Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

新・新日本砂漠化-93  ひとまず「UK」だけはストーカー競争の射程圏!?

On the island, we couldn't beat the country of the peninsula by the sexual crime(島国では、半島の国に性犯罪では勝てない)!

東仙坊、かなり前から、UK、イギリスの性犯罪者対策に感心していた。
2003年に「性犯罪法」が成立。
「Rape(被害者の同意を得ないで行う強姦)」、「Assault by penetration(挿入による暴行)」、「Sexual assault(性的暴行)」などを性犯罪と特定。
13歳未満児童を対象とする性的行為については被害者の同意がなかったことを要件としないなど、別に規定。
①危険な性犯罪者に対する新たな処罰規定の新設
重大な性犯罪を行った者のうち、再犯により社会に重大な危害を及ぼす危険があると判定された者には、「社会防衛のための拘禁刑」または「終身拘束刑」。
服役の最低期間を定め、経過期間後、危険性が十分軽減したと認められるまで、仮釈放ナシ。
②性犯罪者の情報登録制度
一定の性犯罪者について警察への届出義務。登録情報は原則として非公開。
③性犯罪者に対する命令
「届出命令」、「性犯罪予防命令」、「外国旅行禁止命令」、「性的危害禁止命令」に違反した者は、拘禁刑や罰金。
④多機関連携社会防衛協議会
警察などの機関が社会に対する危険性が高いと評価した者(性犯罪情報登録制度に登録された性犯罪者、その他凶悪犯罪者など)について、関係機関による情報交換や定期的会合の開催によって、社会防衛とリスク管理。
⑤刑務所および保護観察所における性犯罪者処遇プログラム
性犯罪者に対しては、刑務所および保護観察所が、処遇プログラムを実施。自己の行動に対する弁明や正当化の改善、性犯罪の原因となった認知の歪みの修正、被害者に与えた影響を学ばせること、犯罪をしないような生活スタイル改善プラン。
それでも、2006年、強姦認知件数14042
UKの人口は約6000万だから、人口当たりの発生率は、0.023%
そんな中で、この夏、UKで実施された内務省制作の「10代レイプ防止キャンペーン」CMに着目していた。
いわゆる10代のデートレイプ撲滅のためのものだったが、メチャクチャドラステックでラジカルで、賛否両論。
13~18歳のヤングの男女に調査を行ったところ、なんと少女33%少年(?)16%の割合でデートレイプ被害を受けたことがあるという結果が出て、内務省が、「若者に、何をしたらレイプになるのか、相手が望まないのに性的行為を強要するのはどういうことなのか?」をきっちり教えたいと狙った力作だったというのだが…。
「Teenage rape prevention campaign」
Girl: Let's get downstairs for a bit. Come on(ちょっと下に行かない、ネェ).
Boy: Yeah, in a bit(ウン、ちょっとね).
Girl: Wait. No, I don’t want to(待って、そんなこと望んでないわ).
Boy: Just stop being weird(いま止めたらオカシクなっちゃうよ).
Girl: I told him I didn’t want to … but … he carried on anyway(ワタシは彼にそんなことは望んでいないって言ったのに…彼はとにかくやったのよ).
UKも、日本同様、相当病んでいるのかも…。
そ、そ、そうしたら、11月23日、BBCが興味深い数字を出していた。
UKでは、今までにストーカーが300万人
年12万人ずつ増加していて、警告を受けたのが、5万3000人。
それなのに、逮捕されたりしたのは、たった50人に1人の割合だというから、ビックリ仰天。
東仙坊、大好きな曲の一つ、Led Zeppelinの「Communication breakdown(コミュニケーションはグジャグジャ)」は、60年代の終わりだったのだから、ムリもないが…。
と、と、ところが、性犯罪大国UKの2倍レイプ犯罪がある国があると知って、もうドッキリ。
2009年、スウェーデンが、ヨーロッパで最もレイプ犯罪が多い国の不名誉を担ったというのである。
何でも、レイプ被害が10万人の人口の場所で、46件で、23件のUKの倍。
さらに、他の北欧諸国に比べて4倍、ドイツとフランスに比べると20倍というから、アングリ。
負けず嫌いの我が日本、勘違いグローバリゼーションのもとで、スウェーデンを追いかけるつもりなのかも。
もっとも、どうやってもあのライバルの兄弟国にはそれでは絶対に勝てないと思うけど…。
9月7日、埼玉県警川口署は、住居侵入とレイプで、埼玉県川口市新井町に住む、無職(?)、阿部誠太(22歳)なるナチュラルボーンレイピストを逮捕。
何でも、9月7日午前1時45分ごろ、川口市内の専門学校生女性(18歳)の自宅マンション玄関先で、ドアを開けた瞬間を後ろから押し倒して室内に侵入し、女性に馬乗りになるなどしてレイプしたというから、サカリのついた犬。
それも、女性は家族と同居しており(?)、女性の叫び声を聞いた父親(54歳)が玄関に向かうと逃走。
父親の110番通報を受けて川口署員が付近を警戒していたところ、現場から南東に約3㎞離れた川口市内の住宅街で徐行する不審な普通乗用車を発見。
運転していたナチュラルボーンレイピストに任意同行を求め、署で事情を聴いたところ容疑を認めたため逮捕。
すると、「女性の体に触れたいという気持ちだけでやった」とのたまわっていたというから、もう大変。
案の定。11月22日、埼玉県警川口署は、このナチュラルボーンレイピストを、ひとまず別の6件のレイプ犯行でさいたま地検に追送検。
いずれの容疑も認め、「自分の欲求をおさえられなかった」とまたのたまわっているというから、もうダメ。
何でも、今年7~8月の間、川口市内では乗用車に乗ったオトコが女性をつけ狙い、路上や女性宅でレイプする事件が相次いで発生。
目撃された車の特徴やナンバー、付近の防犯ビデオの映像などからナチュラルボーンレイピストが浮上したというが、なぜもっと早く逮捕できなかったのか?
とにかく、警察のレイプ事件への対応は、心のどこかで共感でもあるかのように鈍いと思わないか?
そ、そ、そうしたら、同じ11月22日、埼玉県警は、事件の確定判決から1年間は保管しておくべき捜査書類を誤って廃棄したとして、当時の刑事部捜査一課の男性警部補(36歳)を戒告処分にしたとようやく公表。
9月には公文書毀棄などで書類送検していたのに、なんという隠蔽。
しかも、今年4月と5月の2回、担当していたレイプ事件の計4通の捜査書類をシュレッダーにかけて処分したというから、もしかして互助会?
こんなアリサマだから、埼玉県がレイプ天国なのでは?

Recently a rape buff to be able to fight enough in the world should appear in Japan(近ごろ、日本にも、十分に世界で戦えるレイプ魔が出現する)!

プロファイリング-26  東京板橋赤塚主婦強盗殺人事件 -3

It must be a problem that a murderous fiend could walk around with a weapon magnificently more such as such things that how about the reorganization of the political party(政党の再編成がどうこういうことなどより、殺人鬼が凶器を持って堂々と歩き回っていることの方が問題)!

■東京板橋赤塚主婦強盗殺人事件

●東仙坊がプロファイリングするこの事件の不可解な点

⑦東仙坊、空き巣の侵入のためのガラスの割り方が、それこそ芸術的なほど巧妙であることを熟知している。
実家で、2度もこの目で確かめているからである。
それゆえ、被害女性が帰宅したとき、それに気づかないことは仕方がないとしても、異常な気配を直感的に感じ取れなかったことは、残念で仕方がない。
ところで、被害女性は帰宅前に成増駅近くのドーナツ店に寄ったこと、駅前で買い物をしたことは確認されている。
主婦なのだから、出かけたついでに夕食の食材などの買い物するのも、極めて自然。
ドーナツを持ち帰ったか店で食べたかどうかは別にしても、何らかの荷物を持ち帰った以上、いったんは1階に立ち寄ったのでは?
というのも、メゾネットタイプのマンションでは、キッチンや冷蔵庫は1階にあるはず。
となると、そのホシが潜む空気感みたいなものを感じなかったのか?
どうあれ、被害女性が1階で襲われ2階に連れて行かれたのか?
それとも、2階でそのまま襲われたのかでも、事件の様相は大きく変わってくると思わないか?

⑧ホシは、所詮、情けなくてみっともない窃盗犯(?)。
人間としての知性が微塵もないことは、明白。
だとしても、その杜撰な犯行パターンには、正直、呆れないか?
それはそうである。
現場周辺では、今年1月から日中を狙い、窓ガラスを工具で割って侵入する手口の空き巣被害が10数件続いていたうえ、たった1週間前に、すぐ近くのアパートで1階の4、5軒が被害に遭う空き巣事件が連続発生していたばかり。
そして、その後も連日、日中にスーツ姿のアパートを覗き込む不審なオトコが周辺でたびたび目撃され、事件2、3日前、事件前日の午後2時ごろには、現場近くの民家をスーツ姿の男が訪れ、「余っている宝石を買い取ります(?)」と言っていたというのではないか?
ということは、これだけの空き巣連続事件が現場周辺で発生していても、警視庁高島平署が重点捜査や重点警戒をしていないということを把握していたということ?
もしくは、その状況を確かめられる環境にいるということ?
もしくは、警視庁高島平署をバカにし切っているということ?
どうあれ、成増駅から池袋駅までは急行で約10分…。
このホシが、板橋区赤塚を中心に、半径10㎞以内に生活拠点を持っていることだけは、間違いないと思わないか?
実は、東仙坊、それを証明しているのが、被害女性から強奪したキャッシュカードで引出しをしたATMの選び方と確信している。
そのコンビニエンスストアのATMは、入り口を入ってすぐ左の、従業員カウンターから死角になっている場所にあるはず。
メズラシイ場所にあると思わないか?
それだけでも、凄い土地勘で、相当そのATMをこのホシが利用していると思うが…。
さらに、このホシ、毎朝、家をスーツで出るしかないのでは?
その意味で、昨年末に、解雇されたことをいまだに家族(?)に言えないでいるのでは?
だからこそ、再びスーツに着替えなければならなかったのでは?
実際、事件翌日午前7時過ぎ東京都品川区内に、事件2日後午後に池袋駅周辺の複数の防犯カメラの映っているホシはスーツなのでは?

⑨ホシの素顔が垣間見れる一瞬がある。
それは、ATMでの現金の引き出し方…。
わざわざ変装までしてATMに向かったのに、3回も操作し、滞留時間を長くするという愚を犯しているからである。
確かに、被害女性を脅かして強引に聞き出した暗証番号(?)、残高がいくらあるかはわからない、それゆえ、ずる賢く残高照会したことまではよくわかる。
それなのに、なぜ1回で25万9000円の引き出さず、2回に分け、25万8000円で、1900円を残したのか?
とっさに暗算ができなかったことは明確だが、なぜ1回で引き出さなかったのか?
メチャクチャ変だと思わないか?
東仙坊、ここから読み取るのは、日ごろホシは自分のキャッシュカードを持たしてもらえず、あまり使用したことがないのでは?ということ。
それゆえ、1回の操作で50万円まで引き出せることを知らなかった可能性が高いのでは?ということ。
つまり、ホシには妻がいるのでは?

⑩この事件で最大の不可解な点は、誰がどう言おうと、警視庁高島平署の捜査手法とその怠慢。
その一番の不可解さは、なぜ重要参考人として、その防犯ビデオ写真を公開しないのか? 今やこのホシは、列記とした刃物を隠し持った凶悪殺人犯で、単なる窃盗犯ではないのでは?
その早急の逮捕が第一命題なのでは?
とすると、万一、このオトコが本ボシでなかった場合を考えてビビっているのか?
逃亡させたくないから?
単なる警察のメンツの問題?
だとしたも、すでに相当な数の目撃者がいるのでは?
せめて、なぜ精度の高いモンタージュ写真を公開しないの?
もうミステリーとしか思えないのは、東仙坊だけではあるまい。
まさか、また未解決のまま1年後にでも公開するのではあるまいな?
そもそも、すでに誰もが気づいているように、もし事件1週間前の連続空き巣事件をきちんと的確かつ迅速に捜査していれば、少なくともこの被害女性は間違いなく誕生していないのでは?
そのことに、一切触れない脆弱なマスメディアの対応が、第2、第3の被害女性を生まないことを祈るしかないのだが…。
どうあれ、東京や埼玉の方々、くれぐれも自分でご注意を!!

The incompetent police! Why can't you show a video picture and a composite picture as soon as you can(無能な警察よ、なぜビデオ映像やモンタージュ写真を素早く公開できないのか)?

プロファイリング-26  東京板橋赤塚主婦強盗殺人事件-2

It must be really a serious thing that a sneak-thievery criminal would become the country changing into a cruel murder buff immediately(空き巣犯が残虐な殺人魔にすぐ変貌するような国になったということは、本当に由々しきこと)!

■東京板橋赤塚主婦強盗殺人事件

●東仙坊がプロファイリングするこの事件の不可解な点

①この許し難い残忍非道なホシは、せっせと空き巣という名のしがない窃盗で稼いでいたのに、突如、凶悪な強盗殺人魔に変貌したということなのか?
あるいは、万一見つかったときは、即座に居直り強盗殺人魔になるつもりで、絶えず凶器を携帯していたということなのか?
となると、このうえなく不運に、単にホシのロシアンルーレットの弾丸に被害女性が当たってしまったということ?
そこで、メチャクチャ気になることがある。
ホシは事件2~3日前から、その5棟並んだメゾネットタイプマンション周辺を事前リサーチしていただけでなく、事件当日も被害女性宅を営業マンを装って訪問(?)していたのでは?
つまり、被害女性が専業主婦であることを確認していたのでは?
では、被害女性は一体何時に家を空けたのか?
と同時に、被害女性の20分後に帰宅した隣人(右隣か左隣かわからぬが?)は、何時に出かけたのか?
また、男性なのか? それとも女性なのか?
どうあれ、被害女性宅の方が金目の物が多いとどうやって判断したのか?
それとも、また連続して押し入る予定だったの?

②ホシは、出かけるときの様子で被害女性の方が隣人よりも帰宅が遅いと想定したのか? あるいは、すぐ戻ることも想定内だったのか?
どうあれ、隣の部屋よりも被害女性宅に狙いを定めた何らかの理由があるのでは?
そこで、どうしても気になるのが、夫からお金を下ろしておいて頼まれていた被害女性、午後3時20分にドーナツ店で買い物しながら、金融機関からお金を下ろしたのか? あるいは、一度金融機関に寄りながらお金を下ろさなかったのか?
どちらにしても、そのことは極めて重要なポイントだと思うが、どうだろう?

③変な言い方だが、もし殺人がホシにとって予定外の不可抗力だったとしたら、なぜ肺に達するほどの刺し方、10数ヵ所も刺したのか?
顔を見られたから?
だからといって、いくら人の命を軽んじる時代だからとしても、そんな簡単に一気に殺人魔に格上げ(?)してしまうものなのか?
そうだとすると、いくらスーツを着て営業マンを装っても、相当顔を見られるリスクをなぜ最初から犯すような方法を取っているのか?
それこそ、最初から目ナシ帽でもかぶって侵入してればいいだけでは?
実際、脅かしながら目的である(?)キャッシュカードの暗証番号を聞き出せているのだから…。
ということは、前科があるから?
あるいは、被害女性と顔見知りだったから?

④基本的にハイリスクローリターンの空き巣であるホシが、金目の物をかっぱきで奪うのは当然。
だとしても、なぜ足がつくキッカケになりかねない被害女性の携帯電話、何の価値があるかわからない被害者宅の鍵を奪ったのか?
メチャクチャ理解に苦しむのは、東仙坊だけではあるまい。
その意味で、夫の手帳に挟まれていたという2~3万円の現金は、本当にゴミ箱でみっかったのか?
それもまた、極めて重要なポイントになると思わないか?

⑤事件当日午後5時の時点では、まだ事件は発覚していなかったはず。
それなのに、その戦利品であるキャッシュカードでお金を下ろす前に、ATM設置防犯カメラを意識し変装する姑息な小技(?)を使っている。
ところが、そのために、ATM近くの衣料チェーン店で購入し、さらに近くのパチンコ店で着替えているというから、メチャクチャ無計画。
というのも、10数ヵ所も刺したのだから、相当の返り血を浴びていたはずでは?
ということは、夫の服とはサイズが合わなかったのか?
もしくは、何らかの夫の服は利用していたのか?
電車内で血に誰も気づかなかったのか?
あるいは、コートでも羽織ったのか?
だとしたら、衣料チェーン店ではなぜスーツだったのか?
どちらにしても、そのスーツはその後どうしたのか?
また、ホシはバスルームを利用し血を洗い流すなどしていたのは間違いないのでは?
ということは、被害女性の遺体やバスルームからホシのDNAを採取することは、かなり容易なのでは?

⑥ホシは、被害女性の足を縛っていたことは判明しているが、なぜ手は縛らなかったのか?
にもかかわらず、なぜ防御創がないのか?
無論、片刃の刃物で脅かされていたことはわかるが、命がかかっていたのではないのか? そして、すぐにキャッシュカードの暗証番号を教えてはいないのでは?
どちらにしても、そこが凄く納得できないのは東仙坊だけではあるまい。

Why was not the damage woman able to resist it at all(なぜ被害女性は、一切抵抗できなかったのか)?

To be continued...

プロファイリング-26  東京板橋赤塚主婦強盗殺人事件 -1

Has it been in Japan where it was deplorable which thought about only one's thing so that each nation agreed with a disgusting politician(国民一人一人が、みっともない政治屋と同じに自分のことしか考えない情けない日本になってしまったのか)?

「一日一善」という言葉は、いつごろからあったのだろうか?
いや、いつごろまであったのだろうか?
東仙坊、「一日一膳」の施しに近いようなお恵みの食事をいただきながら、今や「一日一殺人」が我が国の生活標語なんだろうな…と、かなりウンザリしているのだが…。

■東京板橋赤塚主婦強盗殺人事件

●現時点で知り得る限りの事件の概要

11月21日午後10時50分ごろ、、東京都板橋区赤塚のメゾネットタイプマンション5棟のちょうど真ん中の部屋で、帰宅した会社員の夫(37歳)が、妻(34歳)が2階寝室で胸などから血を流しあおむけに倒れているのを発見し、110番。
玄関の鍵は開いていて、電気も消えたままで、寝室や居間の押入れが開けっ放しのうえ、1階の窓ガラスが割られていて、1階台所、2階階段付近や居間に紳士革靴の足跡が複数残っていたというから、凄くリアル。
妻は、外出用のワンピース姿のままで、肩からバッグをたすき掛けにし、足首はネクタイのようなもので縛られていたものの着衣に乱れはなかったというから、それだけでも救いか?
また、凶器は見つかっていない。
そして、被害女性の財布、携帯電話(?)、自宅の鍵(?)、免許証、、指輪など宝石数点、夫の手帳に挟んでいた現金2万〜3万円(?)などがなくなっていたというが、その現金2万円だけはゴミ箱からから見つかった(???)ともいうから、実に不可解。
さらに、朝出がけに、夫が「給料日なので、妻に『お金をおろしてくれ』と頼んでいた」と言うが、それが下ろされていたのかどうかもよくわからない。
司法解剖の結果、胸や背中に10数ヵ所の刺し傷があり、浅い傷はキャッシュカードの暗証番号を聞き出すもののためではと言われ、肺などを刺されたことによる失血死。
また、死後半日程度経過しており、防御創もなく、ほとんどの傷が左側に多くあり、ホシは右利き。
さらに、凶器の刃物は片刃。
そして、ホシは事件後、近くの東武東上線成増駅から電車で池袋に移動(?)。
11月21日午後5時ごろ、現場から約10㎞離れた池袋駅近くのコンビニエンスストアのATMで、残高照会後、2度に分けて預金残高のほぼ全額にあたる計25万8000円を引出し、残額を1900円程度にしたというから、また不可解。
その際、黒セーター、青っぽいマフラー、グレーのニット帽姿、マスク、黒縁眼鏡を着けていて、直前に近くの衣料チェーン店でセーターとズボンとニット帽とマフラーを購入。
それから、バッグに11月21日午後3時20分ごろ、東武東上線成増駅前のドーナツ店で買い物をしたレシートがあったこと。
現場近くの防犯カメラに、11月21日午後3時半ごろ、マンションのインターホンを押しているスーツ姿のオトコの姿が映っていること。
隣の部屋に住む住民が、11月21日午後3時50分ごろに帰宅したが、争う声などは聞こえなかったと証言していること。
その衣料チェーン店で変装アイテムを購入し、近くのパチンコ店で着替えたのが、黒スーツ姿の20~30代のオトコということ。
事件発生の2~3日前に、そのオトコとよく似た怪しいヤツが被害者マンション近くのアパートをのぞきこむ姿が、住民に目撃されていたということ。
ちなみに、現場は、東武東上線成増駅から南東に約500mの住宅街で、2009年から、そのマンションで夫妻は2人暮らし。
そのうえ、5~6年前から 板橋区赤塚周辺では、空き巣被害が続発。
昨年1月から今年8月までで、30件。
警視庁高島平署管内だけでも、今年1月以降、同様の手口の空き巣が10数件。
特に、1週間前の11月中旬ごろ、同じ赤塚地区のアパート1棟の3、4部屋(?)と隣接する別のアパートが被害
その空き巣のホシの足跡と酷似しているというから、開いた口が塞がらない。

しかも、侵入方法はいずれもドライバーなどの工具で窓ガラスを突き破る手口だというから、思わず絶句。
どうあれ、これらのことから、警視庁捜査一課は、11月21日午後3時半以降に被害女性が帰宅した直後に、ホシと偶然出くわしてしまったことによる殺害強盗殺人事件と断定し、警視庁高島平署に捜査本部を設置し、捜査を始めたというのだが…。

さて、本格的なこの事件のプロファイリングに入る前に、どうしても書いておきたいことがある。
一昨日、アップした「新・新日本砂漠化-91  愛知県警の致命的な実力の証明!?」で触れた愛知県豊川市の豊川信用金庫蔵子支店立てこもり事件のホシの氏名を書き込まなかったことに、お気づきか?
バカバカしい目立ちたい一心のヤケクソ犯罪を起こすクソッタレについては、その意図に応えたくないと思ったからに他ならない。
案の定、「有名になりたかった。自暴自棄になっていた。過去の事件を映画や本などを参考にしまねた」なんてのたまわっているから、意地でもそうしなくてよかったとホッとしている。
それ以上に、あのクソッタレ、愛知、岐阜、福井などで無銭飲食を繰り返し、事件の約1週間前には自転車泥棒までしたうえ、事件の3日前、愛知県一宮市のファミリーレストランで「大声を出すと殺すぞ」と店員をカッターナイフで脅し無銭飲食をし、逮捕状が出されていたというのだから、本当に呆れてシラケないか?
ようは、愛知県警がきちんと捜査していれば、立てこもり事件は起きていなかったのでは? ああ…。
だいたいタバコとライターを要求するような人質犯が、本物のワケがないのでは?
どうあれ、愛知県警、150人態勢だか300人態勢だか取って税金をジャブジャブ使い、タバコ3個、簡易ライター、食料、弁当6個まで食い逃げされたようなものでは?
そして、クソッタレは本懐を遂げ(?)、向こう10年はただ飯…。
東仙坊、本気で叫び続けているが、政治や経済やエネルギー問題やTPPよりも、警察のテイタラクを改善することが最優先だと思うが…。

When a politician can't do it by politics and the police ain't established in the police, as for the asshole who doesn't know the patience of the world, it must be easily to a murderous fiend(政治屋が政治をできず、警察が警察をできなくなると、世の忍耐を知らない大バカは、簡単に殺人鬼になる)!

To be continued...







新・新日本砂漠化-92  「ムーン・パニック」、「超大陸」、ストーカー!?

If the human shall be ruined in another 39 days, what do you do now(あと39日で人類が滅亡するとしたら何をしますか)?

東仙坊、あと39日間で月が地球に衝突し、地球上の人類が滅びるというセッティングの科学シミュレーションドラマを観ていた。
その題名は、「ムーン・パニック」。
月に褐色矮星(Gliese:グリーゼ)が衝突したことで、太陽の軌道を月が逸脱、巨大な磁場変動とともに地球に向かってきているということで、何とか太陽や地球の引力のもとに戻すために、最後の手段として、世界中の核をかき集めて、月の核部分に打ち込み、月の軌道を変化させようというもの。
まあ、アルマゲドンのパクリのようなものだが、実は、月と褐色矮星との衝突の可能性は、かなり高いというから、まんざらフィクションではないのかも…。
ところで、当然、後39日で人類滅亡とわかると、人間はパニックになってヤケクソ状態になるかといえば、自分の一番したいことを真摯にする平和な状況になるというくだりが、そのドラマのミソ。
そこで、東仙坊、人間その状況は生まれたときから同じなのに…と、何を今さらの気分。
ましてや、自分のような歳になると、本当にあと何日間なのかも…と、メチャクチャ神妙な気分。
もっとも、2億5千年後には、人類そのものがそうなっていると思うが…。
そこで、ふと、人をストーカーしたり、人を殺したりするするようなクソッタレは、絶対にそんなことは想像しないいんだろうな!と大きく溜息。

11月12日、北海道警札幌北署は、札幌市北区の同級生の女子大学生(21歳)に交際を迫り、「覚悟しろ!」などとメールを送ったとして、ストーカー規制法違反で、岩見沢市の男子大学2年生(19歳)を逮捕。
何でも、10月14日ごろから11月10日ごろの間に、女子学生に携帯電話のメールを4回送信し、交際を迫ったり、著しく乱暴な内容の言葉を書き送ったりしたので、11月10日、「つきまとってきたり、6月から約1000件のメールがきて困っている」と、女子学生が、北海道警札幌北署に相談。
東仙坊、終えたばかりのプロファイリング、「逗子ストーカーベース劇場型無理心中事件」の11月6日直後だったせいか、北海道警札幌北署が大英断。
ストーカー規制法はメール送信を「つきまとい行為」の対象にしていないが、「交際を求めており、ストーカー規制法で定める義務のないことを要求する行為、著しく粗野な言動などに当たる。メールの大半は女子学生が消去してしまっているが、 短期間に1000通を超えるメールは、恐怖感を与えるに十分」と、事前的な行政指導である警告を経ずに、2日後に逮捕したというから、パチパチパチ。
とにもかくにも、ようやく法は捜査を縛るためのものではなく国民を守るためにあるはず、今までストーカー被害者を守れなかった悔恨とこれ以上再発を許さないという決意から、警察が正義の行動。
後は、そんなストーカーを命がけで助けようとするエセ弁護士、執行猶予付きの軽微な有罪判決(??)、何も働かない保護観察司に細心の注意をすべきだと思わないか?
それにしても、「ぶっ壊してやるから覚悟しろ!」、「無理でもつき合ってくれ!」という内容のメールを送信する
19歳男子大学生の頭は、一体どうなっているのか?
恋愛する資格のレもないだけでなく、人間として保育園から鍛え直しても人間にできないのでは?
ところで、まだ大学2年生のこの被害女子大生、この後どうするの?
まさか、ここまま同じ大学に通うワケではあるまいと思いたいが…。
それより何より、こんなオトコにメールアドレスを教えたのは、誰?
本当にリアリティと人を見る目のないヤングレディが、どうしてこんなにいるの?
氏名も顔写真を晒されないのだから、この大バカ19歳男子大学2年生は、必ずまた再犯すると思わないか?

11月22日、大阪府警は、不倫相手との関係を解消するため、兵庫県警の警察官に成りすまして相手にストーカー行為をやめるよう警告したとして(?)、大阪府警交通部職員の男性主任(47歳)を本部長訓戒としたと公表。
処分は11月19日付。兵庫県警が軽犯罪法違反(称号詐称)で主任を書類送検、主任は依願退職。
何でも、主任は7月、携帯電話の出会い系サイトで50代女性と知り合い、交際(??)。
連絡回数が減ると、女性から執拗にメールが送られてくるようになり、主任は9月4日、「女性と別れたくてやった」と、自分の携帯から「こちら兵庫県警ストーカー対策課です。今後、着信が確認されると正式に被害届を受理し、捜査を開始するのでご承知おきください」などとメール。
捕まると思った女性が自ら兵庫県警ストーカー・DV対策室に相談し(??)、発覚。
ところで、このおバカな主任は、自業自得だとしても、この女性はどうなるの?
何か変と思うのは、東仙坊だけではあるまい。

どうだろう?
おバカな政治屋どもが、はしたない政局争いしている日本は、完全に平和ボケだと思わないか?
まさに、「この政治屋どもに、この国民あり」の状況では?
確かに、小沢一郎を首相にしたいというヒトたちが、ポッポちゃんの引退を惜しむヒトたちがいるのだから、当然なのかも?
そこで、東仙坊、どうしても言わざるを得ない。
2億5千万年後の超大陸「アメイジア大陸」には、間違いなくこの国は存在していない。
もっとも、人類も存在していないだろうが…。
もしかしたら、ゴキブリたちに、「これが大昔、人類としてはかなり知的だったのに、平和ボケし、タガを緩め切り、モラルを崩壊し、自滅した、ストーカーだらけの日本人の化石だよ」と言われるかもしれないけど…。
そう言えば、今度の正月にオーロラ見物に海外に行く人がワンサカいるというから、ぜひ、オーロラを見ながら、日本国の矜持のことを真剣に考えてほしいと思うが…。

When 250 million years later, I shouldn't talk with“This is the fossil of the stoker Japanese”from cockroaches(2億5千万年後に、ゴキブリから「これがストーカー日本人の化石だよ」と言われたくない)!

新・新日本砂漠化-91  愛知県警の致命的な実力の証明!?

I was disgusted to run after having no fixed address, a hostage barricading performance of the desperation by the jobless man for 13 hours(住所不定、無職男による、ヤケクソの人質立てこもりパフォーマンスを、13時間も追いかけて呆れた)!

東仙坊、突然の本格的な寒さに、もうヨレヨレ。
これは来年イチローがどうなるのか?心配している場合じゃないと、グッタリ…。
そのうえ、またしても愛知県で起きている世にも不思議な殺人事件をプロファイリングしようとしていたせいか、メズラシクBGVに観ていた日本のテレビのブレイキングニュースに釘づけになった。
そして、「また、愛知県かよ」と思わず声を上げていた。
それから、10月30日、新・新日本砂漠化-88  やっぱり異常でしかない愛知県警!? を書き込んで、「愛知県では、連日のように凄惨な事件が発生し続けるのでは?とあれほど注意を喚起していたのに…」と、独りブチブチ呟いていた。
11月22日午後2時20分、愛知県豊川市蔵子の豊川信用金庫蔵子支店で、10cmくらいのサバイバルナイフを持ったオトコが客1人と職員4人を人質に立てこもる事件が発生。
ボワーンと刻々入ってくる事件情報に、「塞翁が馬」と、悶々…。
①支店内に事件発生当時、男性4人、女性5人の職員計9人、男女各1人の客2人の計11人がいたのに、男性客を見逃し、「次長を残して男はすべて外へ出ろ!」と指示し、女性職員2人を解放。
その2人の女性職員に「警察を呼ぶな」と指示したと判明し、「コヤツ、そこそこやるな!」と憂慮。
それでも、単独犯、サバイバルナイフ、人質5人はまだ多すぎるのでは? と心配。
②人質の構成が、41歳男性支店次長、19歳と27歳の女性職員、55歳女性パート職員、48歳女性客と判明し、「やっぱり、コヤツ、やるな!」とまた憂慮。
そこで、この寒さ、1979年1月26日の大阪府大阪市の三菱銀行北畠支店人質事件のような状況を、メチャクチャ心配。
えっ、何を?って?
あのときの42時間立てこもったヤケクソ・クソッタレの梅川昭美は、容赦なく支店長や行員、威嚇射撃する(?)警官2人の4人を射殺しただけでなく、女性行員を全裸にして盾にし、トイレをその場で垂れ流しにさせる屈辱を味合わせたはず。
③警察との交渉は、自分で行わず、すべて41歳男性支店次長を通じ、しかも彼の携帯電話でマスメディアを介してやっていると判明し、「コヤツ、かなりやるな!」とまたまた憂慮。
本格的な立てこもり犯かも?と、また心配。
④オトコは金銭や逃走手段は要求せず、拡声機、タバコ3箱、簡易ライター、飲み物と食料を要求しているとか、ドジョウ内閣退陣、マスメディアを呼べ!といっていると判明し、「すぐに拳銃を構えて突入しろ!」とブチ切れ。
それはそうだと思わないか?
喫煙者が、タバコもライターも持たずに、こんなことをしでかすワケはないはず。
自慢じゃないが、東仙坊、ポケットに一銭もなくても、タバコとライターだけは絶対に常時入っている。
これだけで、本物の立てこもり犯でないことは明白だと思わないか?
⑤覚醒剤の更生施設を脱走した中村謙二50歳と判明し(???)、「ちょっと待って! それだとヤバい」と、再び憂慮。
シャブ中だけは、マズイ!とまたまた心配。
⑥「ATMの外と裏口を投光器で照らせ!」と要求してきたと判明し、「フーン、コヤツ、防犯カメラのモニターをチェックしているんだ!」と、またまたまた憂慮。
⑦事件発生から7時間後の午後9時33分、48歳女性客を無傷で突如解放(後で、弁当の差し入れと交換だったと聞いて、思わず失笑)。
ともかく、これで情報を収集し突入してジ・エンドと思いきや、そうならないから、ビックリ。
事件発生から13時間後の午前3時7分、SHITだかSITが、2階から8人、1階から5人が、オトコがうたた寝をしたスキをついて(??もうマンガ)、急襲、監禁で現行犯逮捕。
⑨オトコが、「テレビを見ている。周囲に警察官がいるのはわかっているぞ!」とか、「オレは50歳じゃない。32歳だ訂正しろ!」とか、「これで終わりだ」とか、1人の人質の手をヒモで縛り自分の腕に絡めつけていたものの他の3人の人質はそのままだったと判明し、ただただ哄笑。
また、事件直前に、オトコがカラオケ店を3510円無銭飲食し店員に「信金で事件を起こす」と話をしていたため、店員が目の前の蒲郡信用金庫に連絡したので襲撃に失敗していたということも判明し、今度は絶句。
それを愛知県警も把握していたというのだから、やっぱり愛知県警はどこまでも愛知県警では?
ついでに、愛知県の信用金庫の危機管理って、一体何?
それなのに、一部の警察お抱えロビイストは、グッドジョブ!と評価しているから、完全にマンガ。
と、ここまで書き込んで、ようやく今回のメインテーマ。

11月13日、愛知県名古屋市中川区野田にある漫画喫茶に勤めていた42歳女性が、行方不明になっていることを、愛知県警が公表
何でも、失踪女性は、同じ中川区内の別の漫画喫茶に2月いっぱいまで6~7年間パート勤務した後、3月から現在の漫画喫茶で働いていたが、突然、4月13日以降全く連絡がとれない状態になり、5月に別に暮らす女性の家族から捜索願
しかも、漫画喫茶駐車場に女性は車で寝泊まりして勤務していたというから、???
さらに、夏ごろ、女性の軽乗用車が名古屋市港区の名古屋港で、ナンバープレートが外されたうえ、車体番号が削られ、車の中をすっかり片づけられた状態で発見
すると、「その女性を車に乗せていた」という目撃情報があり、その元の漫画喫茶店長を2月までしていて、現在は愛知県東海市の国道一号昭和橋付近の人気とんこつラーメン店経営の47歳のオトコ、そのオトコの妻(44歳)を任意で事情聴取していたところ、2人が「女性の遺体を捨てた」と供述
その供述をもとに、愛知県南知多町の山林を捜索するも、いまだに遺体を発見できず。
また、女性は、しばしば顔にアザがあり、その元の漫画喫茶店長夫妻から暴行を受けていたというから、???
それなのに、女性はパートを辞めた後も客としてその元の漫画喫茶にたびたび来店していたというから、完全い???
どうあれ、3人の間に一体何があったのか?
①3Pのもつれ?
②夫との浮気の発覚?
③妻との浮気の発覚?
④愛人である夫への裏切り?
⑤愛人である妻への裏切り?
どうだろう?
メチャクチャオカシな事件だと思わないか?
それ以上に、発生後半年以上も経って、被害者の氏名も、加害者どもの氏名も公表できない愛知県警の捜査って、一体何?
おそらく正確な自供も、物的証拠も何も見つけられないせいだと思うが、あまりのテイタラクでは?
どちらにしても、愛知県には、人知れず殺されたがるヒト、人にバレずに殺すヒトが何と多いことかと思うが…。

In Aichi, an extremely mysterious disappearance case should occur again(愛知県で、世にも不思議な失踪事件がまた発生している)!


検証プロファイリング  逗子ストーカーベース劇場型無理心中事件-8

It let a theater type forced double suicide case undergo a complete change that a thing, the asshole whom a damage woman talked about with the police were arrested by the police(被害女性が警察に相談したこと、クソッタレが警察に逮捕されたことが、劇場型無理心中事件に変貌させた)!

■逗子ストーカーベース劇場型無理心中事件

●東仙坊がプロファイリングする、この事件のメチャクチャ不可解な点(その不可解さ順!)

④この事件を、安易に6年間のストーカー殺人事件とみなすと、その本質を見誤ることになってしまうので、ご注意。
本来ストーカーとは、次々にそのストーキングターゲットを替えてゆくはずのもの。
なぜなら、どんな愛憎もせいぜい3年が限界。
その意味で、この事件もブラウンシュガー・ジョンによる6年間キューブシュガー・メアリーをストーキングし続けての凄惨な殺人事件と捉えては、根本的に間違い。
この事件は、最近やたら多いとにかく目立ちたがり屋の甘えん坊ジコチュウの徒花的劇場型事件と捉えるべき。
すなわち、キューブシュガー・メアリーにとっては、ただただ無念な巻き込まれ勘弁してよ事件。
もっともそうなったのは身から出たサビの面も…。
東仙坊、キューブシュガー・メアリーがブラウンシュガー・ジョンのメールについつい返信してしまったからと、どうしても言わざるを得ない。
とにかく、そのターニングポイントは、2010年12月9日、キューブシュガー・メアリーが神奈川県警逗子署に相談し、神奈川県警逗子署が家族を通じ注意したこと。
このことによって、この徹底した甘えん坊であるブラウンシュガー・ジョンはそのアイデンティティを完全に喪失し、一世一代の劇場型無理心中事件を企画し始めたことだけは間違いない。
そして、それを決定的にさせたのが、2011年6月1日、神奈川県警逗子署に脅迫で逮捕されたこと。
まさに、この段階で、東仙坊、名づけた通りの「逗子ストーカーベース劇場型無理心中事件」。
それは、昨年5月から事件2日前まで、インターネット質問サイト「知恵袋」で、ブラウンシュガー・ジョンが複数のアカウントを使って実行した、約440件の質問の中に、イヤというほど見て取れる。
また、それは、何度も質問したキューブシュガー・メアリー宅近くまでのバスの便のことや東京都内での住民票閲覧のことより極めて重要だと思うが…。
埼玉県桶川市で平成11年に起きたストーカー事件はどうしてメディアが大きく取り上げたのか教えてほしい」
市橋達也リンゼイ事件とかは凄く大きく報道されてますがやっぱり殺人事件って件数が少ないから大きく報道されているのですか? それとも逃亡などもあり特別だから大きく報道されているのですか?
「警察のサイバーパトロールについて質問です。警察は、どのように普通の書き込みといほうな書き込みとを区別してるのですか? 例えば、出会い系に本人ではなくイヤガラセの為に他の人が書き込んでいる場合などは、どう区別してるのですか? 警察は、どういう状況になると事件性を認識して捜査を開始するのでしょうか? やっぱり被害届が出されてからですか?」
「法律や判例では婚約についてどのうに解釈されているのでしょうか? お互いが結婚を前提に付き合っていて職場や友人など周囲にも、そのことを公表していました。ただ相手の親には、まだ挨拶ができていない状態でした(相手の実家が地方だった為)。また、結納なども行なっていませんでしたが、お互い、指輪の交換は済んでいました。婚約は、基本的には当事者間の意思の合意によって成り立つと聞いたことがあります。また、民法では口約束でも法的拘束力が生じるとも聞いたことがあります。これだけの状況がそろっていても、婚約は成立していないのでしょうか? また、このような状況を相手が、一方的に破棄してきた場合、相手に対して損害賠償などは請求できないのでしょうか?」
「職場の解雇について質問です。鬱が原因で傷病休暇の期間を使い切り解雇されました。その鬱は、婚約が一方的に破棄されたことが原因です。医師の診断書にも、そのことが記載されています。このような場合、一方的な婚約破棄と解雇との間にも因果関係があると裁判所は判断しますか? また慰謝料を請求する場合、本来、解雇されなければ得られていたはずの賃金分も請求することは可能でしょうか? だいたい婚約破棄の場合の慰謝料は、50万~200万円と聞いたのですが、私が解雇される前は、もっと給料をもらっていたので、その分は、最低限支払ってもらいたいので質問させていただきました」
殺人事件を犯した犯人が逮捕される前に自殺してしまった場合、その後の事件の処理はどうなるのですか? 起訴もできないでしょうから…
どうだろう?
その質問の低レベルさ、バカバカしさは捨て置いて、ブラウンシュガー・ジョンが、その甘え切った腐った頭で、劇場型無理心中事件を考えていたことだけは明確だと思わないか?

⑤東仙坊、この凄惨な事件は、被害女性であるキューブシュガー・メアリーが、携帯電話を替えるか、メールアドレスを替えるか、迷惑メールをブロックすれば、それ以上にメールに返信しなければ発生しなかったと再三、断定的に指摘してきた。
そのことを十分に念頭に入れたうえで、では、なぜブラウンシュガー・ジョンがストーカー殺人から劇場型無理心中に変更したのか?ということについて、最後に結論しておきたい。
このブラウンシュガー・ジョンの場合は、まるで腫れ物に触るように甘やかしたその家族が原因と言わざるを得ない。
もちろん、検証プロファイリング  チョーショック・ホームズの無差別銃撃事件-1で書き込んだ、ジョージ・ワシントン大学メディカルセンターの行動科学と精神医学の助教授、アミル・アフカミ博士が危惧する「罪人よりも罪人の家族などに目が向く社会病質」になっているワケではない。
世界中で一番家族の絆を大切にする我が国だからこそ、二次的な罪、もしくはサイコパスを熟成させるような環境を作る場合もあるはず。
どうあれ、事件直後、マスメディアの取材を平然と受け、「昨日は息子の40歳の誕生日で、ミートソースの用意をしながら『お昼はいらないの?』と聞くと、『いらない』と言い残し、午前10時ごろに『雨が降っていたのに出かけてくる』と言って、家を出た。この門まで見送った。その際には、いつもと変わった様子はありませんでした。そういう気配はなかった(???)。去年、逮捕された後に面会したときには、『生きていく目標がなくなった』とよく言っていました。『生きていても仕方ない』と言って3回自殺未遂もした。何度も自殺未遂をやっている時は、自分だけだったのに、こんな向こうの人まで…。自分1人だけで死んでくれればよかった。女性には本当に申し訳ありません」とノーテンキに応えつつ、どこまでもキューブシュガー・メアリーに責任があるようにコメントした68歳のブラウンシュガー・ジョンの母親、「2人は婚約をしていたという話なんですけれど、弟の立場からすると、反故にされたという感じで恨みを持っていた。ご遺族の方には申し訳なくて、言葉もないです」とコメントしたブラウンシュガー・ジョンの兄に、東仙坊、ワナワナするほどの義憤を覚えたから、一切遠慮しない。
世の救い難いサイコパスどもよ、もしくは、そんなサイコパスを放置するその家族たちよ、いくら卑怯で卑劣な犯罪で目立っても、そんなスポットライトはせいぜい1週間で消滅してしまうといい加減わかれよ、もしくは、わからせろよ!!!

As the self-revelation by the crime, there must be not the thing which is nonsense with emptiness(犯罪での自己顕示ほど、空虚でナンセンスなモノはない)!



検証プロファイリング  逗子ストーカーベース劇場型無理心中事件-7

This case must be not 6-year stalking-murder(この事件は、6年間のストーカー殺人ではない)!

■逗子ストーカーベース劇場型無理心中事件

●東仙坊がプロファイリングする、この事件のメチャクチャ不可解な点(その不可解さ順!)

③この事件のプロファイリングを完結するのに、この2年半ほどは職に就かず11月中に簿記試験を受ける予定だったという、情けなくてみっともない男のクズであるブラウンシュガー・ジョンについて、イヤでも触れざるを得ない。
32歳になるまでに満足な恋愛経験をできないほど、社会性に欠如し、未成熟な人間性のジコチュウのクソッタレ、ブラウンシュガー・ジョン…。
その近視眼的自己顕示欲、誇大妄想的自己陶酔、生きることへの一切のリアリティの欠如、徹底した他力本願的甘えの構造は、まさに反吐が出るほど低劣。
完全な欠陥人間で、忍耐とか努力とか克己とは全くの無縁。
しかし、最悪なのは、今のモラル完全崩壊社会の我が国には、こんなブラウンシュガー・ジョンのような救い難いオトコがゴロゴロしているということ。
そして、最後の最後に、劇場型無差別テロを企むがごとく、卑怯で卑劣な犯罪を犯すことでとにかく目立ちたいとバカな考えを持つこと。
実は、東仙坊、この事件も、そんな情けなくてみっともない事件の一つと確信している。
また、その論拠を並べる以上に、こんな典型的マザコンの未熟なブラウンシュガー・ジョンを非常勤講師としてでも躊躇なく雇っていた教育システム、こんなクソッタレに現代社会を教えられた子どもたちの将来を心の底から心配しているのだが…。
さて、ブラウンシュガー・ジョンのキューブシュガー・メアリーへのストーカー行為で、どうしても不可解なことがある。
確かに、2年もつき合い棄てられた直後、この手の甘ったれが執拗に女々しくウダウダ追いかけることは、よくあることなのかもしれない。
人を愛することが傷つくことやガマンするということだとさえ認識できいないのだから、それもムリからぬこと。
実際、自殺するフリまでして、何とかキューブシュガー・メアリーの同情を惹こうとしていることでも、明白。
では、その6年前に、なぜ本格的なクリーピーなストーカーに変身しなかったのか?
つまり、別れた直後に、なぜ狂った殺し屋にならなかったのか?
もっと端的に言えば、なぜこのような事件をすぐ起こさなかったのか?
メチャクチャ不自然だと思わないか?
まだ、キューブシュガー・メアリーが自分の手元に戻ってくると余裕や自信があったのか?
そのぐらい本当はキューブシュガー・メアリーが自分を愛していると錯覚できたのか?
No! No! No!
東仙坊、絶対にそうではないと確信している。
生まれて初めて、2年間も1人の女性とつき合えたことで、ブラウンシュガー・ジョンらしく今までにない自信を得ていたはず。
そのために、表面上は悲劇の主人公を演じながら、次の恋愛相手が見つかると慢心していたはず。
それこそが、ストーカーになるような卑屈なオトコの実態。
そうでなければ、自殺未遂ではなく、本当に自殺していたはず。
だからこそ、この不可解なストーカーのごとき殺人に違和感を覚えるのは、東仙坊だけではあるまい。
その摩訶不思議さの最大のポイントが、2007、2008、2009年のブラウンシュガー・ジョンの行動…。
厳密に言えば、2006年から2010年3月までの期間のキューブシュガー・メアリーへのストーカー行為。
全く情報が出てこないが、ほとんどそれは行われていなかったと確信しているのだが…。
では、なぜ降って湧いたように再びキューブシュガー・メアリーへのストーカー行為を始めたのか?
それは、自分の甘い期待とは裏腹に、その間、全く他の女性とイイ関係になれなかったからに他ならないはず。
すなわち、第2、第3のキューブシュガー・メアリーが見つからなかったからのはず。
きっと寝ぼけた家族や周りから、40歳が近づいてきたブラウンシュガー・ジョンは、意味のない「オマエもそろそろ身を固めたらどうなの?」というようなプレッシャーをかけられたに違いない。
しかも、相変わらずの不安定な非常勤講師という立場の仕事に対しても、「いい加減。安定した仕事に就きなさい」というようなプレッシャーもかけられたに違いない。
それらの格好の言い訳に、キューブシュガー・メアリーの裏切りを使ったに違いない。
それこそが、「オレがこんなに苦しんでいるのに、なんでオマエだけ幸せになれるんだ」というブラウンシュガー・ジョンの言葉の本当の意味のはず。
そもそも、パッションのスパークする本物の恋愛だって、それだけで燃え続けるのは3年がいいとこ。
さらに、失恋の痛手なんて、せいぜい1年も苦しみ続ければ十分なはず。
ましてや、5年も6年も失恋相手を恨み続けることなど、ほぼ不可能なはず。
それより何より、本物の恋愛を経験した人間は、それなりに成長するのですぐ新たな恋人が見つかるはず。
そうならない自分をもどこまでも甘やかす典型的ジコチュウ、ブラウンシュガー・ジョンが、すべての言い訳として、何もかもうまくいかないのはキューブシュガー・メアリーのせいにしようと決めただけ。
ところで、ここにこの事件の大きな疑問がある。
人づてにキューブシュガー・メアリーの結婚をブラウンシュガー・ジョンが知ったのは2010年の年末だというが、一体その伝えた相手は誰なのか?
もし2人の共通の友人がいたなら、2008年の結婚直後に知れたのでは?
東仙坊、どう考えても、キューブシュガー・メアリーが久しぶりのブラウンシュガー・ジョンのラブメールに、驚き諦めさせようと自分で教えたと確信しているのだが、どうだろう?
どうあれ、このことが、本来、別のターゲットに移るはずのストーカー気質のブラウンシュガー・ジョンに、再びキューブシュガー・メアリーをストーキングターゲットにさせたことだけは間違いない。
言い方を換えれば、恰好の暇つぶしの相手になっただけ。
だからこそ、いっそのことオレを殺せ!というニュアンスの脅迫だったはず。

The stoker who should exchange a target originally performed stalking of the same woman by chance(本来ターゲットを替えるはずのストーカーが、たまたま同じ女性をストーキングしただけ)!

To be continued...

検証プロファイリング  逗子ストーカーベース劇場型無理心中事件-6

I believe the woman should be in love with a man brightening herself more(女性は、自分をより輝かせてくれる男に恋すべき)!

■逗子ストーカーベース劇場型無理心中事件

●東仙坊がプロファイリングする、この事件のメチャクチャ不可解な点(その不可解さ順!)

②東仙坊、このような情けなくてみっともない恋愛悲劇を阻止するために、もう止まることを知らない。
その次に、どうしても理解できない摩訶不思議も、やはり、キューブシュガー・メアリーの自分の生命の危機に対するリフレクション…。
つまり、このブラウンシュガー・ジョンの狂気に対するリアリティの全く欠如した徹底した他力本願対応。
ついつい、「ぜってー殺す」、「刺し殺す」と脅迫されたのは一体誰?と言いたくなるのは、東仙坊だけではないと思いたいが?
それはそうだと思わないか?
警察に4回も相談したとか、ストーカー被害相談を受けるNPO法人「ヒューマニティ」(??)に何度も相談したとかいう前に、自分は一体何をしたの?
護身術を身につけろとまでは言わないが、防犯ブザー、催涙スプレー、スタンガンを用意していたのか?
監視カメラを設置してくれたのは警察で、自分では設置しなかったのでは?
少なくとも、番犬を飼ってはいなかったのでは?
というのも、警察に一度ブラウンシュガー・ジョンを逮捕させ、それでも脅迫が続いた段階で、もう一切冗談の状況ではなくなっていたのでは?
最低でも警備会社のセキュリテイシステムを導入し、夫が不在なら、完全に家中の戸締りをするのが当然なのでは?
極論すれば、そうしてさえいれば、今なお息をしていられたのでは?
最悪でも、きちんと戸締りをしていれば、乱入される前に、警察から借りていた緊急通報装置か携帯電話で110番通報する余裕ができたのでは?
しかも、このケースに関しては、その犯行時間帯に、警察が現場周辺のパトロールを偶然していてくれたのでは?
どちらにしても、2階建ての家で、1階の窓を無施錠にしていたこと自体、論外。
その意味で、昨年4月、警察に相談しながら、自分のfacebookで、自分のスケジュールを投稿していることでも明確なように、キューブシュガー・メアリーの頭も相当腐っていたのでは?
それでいて、その翌日、ブラウンシュガー・ジョンから「2日後のイベントに行けばいいですか」というメールが届いたと喚いているなんて、相当ナンセンスなのでは?
事実、ブラウンシュガー・ジョンは、その「知恵袋」で質問している。
「Facebookを始めたばかりの者です。写真にはジオタグ機能が付いていると聞いたことがあるのですが、Facebookのプロフィール写真から撮影場所を特定されてしまうことはあるのでしょうか? Facebookのプロフィール写真をコピーしてみると、英語と数字が羅列されたもの出てきますが。やっぱり撮影場所を特定されてしまうと怖いので…。Facebookに詳しく、ご存じの方がいらっしゃったら教えてください」。
ところで、すっかり卑屈になってしまった日本の警察の無能さとテイタラクを糾弾し続けている、東仙坊、この事件に関してのあまりにも筋違いの警察バッシングに、実は柄でもなく同情している。
それどころか、今回の警視庁や神奈川県警逗子署の対応には、かなり感心してさえもいる。
それにもかかわらず、「警察は何もしてくれない。なぜ逮捕してくれないんですか?」とコンプレーンしていたキューブシュガー・メアリーに、甘えるのもいい加減にしろ! と少々憤慨してもいる。
それはそうだと思わないか?
もう一度、明言しておきたい。
この凄惨な事件は、誰がどう言おうと、キューブシュガー・メアリーが、一番最初に相談した警視庁のアドバイス通りに、携帯電話を替えるか、メールアドレスを替えるか、迷惑メールのブロックをすれば、99%発生しなかったのでは?
さらに、元の会社との関係をすべて絶ち、facebookなどに参加しなければ、99.9%発生しなかったのでは?
というのも、5年も経っているに以前の勤務先に身内を装って電話したり、「知恵袋」で「Facebookを始めたばかりの者です。写真にはジオタグ機能が付いていると聞いたことがあるのですが、Facebookのプロフィール写真から撮影場所を特定されてしまうことはあるのでしょうか? Facebookのプロフィール写真をコピーしてみると、英語と数字が羅列されたもの出てきますが。やっぱり撮影場所を特定されてしまうと怖いので…」と質問する以外に、キューブシュガー・メアリーの所在をする術がなかったのでは?
無論、警察の相変わらずのバカ正直さ、臨機応変のなさ、状況判断のなさ、鈍い洞察力に、まだまだ改善の余地があるのも事実。
しかしながら、犬も食わない男女間の問題に、それもジコチュウのナルシスト同士のバカップルに、これだけガマンしてつき合い、税金をジャブジャブ費やしたことは、画期的だと思うのは、東仙坊だけではあるまい。
4回も相談に乗り、緊急通報装置を設置し、146回もパトロールし、2回も捜査し、監視カメラを設置するなんて、実際、凄いコストなのでは?
どうあれ、その意味で、2年もつき合って逃げ出しながら、ブラウンシュガー・ジョンの本当の大バカさ加減、不気味さ、女性に絶対にもてないその正体を見抜いていなかったのは、キューブシュガー・メアリー自身だったと思うが、どうだろう?

We should judge the Kanagawa Prefectural Police Zushi police station to have worked well this time(神奈川県警逗子署は、今回、よく働いたと評価すべき)!

To be continued...

検証プロファイリング  逗子ストーカーベース劇場型無理心中事件-5

I think if a damage woman exchanges a cell-phone or changes the e-mail address, this ghastly case must be not taking place(この凄惨な事件は、被害女性が携帯電話を替えるかメールアドレスを変更すれば起きていない)!

■逗子ストーカーベース劇場型無理心中事件

●東仙坊がプロファイリングする、この事件のメチャクチャ不可解な点(その不可解さ順!)

①誰が何と言おうと、この事件の最大の摩訶不思議さは、被害女性であるキューブシュガー・メアリーのイヤガラセメールに対するリアクション、レスポンスというより、思い上がったナルシスティクな独りよがりのリフレクション…。
つまり、 別れた直後からイヤガラセメールを送ってくるようなオトコは、男の風上にも置けないただのクソッタレ。
それだけで、携帯電話を替えること、メールアドレスを替えること、もしくは、迷惑メールをブロックすることが、絶対不可欠な必然的リアクション…。
それが、別れてから5年も経って1日に80~100通のメールがくるとか、6年も経って約20日間で1089通のメールがくるとか大騒ぎしていること自体、メチャクチャ不自然では?
事実、警察は、相談されたとき、適切かつ的確にそれを勧めているはず。
それを「仕事に支障が出る(???)」という理由で断ったのはキューブシュガー・メアリー自身なのでは?
それでいて、仕事関係者に「迷惑をかけるかもしれない」と告げたり、仕事をする際に偽名を使っていたということは、メチャクチャ矛盾すると思うが…。
東仙坊、35年以上、フリーランスのグラフィックデザイナー(?)と関わってきた経験から言わしてもらえば、メールアドレスが何回変わろうと、その仕事に支障など一切ない。
実際、キューブシュガー・メアリーと同じような理由でメールアドレスを替えたグラフィックデザイナーもいる。となると、メールを受け続けたことに、他にどんな理由があるのか?
ストーカーの物的証拠になる?
警察が検証した結果、ほとんど同じ内容のメールだったのでは?
そんなことより、それだけ大量のメールを受信する煩わしさの方がよほど生理的にもガマンできなかったと思うが、どうだろう?
それより何より、メールが送信できなくなれば、いくらキチガイのクソッタレでも自然冷却、cool off(クールオフ)していったのでは?
東仙坊、どうせ誰も言わないだろうから、言わざるを得ない。
キューブシュガー・メアリーの心のどこかに、狂ったように思いを寄せてくるオトコの存在に驕っていたところがあるのでは?
誰だって、そこまで思いを寄せられることは快感なのでは?
それこそ、その稀代の甘ったれのクソッタレであるブラウンシュガー・ジョン同様、どこか勘違いしのぼせていたのでは?
それ以上に、何回かは、キューブシュガー・メアリーも返信していたのでは?
あるいは、キューブシュガー・メアリーの方からメールしていたのでは?
少なくとも、キューブシュガー・メアリーが結婚するまでの2年間に…。
それは、どこまでも2人のことをいい思い出で終わらせたいとか、自分ならブラウンシュガー・ジョンをコントロールできるという錯覚から…。
それこそが、ブラウンシュガー・ジョンのその逆恨みの焔を消させなかったのでは?
実際、同じように気の狂ったブラウンシュガー・ジョンの68歳の母親が、「私はステキな人を見つけました。アナタもそういう人を見つけてください」というような返信があったとのたまわっていたと思うが…。
どうだろう?
そのどこまでも平易で一見美しく見える陳腐な言葉、「cliche:クリーシェ」ほど、人を傷つけるものはないと断言するのは、東仙坊だけではないと思うが…。
それは、「いい友だちでいよう」というクリーシェも同じでは?
どちらにしても、このケースに限って言えば、ただちにキューブシュガー・メアリーが携帯電話を替えるか、メールアドレスを替えるか、迷惑メールをブロックしておけば、6年も経っての凄惨な結末はなかったと思わないか?
とうにもかくにも、ブラウンシュガー・ジョンが最も恐れていたことは、それだったのでは?
ブラウンシュガー・ジョンの「知恵袋」での質問にそれが窺えるものがある。
「探偵業者の方に質問です。探偵業者の方は、携帯などからターゲットの居場所を特定する際にどのような手段を活用しているのでしょうか? 例えば、携帯電話の番号を変更したとしても、居場所を特定できるのでしょうか? また、先日、インターネットの記事で見たストーキングアプリ『creepy』などを利用しているのでしょうか? 最近、スト一力一行為を受けているので、その実情を知りたくて質問してみました。探偵業者の方、または実際にスト一力一行為をしてる方(??)、宜しくお願い致します」。
どうだろう?
とにかく、まず携帯電話を替えるか、メールアドレスを替えるか、迷惑メールをブロックするしかなかったのでは?

It takes the truth of this case on earth how many times a damage woman replied to the email of that asshole(この事件の真相は、被害女性がいったい何回クソッタレのメールに返信したかにかかっている)!

To be continued...





検証プロファイリング  逗子ストーカーベース劇場型無理心中事件-4

Ladies! You have to wear a discerning eye to sort an idea and a man protecting yourself by yourself to prevent stoker damage(女性たちよ。ストーカー被害を防ぐには、自分で自分を守る発想と男を選別する鑑識眼を身につけよう)!

■逗子ストーカーベース劇場型無理心中事件

●現時点で知り得る限りの事件の時系列的概要

⑨2011年6月1日、神奈川県警逗子署がブラウンシュガー・ジョンを脅迫で逮捕。
この逮捕とその後の取り調べの際、逮捕状に書かれたキューブシュガー・メアリーの結婚後の姓や現住所の一部などを、神奈川県警逗子署署員が2度読み上げる。
キューブシュガー・メアリーが、NPO法人「ヒューマニティ」(??)に初めて連絡。
「ブラウンシュガー・ジョンが起訴されるかどうかが心配(?)」などと悩んでいたので、「起訴されるように捜査当局に継続して訴えること、起訴されなかった場合の対応をアドバイスした」というのだが…。

⑩2011年6月6日、キューブシュガー・メアリーの夫が「姓が知られたと聞いた。捜査中に知られる可能性があるなら事前に教えてほしかった(?)」と神奈川県警逗子署に電話抗議。
すると、電話を受けた神奈川県警逗子署担当者が「逮捕の際に名前を知られる可能性があることの説明が足りなかった」と陳謝したうえ、「パトロールやストーカー規制法の警告をする」と説明。
キューブシュガー・メアリーの夫は「警察内部で調整を図って対応してくれれば」と納得。
また、念のため、キューブシュガー・メアリーの住民基本台帳を閲覧制限。

⑪2011年7月、拘留中のブラウンシュガー・ジョンに、神奈川県警逗子署がストーカー規制法により警告。
そして、ストーカー規制法の禁止事項を文書で提示。

⑫2011年9月、神奈川県警逗子署がキューブシュガー・メアリー宅に監視カメラ設置。
脅迫罪で起訴に、ブラウンシュガー・ジョンに懲役1年、執行猶予3年の超温情判決(???)。
「婚約をキューブシュガー・メアリーに破棄され、精神的にオカシクなった(?)。すべて彼女のせいだ」と弁護士や家族が憎しみを改めるよう説得しても聞く耳を持たず、接見時にたびたび「彼女の住所を調べてくれ」と弁護士に依頼。
けれども、弁護士は住所を知らず、また公判で使用された書類も住所などの部分は黒く塗られていたというのだが…。
ちなみに、その弁護士、事件発生後、「小堤容疑者には(三好さんに対する)根深い憎悪があった。最悪な結果になり、ショックを受けている。公判中は、取り乱したり、興奮したりすることはなく、自らの行為などについて淡々と説明していた。『悪いことをした』と反省の言葉を口にすることもあった。執行猶予付き判決にも不満な様子はなかった(?)。事件をどうして防げなかったのかと思うと残念」と語っているのだが…。

⑬2011年秋、キューブシュガー・メアリーの住所を探るため、以前の勤務先に身内を装って電話し、キューブシュガー・メアリーの夫の名前を聞き出そうとトライ。

⑭2011年10月27日、インターネットの複数の掲示板に、キューブシュガー・メアリーの夫の実名を挙げ「逗子市小坪6丁目に在住の方に質問です。昔、お世話になった方を捜しています。詳しい住所がわかりません。もしご存じの方がいらっしゃったらメールで連絡してください」と掲載?

⑮2011年11月9日、別の人捜し用掲示板に、同様にキューブシュガー・メアリーの夫の名を挙げ「強制わいせつの犯人を捜しています。逗子市在住ということは判明しているのですが、住所の詳細はわかりません。どんな些細な情報でもいいので情報提供に協力してください」と掲載?

⑯2012年3月下旬~4月までの約20日間に、ブラウンシュガー・ジョンが「別の男と結婚するのは契約不履行。精神的慰謝料を払え」などと1089通のメールを送信。
そのほとんどが同じ内容で、結婚の約束を破棄したことへの謝罪(?)と慰謝料を求めるもの。

⑰2012年4月9日、キューブシュガー・メアリーが「逮捕してほしい(?)」と神奈川県警逗子署に相談。
神奈川県警逗子署は10月までに少なくとも146回、キューブシュガー・メアリー宅周辺をパトロール、11月も継続。
メールには「結婚を約束したのに別の男と結婚した。契約不履行で慰謝料を払え」などと書かれていたが、警察から示された文書を参考に法律に抵触しない丁寧な文言を使い(?)、脅迫的な文言もなく、神奈川県警逗子署は神奈川県警ストーカー対策室や横浜地検と検討し、ストーカー規制法違反で立件できないと判断、強制的な措置はとれないと結論。

⑱2012年5月9日、神奈川県警逗子署がキューブシュガー・メアリーに「事件化は難しい(?)」と伝達。
キューブシュガー・メアリーが「4月上旬以降はメールがこなくなったので静観したい」と逗子署に申し出る(?)。
それでも、神奈川県警逗子署は、キューブシュガー・メアリー宅周辺を頻繁にパトロール。そこで、キューブシュガー・メアリー、NPO法人「ヒューマニティ」(??)に「警察から『メールだけでは立件できない』と言われた。警察に言っても何もしてくれない。どうしたらいいのでしょうか?」と再び相談。

⑲2012年7月、神奈川県警逗子署がキューブシュガー・メアリーに様子を電話で打診。
キューブシュガー・メアリーは「メールがきてないので大丈夫(?)」と応答。

⑳2012年11月4日、「最近、一人暮らしを始めて自炊するようになったのですが、包丁が安物だけに切れが悪くて困っています。包丁って東急ハンズみたいなホームセンターに行けば売っていますか? それとも問屋街に行かないと買えないのでしょうか? 問屋街だとしたら何処の問屋街が商品が充実していますか? 料理に詳しい方、よろしくお願いします」と、ブラウンシュガー・ジョンが、インターネット「知恵袋」に最後の投稿(?)。

㉑2012年11月5日、ブラウンシュガー・ジョンは、探偵事務所に、キューブシュガー・メアリーの居場所を調べてほしいと依頼、同日中に探偵事務所から所在確認の連絡。
また、東京都内のホームセンターで凶器の包丁を購入。

㉒2012年11月6日、ブラウンシュガー・ジョン、40歳の誕生日。
1)午前10時ごろに東京都世田谷区の自宅を出る。
2)電車で東京都世田谷区の自宅最寄り駅からJR逗子駅に向かい、バスでキューブシュガー・メアリー宅近くのバス停で降りる(Suicaの履歴で確認)。
3)午後1時15分ごろ、JR逗子駅から西約2㎞の住宅街を、ショルダーバッグを斜めがけにし、ボール箱片手に歩く、ブラウンシュガー・ジョンの姿を防犯カメラが確認。
そして、近くコンビニに立ち寄り、「お茶とコーヒー(??)」を購入(防犯カメラが確認)。
4)午後2時ごろ、神奈川県逗子市小坪のメゾネットタイプの共同住宅「ローズ・ヴィラ逗子」のキューブシュガー・メアリー宅に到着。
荷物の運送を装って玄関から入ろうとするも失敗。
段ボール箱を玄関先に置いて、無施錠だった1階リビングの窓から土足で侵入。
逃げ惑うキューブシュガー・メアリーの首、背中、腹や胸などを多数包丁で刺して、居間のベッド付近で殺害。
近くには、血の付いた刃渡り十数cmの包丁。
5)午後3時10分ごろ、ブラウンシュガー・ジョンが2階出窓の柵にヒモをかけ首吊り自殺しているのを、通りかかった宅配業者が見つけ、110番。
6)司法解剖の結果、キューブシュガー・メアリーは失血死、ブラウンシュガー・ジョンは縊死。

At the stage when you reported stoker damage to the police, you should throw away all conventional yours(ストーカー被害を警察に届けた段階で、今までの自分の何もかも棄てるべき)!

To be continued...







検証プロファイリング  逗子ストーカーベース劇場型無理心中事件-3

I can't help telling you that the time of parting has the preciousness of the love in the life(恋愛の人生における貴重さは、その別れ方にあると言わざるを得ない)!

■逗子ストーカーベース劇場型無理心中事件

●現時点で知り得る限りの事件の時系列的概要

②25歳の被害女性、キューブシュガー・メアリーもそのころ大きなストレスを抱えていた。
絵を描くことが好き、もしくは、美術の成績が少しいいことから、デザイン専門学校? もしくは、大学のグラフィックデザイン科?を卒業し、広告デザイン会社(?)に入社したものの、すぐ壁にぶつかっていたからである。
グラフィックデザインの世界で絶対的に必要とされるものは、独りよがりのナルシスティクな審美眼や造形力などではない。
クライアントのニーズ、アカウントエグゼクティブのニュアンス、ディレクターのディレクションを的確かつ適切に感じ取るコミュニケーション能力だからである。
元来、コミュニケーションべただからこそグラフィックデザイナー(?)を目指したキューブシュガー・メアリーにとって、反論もできないばかりか、どうデザイン表現していいかわからず、困惑したことは自明の理。
会社でも、仕事でも、四面楚歌、孤立無援状態になったに違いない。
それはそうである。
フレキシビリティなど、ジコチュウのナルシストには皆無。
その結果、キューブシュガー・メアリーも鬱病になったされたはず。
そんなキューブシュガー・メアリーが、東京都世田谷区にある鬱病厚生施設的バドミントンサークルで、露骨に自分にやさしく接してくれる7歳年上のバドミントン講師ブラウンシュガー・ジョンに、逃げ道と助け道を見つけたのも、ある意味、至極当然。
おそらく独り暮らしだったキューブシュガー・メアリーの部屋に、ブラウンシュガー・ジョンが通うカタチで、男と女の関係になったに違いない。
それこそ、外見はどこまでも普通のカップルのように…。
しかしながら、単なる「sympathy(シンパシー:同情・共感)」による関係など長続きするワケもない。
なかでも、この2人のように、双方がジコチュウのナルシストであった場合は、なおさら不可能。
なぜなら、それはすぐ「pity(ピティ:同情・憐れみ)」になり、相手に満足しなくなるもの。
特に、女性の方は、その生来のメカニズムから、相手の憐れみを受容しなくなるもの。
そして、典型的マザコンの甘えん坊であるブラウンシュガー・ジョンが、結婚とか将来を語り出せば出すほど、シラケて言ったに違いない。
そうでなくても、パッションのスパークする本物の恋愛ですら、そのパッションだけのままでは3年ぐらいが限界なのでは?
その意味では、2年近くもよく持ったと言えるのかも…。
どうあれ、おそらくキューブシュガー・メアリーが突然引っ越すことで、2人は別れたに違いない(?)。
それも、優柔不断で煮え切らないナルシストであるキューブシュガー・メアリーの残酷さの表現ではあるのだが…。

③2006年、2人は別離。
当然のごとく、人を愛することは傷ついたり忍耐することとなどは微塵も知らないブラウンシュガー・ジョン、振られたという現実を直視できず、自己陶酔的に落ち込む。
そして、「生きていても仕方ない」とばかりに、惨めったらしく自殺パフォーマンスをしてまで、キューブシュガー・メアリーの気を引こうとするも、効果ナシ。
それはそうだと思わないか?
そうでなくても、もともと鬱病患者のはずのブラウンシュガー・ジョンのこと、本気で絶望したのなら、自殺未遂に終わるはずはなかったと思わないか?
とにかく、それはどこまでも甘えん坊の母親向けの自殺プリテンディングで、「ママ、彼女を取り戻して!」というようなものだったはず。
そして、さらに女々しくイヤガラセメールを送信開始。
キューブシュガー・メアリーは、東京都内で警視庁に1回相談。

2007年、この年は???

2008年、ブラウンシュガー・ジョンは、東京都内の別の私立高校の非常勤講師。
キューブシュガー・メアリーは、結婚、現住所に転居。
この年は、???


2009年4月からの1年間は、ブラウンシュガー・ジョンは、沖縄県の中高一貫校で非常勤講師。この年は、???
どうあれ、非常勤講師として全部で4校で教壇に立ったというブラウンシュガー・ジョンにとって、これが最後の教壇だったはず。

⑦2010年12月9日、人づてにキューブシュガー・メアリーの結婚を知った(??)ブラウンシュガー・ジョンがメール再開(?)。
「どこに行けば自分を殺してくれますか? 逗子ですか?」
キューブシュガー・メアリーが神奈川県警逗子署に相談。
神奈川県警逗子署が家族を通じ注意したところ、自殺を図って入院し、メール停止。

⑧2011年4月上旬、ブラウンシュガー・ジョンのメール攻撃が再開(??)。
「ぜってー殺す」、「殺す」、「刺し殺す」などと書いたメールを1日80~100通。
なかには、「2日後の葉山のイベントに行けばいいですか?」、「興信所にオマエの逗子の住所調べを依頼した」というメールも。
キューブシュガー・メアリーが神奈川県警逗子署に相談。
神奈川県警逗子署が、キューブシュガー・メアリー宅に緊急通報装置を設置。

I can't see at all the truth that there should have been among these two people(2人の間にあったはずの真実が、全く見えてこない)!

To be continued...

  

検証プロファイリング  逗子ストーカーベース劇場型無理心中事件-2

Do feelings of the goodwill turn into feelings of the grudge(好意の感情が、怨恨の感情に変わったりするのか)?

東仙坊、ストーカーに躊躇なくなるクソッタレどもを、どうしても許せないので、もう少しイントロダクションを続ける。
何でも、ストーカーになる動機は、好意の感情(9,322人 62.9%)、好意が満たされず怨恨の感情(3,791人 25.6%)、精神障害(被害妄想含む。71人 0.5%)、職場・商取引上トラブル(8人 0.1%)、その他怨恨の感情(75人 0.5%)、その他(154人 1.0%)というから、開いた口が塞がらない。
それはそうだと思わないか?
いくら好意の感情を抱いても、それを相手が好意と感じなければ、ただのハタ迷惑。
ましてや、好意が満たされないからと、それが怨恨の感情になるとは、ハナからメチャクチャ矛盾。
そもそも、人を愛することとは、究極的に、自分の好意の感情を超越し相手のことのみを考えることなのでは?
つまり、ひたすら相手がより人間的であること、より自分らしくあることを求めることなのでは?
そんな無償の愛こそが、人間として生きる歓びなのでは?
それなのに、本物の究極の愛とはほど遠い痛ましい事件がまた起きた。
マスメディアがやたらと取り上げ、メズラシク警察の怠慢、ストーカー規制法の改正、「被害者を守ることに比重を置け」とかまびすしい。
確かに、刑事訴訟法で規定されているとはいえ逮捕状記載の住所と結婚後の姓を2度読み上げたり、2000年に施行されたストーカー規制法には5年後の見直し規定があるのに一度も改正されていないとか、自宅や職場などでのつきまといや待ち伏せ、面会・交際の要求、連続した電話やファクスなどを規制しているのに連続メールの規制がないとか、どこかオカシイことは明白。
もっとも、メールでも、文面に交際や面会などの「義務のない要求」や「乱暴な言動」などがあれば、ストーカー行為にあたるとして規制対象になるというのだが…。
どうあれ、「電話なら立件できて、メールは立件できないなんて時代遅れ。大量のメールが送られてきただけで十分恐怖。問題が多いのに改正しないのは国会議員が無関心なのが原因」。
「『メール』という文言だけを規制対象に盛り込んで法改正しても、場当たり的な対策でしかない。これからは、SNSなど次々と新たな手段を使ったストーカー被害が出てくる可能性がある。法改正だけではなく、どのような手段でも、状況でも、被害者を守れる態勢づくりが必要」。
「警察はたくさんの仕事を抱えている。そんな中で、被害者は警察に早く取り扱ってもらえるように証拠集めなどものすごい労力をかけている。ストーカーの相談件数が増える中で、このままでは警察も被害者も疲弊するばかり」。
「欧米では、被害者が直接、裁判所に訴えることができ、裁判所が警告を出す。警察は警告に違反した場合に取り締まる。日本では、警察署長らしか警告を出すことができないので、被害者は警察にしか訴えられない。迅速に対応するためには、欧米式を取り入れるなど抜本的な見直しが必要」。
「1000通以上のメールは内容に関わらず脅かされ、不安になる。身体的被害に等しく、何らかの法的処分を下すべき」。
「今やメールは電話やファクス以上に身近なコミュニケーション手段。時代に応じた柔軟な法改正が必要」などと、諸説紛々。
しかし、この事件が垣間見せる根幹的問題は、本当にそんな単純なことだけなのか?
そこで、東仙坊、モラル完全崩壊社会到来で恋愛一つ満足にできない幼稚で無知なヤングが増えただけと断言しつつも、早速、この事件を検証してみたい。

■逗子ストーカーベース劇場型無理心中事件

●現時点で知り得る限りの事件の時系列的概要

①東京都世田谷区等々力に住む、32歳の東京都目黒区にある私立女子中学高校一環校「トキワ松学園(?)」で産休教師の代わりに現代社会を担当する非常勤講師、小堤英統なるブラウンシュガー・ジョンがいた。
プチブルの家庭の末っ子(?)らしく、このブラウンシュガー・ジョン、とにかく甘えん坊で脆弱、典型的マザコン。
落ち着かず、アキっぽく、集中力に欠き、喜怒哀楽が激しいジコチュウで、とにかく人の目を気にする日和見型。
ちょっとでも怒られたり失敗したりすると、すぐ必要以上に言い訳したり、すぐなりふり構わず人のせい。
それがかなり執拗なので、周りはいつのまにか触らぬ神に祟りなし。
当然、どんどん唯我独尊、独断専行、とにかく気の短いお調子者で、気分がいいときは明るいものの、ちょっとでも気まずくなると、必要以上に気をもみ、気を病む、小心者。
医者から「鬱病」と診断されると、周りはますます寝てる子を起こすまいと見て見ぬフリ、本人は本人で忍耐力や協調性などあの空の彼方。
その結果、32歳になるまでプロパーな彼女がいないばかりか、せっかく女子中学生高校生を教え、バドミントン部の手伝いまでしているのに、その特典の恩恵を受けることも皆無。
というのも、今の女子中学生高校生の勘はシャープで、特に外見があまりよくないオトコには辛辣。
それ以上に、このブラウンシュガー・ジョン、本物の恋愛経験がないのだから、醸し出すセクシー度はゼロ。
もし本当の恋愛経験をしていたり本物の彼女がいる状態だったら、ウハウハのピンク狂師になれていたことは間違いナシだったのでは?
それはそれで、大変なことになったかもしれないけど…。
とにもかくにも、2004年、東京都世田谷区にある鬱病厚生施設的バドミントンサークルで、バドミントン講師もしていたブラウンシュガー・ジョンが、同じ東京都世田谷区に住む、25歳だった今回の被害女性、キューブシュガー・メアリーと出遭った。

Even if appearance encounters it, two people feeling pity for an illness aspect don't develop for almost good love relations(同病相哀れむ2人が出遭っても、ほとんどいい恋愛関係には発展しない)!

To be continued...



検証プロファイリング  逗子ストーカーベース劇場型無理心中事件-1

I wonder if It might be responsibility of the Great Society to accept a shameless man of the love ignorance with a stoker(恋愛無知の恥知らずオトコを、ストーカーと容認しているのは、社会全体の責任では)!

警察庁によると、昨年の全国の「ストーカー行為認知件数」は、な、な、なんと14618件。
ところが、それによる警告は、たったの1288件、8.8%。
それも、ストーカー法違反での摘発となると、わ、わ、わずか205件、1.4%。
それが、今年1~8月に全国の警察がストーカー規制法に基づいて出した警告は、1511件で、過去最多だった2007年の1年間の1384件を既に上回っているというから、激増しているのか?
この間の「ストーカー行為認知件数」は13456件で、過去最多だった1998年の16176件を上回るペースというから、完全なブーム到来?
摘発も、233件で過去最多だった2009年の年間263件に迫っており、暴行や傷害など規制法以外の法律が適用されたのは過去最多だった2001年の年間921件を超える997件というから、ハンパじゃない。
これもそれも、我が国では、まだまだ極めて「ライトな犯罪」という認識のせいか?
そのせいで、無知蒙昧で軽佻浮薄なヤングは、穴の開いた、あるいは伝線した「stocking(ストッキング)」を買い替えるぐらいの感覚でストーカーになっているのかも?
だから、ストッキングをかぶることなく、平然と大胆に人をつけ回せるのかも?
なぜ、我が国では、これほどまでに卑屈極まりない「stalking(ストーキング)」がカジュアルになってしまったのか?
そもそも、「陰険かつ執拗に人につきまとう卑劣で卑怯な最低のヤツ」のことを、「stalker(ストーカー)」などと英語で名づけ、お茶を濁したことにあると考えているのは、東仙坊だけではあるまい。
それは、単なる政権公約、綱領のことを本来の具体性を曖昧模糊にする抽象的な「manifesto(マニフェスト)」と呼んだり、単なる検討課題、行動計画のことをあえてラテン語で「agenda(アジェンダ)」と呼んではぐらかすことと同じだと思うが、どうだろう?
どちらにしても、日本人の本来の美学や美徳に反する、思いやりに欠ける、潔くない、愛に無知なクソッタレのことを、ストーカーと呼んで容認してしまったかのような寛大なムードが、その増殖を許していると思わないか?
それこそ、ストーカーになるような非人間は、人を愛する資格も、それこそ生きている価値もないと明確に断罪するしか、それを止められないのでは?
末代までの恥と…。
そこで、まず、東仙坊、結構好きな自分たちで作る「Urban Dictionary 」で、「stalking(ストーキング)」の本当の意味を探ってみたい。

1)Apparently what guys are doing if they flirt with a girl that doesn't like them.
(自分たちを好きじゃない女性を弄ぶように、クソッタレどもがやることなのは明らかに)

"Like, OMG, this guy is stalking me because I don't like him and he asked me out. Now lemme look at that hot guy's Myspace for the 19th time today."
(オーマイゴッド!かのように、このオトコはワタシをストーキングしている。私はコイツが好きじゃないのに後をつけてくる。今日なんか、私の空間で19回も目撃している)

2)When two people in love go for a nice long walk.
Only, one of them doesn't know they're being followed.
(恋する2人がナイスな長い散歩をしているとき、その2人の1人だけは誰かにつけられることに気づかない状態)

Dude One: I think that girl is stalking me man and it's freaking me out.
(少女はオレにつきまとったから、ナーバスになった)
Dude Two: Oh man don't sweat it. It just means you're in love!
(悩むことはないよ。それは惚れられているということだよ)
Dude One: Okay seriously man, what the fuck?
(オーケィ、マジメさん。sexは?)

3)A show of one's devotion.
(離婚で見られる一つのショー)

Some call it stalking. I call it love.
(ある人はストーキングと呼び、私は愛と呼ぶ)

4)when no just isn't enough
(ちょうど十分ではなかったとき)

inmate 1: Why you here?
(なぜここに?)
inmate 2: My girlfriend broke up with me so I followed her around for a year or so.
(オレはガールフレンドに棄てられたから、彼女を1年以上はつけ回した)
inmate 1: What did they charge you with?
(みんなはキミに何を吹き込んだ?)
inmate 2: stalking
(ストーキング)

5)To follow and/or spy on someone you have feelings for. Those feelings need not be of a kind and loving nature. People who stalk are usually obsessed with the stalkee.
(誰かの後を追ったうえ、もしくは誰かの後を追うかスパイをする感情を持っている。それらの感情に、やさしさや人を愛する本性など必要ない。ストーキングするような人は普通そのターゲットとりつかれているだけ)

Tim: Why are you hiding in that bush?
(何でそんな藪に隠れているの?)
John: I'm stalking the girl who lives here!
(ここに住んでいる女をストーキングしているんだよ)

6)How to show that you really love her
(本当に彼女を愛していることの証明の仕方)

When you're stalking, a restraining order is just another way of saying "I love you too."
(ストーキングしているときは、差し止め命令さえも、まるで「私もあなたを愛しているわ」と言わせるもう一つの方法)

7)The act of seeking a hot person out in any means possible. Stalking is meant to be innocent and doesn't always make the person a stalker.
(可能な限りのあらゆる手段で熱い人を捜すことの行為。ストーキングとは、無知であることを意味するだけで、人をいつでもストーカーにさせるわけではない)

どうだろう?
少しわかりにくいかもしれないが、ストーキングというものが、本質的に日本人の男には不似合いでクールでないことだけは感じないか?

I believe that the grace and consideration must be the aesthetics of the Japanese(潔さと思いやりこそ、日本人の美学)!

To be continued...



東仙坊、「リアリティ・ゼロ・国家、日本」を心から憂慮する!?

By President Obama reelection, Japan should be driven more and more(オバマ大統領再選で、日本はますます追い込まれる)!

東仙坊、ただただ苦笑するだけ。
情けなく、元気なく、笑うっきゃないと開き直るだけ。
結局、金のことしか頭にない広告代理店、マスメディアは、人類を自ら滅ぼしていくだけなのかも…。
もはや、最新の理想の民主義国家だったはずの「USA」は、200年前の建国当時の「Divided Nation(デバイディド・ネーション:分裂国家)」に逆戻り。
これもそれも、赤勝て、青勝ての単純二択の「勝てば官軍」原則。
どうやら、世界中の政治屋どもは、何のために政治家になるかのポリシーの問題ではなく、政治屋でいたいために政治屋になるだけ。
その意味でだけは、我が国もようやく世界と肩を並べられるかも。
それにしても、前回の大統領選で問題になったコスト400億円が、今回はその倍の800億円、10億ドル。
その俗悪な茶番劇を観させられながら、これが世界に、とりわけ日本に密接な影響があるとは?と暗澹としていた。
そして、予想に反し、圧倒的なオバマ優勢が続き、まもなくその勝利宣言が出るのでは?と言われていたさなか、ニュース速報のテロップが流れた。
「何だろう? こんな重要な瞬間に?」
す、す、すると、「尼崎連続殺人事件」で、角田美代子、再逮捕というのだから、失笑に変わった。
それは、その後のニュース番組で、笑いも凍てつき、ついに絶望に変わった。
喜色満面のオバマ大統領の次に、世にも不気味な角田美代子の顔を観させられるのだから、もう、ただただ吐きそう。
これが、今の我が国の現実なのかも…。
まさに、「リアリティ・ゼロ・国家、日本」。
それが、何にも考えずに「オバマ」と大騒ぎする小浜市のヒトびと(福井県?)、小浜温泉のヒトびと(長崎県?)の登場で、今度は憤怒。
4年間で4%しか法案を通せず、10兆ドルだった借金を16兆ドルに増やし、イランやシリアや北朝鮮を放ったらかしにし、中国と韓国とロシアを増長させたのは、誰だか知らないのか?
大統領再選決定後に、株価が300ドル以上も下がったのはどうしてかわからないのか?
今回の選挙の勝利だって、ノリでしかないヤング、女性、ブラック、ラティーノ、中国系と韓国系の国民(?)のおかげ。
そんなオバマが、世界平和のために本気で命を懸けると思うのか?
それはそうだと思わないか?
話せば何とかなると過信できる51歳の典型的ニューエイジマン。
大喜びしているのは、中国、韓国、ロシア、北朝鮮、イラン、シリアの為政者だけ。
そのうえ、東仙坊、口を酸っぱくして言ってきたが、オバマは列記とした親中派。
これで、四面楚歌の日本はますます追い込まれるだけ。
本当に日本のことを考えるなら、ロムニーがどうこういうより、共和党大統領の方が日本の国益だったと思うが…。
これで、ヒラリー・クリントンが国務長官を交代したら、日本は一体どうなるのか?
そして、アフリカのことしか頭にないスーザン・ライスが国務長官になったら、どうするの?
そ、そ、それなのに、角田美代子のような顔の厚顔無恥なドジョウ、ノーテンキに、「「オバマ政権がアジア・太平洋重視の政策を掲げている。オバマ大統領の再選をお祝いするメッセージを出しました。これからも引き続き協力していきたいと思います」という始末。
このリアリティのなさは、一体どこからくるのか?
もっとも、そんな救い難いタコを首相にしたままにしている、国民も大同小異。
こ、こ、こんな時期に、わざわざ自分からヒドイ旅行代理店を選び、中国の万里の長城で遭難して、日本国の税金をムダ遣いしたうえ、中国に大きな借りを作った大バカ者老人が4人もいるのだから、開いた口が塞がらない。
そもそも、その得体のしれないリスキーなweb(?)旅行代理店「アミューズトラブ(?)ル」をピックアップしたのは自分の意思なのでは?
その胡散臭い旅行代理店が強制したのではないのでは?
しかも、わざわざ日本人観光客が歩いていて殴られる中国をチョイスしたのも自分の意思では?
そして、現地の積雪予報を事前に確認しなかった自分にも責任があるのでは?
もちろん、軽装で強行したことも…。
見て見ぬフリ、事なかれ主義の横行するこの国で、どうせ誰も言わないだろうから、東仙坊、あえて言わざるを得ない。
身から出たサビ、自業自得、自殺行為、それで人に迷惑かけるなよ!
ついでに、もう一つ。
日本の卑屈なマスメディアは決して言わないが、中国国営テレビは、連日、リアルな対日戦争モード。
日本の戦力分析、特に海上自衛隊の軍備分析、そして、声高に仮にアメリカが出てきても絶対に引き下がらないというプロパガンダ。
それを観ていたら、どんな中国国民も、まもなく戦争が起きる思い込んでしまうと思うけど…。
だから、たかが上海フィギアスケートの表彰式で、観客を締め出したと思わないか?
とにもかくにも、誰だって今さら戦争なんて好き好んでしたくはないはずでも、世界中で実際に戦争が起きている事実を一時でも忘れてはいけないのでは?
そうしていなければ、戦争を避けられないのでは?
今、生きていることは、そのリアリティをいつも持ち続けることでは?
そこで、最後に、スペシャルニュースを一つ。
世界一極寒と言われているロシア、ヤクーツク・オイミャコン、今年はもう-25℃を下回っているというから、驚かないか?
どうだろう?
本気で地球を心配すべきだと思わないか?

We have to look reality of the earth in the face and should worry about the earth(地球の現実を直視し、地球の心配をすべき)!

真実イチロー  宗リンへの仕打ちはイチローを怒らせた!?

I am dead tired anxiously about Ichiro could play with Jeter next year(イチローが来年もジーターと一緒にプレーできるか心配してクタクタ)!

東仙坊、朝から晩まで、Yankees.comチェックで、クタクタ。
何しろ、イチローの人生、そして、自分の人生がかかっているのだから、必死。
11月6日、や、や、やっとのことで、イチローの名前がトップに…。
そのタイトルは、「Inbox: Will Ichiro wear pinstripes next season?」。
「イチローは来シーズンもピンストライプを着るだろうか?」。
東仙坊、265ものコメントを読んで、もうメマイ。
それもこれも、マスメディアのワケのわからないFAランキングのせい。
「ニューヨーク・デイリーニューズ」は、MLBメジャーで今オフにFAとなった選手の独自のランキングを発表。
我がイチローは、「イチローは、トレードでヤンキースに移籍した後はかつての力を取り戻した。守備範囲の広さと肩の強さだけでなく、攻撃面でもまだチームに貢献できることを証明し、ヤンキースと再契約を結ぶ」と予測しながらも、なんと25位。
NBCなんかも、去就が注目されるFA選手で、予想される契約額の大きさなどに基づく独自ランキング「トップ50」を発表。
黒田博樹10位は許せるとしても、岩手・花巻東高の大谷翔平が30位なのに、我がイチローを35位。
東仙坊、独りブチ切れ。
せ、せ、せっかく「Ichiro and Yankee Stadium: A mutual fit(イチローとヤンキースタジアムはお互いにフィット)」とESPNが数日前に徹底分析、データを並べて、イチロー残留を後押ししていたのに…。
If Ichiro Suzuki re-signs with the Yankees (a move that makes sense for both), it will be very interesting to see how well he performs in the Bronx.
もし再契約をしたら、ヤンキースタジアムでどれだけいいパフォーマンスを見せてくれるか興味深い。
実際、イチローは今年7月にマリナーズから移籍した後、ヤンキースタジアムでは34試合で359、5ホームラン、11盗塁。
100打数以上の選手ではチームトップで、1996年のマリアーノ・ダンカンの160打数で406以来の高打率。
本拠地では約2ヶ月半で42安打をマーク、開幕からヤ軍の主軸を務めてきたマーク・テシェイラの44安打とは2安打しか差がないだけでなく、ラッセル・マーチンの120打数でのヒット数よりも多い。
また、8月19日レッドソックス戦では、マルチホームラン。
ALCSタイガースとの初戦では、クローザーのホセ・バルバルディからホームラン。
そのホームランも、23.4打数で1本の計算で、26.5打数で1本のAロッドを上回っているというから、凄い。
誰もが認めているように、イチローがホームランを狙えば簡単に打てるということの証明。
さらに、重要視されるOPSもヤンキーススタジアムでは、949でロビンソン・カノーの941を抜いて、トップ。
まだまだある。
イチローは、18三振しているが、打ったライナーが22。
他の選手は、そのライナー数の3倍三振。
また、イチローは内角球を102回見送り、打ったヒット数は18、ニック・スウィシャーよりも2本多く、第3位。
それに対し、アンチ・イチロー派は年齢を言及するかもしれないが、どの点においても、イチローは恐ろしいほど他の選手よりも勝っているから、ナンセンス。
「What is the status on Ichiro Suzuki(イチローのステイタスって何)?」
イチローはすでに何度となく言っている。
「プロフェッショナルたちが好き。ヤンキースで経験できる雰囲気が好き、ニューヨークの暮らしが好き」
そのイチローは、今、マジソンスクウェアガーデンで、ニックスのゲームを観たりしている。
ジョー・ジラルディ監督は、イチローについて、ヤンキースのメンバーになり、3つの外野のポジションを喜んで守り、いい結果を残したし、何より「was a treat(楽しんでた)」と言っていた。
もしニック・スウィシャーが去ったり、トリー・ハンターがこなければ、イチローは残るだろう。
イチローは39歳だが、その年齢は感じさせない。
もし、5~9万ドルでの1年契約に応じれば、ヤンキースにいるだろう。
ところで、今、当のイチローは何を考えているのか?
何も聞こえてこないことが、東仙坊、メチャクチャ不安。
11月3日、イチローの代理人トニー・アタナシオが「来季も間違いなくメジャーに戻ってくる。日本に帰る準備はしていない」と「ニューヨークポスト」にコメントを出しただけ。
それで、俄然思い出したことがある。
10月27日、センスのないマリナーズが、な、な、なんと無情にも宗リンを解雇。
「シアトル・ポスト・インテリジェンサー」は、「シアトルのファンが愛したベンチウォーマーの宗リンが解雇された。彼の試合に臨む態度、ハート、ハッスルを考えると解雇は残念。しばしばダッグアウトでダンスする姿が目撃され、笑顔を絶やさなかった」と報じると、ファンからの怒りの書き込みが殺到。
「宗リンがクビ? もうマリナーズ・ファンは辞めた。彼を連れ戻すためにエースのフェリックスを日本にトレードしろ」
「球団は来季からチケットを値上げするとお詫びの手紙をファンに出したが、それなら宗リン放出のお詫びはどうなるんだ」
「宗リンは男のチアリーダー出身の最高の選手だったのに…」
「ムース(マリナーズ球団マスコット)をクビにして、宗リンをマスコットにするのが一番だ」…。
それを受けて、宗リンの代理人でもあるトニー・アタナシオが、「シアトル・タイムズ」で「性格もよくて万能選手である彼を切るなんて茶番」とマリナーズを痛烈に批判。
東仙坊、これはイチローが代理人に代わりに言わせたと勝手に思い込んでいるのだが…。

Surely Ichiro must be angry at Mariners by treatment of Munenori Kawasaki(きっとイチローは、川崎宗則の処遇でマリナーズに怒っている)!

プロファイリング-25  続・大分日出町35歳主婦行方不明事件-6

The investigation of the psychopath serial number killer which is genuine in the present incompetent Japanese police(今の無能な日本の警察で、本物のサイコパスシリアルキラーの捜査などできるのか)!

東仙坊、金木犀ママの夫のブログを精読しながら、そこに添付されているその写真を見ていて、ハッと気がついた。
それから、その3枚の写真と、同じようにある被害者の写真を3枚、さらにある失踪者の写真を2枚、画面に並べて精査した。
さらに、すぐ地図で確認した。
そして、「これはBAUの世界だな…。ジェイソン・ギデオンやデヴィッド・ロッシやDr.スペンサー・リードがいるよな」と呟いていた。
本物のサイコパスは、そのターゲットをエクスクルーシブに厳選するもの。
金木犀ママは、身長152cm、体重47kg、中肉中背、くせ毛の肩下ロングの黒髪、黒のTシャツ、黒の七分の綿パン、大きな白い花のついたビーチサンダル、モノトーンの肩掛けカバン…
そこで、念のためチェック。

島根女子大生バラバラ殺人事件の19歳被害女子大生
身長147cm、細身、セミロング(ポニーテール)。
白地に黒のボーダーでフードがついたワンピース、黒色のレギンス様のもの、黒っぽい靴、黒色のバック。

島根県松江市26歳女性車ごと失踪事件の夢見るネイリスト
身長155cm、やせ形で、長髪。
白と黒のワンピース、 黒のジャケット、黒のレギンス。


もちろん、金木犀ママと19歳被害女子大生に偶然(?)同じ白地に黒のボーダーを着た写真があるということもあるが、東仙坊、思わず鳥肌…。
やはり、2人の口元、歯並び、特に前歯の大きさもかなり気になる。
特に、その背丈のかなりの小ささ、細っぽい感じ、セミロングヘアー、それ以上にファッションがどうしても気になる。
そして、島根県浜田市と島根県松江市で、100㎞~120㎞(?)くらい。
島根県浜田市と大分県日出町で、160㎞~180㎞(?)くらい。
どうだろう?
これらの事件を、本格的なサイコパスシリアルキラー・デュオ、もしくは、サイコパスシリアルキラー・トリオとして再捜査すべきなのでは?
そこで、東仙坊、とにかく2009年10月26日午後9時以降・10月27日、2011年9月11日・9月12日、2012年9月27日、国道9号線を中心に、島根県浜田市周辺、大分県日出町周辺、島根県松江市周辺を走行していた車を何が何でも発見すべきだと思うが…。
それしか、本格的なサイコパスシリアルキラー・デュオ、もしくは、サイコパスシリアルキラー・トリオを逮捕する突破口はないのでは?
どちらにしても、こんなサイコパスシリアルキラーを野放しにしたままで、安心も安全も思いやりもあったものではないのでは?
また、サイバー犯罪同様、この手のサイコパスシリアルキラー捜査には、特別優秀な捜査員が必要なのでは?
どうあれ、世界一安全と言われてきた我が国の年間死者の約15%が変死体。
行方不明者捜査願数、約11万で、発見率約90%。
変死体解剖率は10%以下で先進国で最下位。
一体、我が国では、本当に殺人が年間に1800件程度なのか?
少なくとも、このサイコパスシリアルキラーの餌食に遭うかもしれない背の低い女性は、要注意で、黒い服を着ない方がいいと思うが…。

Might be this a terrible continuation abduction imprisonment case than we imagined it(これは想像していたよりも、恐ろしい連続拉致監禁事件かも)?

プロファイリング-25  続・大分日出町歳主婦行方不明事件-5

This kind of courage that the husband of the victim disgraces itself, the way of emaciation cannot but be called a genuine article(このような被害者の夫の恥をかく勇気、憔悴ぶりは、本物と言わざるを得ない)!

これだけコピペをしているだけなら、何であえて「続」とこの事件を再プロファイリングする必要があるのか?って?
それは、冒頭に書き込んだように、金木犀ママの夫の膨大なブログを精読し、ある戦慄の発見をしたからに他ならない。
それを書く前に、この夫は加害者ではないかも?と確信させられるパートをいくつか見つけたので、それを先に列記しておきたい。
「今日の夕方のニュースで鳴り続けるオルゴール行方不明事件が扱われてました。今日で1ヶ月を経過したことで改めて情報の提供を呼び掛ける内容でしたが。私も子供達も一緒にテレビを視ていたのですが家内の件は一言も触れてもらえませんでした。状況はウチと鳴り続けるオルゴールの件とは何も変わらないと思うのですが扱いの違いに子供達が涙を流してました。
大人と子供の違いだけでこれ程までに扱いに差異があるのかと悔しく、また憤りを感じてしまいました。警察も未だ事件としては認めてはくれていないと云うことなんでしょうか。私達家族の声は遠く届かないんですね。非常に悔しいです」
「大分県日出町の事件は上記の2つの事件であって、私の妻の件は名前すら、一言も触れられていません。鳴り続けるオルゴール事件同様、私達家族には、妻に繋がる情報等手掛かりが何一つ見付かっていません。しかも、妻が何処かで生活を送っているであろう足跡、痕跡すら見出だせない状況であるにも関わらずです。私達家族には、鳴り続けるオルゴール家族同様の状況です。私達家族が声を上げ続ける他にやりようが無い現実を皆様に知って貰いたい。このような報道もあるからでしょうか、妻は既に発見され自宅に戻っている、男と駆け落ちしていたが私に連絡が有り帰れない旨を伝えて来た等のデマが溢れています。同じ行方不明で同じように手掛かり無く発見に至っていない状況でも、成人と子供でこれだけの違いがあります」
「日本では成人の行方不明が発生してもマスコミで扱って貰うことは非常に少ないことのようですし、警察の対応も子供の事案との扱いにかなりの温度差を感じてしまいました。大人は自分の意思で出ることもあるし、自分で帰って来れると」
「妻のように行方不明になる人は年間に数万人いるとのことですし、行方不明から2週間後に来られた警察の方々からは90~95%は発見しているとの言葉も頂きました。今となっては、1割近くは発見出来ないと捉えなければならなかったのかと思えます。警察も捜索に協力頂いていますが、全く情報が無いとのことで、こちらも行き詰まっているようです」
「日出町では様々な噂ばかりが流れているようですし、行方不明自体が既に忘れ去られているのではとも思える状況です。ですが、大分県日出町で殺人、行方不明2件が発生しており、いずれも解決をみることがありません。
ここまで何も解らないと、実は全てに何かしらの関連なりがあるのではと疑問が生じています。ですが、関連が有ろうが無かろうが私には正直関係ありません。妻さえ無事なら、妻さえ発見、保護出来ればとある意味エゴだけです」
「母親が居ない家庭は数多くあるとは思います。しかしながら、居なくなった理由が全く解らない、母親が生きているのかすら解らない状況で生活を強いられている子供は少ないのではと思います。事故や病気での死別や離婚等を理由として両親と離ればなれで生活を送っているお子さんも多くいるとは思います。ですが、何故母親が消えてしまったのかの理由が判らずに現状の生活を強いられている子供達は非常に少ないのではと考えます」
「日出町内の噂では、帰って来た、男と出て行った等と囁かれています。ポスターを貼らせて貰っている隣でそう言う風に私へ話し掛けてこられる方と何人も遭遇しています。妻が家に帰っている事が現実ならどれだけ嬉しいことでしょう。男と出て行ったということが本当なら、何処かで生活を送っているということで、身の安全は確保出来ていると取敢えずの安心感は得られます」
「私に嫌気がさして逃げ出した?それならそれで構いませんよ。それが事実として私達に伝わってくるならば、ある意味受け入れるしかなくなるでしょう。妻が、子供達を棄てて、年老いた祖母、親を棄てて、仲の良かった友人達との関係を全て断ち切ってまで、生死を含め何もかもを不明にしてまでも身を隠さなければならない理由、原因をはっきりと掴めることが出来るなら、こんなブログや呼び掛けなど直ぐにでも止めたいと思っています」
「やむを得ない理由として妊娠ですか? 体調が悪かったみたいだからですか? 世間的には女性が体調が悪いと訴えると妊娠を疑うのですか? 仮にそうだったとして、現在の状況を作って好転するのでしょうか。私と妻は戸籍上も今もって夫婦です。全てを擲って出産したいということですか? もし生まれたとしたらどうしますか?
全てを擲って出産した子供は妻の子供として戸籍に載せることも出来ないと思いますが。自分のお腹を痛めてまでして生んだ子供を自分の子供として存在しない状況を喜んで受け入れるつもりなのですか? 勝手に籍を抜くことも犯罪になりますし、抜かれたとして、素直にそれを私達家族が受け入れるとでも考えているのでしょうか?
憶測でいうことは簡単ですが、現実的なところではかなりの困難を伴うと考えます。それにそうだったとしても、妻の意思ではないがやむを得ない理由とはなり得ないと思います。そこには妻の意思が存在するということにはなりませんか?」
「妻が行方不明になってから家のことで解らないことが多く出てきました。最近も妻の車の保険、生命保険の更新などどうするべきか悩んでいます。携帯など妻の名義になっているものなどは個人情報保護法の名の元に何も手が付けられません。契約プランの変更なども対応して貰えませんでした。戸籍謄本、住民票、私の身分証明書なども提示して更にプラン変更したい携帯も目の前にあるにも関わらず、本人の確認が出来ませんとと全て却下です。私達家族が妻を探していることも伝え、警察に捜索願も出していて、捜索用のポスターも提示してそれでもダメでした。そこまで情報の保護云々を言うなら情報では無く人間本人そのものを犯罪に巻き込まれないように全てを保護、管理して欲しいとさえ思ってしまいます。日本という国はそこに住む日本人には優しい国ではないんだと最近強く感じています。警察は行方不明になった人の90~95%は発見していると私達家族に言った言葉を憶えているのでしょうか? 100%とは言ってないですとか言われそうですが。誰かを批判して妻が見付かるならどんどんしますが、無意味なことですね。色々と振り掛かることが多く、頭が混乱したままの状態が続いています」

どうだろう?
家出? もしくは夫やお子さんたちも危惧している拉致監禁?
どうあれ、その不条理な現実に直面し、葛藤し、憔悴している一人の男のエモーション、センチメントは、バカ正直なくらい赤裸々だと思わないか?
それ以上に、探偵を独自に雇ったり、自分でブログを更新するしか方法がない人間のもどかしさだけは、十分に伝わってこないか?
とにかく、書き続けるバイタリティーは特筆ものでは?
えっ、東仙坊、新たに発見した戦慄の事実って何だ?って?
そ、そ、それは…!!!

I am sad that even her children begin to think whether their mother has died(子どもたちでさえ、母親が死んでしまったのかもと思い始めているなんて、切ない)!

To be continued...































プロファイリング-25  続・大分日出町35歳主婦行方不明事件-4

Doesn't it have the unreasonableness to have been seized with the continuous brutality case in the small town, a same criminal theory(小さな町での立て続けの凶悪事件、同一犯説に囚われてしまったのはムリもないのかも)?

東仙坊、まずこの事件を、「大分日出町35歳主婦行方不明」というより、「大分日出町35歳主婦拉致監禁」というべきと断定し、その「大分日出町高齢夫婦惨殺事件」との同一犯説を展開していた。

東仙坊、「大分日出町高齢夫婦惨殺事件」のホシが、ホシどもが小遣い銭稼ぎ強盗の居直り殺人の類とすでに結論している。
おそらく昔気質の86歳の夫が「金なんかないよ。こんな年寄りのところに金なんんかあるワケないないだろ」とでも口答えしたために刺殺されてしまったのだろう…。
それから、そのホシ、ホシどもが逮捕されないことに味をしめ、本物のサイコパスと化し、今度は趣味と実益を兼ね(?)「大分日出町35歳主婦拉致監禁」の事件を引き起こしたという可能性も示唆している。
さらに、ホシ、ホシどもは、金木犀ママの子どもたちに母親の惨殺死体を見せることをイヤがったとさえ思っている。
それより何より、なぜ面倒なうえ足のつきやすい拉致に手を出したのか、メチャクチャ不可解だと思うが…。

○2つの事件の共通点

1)露骨に身体的にも心理的にも弱いと思える相手をターゲットにしていること。
その意味で、本質的に極めて肉体的に自信のない臆病者の蛮行であるということ。
金木犀ママは152cm、体重47kg、現代の女性としてはかなり小さい方と言えるはず。
その農業の高齢夫婦も当然かなり年老いて2人とも小さかったはずでは?

2)事件凶行の前に、かなり綿密にターゲットを観察していること。
それがかなり用意周到かつ慎重かつ執拗なものであること。
だからといって、決して知的であるからではなく、昨今の犯罪者の典型で捕まることを異常に恐れているからでしかない。
金木犀ママがその昼下がり、2人の子どもが小学校で、しかも近所の人や友人が訪ねてくることもなく、家で独りぼっちであることを熟知していたはず。
その高齢夫婦も普段2人きりでメッタに人が訪ねてこないことを十分に熟知していたはずでは?

3)当初の目的は、情けない小遣い銭欲しさの強盗…。
それでいて、どこか昨今の流行である目立ちたがり屋の劇場型犯罪の側面も持っていて、それは実際の凶行をすることでかなりの大胆さを見せているということ。
金木犀ママは家で殺害されず、それこそレイプもせず拉致したのは、なぜ?という疑問が出てくるかもしれない。
それは、かなり明快なこと。
ホシは、高齢夫婦を最初からと考えていたわけではなかったのに殺してしまった。
それはそうだと思わないか?
90に近い気骨のある昔の人間のこと、「金を出せって言われたって、こんな年寄りに金があるわけないだろ!」と応えたに決まっている。
それにカッとしてついつい刺してしまった。
もちろん、目撃者を消せ!という気持ちもあっただろうが…。
けれども、なぜかすぐに逮捕されない。
そのルビコン川を渡ってしまったことで、当然のごとくホシはその犯罪をエスカレートさせる。
それはそうである。
もう立派なサイコパス、もっと思い通りに蛮行を繰り返したくなるもの…。
えっ、2つの事件のホシは同一犯って言ってるのか?って?
それは、もう少し待って…。
どうあれ、ホシは小遣い銭と自分の欲望をいっぺんに得る蛮行を企てたことは間違いない。
実際、決して肉感的でなくても、2人の子どもを産み、甲斐性のない夫を抱えたフラストレーションから振りまく笑顔に何とも言えないコケットリーを発散していた金木犀ママに、ホシは自分の好きなように凌辱したい衝動を持っていたに違いない。
と同時に、間もなく帰ってくるだろう子どもにだけは見つかりたくなかったに違いない。


そのうえで、2度3度、犯人像を詳細に言及していた。

○ホシは、今や定番の無職、プータロー、もしかしたら学生かも知れない比較的若いオトコ。
おそらく、複数犯、2~3人。
年齢は、20~25歳ぐらい。
もしかしたら、窃盗の前科があるかも?
どうあれ、マンガ的に犯罪の学習はしている様子。
凶器を残さないこと、指紋、足跡、DNAを残さないことに腐心はしている。
その意味で、金木犀ママの生命には、かなりの危険が迫っていると思うが…。

○ホシどもは、20~25歳のガタイのよくない蒼白い小さな(?)オトコ。
これといった犯罪歴も今まではなく、一見、不良には見えないタイプ。
どちらも彼女もいなく、ゲームセンターでよりも自宅でゲームをするタイプ。
少なくとも86歳の高齢男性を刺殺した1人には父親がいなく、おそらく84歳高齢女性を刺したもう1人には弟か妹がいるはず。
どちらも高校卒業か、もしくは1人は大学中退(?)で、いまだに正式な就労経験はなく、パラサイト。
どちらも、家族名義(?)の車を所有。
どちらも、金木犀ママのような女性が好み。
そして、どちらかがその問題の歯科医院の近くに自宅があるか、何らかの生活拠点を近くに持っているに違いない。

○肝心のこの「大分日出町35歳主婦拉致監禁事件」のホシは?
東仙坊、すでにこれもかなり具体的に示唆してきているが、どうしても「大分日出町高齢夫婦惨殺事件」との関連を棄てきれない。
なぜなら、そのターゲットの選択、犯行までの手順に、イヤでも共通点を見つけるからである。
そもそも、卑怯で卑劣な罪を犯すようなクソッタレは、モノゴトを一切利他的に考えずどこまでも利己的に考えるはず。
そうでなければ、人間としても根源的な修養と矜持から、犯罪などに手を染めないはず。
となると、その手合いの最大の特徴は、明らかに自分より心身ともに自分より弱いと思い込めるターゲットを選び抜くこと。
まさに、今回のホシは、典型的なそんなジコチュウかつ臆病なクソッタレで、ターゲットを執拗かつ入念に観察し、それでいて、大胆かつ迅速に犯行を実施したという点で、「大分日出町高齢夫婦惨殺事件」と瓜二つでは?
しかも、ターゲットに全く抵抗を許さずに実行できていることで、ホシは複数だったのでは?


Without the appropriate criminal investigation at the first stage of the police, no case can be settled(警察の適切な初動捜査がなければ、どんな事件も解決できない)!

To be continued...


プロファイリング-25 続・大分日出町35歳主婦行方不明事件-3

A victim labelled me as the same criminal from the thing called two elderly people and small 35 years old housewife(被害者が高齢者2人と小さな35歳主婦ということから、同一犯と決めつけていた)!

実は、この事件発覚後、ただちにその犯人像についてもかなり具体的に言及していた。

■大分日出町35歳主婦行方不明事件

●東仙坊がプロファイリングする、この事件の真相と犯人像(?)

①9月12日正午前に、35歳主婦なる金木犀ママは、長女を再度小学校に送り「気分が悪いから病院に行くね」と言って別れた後、どうやら、その山の中の一軒家風(?)のような自宅に真っ直ぐ帰ったようだが、どこを探してもそのソースがない。
どちらにしても、仮にどこかの病院に寄ったとしたなら、その病院がどこにあり、どんな病院なのかも気になるのだが…。
もしかして、一度家に戻ってから病院行くつもりだったのでは?
家から歩いて行けるところに病院はないのか?
それなら、車を置いて行けるのでは?
しかし、そうだとしても、やはり戸締まりはして行くのでは?
携帯電話を持たなかったことを含め病院に行ったと仮定するとある程度整合性が見られるのだが、それだとどうしてもバスタオルと枕が消えたことのツジツマが合わない。
では、なぜわざわざ病院に行くと長女に伝えたのか?
確かに、長女の歯が欠けたということは、その日の想定外の出来事…。
内心ムッとしていたところがあったかも知れない。
けれども、相手が学校、娘ということがあって、ストレートに「何でこんなことで、イチイチ呼び出されなきゃならないの!」とガマンした反動で口走ったのかも知れない。
あるいは、自分の予定をムリヤリ変更させられたことに腹が立っていたのかもしれない。
せっかくの自分独りでダラダラのんびりする時間を減らされたからか?
それこそ、昼下がりのアバンチュールの予定を変更させられるハメにさせらたからか?
そもそも、本当に気分が悪かったのか?
生理痛? 何らかの内臓疾患?
どう考えても、イライラさせられただけだったに違いないと思うが、どうだろう?
そして、こういう精神状態のほとんどの女性の最大の問題は、どうしても集中力を欠くこと。
つまり、スキが出てしまうということでは?

②実は、東仙坊、金木犀ママに関し、明確に判明していることで、2つのことを懸念している。
1つは、くだんのスーパー「マルショク川崎店」でお茶と何を買ったのか?ということ。そして、その飲みかけのそのお茶を冷蔵庫にしまっていたこと。
なぜなら、自分のランチを買った気配がないと思えるからである。
2つ目は、夫の風采と醸し出している何とも言えない生活観いっぱいのムード。
おそらく日ごろから金木犀ママ、自分のランチなどに一切頓着のない暮らし、残りモノで間に合わせたり、食べなかったりする暮らしをしていたに違いない。
これらのことから、金木犀ママがカッコいい男(?)と駆け落ちをした可能性がゼロではない気がするからである。
35歳主婦、2人の子どもの母親、甲斐性のなさそうな(?)夫…一人の女として自分の人生をイヤというほど見つめ直す時期であることは間違いないはず。
では、家出、失踪なのか?
東仙坊、全くそうは思っていない。
残念ながら、悲しく痛ましい事件が起きたのでは?と感じている。

③金木犀ママの身に一体何が起きたのか?
それを考察するには、金木犀ママが自宅に戻った後の行動に注目せざるを得ない。
9月12日、この日はメチャクチャ残暑が厳しく最高気温33.2℃を記録している。
イライラしていた金木犀ママは、自宅に戻るやいなや、うだるようにムンムンしていた部屋の空気を入れ替えるべく、窓を大きく開けたはず。
そして、持ち帰ったお茶を冷蔵庫にきちんとしまったはず。
なぜそのことにこだわるのか?
東仙坊、夫が言っているような几帳面で用心深い性格だったら、襲うホシは鍵を開けた瞬間を狙うと考えていたからである。
というのも、室内が荒らされていなかったから、いきなり脅かすしかない方法がないと考えていたからである。
けれども、持ち帰ったお茶を冷蔵庫にきちんとしまう余裕があった以上、そうでないことは確実。
ということは、金木犀ママは、家に戻り一度落ち着いた後、拉致されたと考えるしかない。
では、気分が悪く横になり、ついついウタタネをしてしまったときに襲われたのか?
何のために? なぜ? 誰が?
それより何より、なぜ金木犀ママが狙われたのか?


ただし、この段階では、次の2点を理由に、「大分日出町高齢夫婦惨殺事件」との同一犯説に固執していた。

○共通するのが、その犯行の手際さとスピード、さらには物的証拠を残さない狡猾さ。
そして、振興ローカル都市街に生まれる真昼の死角や盲点を巧妙に利用しているということ。
つまり、ホシが白昼に車を使っていることは明白なのに、その車の軌跡が追跡されないだけでなく、目撃者がいない。
ということは、その運行距離が極めて短いか、裏道に熟知しているか、近隣の車で違和感がないからだと思うが、どうだろう?
また、どの現場も凶悪犯罪の割に、荒らされていない。

○被害者にも共通するのが、そのディリー・ライフスタイルがほぼ完璧に完璧に観察され、ホシ、もしくはホシどもにイヤというほど熟知されているということ。
正直、それはなかば呆れるほど綿密かつ慎重。
つまり、ホシ、ホシども(?)はヒマなうえにヒマで、たっぷりとターゲットを観察する時間の余裕があったということだけは明明白白。


The psychopath crime must escalate steadily(サイコパス犯罪は、どんどんエスカレートする)!

To be continued...

プロファイリング-25  続・大分日出町35歳主婦行方不明事件-2

I wonder if it should be the thing which such mysterious chance leads to in such a small town(こんな小さな町で、これほどまでに奇怪な偶然が続くものなのか)!

東仙坊、この事件発覚後に、すぐに的確に鳴り続けるオルゴール誘拐犯だけは別などと言及していた。
それらを要約して再掲載しながら、ほんの少し新たに加筆してみたい。

■大分日出町35歳主婦行方不明事件

●東仙坊がプロファイリングする、この事件の不可解な点

①典型的な無能警察の大分県警、なぜ事件発生後半月以上も経ってから、この事件を公表したのか?
逆に、この事件を知っていたヒトが、それを利用して2歳女児の事件を起こした可能性も否定できないのでは?
どちらにしても、大分県警の不手際は相当酷いと思うが…。

実際、大分県警は、行方不明の90~95%は警察の手で発見していると豪語したものの、2、3ヶ月に一度金木犀ママの夫を訪ね、「何か情報はありませんか?」と聞くだけで、夫から相談してもた、「できない」とか「ムリだ」と答えるだけで、「検討する」とも言わないというから、ビックリ。

②JR日豊線日出駅から南東に約1kmの住宅街にある「大分日出町高齢夫婦惨殺事件」現場が、な、な、何と金木犀ママが行方不明になった当日、長女を連れて行った歯科医院の目と鼻の先。
その歯科医院に殺害された高齢夫婦も通院し、金木犀ママも日ごろから子どもたちを連れて通院し、同じく行方不明になった2歳女児もその歯科医院で金木犀ママと同じ日の同じ時刻に診察を受けていたことがあるというから、ビックリ仰天。
高齢夫婦が殺害された6月24日にも、金木犀ママは子どもを連れその歯科医院に診察に行っていたというから、完全に絶句。
たかだか人口28000人あまりの町だとしても、こんな奇怪な偶然があっていいのか?
当然、金木犀ママが普段よく使っていたスーパーが、2歳女児と同じ大分県日出町川崎のスーパー「マルショク川崎店」だったように、その高齢夫婦も同じスーパーを利用。

実は、これらの偶然には、まだ続きがある。
な、な、なんと「大分日出町2歳女児行方不明事件」の悲運の被害者鳴り続けるオルゴールの遺体が発見された場所が、金木犀ママの住んでいた日出町大神というから、絶句…。

③東仙坊、どうしても気にしてしまうのは、この手の事件での被害(?)家族の動揺し切ったことによる理解し難い不可解な行動…。
残忍極まりない殺人事件が起き、いまだ未解決な地域で、自分の愛する妻が謎の失踪(?)し、半狂乱であるはずなのに、なぜかテレビカメラを家に入れただけでなく、自分自身が極めて冷静に顔を出し、「小さな地区で2人の行方不明が出るなんて、ちょっと不安(?)」と応える夫の心境は、何?
それだけじゃない。
メチャクチャプライベイトなファミリービデオ映像を提供する理由は、何?
そんな行動にどうしても違和感を覚えてしまうのは、東仙坊だけではあるまい。
ついでに、金木犀ママの表情を解析してしまうと、どことなく何か陰みたいなものを感じるのだが…。
ちなみに、金木犀の花言葉は、謙虚、真実、陶酔。

いみじくも、今回、東仙坊、精読させられた金木犀ママの夫のブログのコメント300あまりの中に、当の本人が触れている箇所があった。
「この一年、ある種の覚悟を持ってプライバシーを曝した上で妻の捜索の協力、妻に繋がる情報の提供を求めてきました。
残念ながら、未だに何が起きたのかすらはっきりと判明していません。
これから先も今の状況のままという訳にはいかないと考えていますが、停滞している現在の状況を打開、展開する方策も見付かりません」「妻への誹謗中傷が酷すぎます。
妻を見付ける為に表に出た以上、私への誹謗中傷、嫌がらせ等は覚悟しておりました。
しかし、被害者である妻へのものが余りにも酷すぎます。
何の根拠もなく、匿名性の高い状況での発言に強い憤りを感じます。
噂でとか、誰かが言っていたから等は許せるものでは有り得ません。
言いたい事があるのならば私へ直接、堂々と言えばと思います。
私へのものなら我慢も出来ますが、妻への誹謗中傷に対しては我慢出来るものではありません」

この手の事件でありがちなホシは、俗に夫であることは、捜査の鉄則。
おそらく警察も最初からそう決めつけていたに違いない。
東仙坊も、妻から誕生日なのに満足なプレゼントをしてくれないことをナジられた夫による衝動殺人(??)…。
もしくは、その依頼を受けた嘱託殺人(?)…。
と、嫌疑をかけているし、いまだに重要容疑者の一人であることは変わらない。
それは、ホシが明確になるまでは、まだ外せないのだが…。

I try to investigate whether a husband was a criminal from the blog of the husband of the damage woman(被害女性の夫のブログから、夫が犯人かどうかを探ってみた)!

To be continued...

プロファイリング-25  続・大分日出町35歳主婦行方不明事件-1

As I read the blog of the husband of the missing housewife carefully, I was shocked without coming out the voice(行方不明主婦の夫のブログを精読して、声も出ないほどの衝撃を受けた)!

東仙坊、勤務先の飲食店から約2㎞離れたNシステムで確認されているという「島根県松江市26歳女性車ごと失踪事件」の夢見るネイリストの車が、西の方向、国道9号線に向かっていたのではあるまいな…と、危惧していた。
そして、失踪から早1ヶ月以上を過ぎ、その26歳女性の尊い生命は、ほぼ絶望的だろうな…少なくともの瀕死の危機に違いないと、慨嘆していた。
そんなとき、ある団員から一通のメールを受け取った。
そして、言われるまま、あるブログをチェックしていて、愕然とした。
それこそ、鳥肌が立った。
そのブログとは、東仙坊、緊急プロファイリング  大分日出町35歳主婦行方不明事件-1で書き込んだ、その行方不明主婦、金木犀ママの夫が更新しているものだった。
では、なぜ衝撃を覚えたのか!を書く前に、発生後1年を経過し、いまだに未解決のままであるというその事件そのものを自分のブログの内容で再確認しておきたい。

■大分日出町35歳主婦行方不明事件

●現時点で知りうる限りの事件の概要

「大分日出町2歳女児行方不明事件」が発生する前日(?)、昨年9月12日──
大分県速見郡日出町大字大神に、夫(?)と10歳長男と7歳長女と住む、主婦(35歳)なる金木犀ママが行方不明になる事件が起きていた。
ちなみに、2歳女児の家である大分県速見郡日出町川崎から、2~3km(?)、車で7~8分(?)、メチャクチャ近い。
何でも、その金木犀ママ、9月12日午前9時45分ごろ、小学校から「長女の歯が欠けたので迎えにきてほしい」と連絡があり(??)、小学校へ黒いミニバンで向かった。
9月12日午前10時過ぎに小学校で長女を引き取り、一緒に歯科医院へ行って治療を終えた後、近くのスーパー、つまり、翌日2歳女児の失踪事件(?)が起こることになる大分県日出町川崎のスーパー「マルショク川崎店」へ向かった。
「何だか忙しい」とグチをこぼしているスーパーの防犯カメラには、9月12日11時20分、2人がお茶などを買う姿が映っている。
その後、9月12日午前11時30分ごろ、再び長女を小学校に送り(??)、長女に「気分が悪いから病院に行くね」と言って別れる。
乗っていた黒いミニバンが自宅にあったので、自宅に一度帰った。
ところが、その「子どもを置いたままどこかに出かけることなどはない」はずの金木犀ママが、忽然と消えてしまったというのである。
しかも、「悩んでる様子も家族不和の様子も見受けられなかった」のに、誰にも何も告げず携帯電話を敷布団の上に置き、「几帳面で家の中にいても窓などの戸締りをするタイプだった」のに、家のドアや窓のカギを開けっ放しで、「出かける際に必ず使っていた」のに、車を残したまま金木犀ママは、家からいなくなったというから、ミステリー。
ただし、自宅と車のカギ、いつも持っているモノトーンのポーチ財布などが入っていたバッグ長女がタオルケット代わりに使っていたバスタオルいつも自分が使っていた枕を持って行ったというから、???
また、 室内に荒らされたような跡はなく、冷蔵庫にはスーパーで買ったお茶が飲みかけの状態で残っていたというから、やっぱりミステリー。
ちなみに、夫の話では、金木犀ママは行方不明となっている2歳女児とは面識がないとのこと。


さて、その後、「大分日出町2歳女児行方不明事件」では、その2歳女児の鳴り続けるオルゴールの遺体が、2月5日、母親の江本優子の供述通り、自宅から約2㎞離れた日出町大神の雑木林で発見され、誘拐が狂言であったことが判明。
ところが、目撃証言や物証がないうえ、死因も特定できず、大分県警や大分地検は、な、な、なんと情けなくてみっともないことに死亡経緯の解明を断念。
しかも、5月29日、1ヶ月前に離婚した母親、山口(旧姓江本)優子の判決公判では、大分地裁(真鍋秀永裁判長)が、「女児の尊厳と家族らの敬愛を著しく害した犯行で刑事責任は重いが、結果的に自白して家族らに謝罪しており、反省している」と、懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)の気の遠くなるような温情判決。
こ、こ、これでは、ブームの母親による非情な子殺しを助長するばかり…。
いけない、いけない。また、話がそれてしまいそう。
どうあれ、東仙坊、予想通り、こうして「大分日出町2歳女児行方不明事件」は中途半端でも、一応何とか解決(?)。
しかしながら、この「大分日出町35歳主婦行方不明事件」、そして、「大分日出町高齢夫婦惨殺事件」がいまだに未解決のままというから、呆れないか?
ともあれ、「大分日出町35歳主婦行方不明事件」に関し、新たに判明したことがいくつかある。
夫の説明がほとんどなので、その信憑性に若干の疑問はあるが、羅列したい。
①行方不明の35歳金木犀ママ、すでに37歳になっているということ。
②結婚13年で、出産後12年間は専業主婦。
パートを探しても、土日のみを考えていたものの実行してはいなかったということ。
③当日、朝から具合が悪くフトンに横になっていたということ。
④長女のハプニングで小学校に行く前まで、友人と運動会の日にちや弁当のおかずの話しをメールでしていたということ。
⑤一緒になくなっているバッグには、当日買い物に寄ったスーパーで買った未開封の11月に出席予定でいた結婚式に長女につけるオモチャのアクセサリー。
そのほかに、入金のための夫の通帳、子どもと自分の健康保険証。
財布の中には、数千円程度の現金、自分名義、夫名義のキャッシュカードやクレジットカード。
ただし、自分名義、自分の父親名義の通帳、印鑑などは残されたまま。
そして、それらの健康保険証、キャッシュカードやクレジットカードは1年を過ぎた今なお、未使用。
⑥着替えの類いを一切も持って行かなかったということ。
⑦フトンの上に携帯電話があったのは、学校が終わった子どもからの電話を待っていたからということ。
⑧車の窓も熱気がこもらないように隙間を開け、子どもを迎えに行く準備をしていたということ。
⑨近づく自分の誕生日プレゼントを子どもたちと買いに行くのを、親戚の結婚式に出席することを楽しみにしていたということ。
⑩携帯電話に誰かと連絡を取っていた痕跡は全くなかったということ。
⑪警察犬はすぐ家に戻ってしまってきたということ。
⑫1時間に車が1台ぐらいしか通らないところなので、金木犀ママを拉致した車の目撃情報がないということ。
また、バスなど利用した痕跡も全くないということ。

On earth what rose in the body of the 35 years old housewife(35歳主婦の身にいったい何が起きたのか)?

To be continued...

彷徨う大和魂-22   どうしてもくっつかない割れたコップ「亡国論」-5

Politics can be still less improved if we can't improve the police(警察を改善できなければ、政治などなおさら改善できない)!

東仙坊、メチャクチャ空しい気分でこんなバカバカしいプロファイリングをしていた。
それもこれも、日本の本当の復活には、モラル再生それしかないと確信しているからに他ならない。
そのためにも、治安を司る公僕である警官に、率先垂範してもらいたいから。
しかし、それは経済の復活よりも困難のかも…?
11月3日、痴漢など防犯指導を担当していた静岡県警警部補が、勤務中に、JR静岡駅構内で、16歳女性のスカート内を盗撮し、現行犯逮捕されたというから、もうウンザリ。
そのボンツクとは、 静岡県警清水警察署生活安全課係長、津谷剛司(38歳)
何しろ、11月2日夕方、静岡市内での防犯対策の会議を終え、清水警察署へ帰る途中、JR静岡駅内のエスカレーターで、16歳女性のスカートの中を携帯電話の動画で盗撮し、静岡県警鉄道警察隊員に現場を見つかり、現行犯逮捕されたというのだから、とんでもない不届き者。
「申し訳ありません」とほざいているというが、警察署でサンドバッグにして、みんなでボコボコにすべきでは?
警察官全体の品格を貶める蛮行なのだから…。
どうだろう?
日本の警察を何とか改善することなどは、夢のまた夢なのかも…?
最後に、東仙坊、注目する救い難い割れたコップの裁判を取り上げておきたい。

6月1日、路上で女性の体を触ったとして、大阪府迷惑防止条例違反(卑猥な行為の禁止)の罪に問われ、大阪府警を懲戒解雇された、大阪府泉佐野市高松南に住む、元浪速署巡査、豊永祐輔(26歳)の初公判が、大阪地裁堺支部(滝川和歌子裁判官)で開かれた。
そして、そこで判明したのが、その最悪の連続犯行スタイル。
3月28日夜、大阪府泉佐野市の歩道で、自転車で追い抜きざまに徒歩の女性の首をつかみ(?)、逃走。
翌3月29日夜には、別の徒歩の女性の鎖骨付近を触り、別の自転車に乗った女性の下半身を触って、逃走。
その際、二重の軍手で自らの自転車のライトを覆い、Tシャツで顔を隠すなどしていたというから、最低。
7月27日、判決で、瀧川和歌子裁判官は、「警察官としてあるまじき犯罪行為。取り締まる立場であれば被害者の苦痛もわかったはずなのに、自らがこのような犯罪行為におよんだことは強い非難に値する。被害者や社会に与えた影響も軽視できるものではない。非常に残念」と指摘し、懲役6月、執行猶予3年(求刑懲役6月)を言い渡したというのだが、どこか腑に落ちないのは、東仙坊だけではあるまい。
こんな頭の壊れた人間としての根本的に欠陥のある警官に、なぜ執行猶予がつくの?
間違いなく再犯をすると思うが…。
さて、彷徨う大和魂-8 警察官としてあるまじき行為-4で書き込んだ、強制わいせつ致傷と強制わいせつの罪に問われ、懲戒免職になった元伏見署刑事課巡査、鍵谷健吾(28歳)の初公判が、5月30日、大津地裁(飯島健太郎裁判長)で開かれた。
何しろ、家庭でのストレス、仕事上のストレス解消のために滋賀県内や京都府内で数多くの痴漢行為を働いた、典型的な痴漢警官。
その判決が、 6月1日、の判決が大津地裁であり、飯島健太郎裁判長は「執拗なわいせつ行為におよび、被害者に大きな肉体的、精神的苦痛を与えた。常習性も認められる。警察官という立場にありながら、かえって市民を傷つける行為におよんでいる。けれども、反省の態度が認められ、最初の事件の被害者の女子高生には被害弁償していることなどから、強制わいせつ致傷罪の法定刑の下限である懲役3年ではやや重すぎる」と、懲役2年6月(求刑懲役5年)の実刑になったのだが、 どこかオカシクないか?
実は、ここに警官の不祥事が続発する最大の原因があると思うが、どうだろう?
正義の体現者として、国民の模範になるべき警官が蛮行を行ったら、その罰則を最低百倍にすべきなのでは?
そのくらい警官がその責任を放棄することは重いのでは?
逆に、そのぐらいの覚悟を持った人間が警官をやっていないことこそ、問題なのでは?

We should sentence an obscene police officer to a grave offense(わいせつ警官を重罪に処すべし)!

彷徨う大和魂-22   どうしてもくっつかない割れたコップ「亡国論」-4

Bullying and moral harassment and the police officer sexually harassing can't be treated how either(パワハラやモラハラやセクハラをする警官は、どうやっても治療できない)!

■日本の崩壊を象徴する警察官の絶望的な不祥事

⑤7月27日、神奈川県警大和署に勤務していた30歳代の4人の男性警察官が、後輩の20歳代女性警察官に対して、服を脱ぐことを強要したり、ムリやりキスをしたりするなど、集団で性的いやがらせ(??)をしたというから、言語道断。
4人は、神奈川県警大和署刑事二課巡査部長(現在・神奈川県警暴力団対策課)、交通二課巡査部長、刑事二課警部補、刑事一課巡査長
何でも、 3月上旬の夜、勤務時間外時間に、神奈川県大和市内のカラオケボックスに女性を呼びつけた。
酒を飲んでいて部屋には5人だけ。
しばらくして、刑事二課巡査部長が20歳代女性警察官に「服を脱げ」と指示。
やおら、交通二課巡査部長が一緒に写真を撮りつつ、ムリやりキス。
すると、刑事二課巡査部長は、キスした巡査部長の服と交換するように命令。
20歳代女性警察官は指示通りに脱ぎ、巡査部長のワイシャツとズボンに着替えたというのだが???
なお、刑事二課警部補、刑事一課巡査長は、これらの行為に直接的には関わっていないというのだが…。
20歳代女性警察官女性は今春に異動し、セクハラ行為について異動先の上司に申告して発覚。
被害届は出していないが、逆らうと今後の仕事に影響が出るから従ったと説明したというから、リアル。
4人は悪ふざけだったと言い訳しているというから、そのレベルが見えてこないか?
神奈川県警は、4人を処分する方針というが、果たしてどこまで本気やら?
ところで、刑事事件として立件することも検討したが、20歳代女性警察官が被害届を出していないことなどから立件を見送ったというから、恐ろしい組織では?
神奈川県の住民の皆さん、くれぐれもご注意を!!!
それにしても、こんな最低のコップたちの氏名をどうして伏せるのか?
本当に情けなくてみっともないと思わないか?
もっとも、こんなことでイチイチ立件していたら、警官がいなくなってしまうのかも…。

⑥5月21日、埼玉県警は、埼玉県警春日部署の女子トイレに小型カメラを設置して盗撮したとして、埼玉県迷惑行為防止条例違反と建造物侵入で、埼玉県鴻巣市本町に住む、埼玉県警春日部署留置管理課係長警部補、町田誠治(54歳)を逮捕。
何でも、4月9日午前、春日部署内女子トイレに侵入し、個室内に小型カメラを設置し盗撮。
午後、トイレに入った女性職員がカメラに気づき、捜査。
映像には複数の女性が写っていて、ほとんど女性職員が使っていたというが、それは当たり前なのでは?
ハナから、同僚女性職員の露わな姿を盗撮するための犯行だったはず。
ようは、このトンチキのある種の下劣な恋心や興味の表現が、そんな行為だったのでは?
結果的に、女子トイレ付近をうろつく姿が目撃され、逮捕されたというから、本当に呆れないか?
「健康のことでムシャクシャしていた」とは、笑止千万。
どうだろう?
こんなトンチキのような警官が、日本中にウジャウジャいると思うが…。

⑦5月18日、富山県警は、ビデオ販売店でアダルトDVDを万引したとして、窃盗で、留置管理課男性巡査長(36歳)を書類送検。
同日付で停職1ヶ月の懲戒処分
巡査長は依願退職
何でも、4月16日午後5時半ごろ、富山県高岡市の販売店で、アダルトDVD2本(約5千円相当)を、万引。
店員が気づき、店外で巡査長を呼び止め通報。
取り調べた結果、調べで、4月6日午後6時ごろ、同じを販売店で、アダルトDVD2本(約5千円相当)を、万引していたことも発覚。
このボンツク、「買うのがもったいので盗んだ。他の店などで複数回万引した」と供述しているというから、根っからの好色盗人。
この救い難い粉々に砕けた頭の持ち主では、本来なら、警官をやっていること自体が、奇跡なのでは?
それにしても、なぜ氏名を公表しないのか、それこそ不公平なのでは?

⑧5月18日、電車内で女性の定期券を盗んだとして、警視庁は、窃盗の現行犯で、東京都八王子市川口町に住む、警視庁交通捜査課巡査部長、安藤誠(30歳)を逮捕。
何でも、5月17日午後11時ごろ、JR中央線豊田駅付近を走行中の高尾行き快速電車内で、隣に座って寝ていた20代会社員女性のコートのポケットから、定期券の付いたパスモとスイカを盗んだというから、極めつきのタワケ。
電車内で目撃していた乗客が、八王子駅で駅員に引き渡そうとすると、逃走。
駅構内の上りエスカレーターを逆走して下り、40代男性と衝突し転倒。
取り押さえられ、八王子署に引き渡されたというから、開いた口が塞がらない。
タワケは左腕を骨折、40代男性は両手足に軽傷というから、やはり、お天道様は見ていたということ。
それにしても、このタワケ、2006年に入庁し、今年1月から交通捜査課に配属され、ひき逃げ事件捜査などを担当していたというから、シャレにもならないのでは?
「パスモやスイカをとったことは間違いありません。このような犯罪を犯し大変申し訳ありません」とほざいているというが、この壊れた頭はどんな接着剤を使っても、くっつけようがないと思うが…。

I don't know why an intellectual person doesn't become a police officer(知的な人がなぜ警官にならないのか)!

To be continued...

彷徨う大和魂-22   どうしてもくっつかない割れたコップ「亡国論」-3

With the rotten police officer of the head, Japan should continue being broken(頭の腐った警官とともに、日本は壊れ続ける)!

■日本の崩壊を象徴する警察官の絶望的な不祥事

③昨年12月の長崎ストーカー殺人事件を受け、警察庁は今年3月「安易に捉えず、迅速、的確に対応するように」との通達を各都道府県警に出したばかりなのに…。
中でも、2001年に施行されたDV防止法は、警察がDV被害者に対し必要な措置や援助を講ずるよう定めているが、被害者の事前の訴えに対する警察側の対応はいつもウスノロマヌケ…。
どうやら、わいせつ大好き警官どもにとっては、仲間(?)救済が優先のご様子。
とりわけ、「犬」と呼ばれるのが好きじゃないせいか、犬も食わない夫婦問題は我関せず状態。
東仙坊、再三再四、声を大にご忠告してきたが、ストーカーやDVでは無用の長物の警察をアテにすべきではないと思うが…。
8月6日、福島県の警察署(??)が、7月、夫からのDV被害の告訴状提出に警察に行った妻の行動を、事前に夫側に漏らしていたことが判明したというから、何をかいわんや。
それだけではない。
担当課長は妻に対し「事件化は難しい」などと告訴状を突き返していたというから、ただただ絶句。
妻側は「夫側から報復される危険性が増した」と8月8日に警察庁に対し、DV被害への適切な対応を直接要請。
それで、問題が発覚。
ちなみに、その20代女性は東日本在住。
3年前に結婚し、子ども2人。
結婚後、夫から手錠をかけられ、首を絞められたり口を塞がれたりするなどの暴行を複数回受けて、過呼吸を発症し、PTSD。
現在は実家に戻り、離婚裁判。
ここでは、よくそんなオトコと結婚したうえ、3年で2人の子どもを作ったよな…という点には触れず、警察の対応のみにフォーカス。
昨年12月以降、警察署を直接訪れたり電話したりするなどして、身の危険を再三にわたり訴えてきたが、ケンモホロロ。
そこで、7月に弁護士が作成した告訴状を持って警察署を訪れると、応対した刑事課長「内面的な傷を裁く法律はない」、「夫婦として一緒に生活していたのだから事件化は難しい」と、告訴を断念するよう説得。
さらに「夫婦だから我慢も必要」などと諭し、告訴状を受理しなかったというから、正義の味方???
女性の親族によると、「警察は『受理できない』の一点張りで、どうすれば受理できるのかの助言も一切なかった」というから、もうワケワカメ。
そのうえ、警察は、妻の動きを夫側に連絡。
すると、7月末、夫側の弁護士から調停委員を通じ「警察が自宅にきた。刑事告訴は止めてほしい。厳重に抗議したい」と言われたというから、メチャクチャ恐ろしくないか?
もっとも、妻側も「告訴しようとしたことを、なぜ夫側が把握しているのか?」と憤慨しているのは、よくわからないが…。
それに対し、その警察署の副署長は「個別の案件についてはコメントできない。告訴に関わる情報を事前に加害者側に知らせるワケはないが、被害者の話を証明するものの有無を確認するため、加害者に接触することはある。DVは目撃者がいないことも多く、慎重になる部分もある」とコメントしているから、ビックリ仰天。
でも、ここに大きなヒントがあると思わないか?
世のDVに悩む女性たちよ! めくるめく快感プレイのビデオばかり撮影していないで、DVの光景をぜひ撮影しておくべきでは?

④8月1日、大阪府貝塚市の海水浴場で酒に酔った10代後半少女をレイプしたとして、大阪府警は、準強姦(?)で、大阪府箕面市今宮に住む、大阪府警布施署地域課巡査長、永田昌也(27歳)を逮捕。
何でも、このアンポンタン、7月31日、大阪府警布施署の同僚警察官4人(22~30歳)と貝塚市の「二色の浜海水浴場」に行き、少女ら3人と知り合った。
そして、少女に酒を一気飲みさせて泥酔させ、午後4時ごろ、砂浜に置いたゴムボートに寝かせ、その1人の専門学校生少女をレイプしたというから、確信犯。
周囲には他の海水浴客。
目撃者が「女性がイタズラされている」と通報。
にもかかわらず、アンポンタン、「ムリやりやったわけではない」とうそぶいているというから、砂に埋めてボコボコにスイカ割すべきでは?
それはそうだと思わないか?
未成年を泥酔させる卑劣な方法だけでも、有罪。
当然、他の4人も共犯。
案の定、他の巡査2人も他の少女1人をボートに乗せ、海上で胸を触るなどしたとうから、反吐が出る。
4人とも懲戒解雇すべきなのでは?
ちなみに、2007年4月採用のアンポンタン、現在は東大阪市内の交番で勤務しているというから、開いた口が塞がらないのだが???

The present police officer would like obscenity than justice(今の警官は、正義よりもワイセツが好き)!

To be continued...

彷徨う大和魂-22   どうしてもくっつかない割れたコップ「亡国論」-2

I wonder when it should be from that we have begun to overlook the disgusting crime of the police officer(警官のみっともない犯罪を大目に見だしたのは、いつごろからなのか)!

■直近の情けない警官の不祥事

④10月25日、大阪府警は、自動車運転過失傷害と道交法違反(轢き逃げ)で、大阪府東大阪市玉串町に住む、大阪府警西成署留置管理課巡査部長、長川墨政一(57歳)を逮捕。
何しろ、10月20日午後4時40分ごろ、東大阪市花園本町2丁目の交差点をオートバイで走行中、40代女性の自転車と出合い頭に衝突し、女性を転倒させ軽傷を負わせながら、救護せず逃げたというから、ヒトデナシ。
その日非番でコンビニから帰宅する途中、「正午ごろ缶ビールを2本飲んだ。アルコールが抜けていないかもしれないと思って逃げた」というから、開いた口が塞がらない。
これで、警官だというから、言語道断。
モラルのモもないばかりか、単なる欠陥警官。
人間以前の壊れた頭なのでは?
それにしても、一体どんな暮らしなのか?
昼間から酒を飲み、オートバイを飲酒運転し、人身事故を起こし、轢き逃げとは、とことん卑劣では?
どうあれ、こんなアンポンタンが警官ということは、今の警官のレベルを示していると思わないか?

⑤10月25日、 北海道警は、18歳未満の複数の少女と性行為をした(?)北海道警本部薬物銃器対策課40代男性警部補について、児童買春・ポルノ禁止法違反などでの立件を見送っていたというから、何をかいわんや。
少女の中には13歳中学生も含まれていたが、「全員20歳以上に見えた」などとのたまわっているから、どこまでもウツケモノ。
北海道警は、10月25日付で停職3ヶ月の懲戒処分
それにしても、立件見送りの理由が、「証拠が不十分」とは、今のとことん身内に甘い日本の警察の根幹的恥部なのでは?
こんなことだから、警察官になる不届き者は、淫行と買春マニアだけなのでは?
どうあれ、氏名と年齢を公開し、懲戒解雇するのがスジなのでは?
そうでなければ、警察の威信など露と消えてしまうと思わないか?
どちらにしても、今や、警官のわいせつ犯罪など日常茶飯事であることだけは間違いない。

⑥9月9日、秋田県警秋田臨港署は、女性のスカート内を盗撮しようとしたとして、秋田市新屋寿町に住む、秋田県警本部会計課一般職員、山田真也(23歳)秋田県迷惑防止条例違反で逮捕
何でも、9月8日午後5時40分ごろ、秋田市内のリサイクルショップで、19歳女性客に後ろから近づき、スマートフォンで、女性の下半身を動画で撮影したというから、呆れるだけ。
女性警備員に取り押さえ、警察に突き出されたというから、スカタン。
しかも、その携帯電話の動画には、女性の足首(?)が映っていたというから、ウンザリ。
でも、どうだろう?
このみっともないスカタン警官の愚かな犯行を聞いても、何だか当たり前すぎて何とも感じないのは、東仙坊だけではないと思うが…。

■日本の崩壊を象徴する警察官の絶望的な不祥事

①8月10日、7月下旬ごろ、斜里町内の飲食店で飲み会に出席、酒に酔ったまま20代女性(?)を送り、その自宅に上がり込み、女性の体を触ったというから、言語道断。
その男の風上にも置けないトウヘンボク、北海道警斜里署長警視、柴田利幸(56歳)を、北海道警は更迭し、8月10日付で北海道警本部警務部付に降格。
9月6日、強制わいせつで釧路地検に書類送付したももの、女性が被害届を出してはいたが告訴がないところから(???)、釧路地検はなぜか証拠不十分と不起訴(?)とし、停職3ヶ月の懲戒処分
9月7日、依願退職
このアンポンタン、「署長としてあるまじき行為で、大変申し訳ない」とのたまわっているが、厳正に捜査し厳罰に処すべきでは?
それにしても、被害女性に対し、一体どれだけの圧力をかけたのか?
署長だからこそ、おそらくなりふり構わぬ脅しをかけたはず。
そこまでして体面だけを取り繕うと姿勢こそ、新たな性犯罪警官を生む原因に繋がっていると思うが…。
どうあれ、頭のグシャグシャに割れた警官がまた一人、罪に服することなく野に放たれたことは事実。

②9月6日、8月2日午後11時ごろ、札幌市の繁華街ススキノの歩道で、28歳女性に後ろからぶつかって尻を触って、北海道迷惑防止条例違反(ひわいな行為)で逮捕され、札幌簡裁から罰金30万円の略式命令を受けていた、北海道警高速隊警部、宮田敏美(55歳)停職1ヶ月の懲戒処分
9月7日、依願退職
この根っからのタワケモノ、「動揺して否認してしまった。被害者に申し訳ない」とほざいているというから、これまた厳罰に処すべきなのでは?

I think the police should impeach the crime of the police officer fairly(警察は、警官の犯罪こそ厳正に糾弾すべき)!

To be continued...






彷徨う大和魂-22   どうしてもくっつかない割れたコップ「亡国論」-1

Why doesn't the disgraceful affair of the police officer stay in saying that police official act as only this for enforcement of law and order and prevention of recurrence(これだけ警察幹部が、綱紀粛正と再発防止に努める言っているのに、なぜ警官の不祥事が止まらないのか)?

暖簾に腕押し、糠に釘、馬の耳に念仏。
今、何を言っても、何をしても、絶対に改心させることができないものは、3つ。
醜悪このうえない民主党保育園児政府、頭の芯までピンク色の教師ども、ワイセツが制服の警官ども…。
いくら反「Green Revolution(グリーンリボリューション)」を標榜し、ヒッピーを気取ったいた、東仙坊でも、懲りずにあえて糾弾するのも、ウンザリ。
それでも、今や、生きがいが、愛する日本のモラル再生、日本人らしい思いやりに富んだ社会を取り戻すことである以上、警察への信頼回復こそ急務と、改めて決意。
「お願いだよ、日本の警察。どうかその矜持だけは忘れないで!」と、またまた「どうしてもくっつかない割れたコップ」をプロファイリング…。

■直近の情けない警官の不祥事

①10月25日、通学途中の女子高生のスカート内をスマートフォンで盗撮したとして、京都府迷惑行為防止条例違反で逮捕され、罰金30万円の略式命令が出た、京都府警城陽署刑事課巡査、溝淵恭平(25歳)を、京都府警は、停職3ヶ月の懲戒処分
「好みの女性を見つけて興味本位でやってしまった。昨年10月京都駅で盗撮に成功し味を占めてしまった。100人は以上盗撮した」とのたまわっているから、何をかいわんや。
同日付で依願退職
盗撮した動画は、その都度消去しており(?)、スマートフォンに残されていたのは動画7本というのだが、果たしてそれだけなのか?
どうあれ、1年で100回以上の盗撮。
ほぼ3日で1回。
ターゲットを探す。
どうやって盗撮を実行するか考える。
成功して満足しながら、戦利品である映像を独り不気味に楽しむ。
そこそこだな!と、まだまだと消去する。
どうだろう?
一体いつ警官の仕事をやるヒマがあったのか?
どこをどう考えても、このギチャグチャに壊れたコップ、仮に瞬間接着剤でくっつけても、どこにも使い道がないのでは?
それより何より、こんなオタンコナス警官が、なぜ懲戒解雇にならないのか?
メチャクチャぬるま湯なのでは?
きっとオタンコナスは知らないだろうから、東仙坊、教えざるを得ない。
今、スペインの失業率は、25%超。
つまり、4人に1人。
大都市では、軒並み、40%超。
20歳以下では、50%超。
このオタンコナスの末路は、単なる犯罪者では?

②10月25日、京都府警は、交番勤務中に部下3人に暴行を加えるなどしたとして、京都南署地域課係長男性警部補(36歳)を、減給100分の10(3ヶ月)の懲戒処分
男性警部補は同日、依願退職
何でも、昨年4月~今年8月、自身が勤務する交番や隣接する交番内で、部下の26~34歳の男性巡査3人に対して、「このカス」などの暴言を繰り返し、頭を叩くなどの計8回暴行(??)。
8月13日、「交番内で警察官が殴られている」と匿名通報(?)が京都府警にあり、発覚したというから、凄くミステリー(?)。
それにしても、確かにセクハラ、パワハラ、モラハラは論外でも、「態度を注意しても改善が見られなかったので厳しくしてしまった」というこの小林旭的警官、一体何が問題なの?
部下の頭を叩くことのどこが許し難い暴力なの?
逆に、どんな叩き方をしたの?
学校のイジメじゃあるまいし、イジメっ子だけが悪いの?
警察って、そんなにぬるくて甘い組織なの?
そうやって卑屈にもみ消しているから、全体が弛緩してしまうのでは?
怒られていた3人も相当レベルが低いのでは?
実際、その3人とは別の京都南署地域課員から暴行の報告を受けながら(?)、十分な措置を行わなかったとして(?)、京都南署地域課課長代理男性警部(40歳)も戒告の懲戒処分を受けたというから、ワケワカメ?
どうあれ、こうして気概のあるアタリ(?)警官は減っていくのでは?

③10月25日、静岡区検察庁は、部下が盗撮事件の容疑者になっているのを知りながら必要な捜査をしなかったとして、犯人隠避で4月に書類送検され懲戒免職になっていた、元静岡県警磐田署長、松嶋勝己元警視(58歳)を略式起訴。
静岡簡易裁判所は同日、罰金20万円の略式命令を出し、恥知らずのルーザーは即日納付。
それにしても、この恥知らずのルーザー元警視、別の部下が関与したとされる詐欺や窃盗事件を静岡県警本部に報告しなかった容疑でも書類送検されたが、この分については起訴猶予というから、開いた口が塞がらない。
どうあれ、昨年2月、部下が女性のスカート内を盗撮しようとした容疑者であると知りながら、必要な捜査をせず、事件を隠蔽したというから、根っから性根の腐った保身オトコ。
どうだろう?
こんな情けなくてみっともない恥知らずのルーザーが署長をやっているのだから、今の警察のテイタラクの実態も容易に見えてくるのでは?

Because we indulge the police officer with a child, such a critical asshole would become a police officer(警官も人の子と甘やかすから、危ないタコほど警官になる)!

To be continued...


新・新日本砂漠化-90  覚醒剤取り上げられ「サンバ・カ」!?

The great foolish woman who travels and takes her ease, and is gonna make money will be reflected slowly and carefully in a grate(旅行してラクして稼ごうとする大バカオンナは、鉄格子の中でじっくり反省させよう)!

東仙坊、平和ボケ、リアリティ欠如のオコチャマ民族、日本を象徴するような軽佻浮薄で無思慮な女子学生がいることを憂慮し、新・新日本砂漠化-83  キレもコクもないコーヒー豆の運び屋女子大生!?
を書き込んだ。
好きな海外旅行をしたうえ稼げるなら、何でもいいとばかりにウガンダからの覚醒剤密輸の運び屋になって逮捕された東京外国語大4年女子学生、渡部由香理(24歳)を糾弾した。
実は、その事件の続報がある。

10月2日、大阪府警薬物対策課などは、その覚醒剤密輸を渡部由香理に依頼したとして、東京都小平市小川町に住む、派遣社員、吉田冬華(23歳)を、覚醒剤取締法違反(営利目的密輸)で逮捕。
10月2日、大阪地検は、即刻、起訴。
その大バカオンナ、「荷物を運んでほしいと頼んだが、覚醒剤とは知らなかった」ととぼけているというから、言語道断。
その自宅から、覚醒剤が発見できなかったというから、本物のプロフェッショナルの運び屋。
背後に巨大密輸組織があることは確実。
ヘタに自供したら命が危ないだろうから、簡単に口を割るはずはないはず。
せいぜいシンガポールやタイ並みにとは言わないまでも、重罪に処すべきでは?
そこで、俄然、気になるのは、大バカオンナの「女子大生運び屋組織」作りのノウハウ。
何しろ、大バカオンナが卒業したのは、津田塾大。
しかも、在学中に入っていた「サンバ」ダンスサークル仲間ら約10人に電子メールで「ウガンダから荷物を持って帰るだけで、1000ドルの報酬がもらえる」とウガンダへの渡航を持ちかけていたほか、5月と7月には自らウガンダに2回渡航していたというから、本格的。
実際、大バカオンナは、同じ大バカオンナの渡部由香理と、4年前にその「サンバ」ダンスサークルで知り合っていたというから、相当な余罪があるのでは?
ちなみに、渡部由香理も、「中身が覚醒剤とは知らなかった。海外に行くから語学も必要で、それくらいの報酬はもらえると思った。コーヒー豆は土産として、ウガンダのスーパーで買った。代金は向こうで会った黒人が払った」と恥ずかしくてみっともない陳腐な言い訳をしていたはず。
また、サンバとドラッグの国ブラジルへの渡航歴もあったはず。
どうやら、逮捕された場合のマニュアルがあるのか?
子どもだって、そんなオイシイ話が世の中にあるはずがないとわかるのでは?
ほんの少しの本当の教養があったら、どこかアブナイ話と感じるのでは?
そんなことより何より、気になるのは、この大バカオンナが津田塾大卒業後も、キャンパスのある東京都小平市に住み続けていたことと、その津田塾大の「サンバ」ダンスサークル。
ウガンダ見方をすれば、「女東大」と呼ばれる津田塾大の学生なら、税関もスイスイだったのでは?
もっとも自己名義のクレジットカードを使って航空券などを手配したり、わずか現地滞在期間2日の日程を組むようでは、やはり大バカオンナでは?
その意味で、110年も前に、家政学が中心だった官制良妻賢母育成女子高等教育制度に疑問を抱き、「自ら学び、考え、行動せよ」とパイオニア的学問重視女子高等教育機関を立ち上げた津田梅子も、呆れ果てるだけでは?
ところで、津田塾大の「サンバ」ダンスサークルが参加している「GRES união dos amadores(グレミオ・ヘクレアチヴォ・エスコーラ・ジ・サンバ ウニアン・ドス・アマドーリス)」という「関東学生サンバ連合」も、一度厳格に捜査すべきでは?
その「ウニアン・ドス・アマドーリス(素人たちの集まり)」が素人の覚醒剤運び屋集団だったら、シャレにならないのでは?
この場合、「サンバ」は、もちろん、助産婦の産婆ではなく、「覚醒剤取り上げられオンナ」、単なる「サンバカ」…。
どちらにしても、その自立心から積極的にイージーに覚醒剤密輸の運び屋になる大バカ女子大生どもに知らしめるためにも、5月30日、渡部由香理同様、ウガンダのエンテベ国際空港からUAEを経由し、エミレーツ航空で関西空港に覚醒剤約7.9kg(末端価格約6.3億円)を密輸したとして、大阪府警関西空港署に、覚醒剤取締法違反(営利目的密輸)で逮捕された、愛知県名古屋市東区徳川に住む、貴金属店女性従業員、首藤泉(27歳)の裁判経過や判決を公表すべきでは? 
何しろ、旅客機を使って単独で関西空港にスーツケースに入れたコーヒー豆袋20袋に隠して持ち込んだ覚醒剤押収量としては、1994年の開港以来最多というのだから…。
どうだろう?
それ以外に手立てはないと思わないか?
旅行してラクして稼げるなんて本気で思ってしまう大バカ女子大生には?
それとも、いっそのこと、日本も死刑にしてしまえば…。
そのくらいの重罪なのでは?

The stimulant smuggling criminal should deal with a world ordinary grave offense(覚醒剤密輸犯は、世界並みの重罪に処すべき)!

新・新日本砂漠化-89 誰もが創れる「顔面蒼白本」!?

Might it be merely coincident that a recent murder victim and murderer have many facebook users(最近の殺人被害者や殺人者にfacebook利用者が多いというのは、単なる偶然か)?

東仙坊、モラル完全崩壊の日本を1億2千万人「総保育園児化」と、糾弾し続けてきた。
そして、本来、目と目で静かに落ち着いて見つめ合っての「阿吽の呼吸」を美学としてきた日本人にとって、SNSなどによるこのバーチャルなリアリティの乏しい関係の時代になって、いよいよ「総赤ちゃん化」になるのか?と危惧してきた。
こと自分自身に関して言えば、ダウンロードさえまともにできない以上、「胎児化」と言っても過言ではない現状…。
それは、今回の「遠隔操作ウイルス」に感染したパソコンが、自分の知らないところで卑怯で卑劣な犯罪に利用されてしまうという現実を知って、ますます憂鬱。
いくら「自分の身は自分で守る」が信条でも、早々と白旗。
もっとも絶望的な気分にはなってはいない。
理由は2つ。
簡単に誤認逮捕されないだろうし、やってもいない罪を死んでも認めたりはしない。
それと、全国約260ヵ所のパソコン教室「わかるとできる」90万人超会員の大半が初心者で50代以上が7割、ヤマダ電機「ヤマダパソコンスクール」ネットセキュリティー講座生徒約1万人の大半が初心者で60歳以上が7割という事実。
第一、見知らぬメールやURLを開封してはいけないというが、URLが何だかわからないのだから、心配無用。
事実、このブログだって、原稿をアップする以外、すべてのコントロールは、信頼する元部下にオンブにダッコ。
情けないやらみっともないやら…。
こんな実情だから、facebook利用を勧められても、「顔本って、何?」というアリサマ。

もっとも、そのfacebookの方が、「遠隔操作ウイルス」よりも何倍も恐ろしいコトが起きるというから、ますます困惑。
9月21日、オランダ北部の人口約1万8千人のハーレンで、16歳少女が自分の誕生日パーティーに親しい友人だけを招くつもりで、facebookを通じ招待状を掲載公開。
ところが、その対象を特定しなかったために(?)、約3万人の利用者が招待状を見てしまった。
また、閲覧者の中に少女のメッセージを勝手に書き換え(?)、高校生が自宅で友だち2人と開いた誕生会に大勢が押しかけ大混乱に陥るというUSAコメディー映画「プロジェクトX」の内容などを引用し、少女の家に集まり大騒ぎするよう呼び掛ける悪ふざけがあったから、大変。
その結果、その少女の誕生日パーティーに何と約4千人もが殺到。
ハーレン当局が帰宅を呼びかけ、バスも数台用意したが聞き入れられず大混乱に…。
そして、一部が暴徒化、路上の車やパトカーや救急車に放火したり、商店を襲撃し略奪したりで、町は騒然。
出動した約600人の機動隊に投石するなどして抵抗。
35人が逮捕され、2人が重傷を負うという最悪の結末に…。
しかも、集まった参加者の中には何度も暴動を起こしている不届き者が混じっていたというのだから、もうメチャクチャ。
ところで、事前に自宅から避難して無事だったという少女、もしくはその家族は、それだけの大混乱を引き起こして、何らかのお咎めを受けたのか?
もしくは、その後平穏に暮らしているのか?
凄く興味を抱いているのは、東仙坊だけではあるまい。
それにしても、ちょっとした誤操作が、そんな大混乱を生むとは怖くないか?
オランダでは、翌9月22日にも、中部ハウダで交流サイトに誤って流されたパーティーの招待状に2万人が応じる騒動があったというから、ハンパじゃない。
また、6月には、ドイツ南部でも、18歳男性の交流サイト上のパーティーで呼びかけに3000人が応じ、150人が集まって一部が暴徒化したというから、開いた口が塞がらない。
どうだろう?
やっぱり、交流サイトとかSNSの方が、いろいろな意味で怖いのでは?
どうあれ、最近の無念の被害者たちや卑怯で卑劣なホシどもが、FacebookやSNSを利用していることだけは、真実だと思うが…。

Are you made to take what kind of responsibility if you cause reckless driving terrorism by erroneous operation of facebook(facebookの誤操作で、暴走テロを招いたら、どんな責任を取らせられるのか)?

プロファイリング-24  島根県松江市26歳女性車ごと失踪事件-追補!?

When a loach has the prime minister, does a police officer become the ladle(ドジョウが首相をしていると、警官がオタマジャクシになってしまうのか)?

東仙坊、最近、テレビのリモコンも肌身離さない。
テレビで、ドジョウを観ると、日本が明日にも滅亡するような気がして仕方がないからに他ならない。
再三指摘してきたが、政治屋などいくら無能でも構わないが、ここまで情けなくてみっともないと、さすがに絶望的な気分になる。
個人的には、国防、外交、広告、警察さえしっかりしていてくれれば、何とかしばらくは持つと楽観的でいたのだが、肝心の警察がここまで劣悪だと、かなりヤバいかも…。
今回の「愛知一宮女性業務用冷凍庫死体遺棄事件」で明確になったのが、モラル完全崩壊の現代のサイコパスは、単に女性を拉致し殺害し遺棄してしまうということ。
その意味では、ますます迅速な対応するしか女性の命を救う方法はないのでは?
そ、そ、それなのに、なぜ我が国の警察は、遺体探しのような捜査しかできないのか?
そして、何も捜査していないワケではないとばかりに、卑屈に捜査員動員をただ繰り返して税金をムダ遣いしているだけでは?
凄くオカシイと、地団駄踏んでいるのは、東仙坊だけではないと思うが…。

10月26日事件発生から3年を迎えた「島根女子大生バラバラ殺人事件」。
それで、島根・広島両県警合同捜査本部が、ホシが空き家や廃屋を利用した可能性もある(???)と、島根県西部や広島県との県境付近を中心に約8000棟の捜査を始めたと聞いて、思わず失笑していた。
「ダ、ダ、ダメだ。こりゃ…」
それはそうだと思わないか?
そんな捜査は、3年前にとっくにやっていると信じていたのに…。
そ、そ、そうしたら、今度は、その不幸極まりない被害女子大生が最後に目撃されたアルバイト先のショッピングセンター従業員通用口の前に、白い不審なセダンタイプ車が止まっていたという情報が流れてきた。
しかも、車はトヨタの旧式マークIIだというのだから、唖然呆然。
それはそうだと思わないか?
2009年10月26日午後9時16分ごろ、アルバイト先の浜田市内のショッピングセンターを被害女子大生が退店したのを防犯カメラで確認していたはずでは?
つまり、捜査のキモになる場所、拉致現場といっていいほどの場所。
そんな重要な情報が、なぜ今ごろ出てくるの?
も、も、もしかして、東仙坊が危惧するように、今回の「島根県松江市26歳女性車ごと失踪事件」と何らかの関わりがあるの?
どうあれ、被害女子大生の学生寮まで約2.5㎞の帰宅ルート付近で発見された彼女の「左足用の靴」のDNA採取はちゃんとやったの?
遺体に付着していた広島県三次、安芸高田、東広島、呉、三原の5市で1995年初め配布されていたNTT電話帳配布用ポリ袋片のDNA採取や指紋検出はやったの?
想像力や創造力を駆使して創意工夫した捜査をしているの?
それを精緻な科学力で裏づけたりしているの?
本当にしっかりしてよ、警察!と思わないか?

そういえば「島根県松江市26歳女性車ごと失踪事件」の夢見るネイリストの捜査上のことでも、どうしても理解できない点がある。
あれほど、夢見るネイリストの働く店付近の防犯ビデオ映像を公開しながら、午前2時過ぎ、松江市内で知人(?)を送ったのが本当に目撃の最後なら、その知人の家の場所をなぜ公開しないのか?
また、夢見るネイリストの車が、勤務先の飲食店から約2㎞離れたNシステムで確認されているなら、なぜその場所を公開しないの?
さらに、10月27日、約2週間ぶりに松江市の大橋川の捜索活動を再開したというが、何で前回ソナーを使ってなかったの?
本当に頭が腐っているのでは、日本の警察?

The ladle is froglet. It must be not the grandchild of the police officer(オタマジャクシはカエルの子。警官の孫ではありません)!
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード