呼称を止めて、「CO2排出規制会議」とでもしたら、わかりやすいと思わないか?
東仙坊、個人的には「人類存続会議」にすれば、テーマが一目瞭然になっていいと思うのだが、どうだろう?
何が何でも、経済第一、燃料第一なんていう国がある限り、まあ、時間のムダだと思うが…。

そもそも、最新の調査報告では、CO2が地球温暖化の主因とは言えないらしいのだが、そんなことを言うと、身もふたもなくなるのだろうから、辛いものがある。
一説には、室温28℃設定もナンセンスという話しもある。
確かに、2100年までには、地球の温度は3~4℃は上昇し、ハリケーン、タイフーン、サイクロンは巨大化し2倍になり、それが5~6℃になれば、南極の氷がなくなり、東京も、NYも沈没してしまうようだから、放っておくわけにはいかない。
事実、20世紀に入ったときには、陸地のたったの1%でしかなかった干ばつ地帯が、2100年には、3分の1になるという。それどころか、世界の3分の1が深刻な水不足になり、10億人が飢餓になるという。
東仙坊、プロファイリング-6 世界不可視戦争緊急プロファイリング ある殺人加害者の親!?そして!? supplement(追補)でも指摘したが、人類はそんな能天気なことをしていて、ホーキング博士が警告しているように「次のミレニアムを自らの手でなくしてしまうつもりなのか?」と、本気で心配している。

今こそ、日本人の比類なきバランスのよさ、もののあわれを感じる繊細さ、他人を思いやるやさしさ、それらを正々堂々世界に発信するときだと思うが、どうだろう?
サミット期間中、国会議事堂のライトアップをなくしたり、会場を雪で冷房したりなど、そんな小手先のまやかしで、本当に日本の意志が伝えられるのだろうか?
何か本当に変だと思わないか?
いつから、我が国はこんなさもしい国になってしまったのだろう?
そう言えば、福井県の小浜市は、宗主国の大統領の名前が同じというだけで、「オバマ候補を勝手に応援する会」なるものを結成し、オバマ饅頭を売るくらいだから、何をか言わんや。
よその国の政治まで、儲けのために利用するのは、ヒンシュクものだと思うが、どうだろう?
ましてやその当のオバマ氏、我が国の優秀な何とか言う野党と同じに、「北朝鮮だろうが、イランだろうが、対話でなんとかできる」とおっしゃられている奇特なお方なのである。それらを十分知ったうえで、応援すべきだと思うが、どうだろう?
ちなみに、軽薄に、オバマ人気に乗ろうとして、猿の大統領が「チェンジ」と発する日本の携帯電話会社「イー・モバイル」のCMが、人種差別だと抗議を受け、放映を中止していたことを知っているだろうか?

東仙坊、声を大に叫び続けているが、この世の中、儲かる話はそんなにない。
姑息な儲け話は日本人の生理に合わない。
そう、どこまでも謙虚に、涅槃の境地で、たおやかに、生きたいものである。

Don't take use of anything to get money(お金のために何でも利用するな)!




◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

日本砂漠化プロファイリング 17歳タトー少女の死!?

I am concerned about the little girls who should do anything as she likes with own misunderstandings (誤解したまま好きなようにしている少女たちが心配)!

七夕である。
1年でたった1度、天の川で引き裂かれた愛し合うカップルが逢える、究極の忍耐ロマンチック・ストーリーと思われているかも知れないが、実は違う。
ハタ織り上手の織姫、真面目な牛追いだった彦星が出あい、結婚した。夫婦となった2人は愛に溺れ、何もしなくなった。だらだら怠惰に生きている、情けなくてみっともないカップルに、天がお仕置きしただけなのである。
凄く今の日本にピッタリの物語だと思わないか?
愛はすべて。しかし、社会への関わり、貢献という人間としての本懐を、自分たちの気分だけで他者への思いやりを忘れたら、絶対にいけない。
まさに、愛は、タナバタぼたもち(?)。
生きている間に、「生きていてよかった」と思える、嘘みたいな幸運が愛なのである。
ただ弱い人間同士、思い通りにならないこと、行き違い、喧嘩、それをも受け入れることが大切なのでは?
忍耐こそが愛。
「恋というものの究極は、忍ぶ恋。
生きている間に恋していると告げるのは本当の恋ではない。恋に焦がれ、思いに思って死ぬような恋が本物だ……恋とはかくも面倒なものだ……」
そんなようなことを、確か「葉隠」の山本常長が言っている。
日本人の生理で、「愛している」なんて軽々に言葉にすることを、情けなくてみっともないという意識があると思うが、どうだろう?
少なくとも、東仙坊、簡単にそう言葉にするヒトを信じない。
ついでに、「葉隠」は、17世紀なのに、「時代の風潮というものは、変えられぬものだ。次第に風潮が低俗になってゆくのは、世も末に感じられる」とも言っている。
その意味で、この現代社会、本当に、タナからボタッ血、そんな世の中になったと思わないか?

東仙坊、舞鶴女子高校生殺人事件とほぼ同じ理由から、7月1日、岩手県川井村で起きた、17歳タトゥー女性殺害事件のプロファイリングをするつもりは、最初からなかった。
しかしながら、「東仙坊の見解が知りたい?」とメールを受け取り、こうして書き込むハメになった。
自嘲気味に告白するが、本当にこういうメールに弱い。
バカなプライド、想像していた以上の感激、東仙坊、まだまだ修行が足りないのかも…。
プロファイリング-11 普通仮面を被った異常犯罪-13」でも指摘した通り、この若い女性被害者に、何らかの犯罪を誘引させる要因があると、どうしても感じてしまうから忌避したかった。
それが、率直な東仙坊の所感。.
誤解が好きではないので、最初に明言しておく。
どんな殺人事件でも、被害者の無念に同情するし、加害者のキチガイを絶対に許さない。そのスタンスは恒久不変。
何が何でも、犯罪のない、モラルのある社会にしたいと心から切望している。
ただ、この事件、その発覚状況とマスコミ報道に、東仙坊、胃がギュルギュルするようなネバネバベタベタ感を覚え、不快だった。
発見者が「マネキンみたいだった」と言った、小川にうつ伏せに倒れていた、前は金髪、後ろは茶髪、右上腕部と背中に蝶と蜘蛛と薔薇のタトゥーのある若い女性被害者。遺体には目立った外傷もなく、上半身は黒の半袖パーカーで、下半身は下着姿。目には、カラーコンタクト、マスカラ、アイライン、付けマツゲ。地元の人も近づかない辺鄙な場所。
そんな報道内容だけで、「もういい、それ以上、何も言うな!」という気分だった。
それが、そのタトゥーそのもの、被害者の人間の匂いのしないような無機質で摩訶不思議な顔写真までが公開され、年齢、住所、司法解剖結果が判明すると、「もう、止めろ。いい加減にしろ。家族のためにも放っておいてやれ」そんな気分になった。
高校を中退した17歳。何と岩手・宮城内陸地震の被災者。両手で首を絞められた後、生きたまま橋の上から4.5m下の沢に投げ落とされ、頭部骨折が死因。
被害者の昔の写真。被害者の「幸せになれない女。死にたい。気がすむまで殴って下さい。刺して下さい。うち最低だ。殺して下さい」というプロフ。「殺される。殺されてもしょうがない」という友だち(?)の証言。「もしかしたら殺されるかも知れない」と言い残して出て言ったという彼氏(?)の証言。そして、案の定の「あんな目立たない普通の子が…」、「あんな人に気をつかえる良心的な子」という周りの話し。それらがでてきて、急に、何とも憤懣やる方ない思いになった。
誰も言わないので、仕方なく、東仙坊が言う。
だいたい、殺しただけで足がついてしまうような相手を、卑怯に卑劣に殺したうえ、自殺を偽装するような最低のオトコ(28歳)ともつきあって、何が「大好きなヒトと結婚して幸せな家庭を築くこと」が夢だ、そう思わないか?
一緒に暮らしていて、手料理を作ってあげていて、「殺されるかも知れない」と言っている彼女を出かけさせてしまうようなオトコといて、どんな幸せがあるのか?
その犯人らしき28歳のクソッタレ、事件直後、交通事故を起こした際、救助してくれた人に、酒に酔ってふらつきながら、「喧嘩して女を殴った。もうオレはおしまいだ。死ぬしかない」とのたまわっていたというが、何と人間をバカにし舐めきった不届き者だと思わないか?
それ以上に、この無知蒙昧な女性被害者、いくら髪を染めタトゥーを入れても、イイ女にはなれないことも知らないなんて、呆れて物も言えないと思わないか?
どうして、こんな勘違いができるのだろうか…。
17歳にもなったら、せめてイイ女になるには、内面を磨くことしかないことぐらい、理解していて欲しいと思うが、どうだろう?
ついでに、生きることがどういうことなのか?
人を愛することがどういうことなのか?
今の若い女性たちに真剣に考えてみて欲しいと、東仙坊、心から願っている。
そして、それがこの事件に対する見解でもある。
どちらにしても、そのクソッタレ犯人、早くとっつかまえて、本当にあの「鵜の巣断崖」から、落としてやりたいと思わないか?

At first learn about what is loving someone(最初に、人を愛することを学べ)!


◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

東仙坊、今、一番気にしていること!?

I am concerned that Ichiro should be selected by the fan voting at the All-star Game in this year (今年、ファン投票で、イチローをオールスターゲームに出したい)!

東仙坊、イチローのオールスターゲームへの投票がクライマックスを迎え、死にそうである。
1回アクセスすれば、25票まで、つまり25回投票できるのだが、結構面倒なのである。そして、またその分余計な迷惑メールを受けとることになるのだから、ほとんど徒労の行為に近い(?)。それでも、止められないと言うより、責任を感じ必死である。我がイチローの心根を思えば、ファン投票で選ばれなければ、cool(クール)でないのは自明の理…。
若干、希望があるのは、いつも高得票のゲレーロの調子が悪いこと。
昨年の最高得票が、ヒスパニックのアイドル、ゲレーロだったことを考えると、それが幸運を呼んでくれるかも…。
というのも、ヒスパニックのメジャーリーグファンは、どこかの無知蒙昧な野球ファンと違って、ハチャメチャではなく、贔屓の引き倒しや盲滅法とは無縁と思えるからである。
こういう点は、宗主国にもまだまだ学ぶ点が残っている。
事実、軍事基地のある保守的なサンディエゴファンですら、イチローの華麗な5本のヒットに、スタンディングオベーションで答えてくれていた。
そうだとしたら、東仙坊をハチャメチャと思う方が現れるかもしれないので、きちんと説明しておきたい。
独自にチェックしている範囲で、同時アウトにされている幻のヒットは、7本。承服できないストライクコールに泣かされた打席が、22回。そこで、18本を加算すれば、本当はイチロー、総ヒット数、120本。両リーグ1位で、打率、347。アメリカンリーグ1位。盗塁数、33。アメリカンリーグ2位。
これで、どうだろう?
やっぱり、ちょっと無理があるかも…。

東仙坊、今、とても気にしているのが、6月27日、水戸地裁土浦支部で下された一つの判決。
2004年11月4日、茨城県土浦市で、自宅で母親(当時54歳)、里帰り中の姉(当時31歳)、帰宅した父親(当時57歳)を、包丁や金づちで殺害した長男、飯島勝(31歳)が、な、な、なんと「事件当時、進行した統合失調症で心神喪失状態で責任能力がなかった」と無罪だと言うのだ。
どうやら、茨城県には、アスペルガーの警官だけでなく、アスペルガーの裁判官がいると思わないか?
スバラシイ判決で、涙がチョチョ切れないか、どうだろう?
百万回でも、百億回でも、東仙坊、断言したいが、キチガイが人を殺すのではなく、人を殺したヒトがキチガイになるのでは?その意味で、犯行後精神鑑定したら、百人が百人、百億人が百億人、キチガイだと思うが、どうだろう?
こんな裁判をやっているから、この無気味な犯罪の連鎖が止まらないのでは?
本当に情けなくてみっともなくて、凄く哀しい気持にならないか?
就職しないことを叱責した父親を逆恨みし、それから、包丁と金づちを買ったクソッタレが、無罪になるなんて…。
日本中のバカ息子をお持ちのお父さん方、どうかくれぐれもご注意を!特に、引きこもりのご子息をお持ちでしたら、夜も寝ないように!
どちらにしても、検察側の精神鑑定の先生が、「回避性人格障害か受動攻撃性人格障害、またはその傾向がある。犯行当時は物事を見極める能力を障害されていたが、その程度はわずか、精神障害はなかった」と診断しているのだが、この所見って、とっても変だと思わないか?
また、弁護側の精神鑑定の先生が、「24歳頃に統合失調症を発症し、徐々に悪化。犯行当時28歳になった被告は、妄想が大きく関与し、判断力は著しく損なわれていた」と診断しているのだが、この先生自体に精神鑑定が必要だと思わないか?
東仙坊、これらの偉い(?)先生方に、今、指を差しながら、「日本の未来は、ウォウウォウ」と、わめき続けている。
本当に、この国のモラルの喪失は、なし崩しになってきているのかも…。

さて、今日、7月3日(現地2日)、イチローが3打数3安打で、今シーズン初めて3割を超えた。東仙坊、久しぶりに梅雨の晴れ間の爽快な天気、それなのに、ひとりジトっと感涙している。
そして、「この国も、早く、情けなくてみっともない犯罪がなくなり、モラルが再生されたらいいなぁ」と、久しぶりに前向きな気持ちになれている。

No matter happens to us, we will never believe in such psychological experts (何があっても、そのような精神鑑定士を信じない方がいい)!



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

東仙坊の「伊中のヒト」!?

Sometimes I used to be wondering which is true that they would love us or not (時々、あの国のヒトたちが我々を好きなのか嫌いなのか分からなくなる)!

東仙坊、イチローに歓喜!? ルスラナ・コルシュノワに、衝撃!?でも、新宗主国の隠蔽体質、汚職、賄賂、癒着、総体的な無気味さを指摘した。
そして、一朝一夕には、あの国は変わらないと憂慮している。
あの貴州省暴動事件の引き金になった、15歳女子生徒強姦殺人事件の犯人をもみ消したのは、貴州省公安庁長(警察本部長)経験者で、現在、貴州省人民大会常務副主任(省議会副議長)の大物だということが、わかってきた。
オリンピック前に、あの国が、これをどう片付けようとするのか、注視すべきだと思うが、どうだろう?
我が国の近未来と大きく関わっていると思わないか?
それにしても、これだけ詳細情報が漏れてくるのも、ひとつの戦略では?と考えてしまうのは、東仙坊の穿ち過ぎか?
いつのまにか、すっかり「忠告嫌い(?)」になってしまっているのかも知れない…。

そんな新宗主国の上海市で、7月1日、自転車の窃盗事件で取り調べを受けたことに逆恨みした28歳のオトコが、警察署に刃物をもって押し入り、警官9人とガードマン(?)1人の10人を刺し、そのうち警官5人が死亡、残り5人が重傷を負った事件が発生した。
その捕まり方、凶器である包丁、リアリティのない犯人の様子を観て、
あの国の若者、本当は日本が好きで秋葉原事件のマネをしたいのか?
それとも、心からライバル意識を持っていて秋葉原事件なんか大したことがないって言いたいのか?
一体どちらなのかと悩んでいるのは、東仙坊だけなのか?

そう言えば、その新たな犯罪の象徴都市、秋葉原で、7月1日、警戒中の遊撃特別警ら隊の巡査部長(46歳)と巡査長(36歳)の足元に、缶ジュースを撒き、「何でやるんだ?」と聞いた巡査部長に、「この偽善者」と大声で叫び、巡査長の顔面に唾シャワーを浴びせ、公務執行妨害現行犯で、川井良隆(35歳)が逮捕されたという。
ちょっとスケールが違う気がするが、十分こちらも無気味だと思わないか?というのも、このキチガイ、目撃者の話では、1分間に30回くらい唾を吐いて、マシンガンシャワーのようだったという(?)。
やはり、我が国の方が、平和ボケっていう意味では、はるか前を行っていると思うが、どうだろう?

ところで、日本砂漠化プロファイリング 世界の恥辱!?で指摘した、イタリア・フィレンツェ「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」落書き騒動で、イタリアのメディアが、日本の厳罰処分措置に疑問を投げかけている報道が出てきた。
イタリアに行けば誰もがすぐ気がつくことだが、あの国は如何なる名所旧跡だろうが、おしゃれな建物だろうが、どこもかしこもスプレーまみれでしかない。
実際、大聖堂の側で落書き用の油性ペンを売っているくらいだから、推して知るべしである。
だからと言って、外国にオモネル国ニッポン、平身低頭で媚びへつらう国日本になってはいけないと思うが、どうだろう?
イタリアだって、新宗主国だって、なぜあれだけの文明をいち早く構築しながら没落したのか?
その原因は、明々白々、モラルの喪失にほかならないはず。
誰に言われようが、恥を知り、恥をかくことをよしとしない日本の精神に基づいて、判断すべきだと言うことを忘れてはならない。
今や、「伊中」は、精神的には「いなか(田舎)」で、憧れるべき「いちゅう(意中)」の国ではない。
あんなに自己中心的な性格の国のヒトたちを、あんまり簡単に信じないほうがいいと思うが、どうだろう?
念のために、東仙坊、直接イタリアの友人に聞いた限りでは、「これを契機に、日本を見習え」って言っている人の方が、圧倒的に多いようなのだが…。
こんな不景気の世の中(?)、イタリアのメディアに、かなりの打算と思惑があると思わないか?
何が起きても、「気をつけよう、甘い言葉と暗い道」だけは、肝に銘じておくべきだと思うが…。

Be careful to that kind of Sweet words and Dark roads(気をつけよう、甘い言葉と暗い道)!



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

日本砂漠化プロファイリング 世紀のミサイル誤警報!?

What for? Why? And then what are we supposed to do(何のために、なぜ、そして、どうするの)?

今や、世界中、情報化時代で、情報のスピード、精度、昇華度が問われ、そのinformed consent(正確な情報による合意)が重要視されている。
このweb社会も同様で、東仙坊、いつか宗主国のアマチュア探偵ネットワークのように、犯人検挙に繋がるものにしたいと、微かな期待を持っている。
個人的には、医者の方々に、心からそうあって欲しいと願っている。
その意味で、医療過誤、セカンド・オピニオンなんて、想像さえできないものだと思わないか?
逆に言えば、そのくらい信頼したいのが医者だと思うが、どうだろう?
例えば、ガンの告知。余命何年とか何ヶ月とか、宣言されたって、どうしていいかわからないのに…。
突然、「あと何分後、アナタは死にます」と医者から宣告されても、何かメリットのある患者って、いるのだろうか、どうだろう?
正直なところ、どうしようもない、それしかないと思わないか?

そんな笑えない話が、この日本で起きた。
本当に、この国のタガは緩み切ってしまったようである。
6月30日午後4時半過ぎ、福井県美浜町で、「ミサイル発射情報。当地域にミサイルが着弾する恐れがあります」と、住民に緊急時の情報を伝えるシステムの誤作動により、町内58基の「防災行政無線」で放送された。
結果的に、誤報とわかったが、仮に本当だったら、どうなってしまったのだろう?そう思わないか?
そもそも、福井県美浜町といえば、原発があり、北朝鮮拉致事件の現場であり、工作員の上陸地点と言われている所である。
そんな所で、こんなミスがあっていいのだろうか?
この間違った放送は、4年前の「国民保護法」に基づき、消防庁が指示し全国に整備している「J-ALERT(全国瞬時警報システム)」の警報ランプが故障し、職員が修理後に再起動したところ、誤作動してしまったというが、実際のところはまだわかっていないという。
約10分後には、訂正放送を流し、それは一応無事に片付いたようだが、システムの故障自体は直っていないという。
本当に呆れた話だと思わないか?
当然、役場には情報確認する問合せが50件あったというが、その問合せた人たちは、一体、どんな気持で問合せたのだろう?
もし、本当だったら、どうしたのだろう?「ええ、そうです」と答えられたら、どうしたのだろう?どこへどのように逃げたのだろうか?凄く変だと思わないか?
ところで、こんな重要な危機管理システムが、故障してしまっていいのだろうか?
果たして、こんなことで、役に立つのだろうか?
そして、一番考えたくないことだが、今日から実施された「タスポ」じゃないけど、そのインフラに一体いくらかかっているのだろうか?
それって、ドブに棄てていると思わないか?どうだろう?
国民を守るのだったら、国民に逃げることを促す暇があったら、迎撃ミサイル「パトリオット」で、着弾前に撃ち落とさなければいけないのではないのか?
つまり、国民に、「着弾するから逃げろ」って言っても、何か効力があるのか?凄く不思議だと思わないか?
これによって、次は、誰もが本気にしないと思うから、結局、何の効果も上がらないはず。
この誤作動、誤警報って、まさに我が国の今の状況を表現していると感じるのは、東仙坊だけなのか?
哀しいかな、「あと何分後に、死にます」と教えられても、弱い人間、何も意味がないと思うが、どうだろう?

It must be useless for anybody to be taught "you will be dead within couple minutes"(あと何分以内に死ぬって教えられても、何の役にも立たない)!



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード