Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

検証プロファイリング 鹿児島高齢夫婦スコップ惨殺事件-4

Is not a good point of the citizen judge system to become the presumed guilt(裁判員制度の長所は、推定有罪になることではないのか)?

東仙坊、この事件の本ボシが、白浜政弘なるヤケクソパチンコ狂だと確信して、プロファイリングしなければと決意した最大の理由が、その判決後の記者会見。
偶然、それを観た瞬間、メチャクチャ憤慨。
いくら我が国の警察や検察が無能で不手際続きでも、ここまで愚弄されると、我々国民まで舐められているような義憤に駆られたのは、東仙坊だけではないと思いたいが…。
どうあれ、文明国日本のモラル再生のためには、このヤケクソパチンコ狂を、オメオメ無罪放免なんかにしては絶対いけない、それだけは国民が阻止すべきでは?
「被害者夫婦を知らないどころか、被害者宅、被害者宅のある下福元町にも行ったことがない」と主張しながら、11個の指紋や掌紋、DNAが検出されたら「警察の偽装か捏造」と荒唐無稽な主張に替えた、スマートではない卑怯で卑劣なオタンコナスを、社会が許してはいけないと思わないか?

■鹿児島高齢夫婦スコップ惨殺事件

●東仙坊がプロファイリングする、ヤケクソパチンコ狂、白浜政弘のパーソナリティ

③この手のなりふり構わぬウソツキ、ついつい本音が出てしまうのが、歓んだ瞬間。
そして、よせばいいのに、それを言ってしまう瞬間。
まずは、「濡れ衣が晴すことができた。それは終始一貫、『自分が現場に行ってない』という戦術が活きた」と言ってしまったこと。
これも重大なヤケクソパチンコ狂の過誤では?
1審判決では、「行ってない」ということは虚偽、「第三者による偽装や捏造」は否定されたはず。
何はともかく、7年前に不届きなことにコンビニ強盗を企てただけのコズルイ自暴自棄型勘違いオトコ、刑務所で学習したのが唯一自白しないことという戦術だったことは、明白では?
たかがこんなこそ泥が画策した子どもダマシの術中にはまるマスメディア、国民の何と情けなくてみっともなくてお人好しなことか?
次には、「『いい顔しているな』という感覚。信頼できた」と、ヌケヌケと裁判員たちを見たときの感想を言ってしまったこと。
こんなバカにした話もないと思わないか?
こともあろうに、振り込め詐欺師がカモを値踏みするように、このヤケクソパチンコ狂、いい人ぶる仮面をつけた裁判員たちをオチョクっていたはず。
それにしても、ここまで舐められる裁判員たちも相当悔い改めるべきものがあると思うが…。

④この後百円玉1個になっても、起死回生の大逆転ができるかもとパチンコを続ける、諦めの悪いギャンブラーは、そこら中にゴロゴロ転がっているはず。
けれども、その結果、スッカラカンになっても、自分を責め粛々と生きるか、すべては人のせいや社会のせいと責任転嫁して生きるかでは、卑怯で卑屈なありかたが月とスッポンだと思うが…。
このヤケクソパチンコ狂、後者の典型で、反省とか自責の念とかは、全くナシ。
こういう性格の人間は、人を無慈悲に殺害しても悪いのは自分にそんなことをさせた高齢者夫婦であるとすぐ思い込むし、いつのまにか人を殺してしまったことさえ忘れてしまうもの。
東仙坊、犯罪には等価交換(考えたら、これはパチンコのキャッチフレーズ…)が基本スタンス。
それゆえ、誰がどう考えても、ヤケクソパチンコ狂だけは求刑通り死刑でなければ、我が国には正義はなくなってしまうと憂慮しているが…。

●東仙坊がこの事件とどうしても比較したい事件

10月31日午前7時半ごろ、福岡県福岡市中央区天神2丁目の大型商業施設や百貨店が集まる繁華街の「渡辺通り」と呼ばれる県道で、軽乗用車が横断歩道を青信号で渡り始めた福岡市早良区に住む、パート従業員女性(34歳)女性の腰のあたりに車を衝突させ、さらに倒れたところをスピードを上げて(?)轢いた。
その後、車は逃走。
偶然、それを目撃した別の場所に向かう途中の福岡県警中央署員が追跡、約300m先で停止させ、殺人未遂で、軽乗用車を運転していた福岡県宗像市田熊に住む、無職、吉田優生(20歳)なる奇々怪々なサイコパスを現行犯逮捕。
ちなみに、轢かれた女性は頭や顔を強く打ち重傷。
横断歩道には他に男性がいたが、無傷。
なお、この奇々怪々なサイコパス、「女性が車の前にいるのを知っていた。女性と面識はない」と供述。
また、車に同乗していた男性2人は「寝ていたら(?)、ドンという音がした」と話しているというのだが…。
さて、この奇々怪々なサイコパスは、裁判でどのような罪に問われるのか?
日曜日の早朝である。
女性はマネキンの仕事に向かう途中。
この軽自動車のオトコどもは、夜通し徘徊し、女の子を探しクタビレ儲けだったに違いない。
特に、仲間が寝てしまったのに、奇々怪々なサイコパスは独り運転させられ、余計にムカムカ、ムラムラしていたに違いない。
そんなとき、ファッショナブルな恰好をした女性が一人で目の前を歩いている。
それを見て、奇々怪々なサイコパスは、思わず女性に声をかけるように、轢いてみたくなったに違いない。
何しろ、「何でオレには思い通りに彼女ができないのか?」と、どうしても納得できないのだから、ストレスが溜まる一方(?)。
「クソー、オモシロくない」、単に轢いてみたい衝動に駆られ、轢いてみた。
そして、チョコンと轢いてみたとたん、思いっきり轢いてみたくなってしまったに違いない。
それから、本当に轢いてしまったことにビビって、逃げたに違いない。
おそらくそんなところが、奇々怪々なサイコパスの本音。
被害者女性にとっては、不運というより、絶対に納得いかない出来事のはず。
ところで、目撃した警察は、そのシーンを動画で撮ったのか?
おそらくそんなわけはないはず。
その警察車両に乗車していた警官は複数のはずだから、目撃者も複数。
そのとき横断歩道を渡っていた男性、通りかかった他の車のドライバーたち(?)もいるはずだから、最終的には目撃者はいっぱいでは?
では、警察は、その奇々怪々なサイコパスの軽自動車のタイヤから、被害女性のDNAか服の一部を採取したのか?
おそらくそんなことはしていないはず。
それでは、この奇々怪々なサイコパスが、事件に関しては黙秘したらどうなるのか?
あるいは、「何も覚えていない」と言い出したらどうなるのか?
それ以上に、「自分も居眠りしていた」と言い出したらどうなるのか?
残ったのが、自供調書だけだったら、どうなるのか?
もしかしたら、事故で終わってしまうイヤな予感がするのは、東仙坊だけではないと思うが…。

We should taste the true fear of the case of the death penalty statement of the prosecutor's opinion on the punishment being found innocent(死刑求刑の事件が無罪になることの本当の怖さを我々は味わう)!

検証プロファイリング 鹿児島高齢夫婦スコップ惨殺事件-2

Did you know that motherfucker of 70 years old of the pachinko confusion that he failed in convenience store robbery before seven years because he shuould be caught by an employee of 23 years oldパチンコ狂いの70歳のオトコが、23歳従業員に捕まって7年前コンビニ強盗に失敗したことを知っていたか)?

東仙坊、何でこの事件をプロファイリングしなかったのか?と、必死に思い出そうとしている。
自分の両親と同じくらい年齢の夫婦が、スコップで頭や顔をメチャクチャに殴られ惨殺されたということが、どこか逡巡させたからだったはず…。
そのうえ、確か事件後すぐにホシが捕まったというニュースが出たはず…。
そして、どこかその朗報に、やればできるじゃん!と独り警察に拍手を送っていたはず…。
実際、事件発生10日後、今の警察では驚くほどの異例のスピード逮捕。
何しろ、年金をパチンコでスッカラカンにやられた金に困ったヤケクソパチンコ狂の指紋がいたるところで見つかり、DNAまで検出され、見事に物的証拠出そろいでシャシャンのシャン、逃げられないのは当たり前!と、お天道様までニコニコ笑顔だったはず。
それはそうである。
昨今のシロウトがある日突然簡単に残虐非道な殺人を犯す風潮の中では、せっかくDNAが採取できても照合するデータベースがないのだから…。
その意味で、プロの犯行は不利、容易に照合が可能。
実際、この白浜政弘なるヤケクソパチンコ狂、2003月1月25日午後11時50分ごろ、千葉県市原市古市場のコンビニエンスストア 「ファミリーマート市原古市場店」で、 火のついた灯油入りのビンを手に、商品整理をしていたアルバイト店員男性(23歳当時)を「金を出せ!」と脅迫。
そして、ビンを落とし外に逃げたが店員に追いかけられ、駐車場で取り押さえられ、千葉県警市原署に強盗未遂で現行犯逮捕されたいたというのである。
ちなみに、そのときは、千葉市中央区村田町に住み、土木作業員。
そして、そのときの犯行動機もパチンコでスッカラカンになったからが原因。
ただし、プロの犯行の難点は、刑務所で犯罪について学んでしまうこと。

■鹿児島高齢夫婦スコップ惨殺事件

●東仙坊がプロファイリングする、この判決の不可解な点

①裁判員制度だろうがなかろうが、裁判自体の裁判長の立ち位置は、一体何?
単なるコンポーザーでしかなく、その曲自体をイジル権限は何のでは?
ましてやシロウト演奏者たちの思いがけない音色をアンサンブルに加えるシンフォニーなのでは?
その意味で、この裁判の平島正道裁判長なる目立ちたがりの仕切り屋サンの越権と恣意がメチャクチャ感じられるのだが…。
それは、一つ目は遺族証人への誘導。
事前に内容を見た裁判長が、被告の犯人性を主張したとみられる一部の陳述を削除するよう指示し、遺族に「事実の認定は私たちに任せてほしい」と語りかけたというから、オカシイと思わないか?
その作為は、裁判自体を歪めていると思わないか?
二つ目は、裁判員への「推定無罪」教唆。
東仙坊、誰が何と言おうと、裁判員制度のメリットはどこまでも自分の人間性で犯罪を見る視点。
にもかかわらず、この勘違いの裁判長、自分のシナリオにムリヤリ合わさせた気がするのだが…。
事実、この平島正道裁判官、佐賀県で1989年に起きた「北方事件」でも1審佐賀地裁で無罪に、2007年の2審でも無罪にし確定させた裁判官?
そのせいかやけにキナ臭い気がするのだが…。

②この判決の最大の矛盾が、被告の主張を全面否定したことでは?
それでいて、無罪判決にしたことでは?
被告の主張の根幹は、「現場に行ったことがない」と「第三者による証拠偽装と証拠捏造」。
そのどちらも明確に虚偽と否定したということは、ヤケクソパチンコ狂が現場に行ったことの証明のパラドックスではないのか?
では、いつ、何のために現場に行ったのか?ということが、どうして現場にヤケクソパチンコ狂の指紋や掌紋やDNAがあったのか?ということが吟味されるべきではないのか?
少なくとも、割れた窓のガラス片の指紋なら、ガラス屋か清掃人か植木職人をやったことがあるのか? もしくは、近くで野球をやったことがあるのか?
掃き出し窓の網戸に付着していた指紋なら、ホームセンターで働いた経験か清掃人か防虫業者か?
室内のタンス引き出しから見つかった掌紋なら、家具の配達人かタンス製造職人か訪問介護士か引っ越し業者か?
タンス内にあった封筒の指紋なら、郵便配達人か寄付金集めか?文房具店販売人か?
タンス近くのチラシの指紋なら、新聞配達人かポスティング業者か?
どうあれ、現場に11もの指紋や掌紋があったことが、現場に行ったことがないという被告の主張を虚偽とするなら、物的証拠としてどうして不十分になるのか?
つまり、被告が現場に行ったことがあるが殺人も強盗も犯していないと主張していたのなら、無罪になることの論拠になると思うが、それを虚偽とする以上、第三者による証拠偽装か証拠捏造があったと結論すべきではないないのか?
その矛盾は、まさに裁判官側の狂気だと思うが…。
ありていに言えば、被告の現場に行ったことがないという主張が崩れた段階で、それは一つの自白と考えるべきではないのか?
それ以前に、自白調書の改竄を訴えるならともかく、指紋や掌紋やDNAを偽装や捏造と言い出した段階で、ホシと自供していると同じ!と正常な思考を持っているなら考えるべきだと思うが…。

③この裁判官や裁判員たちの判断力の稚拙さの証左になっている一つが、指紋採取やDNA採取活動の写真やビデオがないことことがその証拠能力を半減させるとしていること。
いくら無能な警察だとしても、現場の保存には、目いっぱいの配慮をしているのでは?
そして、まっ先に実行されるのが、物的証拠の採取であることは、自明の理。
今回だって、現場の詳細な写真撮影、証拠番号とともにの証拠写真撮影をしたと思うが…。
それなのに、その採取活動をしている捜査員たちの作業写真がなぜ必要なのか?
全くナンセンスだと思わないか?

④その二つ目が、凶器であるスコップに指紋が残されていないことを、そして肝心の目の前にあった現金と財布を持って行かなかったことを疑問視していること。
これも、メチャクチャ人間を見ていない見解だと思うが…。
ホシであるヤケクソパチンコ狂は、セコイこそ泥。
当日だって、またパチンコでスッカラカンになって、ヤケクソで強盗でもするしかない!と、急遽カモを物色していたに違いない。
前回の強盗失敗(まだまだ余罪があるかも?)を教訓に、悔しいけど若いヤツにはかなわないと、どこから見ても自分よりヨボヨボのターゲットを探したに違いない。
それも、70歳の心身ともに脆弱なオトコらしく、どう見てもお金が潤沢にありそうには見えない家にもかかわらず、自分より弱そうな超高齢者カップルの家に強盗に入ることを決めたはず。
ということは、ハナからラクして強盗に成功し金が手に入ると踏んでいたはず。
ところが、こともあろうにその気骨のある老人は強盗に気づき抵抗しそうな雰囲気を醸し出したはず。
その次の瞬間、スコップを振り上げていたに違いない。
そして、一度殴った後は、まるで70年間何一つ自分の思い通りにならなかった自分の人生へのモドカシサ、パチンコ一つに勝てない自分の人生への不満が爆発し、無我夢中で振り下ろし続けたに違いない。
それが終わると、瞬く間に我に返り、情けなくてみっともないオトコにありがちの行動を取ったに違いない。
この時点で、何のために侵入したかということさえ忘れ去ってしまっていたはず。
とっさにスコップから指紋をふき取ると、せっかくの金さえ取らずにアタフタと逃げ出したに違いない。
どうだろう?
そんなことに決まっていると感じるのは、東仙坊だけではあるまい。

Such a self-satisfied judge who misunderstood anything must break this country(勘違いした独りよがりの裁判官がこの国を壊している)!

To be continued...



検証プロファイリング 鹿児島高齢夫婦スコップ惨殺事件-1

The scumbags doing groundless way of life should become too generous to the crime of another person(いい加減な生き方をしているヒトほど、他人の犯罪に寛大になるもの)!

東仙坊、この国のモラル崩壊には、ハドメ、歯止めはかからないと絶望している。
ハドメ、ハトメ? 鳩目?…。
この日本は、あの錯乱を自覚しない勘違いジコチュウの鳩の目民主党元代表のようなエセいいヒトで溢れているに違いない。
所詮、個々の人間なんて、そんな程度の自己欺瞞的正義感で生きているもの。
これだけ魂のコアを喪失してしまっては、それもムリもないのかも…。
それはそうだと思わないか?
自分の命すら本気で大切に思わないヒトが、他人の命を本気で大切に思うワケもないはず。
そして、そんなヒトほど、突然、人にメチャクチャ寛大なポーズを取るもの。
そんなヒトほど、この日本では100人近くのヒトが自殺し、昨今では、死んだ気でやれば何でもできるを誤解し破れかぶれで人を殺していることを理解できない。
このことが、今、極めて重要だと思うのだが…。
なぜなら、まるで自殺代わりに、昔のようなロジックやメタファーもなく、ただ唐突と人を殺してしまうヒトがいるからである。
それを念頭に入れて、犯罪捜査はもちろん、事件を見つめていかないと、そんなホシに明確な罰を与えられないどころか、ホシ自体を逮捕できなくなると思うが…。
それにしても、魂の高潔さを持っていたはずの日本に、なぜそんな救い難いヒトが何と増えてしまったことか?
人間としての絆より、金、金、金こそすべての振り込め詐欺社会を創り上げてしまったのだから、当然と言えば当然かもしれないが、あまりにも空しくないか?
このままでは、この国はますます何でもありの非文明社会の様相を呈してゆくと思うが…。
ところで、その自分の命を目を見開いて見つめ、歯を食いしばって、淡々と生きることができず、情けなくみっともなく1日100人近くの自殺するヒト、それは言い方が不謹慎でも、本懐を遂げメデタク死ねたヒトの数。
試みて死ねなく生きながらえてヒトの数を含んだら、一体1日どのくらいの数になるのか?
それと同じに、卑怯で卑劣に犯罪をしても捕まらないヒトの数は、一体どのくらいなのか?
それは、単に警察の無能さの問題だけではなく、日本人の魂の本質的問題だと思うのだが…。
その意味で、ウンザリするほど日々起きる犯罪のほとんどが日本人の仮面をつけたあちらの国のヒトたちではないか?と、なぜか感じるのは、東仙坊だけではあるまい。
そのせいなのかも…。
子ども園政府の国家公安委員長がそうであるように、裁判員に選ばれる人は、果たして本当に純粋な日本人だけなのか?
そもそも、裁判員制度導入のメリットは、人間としての魂でその犯罪を凝視することだったはずでは?
ついついそう思ってしまうような判決があった。

12月10日、白浜政広(71歳)なるヤケクソパチンコ狂の裁判員裁判で、鹿児島地裁(平島正道裁判長)で判決が出た。
検察側は「被告に謝罪がなく、犯行は冷酷で残虐。年金をパチンコなどで使い果たし、金品を奪おうとした動機は自己中心的で、死刑を回避できる事情は一切ない」として被告に死刑求刑。
ヤケクソパチンコ狂は「事件現場には一度たりとも行ったことはなく、全く知らない所」と主張。
12月16日の第9回公判までに、捜査員や遺族ら27人の証人尋問、被害者宅の現場検証が実施。
公判で検察側は、現場状況、遺体鑑定結果、などから、「スコップで窓を叩き割って家の中に侵入、タンスを物色したあと、被害者である老夫婦をそのスコップで撲殺をした」との「犯行状況」を主張。
とりわけ、現場の被害者方で採取された446点の指紋・掌紋のうち29点が特定され、その中の11点が白浜被告と一致、「同じ型を持つ人間は1京5600兆に1人の極めて低い確率」のDNA試料886点のうち1点が一致と証拠提出。
な、な、何と、侵入口と主張する割れた窓のガラス片や掃き出し窓の網戸に付着していた指紋や組織片についても「ホシの右手薬指と一致したとする結論に疑いを入れる余地はない」。室内のタンス引き出しから見つかった掌紋は「ホシでないとすれば合理的な説明は不可能」。そのほか、タンス内にあった封筒、タンス近くのチラシなど、全部で11点もの指紋・掌紋、DNA1点がヤケクソパチンコ狂と一致したというから、???。
弁護側は「指紋が偽造、捏造された(??)」と反論。
この自白偏重や自白強要が物議を醸す公判で、黙秘から無罪を主張し始めたヤケクソパチンコ狂のこと、当然、自白ナシ、もちろん目撃者もナシ。
そうしていたら、判決は、何と「疑わしきは被告の利益に」、「推定無罪」…。
さすがに、普段から検察や警察の無能さを指摘してきた、東仙坊まで、ビックリ仰天。
そうでなくても、これだけ衝動的に無目的に殺人を犯すクソッタレが激増している現代、これじゃすべての事件が未解決になるのでは?と危惧して、あわてて検証…。
まずは、その無罪判決の主な理由から、チェック。

■鹿児島高齢夫婦スコップ惨殺事件

●無罪判決の根拠

①現場には、容易に発見できる場所に財布や現金が残されていて、経済的困窮を動機に金品目的で犯行に及んだにしては不自然?
②侵入したところから逃げたという逃走経路が、他の場所も解錠されていて、不明瞭?
③被害者夫婦が執拗にスコップ(94cm、約2kg)で100回以上殴られていたことから、被害者に恨みを持つ顔見知りが物取りに見せかけた犯行の可能性もあり(??)、そのスコップに指紋がないのは不可解?
④現場の指紋、掌紋、DNA鑑定について、その採取方法も鑑定方法についても問題はないが、その活動シーンが撮影されておらず、被告以外の痕跡が存在しないと断定できない?
⑤DNA鑑定は信用できるが付着場所が断定できない。過去に網戸を触った事実にとどまる?
⑥タンスの指紋は被告が過去に触った事実は動かないが(??)、今回の犯行時に付いたものとは認めきれない。ガラス片の指紋も割れた後についたとは断定できない。つまり、付着した日時が特定できない?
被告が被害者方に立ち入ったことを示すにとどまり、殺害を証明するには遠く及ばない?
⑦重大犯罪を犯すほど経済的に追いつめられていたとは考えられない?
⑧被告の主張する第三者による証拠偽造と捏造を否定したうえ、現場の被害者宅に行ったことがないという供述は虚偽と断定???
けれども、その一事をもって犯人と認めることはできない、本件程度の状況証拠で犯人と認定することは許されないというから、目が丸くなってしまうのは、東仙坊だけではあるまい。
⑨被告が、携帯電話のデータをすべて消去したのは、極めて不自然と認定?

どうだろう?
キツネに包まれないか?
何が何でかわからないが?
決定的に矛盾していることがあるのに、無罪とは、メチャクチャ変だと思わないか?
確かに、「捜査は信用できない」との結論に、無関係に納得したくなるところもないわけじゃないが、これでは今の警察力では、ここまで捜査のハードルを上げたら凶悪殺人事件解決など、夢の夢になるのでは?
あまりのショックに、言葉もないが…。
どうあれ、この判決で、死刑求刑に対する1審での無罪判決は1975年以降4件しかなかったのに、2008年の水戸地裁土浦支部以来の5件目で、裁判員制度導入後初めてというのだが…。
ただし、その4件はすべて自供の信憑性が問われたもので、自供のないケースでも初めてということが、凄く違和感を覚えるのだが…。

If this trial is not performed definitely, the murderer shall be never ever caught in our country(この裁判が正しく行われなければ、我が国では二度と殺人犯は捕まらない)!

To be continued...




profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード