Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

検証プロファイリング 19歳名古屋大女子大生高齢女性殺害事件-追補-2


Why is a female college student of such a psychopath born in Japan where compassion is aesthetics(思いやりが美学の我が国で、なぜこんなサイコパスの女子大生が誕生してしまうのか)?

東仙坊、世界一のお人好し国民だったはずの我が国で、世界的なレベルの正真正銘のソシオパスやサイコパスが誕生していることをメチャクチャ憂慮している。
これもそれも、我々日本人が、自分たちへの裏切り者をことさら糾弾することは、どこか自分の恥辱でもあると感じてしまうという我々の本性が大きく影響している。
確かに、世にパーフェクトな人間など一人もいない。
我々を裏切ったヒトだって、偶然心にもない一面を晒してしまい、その結果、たまたま運悪く我々を裏切ることになってしまっただけと許容するしかない。
それこそが、とかく人を責めるよりも自己を責めようとする我々日本人の美学でもあった。
しかしながら、市場原理主義に犯され、自分の懐を暖めてくれる利益団体の利益のみを図る政治屋どもと無知蒙昧でジコチュウな民衆どもしかいなくなったこの人工的な世界では、人間として極めて未熟なソシオパスやサイコパスがワンサカ誕生してしまうのは必然でもある。
その意味で、独り善がりの子どもっぽいナルシストで、友だちもいなく、すべてが金、金、金の口八丁の詐欺師的アンポンタンでしいかないドナルド・トランプのようなヤカラも、世界中にゴロゴロ。
我々日本人の中にも、小沢一郎、鳩山由紀夫、菅直人、河野洋平などとゾロゾロ。
とりわけ、サプアのためのバットマン、河野洋平にいたっては、今や完全にただの国賊。
我々の無能なマスメディアも、ドナルド・トランプをどうこう言うヒマがあるのなら、老人ボケの河野洋平にこれ以上余計なコトを言うな!と指弾すべきときなのでは?
何しろ、この売国奴、1月27日、講演会(?)で、「慰安婦問題を他の問題に拡大させているのは日本だ」と批判したとか。
どうだろう?
紛れのない本物のソシオパスなのでは?
そして、サイコパスと言えば、前回取り上げたばかりの日系ブラジル人オーイシ・ケティ・ユリ(大石ゆり? 32歳)を筆頭に、現在、裁判員裁判の真っ最中のこのうえなく不気味な名古屋大女子学生(???)。
そう、東仙坊、検証プロファイリング 19歳名古屋大女子大生高齢女性殺害事件で取り上げた、大内万里亜なるマスキュリン・バージン。
何しろ、6つの事件で起訴されているために、いまだに裁判中というから、ビックリ仰天。
①「子どものころから人を殺してみたかった」と77歳女性を斧で殴ってマフラーで絞殺。
②「誰でもよかった。2人に恨みはなかった。タリウムを飲ませて観察したかった」と中学の同級生女性と高校の同級生男性にタリウムを混入。
③「焼死体が見たかった。葬式で見れると思った」と同じ家に誤認で2度放火。
そして、ようやく伝わってきたその裁判の様子…。
弁護側尋問「どうして犯行に及んだのか?」
「人の焼死体が見たかった」
「焼死体は人ですか? それとも人とは異なるイメージですか?」
「物というイメージ」
検察川尋問「なぜ深夜に犯行を?」
「人通りが少なく、住民が寝静まっているから」
「高校の制服を着て犯行に及んだのは高校生の犯行と見せかけるためですか?」
「それは考えていませんでした。高校の制服が好きだったので、帰省してからはずっと着ていました」

どうだろう?
我が国の今の司法の力では、本当の解明などほとんど不可能なのでは?
もっとも、この本物のサイコパスオンナの蛮行を食い止めるチャンスは、1度あったとか。
2012年5月下旬、父親がコヤツを連れて実家近くの警察署に「娘が危険な薬品を所持している」と3種類の薬品を持って相談。
薬品は、硫酸銅、水酸化ナトリウム、亜硫酸ナトリウム。
それに対し、コヤツ、「理科の実験をするために買った」などと釈明。
宮城県警は薬品を預かり、成分を調べたが、いずれも学校の化学実験などでも使用する薬品だったため口頭注意ですませたというのである。
そ、そ、それなのに、コヤツで通う高校で不可解な事件が2回も発生しているのに、なぜコヤツにたどり着かなかったのか?
本当に情けなくてみっともないと思わないか?
どちらにしても、ドナルド・トランプのようなヒトびとはそこら中にいることだけは確か。
人の国の大統領に構っているヒマなどどこにもないと思わないか?

In the world where there is anything for money, Socionpath and psychopaths are easily born(金のためなら何でもありの世界では、簡単にソシオパスやサイコパスが生まれる)!











検証プロファイリング 19歳名古屋大女子大生高齢女性殺害事件-追補-1

The case that the lipid of the woman becomes the cruel murder desire must be extremely rare(女性のリピドーが、残酷な殺人願望になるケースは、極めてマレ)!

東仙坊、女性をとにかく畏敬している。
その理由は、たった1つ。
その軀の中に、摩訶不思議な「宇宙そのもの」を持っているからに他ならない。
そのせいで、生きている限りの唯一無二の絶対真実である「死」さえ恐れないですんでいるかのように思える。
そして、いつも貪欲なほど生きることに前向きで、ときには切なく思えるほど戦うことさえ恐れない。
まさに、動物でありメスでもある。
それでいて、どこか人や社会に貢献し美しく死にたいかのように思っているのでは?と思えるときがあるから、ますます不可解。
どちらにしても、女性のメンタリティにとっての人生最大の岐路は、初潮のときの意識。
つまり、その得体の知れないリピドーとの対峙の仕方。
女としての本能に目覚めて、ビジュアル的に魅惑的になって、メンタル的にもフィジカル的にもそれこそエコノミカル的にも男を歓んで受け入れる女になるか?
そのオドロオドロしい超現実に抵抗し、メンタル的にもフィジカル的にもエコノミカル的にも男をアテにしない自立した女になるか?
どうあれ、自分の女としての本性の意識が、自殺のような美しくない死を忌み嫌い、同じように殺人という美しくない行為を忌み嫌うようになるのが、自然。
では、なぜ昨今、女性の本性に反するサイコパスが生まれるのか?
それは、必要以上にビジュアル的魅惑の魔力に、女性自身がハマってしまっているから。
しかも、とても短絡的かつ表層的に…。
それもこれも、無知蒙昧で軽佻浮薄な世の中のムード、大きな流れのせい。
その典型こそが、、大内万里亜なるマスキュリン・バージン。
そう、検証プロファイリング 19歳名古屋大女子大生高齢女性殺害事件で取り上げた名古屋大学の女子大学生。
さて、そのマスキュリン・バージン、いまだにかなりの余罪の捜査対象!!!
①高校2年生だった3年前、2012年5月~6月、地元の宮城県で同級生2人に劇物の硫酸タリウムを飲ませた殺人未遂で、再逮捕。
1人目の被害者は、高校の同級生で、2012年4月ごろから6月上旬ごろまで隣の席だった男子生徒。
教室が無人になるときを狙って彼のの持っていたペットボトル飲料に硫酸タリウムを混入したとか。
2人目の被害者は、中学時代の同級生で別々の高校に進学してもも親しくしていた女子生徒。
2人でカラオケに行った際に、ドリンクに粉末状の硫酸タリウムを混入したとか。
その結果、彼は2012年6月ごろから体調を崩して両目の視力が著しく低下し、「体中が原因不明による激痛であったため精神的にも物凄くツラかった」と2012年10月に入院。
病院が原因をタリウムと特定し、宮城県警も彼の視力低下はタリウム摂取による中毒症状の可能性が高いと鑑定したために、2013年2月、傷害の被害届を受理。
その直前の事情聴取で、彼はマスキュリン・バージンの名前を挙げて「白い粉を同級生になめさせているのを見た」と話したというのに、宮城県警捜査員は聴取の記録に残していなかったというから、開いた口が塞がらない。
それだけじゃない。
宮城県警の捜査過程ではマスキュリン・バージンの名前は一度も挙がらなかったとか。
メチャクチャ怠慢だと思わないか?
その事件直前の2012年5月、マスキュリン・バージンの父親が「娘が化学薬品を持っている」と地元の宮城県の警察署に相談しているというのでは?
それで捜索し、マスキュリン・バージンの手元に劇物もあったが所持自体は法律に触れないと、薬品を持ち込んだ父親に返却しているというテイタラクなのでは?
また、飲食物などを通じて間接的にタリウムを摂取したのか彼の母親からも微量のタリウムを検出したというのでは?
一方、中学の同級生の彼女の方も、腹痛や脱毛の症状が出て入院していたときに、マスキュリン・バージンは見舞いに訪れていたというのでは?
それにしても、宮城県警は、なぜマスキュリン・バージンに行きつかなかったのか?
単にマスキュリン・バージンの家庭に遠慮したというのか?
実際、同級生たちは、口々にマスキュリン・バージンについていろいろウワサしていたというのでは?「犯罪者になるか、ノーベル賞を取るか。両極端なイメージを抱いていた」
「オウム真理教などが起こした凶悪犯罪に強い興味を示していた。一方で理科の成績が抜群で、とにかく頭がよかった」.
「2008年6月に東京・秋葉原で17人が死傷した無差別殺傷事件のホシ加藤智大の名前を挙げ、周囲に好きと公言していた」
「自ら『危険な物』と呼ぶ白い粉末を校内に持ち込み、教諭から厳しい注意を受けていた」…。
ちなみに、その犯行に使用していたタリウム、18歳未満への販売が禁止されているので、母親の実家のある山形に遊びに行ったとき、一般薬局(すでに廃業)で、「18歳以上」と詐称して入手していたとか。
さらに、高校卒業後、手にした名古屋大の学生証を見せ、宮城の実家近くの薬局でもタリウムを購入していたというのでは?
また、マスキュリン・バージンの名古屋市内の自宅アパートからタリウムなど複数の薬品を押収したのでは?
どうあれ、「人を殺してみたかった。達成感があった」、「身近にいるので観察しやすいと思い2人に投与した。誰でもよかった。2人に恨みはなかった。タリウムを飲ませて観察したかっただけ」とうそぶくマスキュリン・バージンをなぜ放置できたのか?
いまだに視力が回復せず、特別支援学校に転校し、関東地方の大学に通っているという彼が、「日常生活に支障をきたすほど障害が残っているため許せない。元の体に戻してほしい」と言っているのを、マスキュリン・バージンはもちろん、宮城県警はどう思っているのか?
少なくとも、名古屋の77歳の高齢女性が死ななくてすんだのでは?
②6月5日、愛知県警と宮城県警は、マスキュリン・バージンを殺人未遂・器物損壊・現住建造物等放火などで3回目の逮捕。
何でも、昨年8月30日午前2時50分ごろ、東北地方の実家近くの仙台市青葉区の木造2階建て住宅で、「葬式に出れば焼死体が見られる」と灯油入りのペットボトルに紙を差し込んで、紙部分に火をつけ玄関横の濡れ縁側に置き、窓ガラス1枚を割ったとか。
その住宅では世帯主の67歳パート女性ら家族3人が就寝中。
近隣住民が、偶然パート女性宅の敷地で何かが燃えているのに気づき連絡、パート女性が消火し、110番通報。
幸いなことにケガ人はナシ。
マスキュリン・バージンは夏休みで実家に帰省中。
実家で500mlのペットボトルに灯油を入れるなどして事前準備。
そして、実家から約3㎞離れたパート女性宅に自転車でその火炎瓶を運んで実行したとか。
そ、そ、それなのに、昨年12月7日、名古屋市の自宅アパートで77歳を殺害した翌日、12月8日に宮城県に帰省し、昨年12月13日午前3時25分ごろ、再び同じパート女性宅の玄関扉の郵便受けに引火性の高いジエチルエーテルを流し込んでマッチで火をつけ、「知人を殺害しよう。焼死体を見たかった。逃走するためだった」というのだから、唖然…。
ちなみに、物音に気づいたパート女性がすぐに水をかけ、このときも玄関の木製の枠の一部が焼けただけで、誰にもケガはナシ。
また、そのいい迷惑の勘違い放火されたパート女性の住宅は、マスキュリン・バージンの通った中学校にも近くとか。
そして、購入に規制がなくマスキュリン・バージンが以前から所持していて放火に使ったジエチルエーテルの残りをすでに警察は押収。
さらに、マスキュリン・バージンは、パート女性と面識はなく、パート女性宅を同じ名字で近くに住む知人宅(?)と勘違いしての執拗さというから、一体どんな知人なのか?
しかも、違う家を放火したことについて、「あまり驚いていません」とのたまわったとか。
そのうえ、「高校時代に放火した」と他にもボヤを起こしていることを供述しているとも。
どちらにしても、このモラル崩壊の我が社会を象徴する本物のサイコパス、マスキュリン・バージン。
自分に何らかの好意やドキドキ感を与える人ほどターゲットにしようとしていることは、明々白々。
それはそうである。
誰が見てもワタシは醜いアヒル、冗談でも白鳥などに変わるはずもない。
こんなワタシに近づく人ほど魂胆があるに違いない。
きっと心の中でせせら笑っているはず。
ワタシは、誰も、何も、信じないし、愛さない。
ついついワタシも好きになりそうだから、絶対に許さない。
ウソツキは地獄に堕ちるがいい。
どちらにしても、最近、この手のサイコパスほど、自分の美しくないはずの死である自殺を選択しないから、東仙坊、かなりショック…。
これまた、ジコチュウ全盛の時代のせいなのか?
どうあれ、マスキュリン・バージンなるサイコパスの殺人願望は、勝手に絶望している性への衝動の反動。
つまり、人生で唯一死の恐怖をいつのまにか克服できるめくるめくsexを経験できないオンナのsex代わり。
そのリピドーのセルフコントロールの問題。
ともかく、6月16日、名古屋地検は、マスキュリン・バージンの検察官送致(逆送)を求める「刑事処分相当」の意見を付け、「家裁が全容を把握しやすくするために」と殺人や殺人未遂などで一括して家裁送致。
名古屋家裁は同日、2週間の観護措置を決定。
どうあれ、名古屋地検、「供述の特異性や未成年(?)という年齢を考慮して鑑定留置を名古屋簡裁に請求し、認められた。精神鑑定の結果、刑事責任能力がある」と判断したというのだが…。
どうだろう?
どこかいいようにマスキュリン・バージンに遊ばれていると感じているのは、東仙坊だけではあるまい。

As for the friend who sent goodwill to the girl who is a lump of the self-hate, it means the betrayer for the psychopath girl(自己嫌悪の塊である少女に好意を寄せた友人こそ、そのサイコパス少女にとっての裏切り者ということ)!































検証プロファイリング 19歳名古屋大女子大生高齢女性殺害事件-3

Oscar Wilde said “I am not young enough to know everything”(オスカー・ワイルド曰く「すべてを知ろうとするほど若くはない」)!

■19歳名古屋大女子大生高齢女性殺害事件

●東仙坊がプロファイリングするこの事件の不可解な点

①誰が何と言っても、表面的にこの事件で最も不可解なことは、自称犯罪マニアのサイコパスであるはずのマスキュリン・バージンが、約2ヵ月間も遺体を放置したことに尽きる。
ノコギリまで用意しておきながら一切本格的に遺体を始末しなかったばかりか、多少血痕を拭いただけで何もかも犯行時のままにして置いた意図。
何しろ、犯行直後ですら、たっぷりと時間があったはず。
それでいて、その遺体と殺害直後、警察の事情聴取のために名古屋に戻った際、2晩も一種に寝れた根拠は何か?
それより何より、警察が自宅アパートを任意でチェックさせてくれと言ったとき、なぜ拒む風情を見せたのか?
本当にハナから予定通りに逮捕されるつもりだったのか?
宮城県仙台市の実家では、今年1月に入ってすぐに玄関の表札が消えていたというのでは?
ということは、マスキュリン・バージン、今回の本当の殺害目的であったはずの理由から、すでに両親にその蛮行を告白したのか?
そうだとすると、両親はすぐに自首させたに違いないし、マスキュリン・バージン自身もそうしたはず。
となると、別の理由で表札を消したのか?
マスキュリン・バージンが言っていたように父親の経済的破綻で実家を手放すことにでもなったのか?
もしくは、両親が離婚することにでもなってその家を始末することにでもなったのか?
どうあれ、そうなってくると、この小賢しいサイコパスでしかないマスキュリン・バージンの狙いは精神鑑定での家庭裁判所に送致か?
「少年法マンセー!!!」に託しているということか?
実際、名古屋地検が精神鑑定を実施するとか?
放っておけば、マスキュリン・バージンはしっかり予定していた未成年のため、最長20日間の勾留期限内に家庭裁判所に送致。
そうなれば、時代にそぐわない少年法の16歳以上の未成年が故意に人を死なせた場合、原則として家庭裁判所から検察官に逆送することになっているが、ほとんどの場合、刑事責任が問えると成人と同様に起訴されることなく、大甘の医療少年院送致の保護処分。
そのためにも、あえて殺してポイだったとでもいうのか?
②マスキュリン・バージンは、再三再四、両親の窮乏をtwitterで仄めかしてきている。
「昨年11/3◆仕送り少なめ+生活必需品購入+薬品購入+ピアノ購入(?)+楽譜購入+専門書購入=肉なんて買ってられない生活」、「昨年11/18◆二年生になったら一般人になる」。
実際、昨年9月ごろ、応援団先輩男子学生(19歳)に、「親が破産して家計が苦しい(?)。休学することになった」と悩みを相談していたともいう。
しかし、東仙坊、それはその先輩を小バカにしたパフォーマンスだったのでは?と疑っている。
それどころか、その先輩をミスリードし利用しようとしていたに違いないと感じている。
その理由は、事件前に、「大家と家賃について交渉しないといけないので、12月7日の部活は休みます」と連絡しているというではないか?
それだけじゃない。
事件後の昨年12月9日、「突然ですが、来年度休学が決定しました。また、家庭の都合により、現在実家にいるため本日の練習には参加できません。乱文申し訳ございません。落ち着きましたら、再度連絡いたします」と、昨年12月11日、「お忙しい中失礼します。現状についてですが、しばらく復帰が困難です。来週中には戻れるように頑張ります。失礼します」とメールしておきながら、それ以後、彼の連絡に答えなかったというのでは?
「LINE」でのメッセージにさえ、答えなかったというのでは?
もっとも、親に明確な問題があったことも事実だとも確信しているが…。
それは、2歳年下の妹をも蛮行に巻き込もうとしていたことでも明白。
③2月7日、マスキュリン・バージンの蛮行現場である自宅アパートに、窓ガラスを割って何者かが室内に侵入したというから、開いた口が塞がらない。
本当に救い難い愛知県警。
では、この大バカ者は何をしに侵入したのか?
マスキュリン・バージンが歓喜の涙を流しそうなファンができたとでもいうのか?
どちらにしても、これが今の日本の現状なのでは?
その意味で、ISISファンもすでに相当いるのでは?
日本の有能な(?)マスメディアや売国奴政治屋どものせいで…。

●東仙坊がプロファイリングするホシの本当の殺害動機

①東仙坊、マスキュリン・バージンが自らサイコパスの道を選んだのは、両親を恨み切ったからに他ならないと確信している。
それは、1人の人間の価値評価が内面の高潔、清楚でしかないということを諭すことができなかった、ほぼネグレクトに近い状態だった未成熟な仮面夫婦の両親に起因しているはず。
そして、それに輪をかけたのが、画家である祖母の存在。
何もかもが浅薄でウワベだけ。
だから、ケアするのも外見やカタチ。
マスキュリン・バージンは自分の外観や外見に必要以上に劣等感を抱いてしまったはず。
ましてや、エコノミカルに恵まれた状況ゆえに、生まれながらにある種の錯覚したエリート意識だけは身についてしまったマスキュリン・バージンなのである。
それゆえ、ますます自分の美醜にこだわったことは間違いない。
「今日だけで4回も性別間違えられた」、「『あ、女です…』←この言葉、今日だけで7回は言った」、「…神様が悪ふざけで自分を作ったとしか思えない」、「高校生になったら暴走族に入ろうと小学生の頃マジで思っていた」…。
この鏡を見て、イジケてる様子は、ただただ幼稚では?
そこで、東仙坊、今さらながらに声を大に言わざるを得ない。
内面の美しさを身につければ、どんな女性でも本当に輝けるということを…。
それも、もっともっと人にやさしく寛大でありたいと懸命に努力し続ける女性は、どんどんその輝きが増すと…。
実は、その意味で、不運かつ無残に殺害された高齢女性、どこかマスキュリン・バージンの祖母に似ていたに違いないと直感している。
そう、マスキュリン・バージンは自分の祖母に似ていたからこそ、単なる劣等感の裏返しではない殺人願望をついに決行したと確信している。
なぜなら、不仲の両親を忌み嫌うマスキュリン・バージンは、お祖母ちゃん子だったはず。
そして、祖母の方も、マリアと名づけるほど可愛がったはず。
ところが、おそらく「マリアは可愛いね」とはマスキュリン・バージン本人に一度も言えなかったはず。
「いい子だ」とか、「賢い子」とか、「ピアノが上手な子」とは言ったかもしれないが、どうしても「可愛い子」とは言えなかったはず。
そうでなければ、本物のサイコパスを目指すマスキュリン・バージンのこと、ターゲットに祖母のような高齢女性などを選ばなかったはず。
と同時に、宗教勧誘に必死だった被害高齢女性も、「素直でいいお嬢さん」という対応をしても、マスキュリン・バージンに「美しい女性」というような対応をしなかったはず。
だからこそ、その集会で、他の信者たちがその質問攻めの中で、「キレイな(??)男の子ですね」と声をかけられ、瞬時にブチ切れ、低い声で「いえ、女です」と答えたはず。
正直、そのエホバの証人の一言こそが蛮行の直接の引き金になったと、東仙坊、確信しているのだが…。
また、これだけ少年犯罪に触れながら、北海道南幌町祖母&母刺殺事件の少女に一切触れていないことも、それを証明しているのでは?

②実は、東仙坊、高校時代の同級生へのタリウム投与事件こそが、 マスキュリン・バージンにとって本命の事件、勝負に出た事件だったはずと確信している。
その意味で、極論すれば、マスキュリン・バージンがそれを実行した宮城県私立聖ウルスラ学院英智高等学校、そして、それを捜査したという宮城県警の怠慢、無能さこそが、今回の副次的事件の主因だと言っても過言ではない。
それはそうだと思わないか?
学校にない化学薬品が使用されていたのである。
ということは、学校外から持ち込まれたか、どこかで手にしたヒトが近くにいるとみなすなのが、自然。
ましてや、その薬品の知識をこれ見よがしにひけらかせていた成績のよいマスキュリン・バージンがいたのでは?
少なくとも、その嫌疑者が「タリウム123」などというハンドルネームでtwitterを始めたという段階で、任意のの事情聴取ぐらいすべきだったのでは?
どうあれ、その段階で、任意でも持ち物検査か家宅捜査ぐらいはせめて徹底的にすべきだったのでは?
一方、マスキュリン・バージンの方もそれで逮捕されたかったはずとどうしても思うのだが、どうだろう?
どこかそう感じてしまうのは、東仙坊だけではあるまいと思うが…。
それ以上に、その蛮行の動機が肝心。
そこに、マスキュリン・バージンのすべての深層心理が凝縮されていると確信するからに他ならない。
そのターゲットになってしまったのは、マスキュリン・バージンにとっての間違いなく生まれて初めての淡い恋心の発露、仄かな愛情を覚える相手だったはず。
おそらく彼には失礼になるかもしれないが、彼は決していわゆるイケメンでもなく、凄く誠実な少年だったはず。
それゆえ、マスキュリン・バージンの眼はいつも彼に釘づけで、その一挙手一投足をじっとフォーカスしていたはず。
だからこそ、マスキュリン・バージンはどこか安心しつつ、何だかんだとアプローチしたはず。
ところが、残念なことに、成績のメチャクチャいいマスキュリン・バージンのアプローチをそんなに成績のよくない(?)彼は享受できなかった。
それどころか、どこか薄汚く雄々しいマスキュリン・バージンの不器用なアプローチをひたすら気色悪く感じてしまったに違いない。
それはそうである。
感情の起伏が激しく情緒不安定な少女のエモーションを受け入れられるほど、その少年が成長していたはずもなかったことは自明の理。
マスキュリン・バージンは、その片思いの失恋をすべて彼のせいにしたはず。
それどころか、裏切られた! 絶対に許せない!と卑屈極まりな性格のマスキュリン・バージンは、そのバカなプライドのままにそう勘違いしたはず。
その意味でも、もし彼に思慕する女子生徒がいたら、その女子生徒こそがタリウムの被害者になっていたはずと思うのだが、どうだろう?
それはそうだと思わないか?
ハナから単に薬品テロをしたいだけだったのなら、敬愛する徳勝もなみのように男子生徒に人気のある外見の可愛い女子生徒をターゲットにしていたいたはず。
実際は、もしかするとそれも発生していたかもしれないが…。
東仙坊、そこまで断言できる理由は1つ。
マスキュリン・バージンは、「宅間もいいが、自分は加藤智大のほうが好きかな」とか、「加藤さんはなんとなく人間らしさがありますよね」と極めて醜悪なオトコ2人をまるで自分にふさわしいタイプかのように選んでいるからである。
つまり、自分の外見を徹底的に卑下し、自分のよりも気色の悪いオトコどもを思慕しようと努めているからである。
まさに、それこそが、今回のやってしまった蛮行に繋がっていると思うのだが、どうだろう?
もし、マスキュリン・バージンが鏡を壊し、そのへんの仲間と同じに芸能人やテレビに夢中になってさえいれば、こんなリピドーの処理に困ったような蛮行は起きなかったはずでは?
それはそれで、別の社会問題であるとしても…。

Oscar Wilde said “Children begin by loving their parents; as they grow older they judge them; sometimes they forgive them”(オスカー・ワイルド曰く「子どもはまず親を愛する。成長すると親をジャッジする。ときどき、親を許す」)!













検証プロファイリング 19歳名古屋大女子大生高齢女性殺害事件-2

Oscar Wilde said “Anybody can sympathise with the sufferings of a friend, but it requires a very fine nature to sympathise with a friend’s success”(オスカー・ワイルド曰く「誰でも友人の悩みには共感を寄せることができる。しかし、友人の成功に共感を寄せるには優れた資質が必要」)!

■19歳名古屋大女子大生高齢女性殺害事件

●現時点で知り得る限りの事件の時系列的概要

ヤングレディで、エコノミカリーにそこそこ豊かで、メンタリーに自己顕示の塊で、フィジカリーに自己嫌悪だらけだと、そのリピドーを極めてムダに遣ってしまうもの。
そのうえ、マーセマチカリーに賢いと卑下するあまり、自己欺瞞と虚偽でいっぱいになってしまうから、メチャクチャ厄介。
どちらにしても、そのウソにウソの上塗りの果てに、そこに奇妙な使命感さえ覚えて、蛮行にひた走るサイコパスになってしまうから、実にハタ迷惑。
ただし、そのほとんどの場合がオトコで、不安定な家庭で、片親だったり孤児だったり、特に母親の強制支配、逆にネグレクト、もしくは親を含めた近親者からの性的虐待や心的虐待を幼少期から受けた場合が多いはず。
つまり、いつのまにか精神的な問題を抱えているのに自覚できず、親に寛大になれなかったり親を許せなくなってしまったオトコに多いはず。
なかでも、親や近親者に激しい憎悪を覚えると加速するはず。
もちろん、その顕著な兆候は小動物へのサディズム。
そして、極めてバランスの悪いジェンダーフリーの潮流が、オンナのサイコパスをジャンジャン生み始めているのが現状。
かつてなら、せいぜいサイコパスに勝手に惚れるくらいが関の山だったものが、今は自分で実践するから、それも時代の潮流か。
とにもかくにも、それが、単なるリピドーのハケグチでしかないことにも気づかずに…。
さて、この19歳の大内万里亜なるマスキュリン・バージンのケースも、オンナらしく鏡を凝視し、サイコパスの自己にどんどん陶酔していっただけ。
自分で鏡を割ればいいだけだったのに、そんな簡単なこともせずに…。
そこで、面倒でも、そのプロセスを検証するために、ポイントになるマスキュリン・バージンのtwitterを可能な限り読み時系列で込んでみる。

⑥東仙坊、何とか集めた注目すべきマスキュリン・バージンのtwitterの数々。
2014/4/19◆逮捕される夢みた。怖かった。
2014/4/25◆薬局での品物取り寄せは日常茶飯事よ。
2014/5/11◆靴の底から存在を忘れていた課題が見つかった。オオウチは夜に徹することを心に決めた。
2014/5/12◆「死にたい」とは思わないけど「死んでみたい」とは考える。「殺したい」人はいないけど「殺してみたい」人は沢山いる。
2014/5/16◆今日は麻原彰晃が逮捕された日です。
2014/5/21◆今日は津山三十人殺し事件が起こった日です。戦後日本最大の事件です。犯人は一人で、2時間に三十人の村人を殺害しました。
※1938年岡山県苫田郡西加茂村大字行重(現・津山市加茂町行重)の貝尾・坂元両集落で発生した大量殺人事件。日本の犯罪史上前代未聞の殺戮事件と言われているのだとか? 正直、東仙坊、知らなかった…。
2014./6./1◆#予測変換で1人しりとりしろ 「あ」からはじめます。  麻原→来月→辻菜摘→未解決→辻菜摘(ループ)。
2014/7/7 ◆7月7日! !酒鬼薔薇聖斗くん32歳の誕生日おめでとう/酒鬼薔薇Botから返信もらえた死ぬほど嬉しい。
2014/8/16◆ このごろ「もなみ系ニュース」がなくなってきたのが悲しい。
2014/8/21◆今日は宮崎勤の誕生日です。
2014/9/3◆123便墜落事故のとき、宅間守は死体が見たいが為に遺族のふりをして安置所に行った。
2014/9/13◆日常を失わず殺人を楽しめることが理想なんだと思う。
2014/9/15◆タリウム素手で触っちまった.....。
2014./9/23◆テンションにムラがあります。最近はタリウムに興味を示しているようです(?)。ボーッとしているときがありますが、ただ妄想/@hamimamitan あ、可愛いなあとは自分も思っ……なんでもない/(毒殺日記?)実は読んだことがありまして笑笑 。
2014/10./1◆カープの次はエホバかよ…。/名大かーぷがやってきたああああ。
※カープ(CARP)=原理研=統一教会?
2014/10/8◆夜空を見るたび思い出すがいい by酒鬼薔薇
2014/10/16◆とりあえず、清楚になるよりも先に社会適応者になる必要があると気づき始めた。
2014/10/20◆今日だけで4回も性別間違えられた
2014/10/21◆ 「あ、女です…」←この言葉、今日だけで7回は言った。
2014/11/3◆仕送り少なめ+生活必需品購入+薬品購入+ピアノ購入(?)+楽譜購入+専門書購入=肉なんて買ってられない生活。
2014/11/5◆なんかこれまでの人生を振り返ると、神様が悪ふざけで自分を作ったとしか思えない。
2014/11/9 ◆@camelo1017 入信ってどうやったら出来るんだ? 今、カープとエホバという2つのカルトからの猛烈な勧誘を受けている笑/高校生になったら暴走族に入ろうと小学生の頃マジで思っていた/一人称が「俺様」だった時期がある。 
2014/11/10◆愛知県では試薬を売ってくださる薬局さんが少ないです(>_<)にリツイート/例えば、硫酸タリウムの半数致死量は1g(成人男性)だろ? で、未開封の硫酸タリウム瓶には25g、つまり約13人分(?)の生命が入ってるわけだ!それだけで神秘じゃないか。
2014/11/15◆オオウチの取り扱い説明書・テンションにムラがあります。・最近はタリウムに興味を示しているようです(?)。・ボーッとしている時がありますが、ただ加藤で妄想しているだけなので心配しないでください。
2014/11/18◆二年生になったら一般人になる。
2014/11/22◆携帯が死んでいた為1日遅れになったが、辻菜摘さん誕生日おめでとう(11/21)。
2014/11/23◆HAPPY BIRTHDAY 宅間守/夢の中でのオオウチは人殺しでした。
2014/11/25◆あなたの魅力ベスト5 5位宅間で鍛えた妄想力 4位坂本を大切に想う清い心 3位菜摘にかける熱い思い 2位加藤へ向けた一途な愛 1位は…オオウチを追い求める冒険心 悪くないぞこれ!!/ブラームスと酒鬼薔薇はほぼ同じ時期に知った。
2014/11/26◆アキバ系ってなに? とりあえず2っトラックに乗ってダガーナイフを数本持っていればアキバぽいが
2014/11/30◆>高濱雅巳さんみたいな人間になりたい
※1985年8月12日日本航空JAL123便墜落事故の高濱雅己機長
2014/12/3◆12月4日、今日は新宿区歌舞伎町で17歳の少年が手製の爆弾でビデオ店を破壊した日です。(2000年)キレる17歳世代です。妹は彼の大ファンです。
2014/12/5◆名大出身死刑囚ってまだいないんだよな
2014/12/6◆@Pleasure_murder 加藤さんはなんとなく人間らしさがありますよね。 東悠さんが一番好きな方はどなたでしょうか?/@Pleasure_murder 宅間も良いが、自分は加藤智大のほうが好きかな/Pleasure_murder 勝手に過去のツイートを拝見させて頂きましたが、好きな犯罪者が一致していますね/@Pleasure_murder 同じ趣味の方がいると嬉しいです。あまり理解者がいないものですから…笑 酒鬼薔薇君もタリウム少女も大好きですよ/@Pleasure_murder 東君はほかの犯罪者にはない魅力があるよね。自分も東君のことたくさん知りたくて、高校時代は書籍読んでネットで調べて一日が終わったこともしばしば有りました/@Pleasure_murderよろしくお願いします。なんか趣味が似ているね!
2014/12/7◆ついにやった
2014/12/7◆ネオむぎ茶pot@neomugicha.pot少年は偉い。少年法マンセー!!!
※2000年バス乗っ取り事件の西鉄高速バス乗っ取り事件や佐賀バスジャック事件のホシの少年のハンドルネーム?
2015/1/21◆テイエムヒットベって死んじゃったんだ…。
※テイエムヒットベ、2002年生まれの2勝したJRAの競走馬?
さらに、LINEでの、ひとよひとよに人殺し。
⑦twitterにもあるように、マスキュリン・バージンが名古屋で知り合った数少ない他人に、自分にエホバの証人への入会を勧めてくる名古屋市千種区春里町に住む77歳の高齢女性がいた。
昨年12月7日午前、その高齢女性の誘いを受け、マスキュリン・バージンは、名古屋市昭和区西畑町にある王国会館でのエホバの証人の集いに、参加した。
高齢女性は久しぶりにヤングを勧誘できたことに有頂天だった。
「高齢女性は集会に20歳くらいの若い女性を連れてきた。皆さんで歓迎して、女性は『来週もきます』と話していた。高齢女性は『素直でいいお嬢さん』と言っていた」とその会員の一人は証言する。
ともあれ、マスキュリン・バージンはその高齢女性と、「聞きたいことがたくさんある」と自宅で会う約束をしていて昼食をともにした。
昼過ぎ、高齢女性は約束通りにマスキュリン・バージンの部屋を訪問した。
そして、靴を玄関で脱ぎ、部屋に入った瞬間、マスキュリン・バージンは後ろから用意していた手斧の背で6回殴り、頭部を3ヵ所、首の骨も骨折させたうえ、彼女がしていたマフラーで首を絞め殺害した。
それから、その遺体をトイレとは別のバスルームに運び、頭を奥、足をドア側にし、横向きにマフラーも首に巻いたまま置いた。
そして、キャリーバッグに血を拭いてから手斧をしまった。
被害女性の携帯電話や現金入り財布が入ったカバンを収納スペースにしまった。
目立った室内の血痕を拭くと、そのまま一晩を過ごした。
そして、翌12月8日、夜行バスに乗り、宮城県仙台の実家に帰省。
一方、被害高齢女性の夫(81歳)は、「妻は毎週日曜に外出するが、午後3時半ごろまでに帰宅する習慣だった」と即刻、愛知県警千種署に捜索願を提出。
⑧無能警察の権化、愛知県警千種署、「高齢女性が行方不明になる直前に2人が会っていたことが明白」なのに、約2ヶ月後、ようやくマスキュリン・バージンにあくまで行方不明高齢女性の「知人」という位置付けでコンタクト。
1月27日、愛知県警千種署で聴取に応じるとの返事。
すると、マスキュリン・バージン、前日の1月26日、なぜか母親と一緒に名古屋に到着。
そして、なぜか母親はホテルで、1人で自分のアパートへ戻ったというから、不可解。
そのうえ、その2ヶ月近く放置した遺体と、また一晩。
翌日、愛知県警千種署で任意の事情聴取。
そうすると、マスキュリン・バージンが自宅アパートに行くことを拒むそぶりを見せたため、一緒にアパートに赴き、バスルームでその遺体を発見。
それはそうである。
玄関に被害女性の靴がそのままあったというのだから、???
その防御創の一切ない遺体を司法解剖の結果、死因は頸部圧迫による窒息死。
また、凶器の手斧や被害女性のカバンもすぐ発見。
それだけじゃない。
タリウムを含む薬品の複数の容器、過去に起きた殺人事件に関する複数の書籍を発見。
マスキュリン・バージンの携帯電話に、被害女性の遺体の撮影画像データがあったというから、何をかいわんや。
おかげで、翌1月28日には、愛知県警千種署は、マスキュリン・バージンを名古屋地検に送検。
そして、現在、愛知県警中署に拘留中のマスキュリン・バージンは、いろいろ供述。
「高校時代に同級生タリウムを盛った」ということをはじめ、ペラペラ。
「殺害した後、遺体を浴室に運んだ」
「被害女性に恨みはなかった」
「悪かったと思う」
「人を殺して達成感があった」
「たまたま殺害の対象になったことは申し訳ない」
「たまに会うだけの人なので、やりやすかった」
「宗教の勧誘が煩わしかった」
「殺害相手は誰でもよかった」
「自宅に上がってきたので殺害した」
「2人きりになってチャンスと思った」
「1人でやった。マフラーで首も絞めた」
そうすると、相変わらずの不気味極まりない事なかれ的摩訶不思議な周りの反応。
昨年だけで5件も構内で不審火が発生しているという名古屋大学浜口道成学長は、「故人のご冥福をお祈りしますとともに、ご遺族の方に心から哀悼の意を表します。今は、痛恨の思いで、捜査の推移を見守っています。今後、大学として、学生の皆さんの心のケアに努めてまいります(?)」
その名古屋大学のエクセレントな(?)学生たちは…。
「いつも寝間着みたいなジャージーにボサボサ頭だった」
「『こいつ大丈夫か』と仲間うちで話題になっていた」
「購入したハムスターに自分で作った薬を投与して効果を試した」
「『酒鬼薔薇君を尊敬しています』、『おまえ危ないやつだな』とか言ったりして、ネタにしていた。全部冗談だと思っていたので」
そ、そ、そうしたら、仲間の応援部部員が「薬物入りのジュースを飲ませられた」と発言する動画をYouTube投稿。
「化学実験が大好きな女」、「いつも持ってきてくれているジュースが非常に美味しい」「このジュースがどこに売っているのか?尋ねると、自宅で作っていたことが判明。さらに追求すると、化学実験で作っていたジュースと判明したのであります」、「しかしながら、私はそのジュースを美味しいからといって飲み続けていた結果、私の体にある異変が起き始めていたのでございます」、「私はこの女の、実験動物にされてしまったのであります」と大内万里亜を紹介。
開いた口が塞がらないのは、東仙坊だけではあるまい。 

Oscar Wilde said “What is a cynic? A man who knows the price of everything and the value of nothing”(冷笑って何? 人間は、あらゆるものの値段を知っているが、価値のあることは何も知らない)!

To be continued...



検証プロファイリング 19歳名古屋大女子大生高齢女性殺害事件-1

Oscar Wilde said “Life is not complex. We are complex. Life is simple, and the simple thing is the right thing(オスカー・ワイルド曰く「人生は複雑じゃない。私たちの方が複雑だ。人生はシンプルで、シンプルなことが正しいことなんだ」)”

長崎県佐世保市で昨年7月20日、被害女子生徒の父親が代理人弁護士を通じ、「徳勝もなみの公開の裁判を開いてもらいたい」という手記を公表。
「悲しみも寂しさも変わらない。今後の司法手続きについて厳罰を望んでいる。理不尽に娘の命、将来を奪った罪は重大だ」と刑事裁判を要求。
その徳勝もなみは、昨年8月から1月16日まで長崎県外の医療施設で鑑定留置。
同級生女子生徒への殺人では処分保留とされたものの(???)、「父親を殺して解体するつもりだった」と供述する実父に対する殺人未遂で1月20日に再逮捕。
再び検察が長崎家裁送致し、家裁が刑事処分相当と判断すれば検察官送致(逆送)され、起訴されれば公開の刑事裁判で審理されることになるというのだが…。
一体どうなることやら?
また、北海道南幌町の祖母と母親を刺殺したとして、殺人で札幌家裁に送致された高2女子生徒(17歳)について、1月21日、医療少年院送致とする保護処分を決定。
決定理由で、栗原壮太裁判長は「祖母と母から虐待を受けていた事実があり、殺害に至る経緯や動機に影響している」と認定。「検察官送致(逆送)をして刑事責任を問うよりも、治療などによる社会適応が必要」と判断。
少年法では、故意に被害者を死亡させた16歳以上の少年は原則、逆送すると規定。
考慮すべき事情がある場合は例外的に保護処分にできるのだとか。
付添人弁護士は、「加害女子生徒は虐待によりPTSDを発症している」と主張。
札幌地検は鑑定留置の結果、「生徒の刑事責任能力に問題はない」と判断し、昨年12月25日に家裁送致。
それらに対し、栗原壮太裁判長は、決定理由で、「生徒には事件当時、完全に責任能力があった」と認定。
「原則として逆送すべき事案。結果は極めて重大で、計画性も認められる」と前置きしたうえで、「虐待が及ぼした影響」を指摘し、「精神状態や年齢を考えると刑事処分は相当でなく、医療少年院に送致して治療や矯正教育で社会適応を図るべきだ」と判断したというのだが…。
付添人弁護士によると、生徒を調査した家裁調査官は報告書で「壮絶な虐待」と記載。
「決定は治療を受けながら更生にもつながり、順当な判断だ」と評価しているというのだが、こちらも果たしてどうなることやら?
さて、そんな2人の逮捕後のプロセスに安心したのか?
あるいは、2人に挑戦し、私の方が本物よと証明したかったのか?
またしても、本物の未成年女子サイコパスによる殺人事件が起きた。
東仙坊、放っておくワケにはおけないと、必死でプロファイリング。

■19歳名古屋大女子大生高齢女性殺害事件

●現時点で知り得る限りの事件の時系列的概要

①19年前、宮城県仙台市青葉区上杉の中心部からほど近い高級住宅街にある豪邸で、大内万里亜なるマスキュリン・バージンが誕生した。
父親は、東北大学の講師を経て、現在はマンション経営。
母親は、長い間、生協に勤め、現在は生協役員(?)。
2人は、仙台市の高校を卒業し、同じ東北の大学(?)の農学部の同級生で、卒業と同時に結婚。
祖父は、物理学者で、東北大学教授、岩手大学名誉教授を歴任し、2003年2月、心臓疾患で84歳で死去。
祖母は、仙台市では高名な画家で、ピアノ教室と絵画教室を主宰。
そして、敬虔なプロテスタント。
それゆえ、聖母マリアから、マリアと名づけたに違いない。
ともあれ、マスキュリン・バージン一家は、その祖父母の豪邸の別棟で、2歳下の妹と2世帯同居。
また、父親は東北大学農学部大学院に進み、畜産学の専門家として家畜の品種改良に専念、USA留学を経験し、30歳を過ぎても学者バカ。
また、祖父母は、同じ青葉区内に3階建てマンション、作並温泉に別荘も所有。
その別荘には、祖母のアトリエ。
それゆえ、やがて父親はその祖父母の不動産を中心にマンション経営に転向。
②8年前、マスキュリン・バージン小6のとき、同じ仙台市青葉区の北西部に新築した現在の家に転居。
祖母は、マスキュリン・バージンに100万円のグランドピアノをプレゼント。
そして、父親の兄からピアノレッスン。
かなりの才覚を示し、ショパンが好きで、「別れの曲」が得意だったとか。
ともあれ、この祖母と離れて暮らし始めたことは、マスキュリン・バージンに大きな影響を与えたことだけは確か
また、父親はマスキュリン・バージンの小学校のPTAの役員。
マスキュリン・バージンは学区内の公立中学に行かず、旧居近くの地元名門高校に多数進学をさせているという
公立学校に越境入学。
直線距離で2㎞の道のりを通学

このことが、マスキュリン・バージンに心的な大転換を与えたことは確か
「護身用だ」とカッターやハサミを制服ブレザーの胸ポケットやカバンに常時携帯
2008年6月、中1のとき、東京・秋葉原で無差別殺傷事件が起きると激しく反応。
事件翌日、学校で『あれ見た? 凄いじゃん、あの加藤って』、『あんな人に会ってみたい。ゾクゾクする』と大興奮していた」とか。
「マスキュリン・バージンはサバサバして男っぽく、女としてみられていなかった。中2のころ、netで10年前の佐世保事件の加害者少女の名前を知ったらしく、『辻菜摘は凄い』と話していた」とも。
中3になると、「サリンがどうとか、薬品の話もするようになった。話し出すと突然スイッチが入って止まらなくなり、呼びかけても無反応。自分の世界に入り込んでいた」とか。
「『今日はサカキバラの日』と言うので何かと思ったら、あの殺人やった人のこと(1997年神戸連続児童殺傷事件のホシ酒鬼薔薇聖斗)。高校時代に会ったときは財布に酒鬼薔薇の写真を入れていて、『酒鬼薔薇と秋葉原事件の聖地巡礼に行きたい』と話していた」とも。

それだけじゃない。
すでに、「誰でもいいから人を殺してみたい」と言い始めていたというから、何をかいわんや。
実際、事件後、マスキュリン・バージンは、「子どものころから(中学生のころ? 小学生のころ?)、人を殺してみたかった」とか、「事件に使用した手斧は室内でケースに入れて保管していた」と供述。
それだけじゃない。
友人の猫のシッポをハサミで挟み、笑ながら「切ってみたいなぁ」とか、「毛を全部剃って同じ毛が生えるか調べてみたい」と言っていた。
マスキュリン・バージンが拾って飼っていた猫にはシッポがなかった。
マスキュリン・バージンに自宅周辺では猫の謎の死が続出。
5~6年くらい前、猫2匹が、車で轢かれたワケではないのに頭を潰され道路の真ん中で口から少量の血を流して一緒に死んでいた。
3年前にも猫が1匹が白っぽい液体を背中にかけられて背中をただれさせて帰ってきてそれを猫が舐めたら激しい嘔吐を繰り返し1週間後に死んだ。
同じ時期に、前足とシッポを痛めつけられてフラフラの状態で帰ってきた猫も死んだ。
実は、名古屋のマスキュリン・バージンの自宅周辺でも、「マスキュリン・バージンが猫をイジメている」という目撃情報が警察にあったというから、ただただ戦慄。
また、2004年に長崎県佐世保市内小学校で同級生少女をカッターナイフで殺害する事件を起こした11歳の辻菜摘の情報に夢中だったとも。
どうあれ、中学では学年で常時10番以内の成績で、特に数学は95点以上だったとも。
芸能人やテレビには無関心で、ギロチンなど世界の処刑の仕方、イエス・キリストの磔刑に興味を持っていたとも。
ハムスターに薬品をかけたり、薬品を飲ませたりしたし、特にタリウムに興味を持ち、何g使うと人体にどういう影響が出るとか、目が見えなくなると言って、2005年静岡で発生した少女が母親にタリウムを飲ませた殺人未遂事件の情報をwebで探していたとも。
オウム真理教に関心があり、「サリン事件をやってみたかった。あのとき、一緒にやれればよかった」と言っていたとも。
殺人の方法を研究し、「包丁をカラダに刺すときはただ刺すだけじゃダメなんだ。刺した包丁ごと回転させることによって、圧力がかかって死ぬんだ」と力説していたとも。
毒キノコ図鑑を熱心に研究していたとも。
東仙坊、とりわけ着目するのが、次の5点。
1)ほとんど鍵っ子で、妹といつも外食していたということ。
2)神聖かまってちゃんというグループの「夕方のピアノ」という曲がお気に入りで、「死ねよ佐藤」というフレーズを繰り返し、カラオケでも歌っていたということ。ピアノの上手な年下の男の子に片思いし(??)、その子のコンサートパンフレットの顔写真を携帯の待ち受けにしていたということ。
3)自分の部屋をゴキブリやハエでいっぱいの臭いゴミ屋敷にしていたということ。
4)髪はいつもボサボサで、襟や裾が真っ黒のブラウスやシワシワグシャグシャの制服をいつも着ていたということ。
5)中学の卒業式の前日だった3.11のとき、「家がグチャグチャだ。私もうすぐ死ぬんだ」と友人にメールしていたこと。
それ以上に、その卒業文集の「部活動の代わりに」の字体が、どこから見ても、精神分裂のようであったこと。
そして、いつも独り言を言い、机に「死」と彫り込んで弁償させられていたということ。

④幼稚園から高校までの一貫校、宮城県私立聖ウルスラ学院英智高等学校というキリスト教学校に入学。
高2の2012年6月、マスキュリン・バージンの同級生男子生徒が「カラダがだるい」と訴え始めた。
2012年10月、杖がないと歩けないほどの視力低下で入院。
そして、2012年12月5日、休学。
そのうえで、被害届を提出。
タリウム中毒とされ、宮城県警は捜査を開始。
すると、理科室にない薬品? 学校管理の薬品について事情を聞くも? 未解決。
マスキュリン・バージン自身、周囲に「警察がきて、話を聞かれた。先生にも呼ばれた」と言っていたのに、メチャクチャ不可解では?
それだけじゃない。
静岡のタリウム少女が05年に読んでいたと報じられたUKの連続殺人犯についてのノンフィクション「グレアム・ヤング 毒殺日記」を愛読し、「何度も読み返している」と内容を同級生に話してもいたというのでは?
やはり、徳勝もなみと同じこと?
どうあれ、その男子生徒、2013年7月になんとか復学するも、自由に体を動かすことができず、2014年3月に特別支援学校に転出。
そこで、生徒が「普段から薬がどうこう話している『薬オタク』とか『薬局』と呼ばれているマスキュリン・バージンがアヤシイ」と学校に言うも、学校はそのままもみ消し。
今回の事件後、マスキュリン・バージンが「高校生のころ、同級生に毒を盛ったことがある。その同級生が体調を崩し、学校にこられなくなった」と供述すると、初めて、校長が「マスキュリン・バージンと同じクラスだった男子生徒が薬物の影響とみられる症状で入院していた。男子生徒は視力が低下するなどの障害が残った」と公表。
そして、これらの出来事を公表しなかった理由として、「在校生に動揺を与えたくなかった」と事なかれの解答。
そうしたら、高校では過去3年ほどの間に生徒が目に大ケガを負うトラブルが発生していたというから、何をかいわんや。
結局、こういうヤカラどもが、サイコパスを養成することだけは間違いナシ。
事実、宮城県総務部私学文書課が、今回の事件報道を見て初めて知り、高校に問い合わせたら、「事件に当たらないと判断した」と言われたというのだから、唖然。
SNSに「とにかく辛い、目が見えない」と書き込んでいるという男子生徒、今年4月から4年制大学に入学するというから、ただただガンバって!と願うだけ。
⑤マスキュリン・バージンは、名古屋大学理学部に現役合格。
そのスバらしい高校でトップクラスだったというのだから、当然か?
オメデトウ、メチャクチャ人間的な宮城県私立聖ウルスラ学院英智高等学校!!!
ともあれ、昨年4月、マスキュリン・バージン、名古屋市営地下鉄名城線名古屋大学駅から西へ約1㎞の住宅街、愛知県名古屋市昭和区のアパート1階で1人暮らし開始。
な、な、なんとその家賃が6万円ちょっと。
学校近くには、1人暮らしの名大生のための家賃3万~4万円のアパートがたくさんあるというのに、かなり贅沢。
しかも、バイトしている雰囲気は皆無だから、摩訶不思議。
その19歳のプロフィールは、マスキュリン・バージンが入学と同時に始めたtwitterなどのプロフィールに委ねたい。
自己紹介:上中→聖ウルスラ→名古屋大学理学部1年(今ここ)→名古屋大学大学院→自宅警備員→刑務所→(?)拘置所
血液型:A型
特技:しりとり
趣味:薬品コレクション(?)
今後の目標:警察のお世話にならないようにガンバります
ひとこと:私は清楚です
そして、名古屋大学リーダー部(応援団?)1人の女性部員。
それから、そのtwitterのアドレスが辛辣。
「オオウチ@thallium123 」。
thallium(タリウム、原子番号81の元素)。
硝酸タリウムはネズミ駆除などに使用されていて、入手困難の厳しい劇薬。
タリウムを摂取すると、神経系にダメージがあり、体中いろんなところがオカシクなるとか。
視力低下、胃痛、歩行困難。
ちなみに、かつてKGBは、放射性タリウムを毒殺用毒物として使用。
有名な例では、元KGB工作員ニコライ・ホフロフが1957年に放射性タリウムを盛られ、瀕死の重態となったが一命を取り留めたものの2007年に死去。これは、初めて公式に確認されたKGBの放射性元素による殺人事件(?)。

Oscar Wilde said “Most people are other people. Their thoughts are someone else’s opinions, their lives a mimicry, their passions a quotation”(オスカー・ワイルド曰く「ほとんどの人々は他の人々。彼らの思考は誰かの意見、彼らの人生は模倣、そして彼らの情熱は引用」)!

To be continued...





profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード