Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

プロファイリング-39 和歌山白浜海岸水難事故偽装愛妻殺人事件1&2

In this era, you could never trust such guy who can say amazingly hard words(この時代、呆れるほどクサいセリフを言えるようなヤツは絶対に信用できない)!

■和歌山白浜海岸水難事故偽装愛妻殺人事件-1(?)

●東仙坊がプロファイリングする、今、日本人女性がこの事件から学習すべき点

東仙坊、男女のそれぞれが人間として成長してから結婚すべきだし、子作りをすべきと確信している。
無論、人間として未熟なままで結婚したり子作りしても一人前になれる親だってごく稀にいることはいる。
しかし、それは奇跡に近いものと言っても過言ではない。
実際、文明国の晩婚化傾向は、メチャクチャ顕著。
最近では、フランスのような「事実婚」が増加しているとも。
自分たちのチョイスと意志によって婚姻届を出さないまま、全く法的手続きをせず共同生活をするというのも、それはそれで凄くコンビニエント。
法律上も2人の夫婦関係を示すものはなく配偶者控除のないが、いつ別れてもバツイチにもならないところは、実にモダン。
少なくとも、不倫のためや別れるための殺人だけはなくなるのでは?
東仙坊的には、それの方が精神的にソフィスティケイトされていないと難しいとお思うが…。
どちらにしても、少子化がナンチャラカンチャラだから結婚して子作りしなきゃという政府や官僚どもの大ウソに従う必要だけはないと思うが、どうだろう?
そんなことだから、ネグレクトや児童虐待が、それこそ、子殺しがやたら増加しているのでは?
そもそも、少子化問題は、おバカな政治屋どもが捕らぬ狸の皮算用的愚策の結果の税収が少なくなることへの心配だけ。
本気で考えたら、この狭い日本、明治初期の3千万人か、せめてその倍の6千万人ぐらいがベストなのでは?
とにかく、今日日、すぐ結婚しようと言い出すようなオトコはロクでもないヤツだけ。
日本の女性は、そのことを肝に銘じるべきだと思うが…。
②いくら精神が劣化したモラル完全崩壊のぬるま湯社会だからといって、気色の悪いほど詐欺師丸出しのクサい言動を軽々にするようなオトコは、間違っても信用するべからず。
その代表的な例が、これ。
「たびたびお会いするようになりましてから、ある日夜空にキレイな月を見つけ、そのとき思わずお電話をいたしました。その後もキレイな月を見つけますと、ウレシクなり、電話をおかけしています。アナタは私のことを月のように静かに見守ってくださる存在でございます。とても愛情深く、確たる信念をお持ちのところに、強く惹かれました」
こんなことを躊躇いなく言えるようなヤツとは絶対に結婚すべきではないし、逆に、それを聞いて何の違和感も覚えないようなヒトは絶対に結婚自体をすべきではないと思わないか?
③これこそが、今回の事件からの最大の啓示。
正式な夫婦だろうと、事実婚の夫婦のようなカップルだろうと、恋人同士だろうと、二人っきりでスキューバダイビングやシュノーケリングには絶対に行ってはいけないということ。
特に、お互いが受け取りの生命保険に加入している場合は、要注意。
というのも、もしかしたら水難事故を装ったカップルの間の保険金殺人は、今や定番。
昨年8月14日午後0時半ごろ、和歌山県白浜町椿の沖合で、スキューバダイビングをしていた、大阪市東住吉区に住む、食品販売業の69歳主婦が溺れているのを73歳の女性の夫(?)が発見。
病院に搬送されたが、まもなく死亡。
和歌山県警白浜署によると、死因は溺死だというのだが、こんな偶然、メチャクチャオカシイのでは?
ちなみに、砂浜から発見しにくい岩場付近で妻が夫に発見された場所の水深は約8m。
また、2人は20年以上前から一緒にダイビングをしていたというのだが???
さらに、いくらググっても、こちらはまだ夫は逮捕されていないようなのだが…。

Do you know that two incidents are occurring in Shirahama, Wakayama Prefecture(和歌山県の白浜で、瓜二つの事件?が起きていることを知っているか)?

プロファイリング-39 和歌山白浜海岸水難事故偽装愛妻殺人事件1&2

It must be absolutely necessary not to make two new memories for a wife who was cheated by her husband and made false(夫に浮気されて別れるコケにされた妻に新たな2人の思い出作りなど絶対に必要ない)!

■和歌山白浜海岸水難事故偽装愛妻殺人事件-1(?)

●現時点で知りうる限りの今回の事件の概要

②2017年7月17日、GCOUFODは、犬の面倒を看ていることもあって、クソッタレとの離婚協議のために、自宅マンションに戻ったとか。
そして、翌2017年7月18日、「これで終わりになるなら」とクソッタレと和歌山県の白浜に向かったとか。
③ここは、この事故?(実際は、事件)を伝えた報道のままに、表現しておきたい。
2017年7月18日午後4時50分ごろ、和歌山県白浜町の臨海浦海水浴場付近で、妻(28歳)が溺れているのを夫(28歳)が発見し一人で海から引き揚げようとしていたとか。
海水浴場の監視員が119番し、病院に運ばれたが妻は意識不明の重体。
現場周囲には、当時、他に人はいなかったとも。
和歌山県警白浜署によると、2人は一緒にシュノーケリングをしていたが、夫がトイレに向かった約10分の間に妻が溺れたとみられるとのこと。
事件直後、クソッタレは動かない妻の傍らで泣きながら、大声で妻の名前を呼び続けたうえ、病院で意識不明状態の妻の頬をさすりながら「キレイだよ」と言い続けていたとも。
しかしながら、GCOUFODは残念なことに2日後に亡くなってしまったとか。
④東仙坊、和歌山県警白浜署が、このクソッタレの夫のあまりのわざとらしさへの違和感を大切にしたことを、素直に絶賛したい。
◇事件当日は、小雨が降る悪天候で、客も少ない中で、砂浜から死角の岩場の影で妻が発見されているのである。
◇妻はスキューバーダイビング中級の資格を所持していたというのに、浅瀬で溺れていたというのである。
◇決定的な物証が、妻の司法解剖の結果。
事故死としては不自然なほどの多量の砂が妻の胃の中から発見されたというのである。
それはそうだと思わないか、溺れたら肺が水浸しになるので砂を吸い込むことはあり得ないはず。
⑤昨年4月19日、和歌山県警捜査一課は、殺人で、大阪市天王寺区堂ケ芝に住む、夫のキャバクラ運転手、野田孝史なるクソッタレを逮捕。
けれども、完全黙秘というから、男とは呼べないほどの最低のオトコ。
事実、妻を殺害した翌月には出会い系で女性を漁り、カーsex。
そして、殺害した妻のアクセサリーや香水もメルカリで販売していたというから、言語道断の人間のカス。
こうなったら、和歌山検察に、何が何でもGCOUFODの無念を晴らしてほしいと願うのは、東仙坊だけではあるまい。

●東仙坊がプロファイリングする、今、日本人女性がこの事件から学習すべき点

①我々人間は、間違いなく「ホモ・サピエンス(Homo sapiens:賢い人間)」の子孫である現生人類の子孫である。
と同時に、やはり、「ホモ・ルーデンス(Homo ludens:遊戯人)」でもある。
ということは、人間はよりインテレクチュアルならなければならないし、いかなることに対しても遊び心をなくしてはダメ。
となると、経済力がどうこうということではなく、知的なセルフコントロールの中で、自分の愛する相手を養えないような状況で結婚などしてはいけないし、我が子に十分な食事を与えてあげれないようでは子どもを産んでなどいけないのでは?
誰もどうせ言わないだろうから、東仙坊、声を大に言わざるをえない。
それは、かねてから二言目には「人道」という言葉を持ち出す方々にぜひ聞いてみたかったこと。
例えば、シリア、アフガニスタン、ナイジェリア、スーダン、ミャンマー、ホンジュラスなど、生活を満足にできないような環境下で、子育ても満足にできないような状況下で、なぜ安易に結婚し子どもを作れるのか?
それはこの世界有数の産業大国で民主主義国家の我が国でも同じ。
人工中絶の問題の是非はともかく、少子化問題がこれほど言われているのに、なぜ2017年度でも年間約16.5万件弱の人工中絶が行われているの?
とりわけ、20歳未満で約1.4万件強も、15歳未満で約200件強も…。
そして、どうして日本人女性の15.5%が人工妊娠中絶を1回は経験しているの?
「相手と結婚していないので産めない」27.4%、「経済的な余裕がない」13.3%、「相手との将来を描けない」11.9%、「仕事・学業を中断したくない」7.4%…。
もちろん、中絶する女性も、その相手の男性も、相当苦悩したに違いないと思いたいが、男女間のリアルな話などほとんどそんなものなのでは?
だからこそ、頭の腐った厚生労働省が、女性の12.3%が「緊急避妊ピルを使いたい状況に直面した経験がある」と言っているのだから、アプリで緊急避妊ピル「ノルレボ錠1.5㎎」を販売できるようにしろ! 避妊失敗後72時間以内に服用することで妊娠を避けられる!と言い始めているのでは?

A man who couldn't give a satisfying meal to a loved woman and children shouldn't marry or make children(愛する女性と我が子を満足に食べさせられないオトコは、結婚も子作りもすべきではない)!

To be continued...




プロファイリング-39 和歌山白浜海岸水難事故偽装愛妻殺人事件1&2


The woman should know that the world is full of men who only think the woman only as a concave thing(世は女性を凹のモノとしか思っていないオトコだらけだと女性は知るべし)!

■和歌山白浜海岸水難事故偽装愛妻殺人事件-1(?)

●今回の事件発覚までのプロセス

③この女好きのクソッタレが、2015年、GCOUFODと結婚したことによって、その異常な性癖が治るワケもナシ。
それどころか、いつでも自分の自由にトイレのように使える妻なる存在を確保したことで、かえって生まれて初めて女性に対し独り善がりの自信を持ったはず。
しかも、妻は自分の好きな仕事に夢中なうえ定収入を確保する都合のイイ超便利な存在。
それゆえ、自分はペット用品会社勤務をしつつ、結婚した後も、同じペット系専門学校で知り合った別の女性と不倫をし続けただけでなく、結婚から半年後の2016年夏ごろに知り合った大阪府天王寺区堂ヶ芝に住むキャバクラで働く20代女性と真剣交際(?)を開始。
④2017年1月ごろには、コヤツ、夫婦が暮らしていた大阪市旭区清水の自宅マンションをほとんど空けた状態にし、その女性の家に入り浸り。
それに対し、妻は、我ら国民のお嬢さんかのように、「夫は仕事で家を空けるのよ」とか、「夫は優秀な営業マン。忙しいのでほとんど家に帰ってこないのよ」とノホホン。
それなのに、コヤツ、このころから、スマートフォンで、「完全犯罪 海水浴」、「殺人 海水浴溺れさす」、「殺人を水死に偽装する方法」、「事故死」、「溺死」、「事故に見せかけ殺害する方法」、「保険金殺人」などを検索開始。
⑤2017年5月上旬、コヤツ、大阪府枚方市で開かれた住宅見学会に不倫相手と一緒に参加。
その際に応じたアンケートで、不倫相手の女性がまもなく出産すること(?)、住宅購入費用の予算が3千万円程度であること(???)を記載していたというから、開いた口が塞がらない。
しかも、周りに、「交際相手の女性と新しい生活をしたい」とほざいていていたというから、GCOUFODにとってはイイ面の皮。
ちなみに、その不倫相手の女性も離婚調停中だったとか。
⑥2017年5月下旬、コヤツ、自分を受取人にして、妻を2つで総額5000万円になる生命保険にnet上で加入させていたとか。
⑦2017年6月、妻が夫と不倫相手の女性が一緒に写った写真シールを発見。
それも、その女性が妊娠しているのを知った妻は、マンションを出て大阪府内の実家に戻り、両親に「離婚するかもしれない」と言っていたとか。
⑧2017年7月、コヤツ、妻の実家を訪れ、妻と妻の両親に、「交際相手の女性と別れる」と謝罪したとか。
そして、その一方で、交際相手の女性には、「妻とは7月末までに離婚する」という誓約書を渡していた(???)というから、何をかいわんや。
どちらにしても、このとき、妻であるGCOUFODの儚い運命はクソッタレに決定されていたのでは?
その意味で、犬や猫の気持ちが理解できるなら、GCOUFODは悪魔の化身のようなコヤツの気持ちも察するべきだったのでは?
それはそうだと思わないか?
コヤツ、妻を殺害後、勤務していたペット用品会社から2017年10月~11月にかけて30万円あまりの商品を横領しメルカリで販売したばかりか、そのペット用品会社を辞めてからも2017年12月~2018年3月までに転売目的でペット用衣類などを盗んだ窃盗として、2017年12月、3度も窃盗などで大阪府警に逮捕されていたというのでは?
もっとも、そのせいで、生保会社に保険金の受け取りに必要な書類を請求していたものの保険金請求はできなかったというから、やはりお天道様は見ていたのでは?

●現時点で知りうる限りの今回の事件の概要

①クソッタレと無念のGCOUFODの夫婦にとって、和歌山県の白浜は2人でダイビングによく行く場所だったとか。
実際、2人は、ほぼ毎年、この海岸でシュノーケリングやスキューバーダイビングをエンジョイしていたとも。
しかも、2人とも、水深30mまで潜れるスキューバーダイビング中級の資格を持っていたとも。
もちろん、それゆえ、2人とも白浜に精通していたとか。
さて、2017年7月、LINEで何度も何度も別居中の妻に、「白浜へシュノーケリングに行こう」と誘っていたとか。
そして、そのアプローチ・メッセージには、「思い出の場所」とか、「思い出作り」といったような甘い文言で溢れていたとか。
それでも、GCOUFODは、最初、頑なに断っていたとか。

For man who couldn't let own wife eat, the qualification to marry must be pear(自分の妻を喰わせられないようなオトコに結婚する資格はナシ)!

To be continued...









プロファイリング-39 和歌山白浜海岸水難事故偽装愛妻殺人事件1&2


Even though I have something to do with my classmates, I didn't feel like marrying that girlfriend once...(同級生といくらつき合うことがあっても、その彼女と結婚しようなどという気は一回も起きなかった)!

人と人が出遭い、何とも言えないフィーリングを覚え、ときめいたりドキドキしたりして、思慕の念、恋心を抱いたりするようになるのも、ごく自然。
そして、そのトライ&エラー、いわゆる試行錯誤が人を少しずつ成長させるもの。
ということは、逆説的に、人とあまり出遭えなかったり、人から何のフィーリングも感じなかったり、それこそ、ときめいたりドキドキすることがあまりないと、かなり人間として未熟のままとも言える。
ともあれ、人と人との出遭いの蓋然性をかなり高めてくれるのが、学校。
まあ、イヤでも摩訶不思議な時間というものを一緒に共有する多くなるのだから、それも当然。
そして、その学校も、小学校、中学校、高等学校、大学、専門学校などと、エイジが上がれば上がるほど、その単なる蓋然性を必然のように錯覚しがち。
その意味でも、どのエイジの学校でも、人と知り合って結婚をしようとまで思い詰めたり昇華してしまうのは、本当にスモールワールドに身をおくことになると思うが、どうだろう?
どちらにしても、人間としての成熟がないと、学校で出遭ったロクでもない相手を運命的な相手と思い込んでしまう愚を犯しがちになるのでは?
夫が自殺し住宅ローンが消えたものの基本的に金に困ったとあるシングルマザーが、一人息子をエサにして一攫千金の玉の輿の一本釣りを企む。
もちろん、そのためには自分が美人局型従軍慰安婦(?)になるも、詐欺師になることすら厭わない。
だから、ヨダレを垂らしたオトコを喰うのは日常茶飯事。
そして、エサである大事な息子に現代の無知な女性たちが歓びそうなハクをつける。
年間200万円以上の学費がかかる「カナディアンインターナショナルスクール」、「ICU」、そして、海外留学…。
そ、そ、そうしたら、思い通りに極上のオトコを知らなすぎる無辜の女性を獲得する。
それも、1日の警備代だけで約500万円以上の税金という正真正銘の玉の輿の結婚話。
ところが、この情報化社会、瞬く間に母親の結婚詐欺的借金踏み倒しがバレる。
す、す、すると、結婚の期日を伸ばし、一人海外逃亡。
それも、渡航費用も、向こうでの家賃も、年間数十万円の教科書代も、生活費も、健康保険料も、年間最低限で9万ドル(約1000万円)超かかると思われるコストのすべてを年収300万円の勤務先の弁護士事務所(?)が負担。
そのうえ、フォーダム大学ロースクール年間5万9500ドル(約660万円)の学費まで奨学金により全額免除。
さらに、弁護士事務所のアドバイスとは思えないような文書での釈明文を発表。
東仙坊、キサマの心配などこれっぽちもしていないと憤慨しつつ、コヤツをここまで強気にさせているのは、現代らしく世間知らずの国民のお嬢様、コヤツにリベンジポルノに使われそうなネタを持たれてしまっているな…と、心配。
それで、急に思い出して、ググったものの、その後の事件の進捗、イヤイヤ、裁判の進捗が全く不明な奇っ怪な事件がある。

■和歌山白浜海岸水難事故偽装愛妻殺人事件-1(?)

●今回の事件発覚までのプロセス

①大阪府に、野田孝史なる典型的な女好きのクソッタレがいたとか。
昨年4月19日、和歌山県警捜査一課に殺人で逮捕されたときが、29歳だったから、おそらく現在は30歳(?)。
コヤツ、高校在学中に女子トイレを盗撮し停学処分を受けていたというから、その程度のオトコ。
②コヤツ、大阪市内のペット関係専門学校に通学。
そこで、妻になる女性(便宜上、「GCOUFOD: Girl Can Only Understand Feelings Of Dog」と呼ぶ)と出遭ったとか。
GCOUFODは、高校を卒業後、そのペット系専門学校に通いながらドッグランフィールドinOSAKAのカフェでアルバイト。
そして、卒業後に就職し、事件当時は店長になっていたというから、オーナーの信頼が厚かったのでは?
ということは、コヤツの狙いはハナから彼女のカラダと彼女のアルバイト代だったのでは?
また、彼女、職場には、いつも自分の愛犬のチワワとポメラニアンを連れて出勤していたとも。
それから、2015年11月、大阪市内での2人の結婚式では、ディズニー映画「ムーラン」の「リフレクション」を流し、彼女の愛犬のチワワ「ちくわ」とポメラニアン「きなこ」にブーケを運ばせたとか。
さらに、このとき、GCOUFODは自分の友人に、「28歳で子どもを産みたい」と言っていたというから、実にアイロニカル。

Even if she can understand the feelings of dogs and cats, she couldn't see the true nature of a man(犬や猫の気持ちを理解できても、オトコの本性を見抜けないく女性が多くなっているのでは)?

To be continued...













profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード