Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

真実イチロー  来年もジーターと一緒にプレーして!?

Ichiro said “Just ended today, and like I've said before, I just want to be that player that is needed and wanted, and that's all I can tell you today”(「今日で終わった。前にも言ったけど、必要にされ欲せられるようなプレイヤーでいたい。今日言えることはそれがすべて」とイチローは言った)!

東仙坊、メチャクチャ気を病みながら、ワールドシリーズを観ている。
それは、もちろん、サンフランシスコが勝つか、デトロイトが勝つかに、一喜一憂しているからではない。
ワールドシリーズ終了日の翌日からたった5日間だけのヤンキース独占交渉期間の結果がどうなるかに、注目しているからに他ならない。
10月24日、我がイチローが、黒田博樹とともにロッカーを整理し、お互いに別れの挨拶をしたと聞いて、ますますドキドキ。
そのうえ、シアトル・マリナーズが、宗リンを首にしたというから、余計にドキドキ。
いくらジョー・ジラルディが、「イチローは、一生懸命プレーし、要求にもよく応えてくれた。毎日楽しそうにプレーしていたし、チームにも大きかった。私に契約交渉の決定権はないが、イチローはポジションの変更などによく対応してくれた。いい時間を一緒に過ごせたと思っている」と称賛していると聞いても、落ち着かない。
GMのブライアン・キャシュマンが、「年を取っているかどうかなんて気にならない。いいか悪いかだけにしか興味はない。年を取っていたって、アンディ・ペテットのようないい選手はいる。ラウル・イバンニェスのように凄くよくなる選手もいる。イチローは確かに39歳だ。しかし、最後にイチローが実力で見せた競争心、やれるだけをやり切るプロファッショナリズムは見事だった。誰と比較しても、年など感じさせないくらい卓越したものだった。それは黒田博樹も同じだ。2人はその力を見せつけた。なぜって? 2人はヤンキースが選べる若い選手よりも力があったからに他ならない。そのことで、誰にも謝るつもりもない。誰だって年を取る。年を取ったって力さえあれば問題ない」と言ってくれてはいたが、不安は少しもなくならない。
ニューヨークのマスメディアが、どうした風の吹き回しか? 果てまた、イチローの実力を認めたのか? イチロー必要論を展開。
「ニューヨーク・ポスト」の「あなたがゼネラルマネジャーなら誰と契約するか」ファン投票では、「イチローと契約すべきか」との質問に対し82.43%が「イエス」と解答。
野手ではキャプテン・デレク・ジーター89.52%、ロビンソン・カノー84.49%に次いで3番目の高さ。
「デイリー・ニューズ」の同様のアンケート結果でも、83%が来季もイチローとの契約を希望していると報道。
さらに、イチローについて「ヤンキースの一員になった喜びを何度も話している」とし、ファンに受け入れられているとも。
もっとも、さすがに天邪鬼もいて、「ニューアーク・スターレジャー」は「若返りが必要。38歳のイチローがチームで最も動ける選手に見えるが、それはいいことではない」と説明しているから、やっぱりドキドキ。
そこに、「残留オファーを出す場合は単年で今季年俸1700万ドル(約13億4000万円)の半分以下」とか、アメリカンリーグのスカウトの「ヤンキース移籍で力強さが戻った。昨年までの年俸なら手が出ないが、500万ドル(約3億9500万円)以下なら手を挙げる球団は出てくる」と予想などが加わって、もうゼィゼィ。
東仙坊、今季のポストシーズン9試合でイチローの11安打がチーム最多だったじゃないか!、と大声。
そして、何がジョシュ・ハミルトンだ、B・J・アプトンだ、トリー・ハンターだ!と、ブツブツ。
そのうえで、イチロー自身の「ボクがアメリカにきて理想としていたものがここにある。ここでしか味わえないものは確実に存在する」、「意図的にそうしているわけではない。その裏側、奥にあるものは今は分析できないです」、「何をしたのか?と言われても、していない。一つ一つ重ねることで結果が特別なことになる。米国人って面白いよね。『何が違うのか?』って何度も聞くんだ。一緒だよ。何か違いがあると思っていないから。それが野球。打撃の技術を全く理解していない質問に驚いているよ」と言う言葉を、思い出しているのだが…。
えっ、何を気に病んでいるのか?って?
東仙坊、我がイチローに、大好きなデレク・ジーターと一緒にプレーして欲しいから…。
そして、ESPNの記者が証言しているように、「ジーターはイチローを好きだよね。しょっちゅう話しかけているだろう。新参者を気遣うレベルを超えている」。
デレク・ジーターは答えている。
「そうなんだ。イチは何年にデビューだっけ? 2001年からこっちでプレーか。日本時代もあるよね。ボクのキャリアと重なる数少ない選手。だからお互いいいプレーができるとウレシイんだ」
「断っておくが、イチはボクより年上だから。サダハル・オーとプレーしていたくらいだからね」
「タイプがボクとは違うからイチを見ていて楽しいよ。でも、ボクはイチのすることをやるつもりはないし、イチもボクのやっていることはしないと思う」
「そもそもイチはヒットを打てる選手なんだよ。ボクたちには打てる時期というものがある。今、イチがホットなんだ。12年間もメジャーでやってきたんだし。もともと才能があるんだ」
「イチはウソツキ(日本語)」
「イチとふざけるのが楽しいんだ」
「イチにはスタイルがある。でも、ボクとは全然違う。ボクは絶対着ない。いいか『never ever(絶対しない)』の部分は必ず訳せよ」
どうだろう?
この野球少年の2人を一緒に観ていたくならないか? 
何でも、2人は、ロンドン五輪の女子サッカー決勝で、日本とUSAのどちらが勝つか昼食を賭け、USAが勝って、デレク・ジーターは大喜びしたというから、微笑ましくならないか?
そういえば、ヤンキースのケビン・ロング打撃コーチが、興味深いことを言っていた。
「敵のときは、ジーターのようなビシっと決めるタイプかと思って見ていたら、スウィシャータイプだったんだね。ロッカールームでいつもボクらを笑わせてるよ」。
そして、その「party guy」ニック・スウィシャーは言っている。
「イチはボクを笑わせてくれる。こんなに面白いとは思わなかった。試合への準備はまさにプロだけどね。ボクにはマネできない…。ボクはジョークばっかりだけれど、イチほど試合に集中する選手を見たことがない」
「今、世界で最もすごいリードオフマンが2人も、ここヤンキースにいるんだよ。右打者のジーターと左のイチ。2人ともバットを持った魔術師。どうにかしてバットにボールを当て、フィールドの穴を見つけて運んでいく。見ていて壮観、興奮するよ」
そして、結果的に、サンフランシスコが、4連勝で再びワールドチャンピオンになった。
2010年に続いてである。
そのサンフランシスコが、どうやらイチローに複数年契約でオファーを出しているというのだが…。

さて、最後に、東仙坊、連日チェックしているyankees.comのツイットから、ピックアップ。
◇Please for the love of god keep Ichiro, I don't think he'd even be expensive.
◇If the yanks get rid of Suzuki they're crazy(もしヤンキースがイチローをいらないって言ったらキチガイ). I don't care how old he is, he is still one of the best players in baseball and could really help them next year. Spend the money and keep him. Other than Jeter and Tex everyone could be replaced.
◇Sign Ichiro for certain and Andy is he wants to play some more. Keep in mind Pineda will be back in the rotation and is a very serviceable #4. I'd like to see the OBP go up a little and with the Captain and Ichiro at the top that should happen.
◇we are proud of Ichiro and Ibanez the are good hitters despite their age , experience is a dear teacher. please give Ichiro and Raul a place to belong, and to feel wanted. (they) are good hitters and hit in the clutch . Home Runs are good but guys who are consisted in hitting in the clutch is great; look at Pete Rose career and how he came thru


新・新日本砂漠化-88  やっぱり異常でしかない愛知県警!?

The corruption of the police thinks me to be serious than corruption of the politics for Japan(政治の堕落よりも警察の堕落の方が日本にとって深刻)!

東仙坊、いつの日からか、なぜか愛知県で卑怯な卑劣な犯罪が多く、なぜか情けなくてみっともない愛知県警は、いつも未解決。
それも、ニンニクの香りプンプンの性犯罪は野放し状態、それが定番と感じ始めた。
そのせいか、我が日本のモラル再生のためにも、しっかりしてよ、愛知県警とたびたびエールを送ってきた。
最近でも、心のブラックホール-19  警察のワースト・チャンピオンシップ!? 心のブラックホール-20  東仙坊の本命は、愛知県警!?
その極めつけが、「おからコップ」プロファイリング 愛知県警は「おから」?
もっとも、知性も能力もゼロの保育園児政府ができてからは、警察の堕落などは気にもならなくはなってきているが…。
それにしても、今回の「愛知一宮女性業務用冷凍庫死体遺棄事件」、「愛知東海女性営業課長遺体遺棄事件」でも改めて赤裸々になったのが、その愛知県警の無能ぶり、テイタラク。
やっぱり、普通じゃないと思うが…。

10月17日、愛知県警の警察官が知人女性を脅迫した事件で、名古屋地検は、愛知県警内部から女性に関する情報を不正に集めたとして、公務員職権乱用の罪で、愛知県警捜査四課巡査部長、吉田政志(42歳)を追起訴。
何でも、昨年11月から今年3月、交際を断られた知人女性の情報を集めるため、愛知県警北署などの警察電話を使い、愛知県警情報管理課職員3人に犯罪経歴などの総合照会を行わせ、女性の知人男性の住所などを調べたというから、開いた口が塞がらない。
しかも、今年4月から8月、48回にわたって女性の携帯電話に「おまえだけは殺す」などとメールを送ったとして、脅迫で逮捕、起訴中というから、ただただ絶句。
女性とは昨年夏ごろに私的に知り合い、一時、食事に行く関係(?)になったというが、そ、そ、そんなレベルの問題ではないのでは?
こんな大バカ者を捜査四課巡査部長にしたのは、誰?
この大バカ者は、警察で毎日一体何をしていたの?
いやいや、何のために警官になったの?
それどころか、本物のアブないヒトがなぜ警察にいるの?

10月26日、愛知県警は、警察学校の教え子の女性警察官にセクハラをしたとして、主任教官男性警部(47)、交通総務課男性警部補(45)を停職6ヶ月、教官の男性警部補(38)を減給3ヶ月(10分の1)の懲戒処分。
警部と交通総務課警部補は同日付で辞職(??)。
もう1人の警部補は巡査に降格。
何でも、主任教官は、昨年9月警察学校の卒業旅行懇親会で、複数の女性警察官の肩を抱く(?)などしたというけど、本当にそれだけ?
交通総務課警部補は、警察学校に所属していた昨年3月の卒業旅行で、就寝中の女性警察官の体を触った(?)というけど、本当は何をしたの?
もう1人の警部補は、昨年9月の卒業旅行で女性警察官が寝ていた部屋で、空いていた布団に入った(?)というけど、何だそれは?
どちらにしても、何でクソッタレ警官どもの氏名を堂々(?)と公表しないの?
それだけでも、今の警察が腐り切っていると痛感するのは、東仙坊だけではあるまい。
そもそも、警察学校がこれでは、そこで育つ警官の質も自ずとわかると思わないか?
事実、愛知県警では、事件や不祥事で、今年に入って今回を含め16人を懲戒処分!!!
10月に入っても、酒気帯び運転をして事故を起こしたとして、2人が懲戒免職処分だというのだから、もはや救いようがないのでは?
そうして、愛知県では、連日のように凄惨な事件が発生し続けるのでは?

Please protect in various places your body of citizens of Aichi by yourself(愛知県民の方々、自分の身は自分で守ってください)!

プロファイリング-22   愛知東海女性営業課長遺体遺棄事件-epilogue

I wonder if the Japanese police might flinch as soon as a fragrance of the garlic is strong(日本の警察は、ニンニクの香りが強いとすぐ臆するのかも)!

東仙坊、愛知県警の無能ぶり、テイタラクぶりを危惧しなければならない事件は、まだまだある。
プロファイリング-22 愛知東海女性営業課長遺体遺棄事件-1で、愛知、岐阜両県警の合同捜査本部は、10月24日、このうえなくお門違いのトバッチリで無残に殺された産業廃棄物処理会社「富田日中貿易」48歳主婦営業課長「戻らない花配達人」を殺害したとして、営利・加害目的略取罪などで起訴中(???)の金型製造会社「プロスワン」社長、市川孝之(46歳)なる親のスネ齧りアンポンタンを再逮捕。
その報道に、思わず、「えっ、何? それ! まだ殺人で逮捕されていなかったんだ」と、一人絶叫…。
そのあまりのショックに、目ん玉が飛び出そう。
昨年11月7日ごろ、御嵩町美佐野の山林にある農業用水路(幅約50cm、深さ約30cm)に、「戻らない花配達人」を押し込んで身動きできない状態のままフタをかぶせて放置し、溺死させて殺害させたというのに、何で親のスネ齧りアンポンタンをまだ落とせないのか、愛知県警???
確かに、どこかニンニク、ジンニク・シャブシャブ? 8.9.3.バーン、金.金.Kimの香りいっぱい。
何とも臭くてベトベトでニュルニュルな感じ。
それでも、事件発生当時、親のスネ齧りアンポンタンの携帯電話に遺体遺棄現場付近から発信した記録があり、車が周辺を走行していたことも確認。
また「戻らない花配達人」が勤めていた産廃処理会社「富田日中貿易」と相川さんが勤めていた産廃処理会社と親のスネ齧りアンポンタンの父親の会社「市川金属」の間に金銭トラブルの存在を確認。
さらに、当時の天候や用水路の水の流れを調べた結果、用水路に放置すれば水死する恐れがあり、明確な殺意があったと断定。
目撃証言もなく物的証拠も乏しいが、殺害の機会と動機があるのは親のスネ齧りアンポンタン以外に犯行は不可能だったと判断し再逮捕になったというが、果たして…。
何しろ、我が国にはニンニクの香りのする執拗な人権派弁護士どもがいっぱい。
その判決を、日本人なら注視しておくべきだと思うが…。

そこで、東仙坊、あわててこの事件の親のスネ齧りアンポンタン4人の共犯者どもの営利・加害目的略取(?)裁判をチェック。
6月15日、第一回公判、
8月14日、名古屋地裁(田辺三保子裁判長)で判決。
まず判決から、逮捕時覚醒剤所持、愛知県岩倉市に住む、無職、戸島義男(72)、懲役7年、罰金100万円(求刑懲役9年、罰金100万円)。
愛知県岩倉市に住む、無職、伊藤次郎(46)、懲役5年(求刑懲役6年 )。
愛知県名古屋市中村区に住む、無職、文昇(54)、懲役2年6月(求刑懲役3年)。
愛知県東浦町に住む、派遣工員、野畑直志(47)、懲役4年6月(求刑懲役6年)。
ちなみに、4人とも韓国籍で、シャブ仲間。
1人が控訴。
公判から見る事件の顛末はこうである。
①戸島義男が、親のスネ齧りアンポンタンから「やっつけたい会社がある」と依頼を受ける。
②戸島義男は、伊藤次郎に依頼。
③伊藤次郎が、文昇を誘う。
④文昇は、野畑直志に依頼。
⑤当初、4人は親のスネ齧りアンポンタンと共謀し「富田日中」社長の連れ去りを計画してもののガードが厳しいせいか、弱い女性にターゲット変更。
⑥昨年11月7日午後3時半ごろ、岐阜県輪之内町の小川卓美被告が経営するプラスチック製造会社「東輪化学工業」の敷地内で、 商談を装って呼び出した「戻らない花配達人」に親のスネ齧りアンポンタンがスタンガンを押し当てるなどして車に押し込んだうえ、 両手を粘着テープでグルグル巻きに縛り、車内で親のスネ齧りアンポンタンが「ぶっ殺してやる!」と言って覆いかぶさり、 顔を殴っていたというから、最低。
⑦親のスネ齧りアンポンタンは、運転手役の野畑直志に、最初「この先に共犯者がいて、待ち合わせしていて、引き渡す」と話していたが、途中で「堤防に行ってくれ。こいつをぶっ殺す」と言い、 野畑直志が愛知県江南市で降りた後、親のスネ齧りアンポンタンが「戻らない花配達人」を乗せたまま車で走り去ったのが、最後。
つまり、最後の最後は、親のスネ齧りアンポンタンと「戻らない花配達人」は2人きり。
⑧戸島義男が連れ去りの4、5日後に報酬として計200万円受け取った際、親のスネ齧りアンポンタンから「3日ぐらい食事をしていないと聞いた」というから、共犯者にも偽装か?
⑨罪状認否で、4人は「間違いありません」と罪を認めたものの、いずれも「死亡の経緯は知らない」と供述しているというから、大変では?
⑩「連れ去りを依頼した親のスネ齧りアンポンタンが被害女性をどうするか考慮せず、利益目的で加担した。死亡原因の一端は被告らの身勝手な行動にある」という検察の見解が、リアルでは?
それにしても、「戻らない花配達人」を現場に呼び出した小川卓美が、逮捕監禁幇助罪で懲役2年、執行猶予4年とは、一体どういうこと?

どうだろう?
あまりにも無念極まりない「戻らない花配達人」のために、本当に愛知県警はこのなりふり構わぬ親のスネ齧りアンポンタンを本当に殺人で有罪にできるのか?
メチャクチャ不安にならないか? 

By such a plight, the unreasonable 48 years old woman who she was murdered and worked as a person shouldn't rest in peace(こんなテイタラクでは、メチャクチャな殺され方をした48歳女性が、浮かばれない)!


緊急プロファイリング 愛知一宮女性業務用冷凍庫死体遺棄事件-The end

I was astonished some other time in inability of the Aichi Prefectural Police (愛知県警の無能さには、改めてビックリ)!

東仙坊、メチャクチャ、ショック。
ショックのあまり、思わず「甘ちゃんアマチュア探偵団」を解散しちゃいそう…。
10月26日、東仙坊、緊急プロファイリング 愛知一宮女性業務用冷凍庫死体遺棄事件-1で取り上げた、残虐非道に27歳キャバクラ嬢ラスティッククィーンが殺害遺棄された事件で、ホシが2人逮捕された。
えっ、疑ったフィアンセがホシでなかったからか?って?
そんなことじゃない。
ついでに、そのフィアンセに言っておきたいが、「自分のフィアンセが殺されることになったのは、キミにも間違いなく大きな責任がある」。
それはそうだと思わないか?
もし本気で彼女を愛していたのなら、一度仕事から帰ってきた彼女が、「客の誕生日を祝いに行く(?)」と夜中にノコノコ荷物を持って一人で車で出かけるのを黙って見送ったりはしない。
せめて、誰とどこで会うのか? 何時ごろに帰ってくるのか?ときちんと尋ねるべき。
えっ、そんなことを言ったら、「うるさいわね! いちいち!」、「仕事のことには口挟まないでよ!」、「お客って言ってるでしょ」って、嫌われるって?
バカも休み休み、おっしゃれウサギさん。
そんな最低限の人間同士のルールを拒むような相手だったら、結婚すべきではないのでは?
仮に百歩譲って、彼女がフィアンセにだけは知られたくない客のオトコだったとしたら、「仲間の誕生日に行く!」と言うはずで、店から真っ直ぐ会いに行けばよかっただけでは?
それをあえて「客の誕生日を祝いに行く(?)」と言った段階で、少なくとも彼女が仕方なく会いに行くんだと感じ取るべきだったのでは?
だからこそ、きちんと臆さずに、「誰とどこで会うのか?」ときちんと尋ねるべきで、それでケンカになったらそれまでの関係では?
第一、彼女の方も本気でフィアンセを愛していたら、その強い意思を感じて、その名前と場所を言ったと思うが…。
その優柔不断さ、曖昧さが、これだけ逮捕を遅らせたのでは?
事実、自分のフィアンセが行方不明なのに、捜索願を出したのが2週間以上経ってからというのは、なぜ?
えっ、じゃあ、何でショックなのか?って?
それは、とっくにわかっていたこととはいえ、いくら日本で1、2の無能な愛知県警が絡んでいるからって、こんなに簡単な事件はなかったのでは?
その愛知警察の相変わらずの不甲斐なさに、超ショックだということ。
えっ、それで何で「甘ちゃんアマチュア探偵団」を解散しちゃうのか?って?
もう、イライラして、ガマンできなくて、自分がホレイショ・ケイン、マック・テイラー、ギル・グリッソム、いやいやリロイ・ジェスロ・ギブスになりたくなってしまたから…。
それはそうだと思わないか?
愛知、福井両県警の合同捜査本部に、死体遺棄で逮捕された2人ホシ。
1人は、岐阜県美濃加茂市大手町に住む、職業不詳(?)・自称中古車販売業、林圭二(40歳)。
もう1人は、岐阜県富加町羽生に住む、トラック運転手、渡辺智由(34歳)。

■あまりにも簡単明瞭なホシ2人

●東仙坊が絶望的な気分で指摘する論拠

○2人とも、ラスティッククィーンが以前に別の飲食店(?)に勤めていた2006年からの長いラスティッククィーン常連客
月に10回はキャバクラに通っていたということ。
しかも、2人は、一緒にラスティッククィーンの接客を受けていた、機械器具製造会社の元同僚。
そのうえ、ラスティッククィーンが日頃の出来事などを記していた日記風ノートに、失踪前日2011年11月23日付欄に林圭二の愛称とみられる「けいくん」と会う約束の記載。

①「客の誕生日を祝いに行く(?)」とフィアンセに言ったこと。
②「来年1月結婚をするので12月でキャバクラも辞める」と話をしてしまっていたということ。
③ラスティッククィーンが自分の部屋から持ち出したプレゼントのような荷物が、ホシからプレゼントされた冬物衣類だったということ
自称中古車販売業ということは、車をいじるスペースと車体番号を削るという素人ではできない高度な技術を有していたということ。
⑤機械器具製造会社に属していたということは、旧式の業務用冷凍庫を見かけたりするチャンスがあったということ。
事実、業務用冷凍庫をインターネットオークションで購入していたことが確認されている(?)というから、マンガ。
トラック運転手ということは、土地勘が十分にあるうえ、冷凍庫を運びやすかったということ。
⑦ラスティッククィーンが夜中にノコノコ出かけたのは、相手が1人でなく2人だったからということ。
自動的に自分たちへの嫌疑がかかることを承知していたから、アリバイ作りや証拠隠蔽などにかなりの時間が必要で、メール偽装をしたということ。

○2人の人相の悪さ…。
それにしても、日本のルビコン川を渡ったオトコはマスメディアによく喋る。
そして、その頭の悪さをどんどん曝け出す。
東仙坊やリロイ・ジェスロ・ギブスなら、一目で本ホシと確信できる。

①「誰のおかげで、今のオマエがある。オレの気持ちを踏みにじりやがって。フザケロ! 人をおちょくりやがって! 目にもの見せてやる!と、結婚のために店を辞めるということにブチ切れたのは、間違いなく林圭二。
それこそ、自分こそがラスティッククィーンを支えている唯一のオトコと、長い間錯覚し、マジでラスティッククィーンに恋心を抱いていたことは一目瞭然。
実際、、「一番の女だ。絶対に幸せにするから、つき合ってほしい」と何度もラスティッククィーンにメールしていたというから、何をかいわんや。
②「オレのプレゼントしたものを返せ!」とすぐ言うような度量のないオトコであることも、その顔に出ている。
と同時に、冷凍庫に入れて湖に投げ捨てたら湖底で沈んでいる思い込む間抜け顔。
③「誰が犯人だと思うか?って? どうなんだろう、警察をあんまり信用してないところがあるから。何ともならんもんで」、「犯人に対してどう思うかって? あのー、まあ、正直に言いなさいって感じですかね」、「ラスティッククィーンって、すごくかわいそうだと。いなくなったのに周りが普通にしてやがる。犯人が出てくるのを待ってます」、「ラスティッククィーンが失踪した11月24日は、ワンちゃんに付きっきりで、家にいました」、「疑われていることに罠って可能性大なんです。多治見の別の人間があやしいってのは…、まぁちらりと聞いた」、「恋愛感情はなかったですね。どちらかというと、営業熱心で嫌いなほう。ただね、向かうがなぜかオレに執着してね」、「交友関係300人いるじゃない?301人目だと思ってください」…。
その無知蒙昧さ、軽佻浮薄さは、その林圭二の母親が、「私もよくわかりません。寝耳に水なので」とインタビューに答えていることでも、明白。

どこをどう取っても、こんな簡単なホシはいなかったのでは?
このケースで被害女性の客を徹底的に洗うのは、捜査の常道、まさに初歩。
そ、そ、それなのに、何で5ヶ月も、いや、10ヶ月も捜査にかかるの愛知県警!!!!!

The Aichi Prefectural Police cannot arrest such a great assholes immediately and on earth whom can arrest(愛知県警は、こんな大バカどもをすぐ逮捕できなくて、いったい誰を逮捕できるのか)?














彷徨う大和魂-21  超アメリカンなプラセンタ繋がり!?-5

I believe that the duty of mother of the animal which is minimum following the command of the child at the risk of life(命懸けで子どもの命を守るのが、最低限の動物の母親の義務)!

■血のフロに突然入れられた9歳と9ヶ月のノーティーシスターズ

●寝耳に水の鬼母からの「ナシになれ!」命令

②7月、私が兄弟と家の前の道路で遊んで騒いでいたら、お隣のオジサンに「うるさい。道路は遊ぶ場所ではないから、家の前の道路で子どもを遊ばせるな。自宅の敷地の中だけにしろ」と怒鳴られてから、お母さんはもう別人。
その怒鳴り方が強烈だったせいか、お母さんはメチャクチャ興奮。
それから、表情がガチガチになったまま、ほとんどダンマリ。
お隣のオジサンと遭っても、余計に、それはひどくなるばかり。
それが、オジサンをさらに興奮させたのか、オジサンももともとお母さんみたいな病気だったのか?
どんどんエスカレートし、警察や私の学校にまでクレームを言う始末。
少しでも門扉に近づいたり、当たったりするだけで、家の中から壁を蹴ったり、インターホンで怒鳴るようになって、怖い。
それより何より、お母さんの頭は、私たちのことより、お隣のオジサンのことでいっぱいになってしまったみたい。
お友だちのオバサンと、オジサンの悪口ばかり。
「バツイチの気色の悪いヤモメが…」
「失業保険もらって、働かないなんて」
「いくら子どもがいないからって…」…。
特に、私が「目障りだ」と言われて以来、お母さんはいつもボーッとしたまま。

③お母さんは、私はオジサンが怖いから公園や海岸に行きたいのに、妹の世話で手が離せないって言うだけ。
お父さんも、そんなに車も人も通らない道路なんだから、少しぐらい遊んでもそう目くじら立てることじゃないのにって言うだけ。
お祖母ちゃんは、昔はみんな道路で遊んだのに、何があるかわからない時代だから家の近くで遊ばせたいのにって言うだけ。
それにしても、車も誰も通らないときに、何で家の前の道路で遊んじゃいけないの?
車がきたら、ちゃんと避けるし、誰のジャマもしないから…。
お巡りさんが言うのは、道路交通法という法律で、「道路とは、道路法第二条第一項に規定する道路、道路運送法第二条第八項に規定する自動車道および一般交通の用に供するその他の場所」と決められていて、そのうえ、その第七十六条4第二項「道路において、交通の妨害となるような方法で寝そべり、すわり、しやがみ、または立ちどまつていること」、 第七十六条4第三項「交通のひんぱんな道路において、球戯をし、ローラー・スケートをし、またはこれらに類する行為をすること」を禁止行為と決められているから、 遊ぶためのものではないから遊んではいけないということらしいけど、すごく変だと思うわ。
子どもだからいいじゃないとか、ちょっとはガマンしてよとかは言わないけど、ウルサクしなかったらいいじゃない。
それでも、ウルサかったら、私たちに直接言ってよ。
何で、お巡りさんや学校に言うのよ。
おかげで、お母さんがオカシクなっちゃったじゃない。
どっちにしても、面倒くさいうえ、お母さんの表情より、ギスギス。
オモシロくないわ。
きっと、オジサンはもちろん、日本の大人たちって、美味しいナシを食べたこともないのね。
というより、食べても美味しさがわからないんじゃない。
世知辛い、思いやりもない、味のない暮らしをしていて…。
きっと、今の世の中、オジサンみたいに杓子定規ですぐ癇癪を起す怖い大人ばっかりなのね。
あー、イヤだイヤだ。
 
④最近、気になっていたことがある。
隣のオジサンが、ずっと私のことを見ている気がしたから…。
もしかしたら、私のことが好きなんじゃないかと思うほど。
オジサンが、イケメンで若かったらマンザラじゃないけど、あんなオジサンじゃ気味悪いだけ。
も、も、もしかしたら、私たち少女が一番注意しなきゃいけない小児愛者?
ワーッ、どうしよう?
確かに、私は、ナシ、それも今が旬。
私にとって、オジサンこそがヨウナシ。
も、も、もしかしたら、お母さんもそれを心配しているのかしら?
怖い、とっても怖い、気味悪い。
実際、お母さんも、近所の友人に 「さっきは、有難う。 目の前で、逆上されてショックで、子どもも お前呼ばわりされて。でも、子どもの前で泣いちゃいけない。と思って…。 警察に連絡しなきゃいけないと思いながら、アイツが住んでいるんだと思うと…。 警察から連絡きて、何かしたわけじゃないので、今は、 電話で注意するくらいしかできないと。 電話で注意くらいじゃ…と思ったけど、 警察がきた後何かされるんじゃないかと怖くて」とメール(??)していたくらいだから(?)。
きっとお母さんも、何かされるんじゃないか、特に私が何かされるんじゃないかって、思い込み始めていたのかも…。

⑤私は、お母さんか、お父さんが、「こんなに近所に子どもが多いところに住んでいながら、そんなに子どもがキライでガマンできないなら、どこか他所に行けばいいだろ!」って、逆に怒鳴りつけてくれればいいのにって期待していたわ。
私はそっと、すごくワガママでいけないことかもしれないけど、そう願っていたわ。
そ、そ、それなのに、あんなオジサンに何かされてしまうくらいなら、って、何でお母さんが私をグシャグシャニしたの?
何で?
何で私と妹なの?
いくらあのオジサンに何かされる前にと言ったって、刺し殺すことはないじゃない。
私だって、妹だって、これから本物のナシになってゆくのに…。
お父さんはどうするの?
弟たちはどうなるの?
お祖母ちゃんは、どうしたらいいの?
信じられないわ、お母さん。
どうして、ムリヤリもぎったの、ナシの私と妹を?

You should fight against the asshole if you felt the doubtful eyes of the pervert to a daughter(娘への変態オトコの怪しい視線を感じたのなら、そのオトコと戦うべき)!




彷徨う大和魂-21  超アメリカンなプラセンタ繋がり!?-4

It might be ironical now that many generations living together increases in USA, and "a family bounds" is reviewed(今、USAで多世代同居が増え「家族の絆」が見直されているなんて、皮肉かも)!

今、個人主義国家USAでは、多世代同居世帯が5100万世帯と増加し、「Family bounds(ファミリー・バウンズ:家族の絆)」が復活しているというから、皮肉では?
それが円滑にいく要因は、USAらしく「split the bill(スプリット・ザ・ビル:費用の分担)」と「privacy little space(プライバシー・リトル・スペース:少しのプライバシー空間)」というから、どこまでもアメリカン。
それでも、「家族の絆」の復活は、USAの復活に直結すると思わないか?
それに比べ、本家の我が国の家族の絆は、今や超アメリカン。
東仙坊、久しぶりに思わず吐いてしまうほど胸の詰まる事件と取り上げているノースマイリングガールのケースは、その典型。
しかし、このモラル完全崩壊の平和ボケ、タガの緩み切った我が国には、まだまだそのプラセンタ胎盤の繋がりに疑問を持ちたくなるおぞましいケースはまだまだある。
もっとも、こちらの事件には、その背後に、今の我が国が抱えるベトベトの根幹的コミニティ問題も見え隠れするのだが…。

10月3日午後7時40分ごろ、神奈川県葉山町長柄の海上自衛官自衛官男性(36歳)方で、小学3年長女(9歳)と二女(9ヶ月)が2階風呂場で血を流して倒れているのを、訪れていた2人の祖母が見つけ、「母親が子どもを刺した」と119番通報。
姉妹は搬送先の病院で間もなく死亡。
長戸正子(42歳)なる鬼母が、「娘2人を刺した」と姉妹を刃物で刺したと認めたため、神奈川県警葉山署は、殺人未遂で現行犯逮捕し、すぐに殺人に容疑変更。
何でも、家族と夕食後、「お風呂に入ろう」と小学3年長女を洗面所まで母親が連れて行ったが、しばらくして「ギャー」という悲鳴が聞こえたので祖母が駆けつけると、小学3年長女が裸で刺されていて、母親が果物ナイフを手にしていたというから、壮絶。
すぐさま、果物ナイフを取り上げ台所に置き、祖母が119番通報している間に、母親が再び同じナイフを手にして二女を刺したというから、メチャクチャ強い殺意。
実際、2人は左胸の複数ヵ所を刺されていたというから、あまりにも凄惨。
駆けつけた神奈川県警葉山署が、凶器とみられる血の付いた果物ナイフ(全長約15cm)が2階居間で発見(?)。
ちなみに、当時、海上自衛隊横須賀地方総監部勤務の夫は不在。
家には、殺害された姉妹のほか、鬼母、娘宅に広島県から遊びにきていた祖母、長男(6歳)、二男(3歳)がいたというから、ただただ絶句。
そして、その鬼母、「子どもを守るためにやった」、「自分も死ぬつもりだった」と極めてジコチュウで不可解な供述。
面会をした医師が「精神疾患による心神耗弱の疑いがある」と言い出したというから、さもありなん。
すると、鬼母は「過去に『統合失調症』と診断され、1996年5月から2007年6月まで入退院を十数回繰り返していた。鬱症状や睡眠障害もあったが、ここ1年以上は通院しておらず、薬も飲んでいなかった」という個人情報が暴露されたうえ、「事件前日には、 様子を心配して訪れた自分の母親と夫と3人で精神科の病院を受診するかどうか話し合いましたが、 本人が『行かなくていい』と言ったため見合わせた」という情報が…。
さらに、この鬼母、7月、近隣の人から「子どもたちが道路で遊んでいて危ない」、「うるさい」などと神奈川県警葉山署に苦情が寄せられ、警察から注意され、自分も友人や近くの駐在所に相談するなど近隣トラブルで悩んでいたという話が出てきて、???。
それはそうだと思わないか?
仮に、百歩譲って、統合失調症、鬱病、睡眠障害だったとしても、子どもによる近隣トラブルがあったとしても、命懸けで自分の子を守るのが、母親なのでは?
それにしても、あえて自分の母親がそばにいるときに、4人いる子どものうち、女の子だけを残虐に刺殺したのは、なぜ?
近隣トラブルなら、男の子なのでは?
それとも、長女が自分に似てかなり情緒不安定で手に負えなかったということ?
少なくとも、生後9ヶ月の二女は道路で遊ばなかったのでは?
凄く変だと感じるのは、東仙坊だけではあるまい。
そこで、無残に殺害されてしまったノーティーシスターズの視点で、プロファイリング…。

■血のフロに突然入れられた9歳と9ヶ月のノーティーシスターズ

●寝耳に水の鬼母からの「ナシになれ!」命令

①私たち姉妹は、ナシ、それもラフランス、そうヨウナシ。
せっかく瑞々しい季節なのに、お母さんから、果物ナイフでグシャグシャにされ、冷たい血のおフロに投げ込まれてしまったヨウナシ。
もう笑っちゃう。
もともと、お母さんは、お父さんが6歳も年下のせいか、その不貞を疑うヤキモチ焼。
それを悟られまいといつも無表情。
そして、すぐ具合が悪いの!と言い出すのが口癖。
きっとお父さんに棄てられるのでは?と不安なせい。
それでいて、お父さんの前では、何でも言われるまま、オウムのよう。
それか、ブスッとしてお父さんと口を利かなくなるだけ。
それなのに、お父さんがいなくなると、いつもブツブツ独り言。
「私は女中じゃないのよ」
「何でも私にばかり押しつけて、冗談じゃないわよ」
「どうせ、みんな私のせいって言いたいんでしょ」
「私にだって私の考えがあるのよ」…。
それは、私たち子どもが生まれてから、どんどんひどくなったみたい。
お父さんは、お母さんは病気、心の病気で、昔は「精神分裂病」と呼ばれた「統合失調症」なのだから、許してあげなさいというけど、私たちにはよくわからない。
とにかく、私たちには、あまり関心がなかったみたい。
だから、めったに怒ったりもしない。

It must be not a human being that murder her children so that there is a neighborhood trouble so that there is a disease(病気があろうと、近隣トラブルがあろうと、我が子たちを殺すのは人間じゃない)!

To be continued...

彷徨う大和魂-21  超アメリカンなプラセンタ繋がり!?-3

On behalf of the girl of misfortunes, I shout to ogre mother and an ogre grandmother and ogre father, "the wrath of Heaven falls"(悲運の少女に代わって、鬼母と鬼祖母と鬼父に、「天罰が下れ!」と、叫んでいる)!

東仙坊、決してもう二度と話すこと書くこともできないノースマイリングガールに代わって、その鬼母と鬼祖母と鬼父に、ノースマイリングガールからの最後の贈る言葉を。

「陽光煌めく緑の芝生の上で」

いま、私は、どこまでも続く緑の芝生の上を、なぜか飛びつづけている。
どこを見下ろしても、陽光に煌めく緑の芝生ばかり。
シャイニング・グリーン・ワールド。
こんな爽快な気分、今まで一度も味わったことがなかったから、メチャクチャ気持ちいい。
飛行機にはもちろん、パラセーリングにも、気球にも、グリーンピアせとうち・こどもの国のチャイルドコースターにさえ乗ったことがなかったから、こんなスッキリした気分を知らなかった。
そのせいか、何て言っていいかわからないほど気持ちがいい。
どこに向かっているのかも気にならない。
どうして飛んでいるのかも気にならない。
人間は、だから大空を自由に飛びたがるのね。
そうわかっただけでも、もう十分に満足。
どうしたらお母さんから怒られなくてすむのか?
どうしたらお祖母ちゃんから怒られなくてすむのか?
それを考えなくてすむだけで、メチャクチャホッとしていることはあるけど…。
とにかく、そんなことなど、どうでもいい。
ああ、気持ちがいい。
だって、私は、こんなふうに飛んでいられるのだから…。
お母さん、心配しないで、もう頭も痛くないし、恨んでなどいないから。
お母さんは、きっと私を飛ばしてくれようとしただけなのよね。
私がゴルフを知ってさえいれば、もっと早くゴルフボールになって、空を飛んだのに…。
お祖母ちゃん、心配しないで、もうお腹も痛くないし、恨んでなどいないから。
お祖母ちゃんも、きっと私を飛ばしてくれようとしただけなのよね。
私が魔女がホウキで空を飛ぶことを知っていれば、もっと早く空を飛んだのに…。
でも、私は、いま、こうして、どこまでも続く緑の芝生の上を、飛びつづけている。
だから、2人とも、私のことなど忘れてよく眠って…。
私が、いま、考えていることは、この飛んでいるのが徒競走と一緒で、一等賞になれたらいいなということだけ。
そうなったら、うれしいな。
もっともっと速く飛んで、本当に一等賞になれたら、うれしいな。
そうしたら、一等賞のお立ち台に立って、2人のへの気持ちを、正直に言うから。
「私は、死んでよかったって。だって、私は初めて鏡で自分の顔を見たとき、ずっと泣いていたのよ。だって、お母さんやおっばちゃんにソックリなんだもの。それだけでショックだったわ。私は生きる価値がないのね、きっとって確信していたわ。きっと誰からも好かれないし、愛されないって…。そのくらい2人の顔は怖くて醜かったわ。死んだ方がマシって思ったわ。いくらそっと化粧しても、ちっとも美しくなれなかったのに、ひどく傷ついたわ」って…。
それまでは、心配しないでよく眠って、待ってて。
いま、私は、こうして飛んでいることに夢中で、2人のことを思い出す余裕もないの。
だから、安心して眠って。
ギラギラしているのにちっとも眩しくない太陽に見つめられ、キラキラ煌めく緑の芝生の上を、いま、私は飛びつづけている。
どこに向かっているのかも気にならない。
どうして飛んでいるのかも気にならない。
どうしたらお母さんから怒られなくてすむのか?
どうしたらお祖母ちゃんから怒られなくてすむのか?
それを考えなくてすむだけで、メチャクチャホッとしていることはあるけど…。
きっと、私は、こうして飛ぶために生まれてきたのね。
だから、お母さんは、私を飛ばしてくれたのね。
私がゴルフを知っていれば、もっと早くゴルフボールになって、空を飛んだのに…。
お祖母ちゃん、ほら見て、ホウキに乗ってないけど、私は上手に飛んでるでしょ。
お母さんが、ビッグショットで飛ばしてくれたから。


東仙坊、ノースマイリングガールが笑って飛んでいることを、心から祈っているのだが…。

I wanna believe that the 11 years old girl who was not laughable must laugh for the first time in life now(今、笑えなかった11歳少女が生まれて初めて笑っていると信じたい)!

To be continued...

彷徨う大和魂-21  超アメリカンなプラセンタ繋がり!?-2

I wonder if the child care should include the factor which is more important than an economical problem(子育てには、経済的な問題よりも重要なファクターがあるのでは)!

もし「チャイルド・アビューズ:児童虐待」や「ネグレクト:育児放棄」が親子連鎖するのが、そのDNAが原因なら、IPS細胞で治癒するしかないかも。
逆に、それより何より、それらがわかっていたら、産ませないことも選択肢だと思うが、どうだろう?

■ノースマイリングガールの11年間

●時系列で検証する、その本気で笑えなかった哀しい一生

②2006年3月、「子どもと暮らしたい」との鬼母の一方的な希望を(??)、広島県西部こども家庭センターは「祖母が子育てを支援する(?)」ことを条件に受け入れ、ノースマイリングガールはいったんは児童養護施設を出所し、東広島市の祖母宅で同居開始。
またしても、ちょ、ちょ、ちょっと待って!と思わないか?
この段階で、鬼母はまだ21歳だったのでは?
しかも、16歳で妊娠するようなオンナだったのでは?
異性関係を含め、まだまだ好き勝手にやりたいことばかりあったのでは?
ということは、精神的にはもちろん、行政が重要視する経済的にも、まだ養育環境は十分に育っていなかったと思うが、どうだろう?
そのうえ、この鬼祖母は、ハナから子育て支援を拒絶していたのでは?
どこをどう考えても、鬼母も鬼祖母も、ストレス解消のためのペットか、フラストレーション発散のサンドバッグが欲しかっただけだと思わないか?
どうあれ、育児放棄をしていた鬼母と鬼祖母にノースマイリングガールを戻すのに、その経済的環境のチェックだけで片づけてはいけないと思わないか?

③2009年2月、ノースマイリングガールが当時通学していた小学校から広島県東広島市に「左目下と下腹部に大きなアザがある」と通報。
近所住民からも東広島市にも虐待を疑う一報。
広島県西部こども家庭センターが調査したところ、鬼母と鬼祖母の2人がノースマイリングガールを虐待していたことを確認。
ノースマイリングガール自身も、初めて「母親に顔や腹を殴られ、祖母にホウキで叩かれた」と陳述。
すると、鬼母と鬼祖母は広島県こども家庭課の聞き取り調査に、「体罰を躾のためにやって何が悪い」と開き直り。
どうだろう?
こんな酷い環境もメズラシイのでは?
誰も自分の味方のいない環境…。
それなのに、ノースマイリングガールは絶望することもなく、必死で健気に独りで何もかもに耐えていたのでは?

④2009年、7歳で再びノースマイリングガールは広島県呉市内の別の児童養護施設に入所。
児童養護施設では2~18歳の子どもたちと4人1部屋、2段ベッドでの生活。
保育士らを「先生」と呼び、近隣の小学校に通学。
一度知った母親との生活を忘れられず、「家に帰りたい。お母さんと暮らしたい」と訴え、母親がニッコリ笑った似顔絵を描き、「おかあさんへ、きてくださいね」と綴ったクラス発表会の招待状を母親に送付。
そうすると、鬼母が、面会に訪れるようになり、やがて外泊も許可される。
「計20回ほどの外泊を重ね、母子も一緒に暮らすことを希望していました(?)。関係が良好だったので、問題ないと判断しました(?)。2人が住んだ府中町には過去に虐待があったことを伝えましたが、『継続して見てください』とは連絡しませんでした(??)」
どうだろう?
この事なかれ的タガの緩み切った我が国の社会で、親だろうと行政だろうと、子どもにとって信頼するものなど何もないのが現状では?
その意味で、ひたすら忍耐の日々を送る子どもは、親や行政をイラつかせるほど人間として成長してしまうのでは?
そして、そのことがさらなる虐待を受ける理由になってしまうことに気づかずに…。

⑤約2年後、2010年12月、ノースマイリングガールは鬼母と2人だけで(?)再び同居開始。
26歳になった鬼母が厚化粧で水商売で稼いでいたからと、今度は「祖母と同居(?)」という条件すらなく…。
この段階で、ノースマイリングガールの未来は一気に暗く希望のないものになったはず。
というのも、鬼母が新たなオトコとうまくいっていれば、何も問題がなかったはず。
ところが、鬼母はどこまでも人間として未成熟なまま、いかなるオトコもすぐに逃げ出すに決まっている。
事実、一度は内縁関係のオトコと3人で暮らしたこともあったらしいが、そのオトコも逃げ出している。
どうあれ、ノースマイリングガールは、自分の平和のために、鬼母のために、女中のように、下僕のように、母親のように、友人のように、ときにはクッションのような小道具になって、懸命に鬼母がオトコとうまくいくようにサポートしていたに違いない。
しかし、そんな努力もオトコが逃げ出すたびに、一瞬で泡沫になってしまったに違いない。鬼母は、そのストレスをすべて娘という名のパンチングボール、サンドバッグにぶつけたはず。

⑥6年間を児童福祉施設で過ごしたノースマイリングガールのたった11年の生涯は、結局、鬼母の決して飛ぶことのないゴルフボールにさせられることで、無残にも閉じさせられた。

I wanna give the pitiful decease of the girl who spent it in a child welfare institution between six years in the short lives of only one 11 years a sincere condolence(たった一度の11年の短い人生のうち6年間を児童福祉施設で過ごした少女の死に、心からの哀悼の意を捧げたい)!

To be continued...














彷徨う大和魂-21  超アメリカンなプラセンタ繋がり!?-1

Japanese women should know the true value and significance of the placenta(日本の女性たちは、プラセンタの本当の価値と意義を知るべき)!

東仙坊、「プラセンタ(胎盤)」というCFを観させられるたびに、ポカンとただただ笑っていた。
美容や健康に凄くいい「プラセンタ(胎盤)」???
まさか、「プラセンタ(胎盤)」を食べるの、共食い?
どうやって集めるの、出産直後や堕胎直後に掻き集めるの?
それが、「プラセンタ(胎盤)」そのものではなく、「プラセンタ(胎盤)」から細胞分裂を促進するグロースファクタや他の栄養素を抽出したものとわかって、どこかホッ。
さらに、人間の「プラセンタ(胎盤)」ではなく、豚や馬の「プラセンタ(胎盤)」と知って、かなりホッ。
それでも、一体全体、どこにそんなに「プラセンタ(胎盤)」があるの?
豚や馬のメスたちはそれで大丈夫なの?
トンマ(豚馬?)だから?
それにしても、ローマ人が食べていた丸いカタチの菓子「プラセンタ」に似ていたことから名づけられた、「プラセンタ」、ヒアルロルサンとかコラーゲンとは違うのでは?
いくら紀元前から「医学の父」ヒポクラテスが治療に、クレオパトラなどの歴代美女が美容に使っていたからといって、「プラセンタ(胎盤)」はないだろうというのが、正直な気持ち。
そんなことをしているから、親子の絆がメチャクチャ希薄に、超アメリカンになってしまうのでは?と懐疑的になっているのは、東仙坊だけではないと思いたいが…。

さて、そんな東仙坊、久しぶり思わず吐いてしまうほど胸の詰まる事件があった。
あまりにも痛ましく、そして、空しい…。
その11歳少女であるノースマイリングガールのイタイケな態度が切なすぎて…。
必死で明るく振る舞い、意識して作るその笑顔が少しも笑っていないなんて…。
どうしてそれほどまでの忍耐力を11歳なのに身につけてしまったのか?
それを想像するだけで、また胸が痛んできて、また吐きそうになる…。
そして、その影カタチも見せていなかった父親が、なぜか平然とテレビのインタビューに登場し、「酷い状態の遺体だった。頭などカタチがグチャグチャで残っていなかった。自分がもっと何とかしていればよかった」とほざいたのを観て、ブチ切れた。
「17歳の鬼母バカオンナを妊娠させ、出産させ、離婚して育児放棄したのは、キサマも一緒だろうが…。キサマも間違いなく同罪の鬼父でしかないだろうに…」
それにしても、「嘘をつくので躾のために殴った」、「30分ぐらい、部屋のいろんな場所で殴った」、「やりすぎた」、「体罰は必要」と、練習用ゴルフクラブで、自分の一人娘であるノースマイリングガールを頭のカタチがなくなるまで繰り返し殴打し、後頭部くも膜下出血と脳挫傷での出血性ショック死させた鬼母、堀内亜里(28歳)をど、ど、どうしてくれようか?
しかも、抵抗したときにできる防御痕は一切なかったというから、憐れすぎないか?
10月1日午後1時55分ごろ、鬼母はノースマイリングガールを軽乗用車に乗せて東広島市内の母親宅に向かう途中(?)、東広島市内の東広島署西高屋交番に「娘の様子がおかしい」ととぼけて届け出た。
車内では、ノースマイリングガールが助手席でぐったりしており、消防が慌てて病院に搬送したが、午後2時半ごろに死亡を確認。
何でも、午前11時ごろ、2人暮らしの自宅で、ノースマイリングガールの頭や腹を殴ったり蹴ったりしたうえ、練習用ゴルフクラブの硬質ゴム製ヘッド部分(?)で頭を殴打し続けたというから、まさに犬畜生。
ノースマイリングガールの全身は、いずれも衣服で隠れる部分ばかり古いアザだらけだったというから、ワナワナしてこないか?
どうあれ、広島県警東広島市警、広島県府中町石井城に住む、鬼母を傷害致死(??)で緊急逮捕したが、そんなことで収まらないのは、東仙坊だけではあるまい。
それもこれも、どんなヒトがどんな気持ちで提供したのか、たった2日目に開催された通学していた小学校運動会におけるノースマイリングガールのビデオ映像…。
放送係として緊張しつつも大きな声を上げ、徒競走ではぶっちぎって一等賞を取り、友人たちのホコリを払っていたのに、よりによって実の母親に凄惨に撲殺されてしまうとは、何という悲劇。
どちらにしても、ノースマイリングガールのたった11年の人生は、残虐非道に鬼母によって勝手に終止符を打たれてしまったのだから、あんまりでは?
そこで、そのわずか11年のうち6年も児童福祉施設で過ごさせられたうえ、自分の母親に撲殺されたノースマイリングガールの一生を検証してみたい。

■ノースマイリングガールの11年間

●時系列で検証する、その本気で笑えなかった哀しい一生

①2002年、鬼母が17才のとき、ノースマイリングガールは頼んでいないのに、その意思は無視され、なぜか勝手に世に生を受けさせられる。
ところが、鬼母、離婚し(?)、養育が経済的にできない(??)と、生後まもなくノースマイリングガールを広島県内の乳児院に預け、チョン。
そのまま、ノースマイリングガールは4歳まで児童養護施設。
ちょ、ちょ、ちょっと待って! と思わないか?
17歳で、本気で愛し合った結果でもないどころか、養育のことを全く考えずに出産したということなのでは?
つまり、何のためにためにノースマイリングガールを産んだのか?
世界有数の堕胎王国の日本では、未成年、養育不可能、養育能力不備なら、ただ出産すべきではないのでは?
ましてや、お偉い「child abuse(チャイルド・アビューズ:虐待)」のご専門家先生(?)が、「子ども時代に虐待を受けて育った親が、我が子にも手を上げてしまう『虐待の連鎖』に陥った可能性が高い。親元に引き渡すにはもっと慎重に判断すべきだった」とか何とか言う前に、出産させるべきではなかったのでは?
事実、鬼祖母も、最初から養育への協力を拒絶していたのでは?
このときはまだ、出産育児一時金等42万円の支給はなかったのでは?
どちらにしても、非文明国ではあるまいし、ただ産めよ増やせよ!は、かなり問題なのでは?

The face of a 11 years old girl beaten to death by this ogre mother is not separated from my mind(この鬼母に撲殺された11歳少女の顔が脳裏から離れない)!

To be continued...

彷徨う大和魂-20  今や日本の拳銃、それは車!?-2

The car is just the handgun which is convenient by the security that there is not at all that it is shot back(車は、決して撃ち返されることのない安全で便利な拳銃)!

本物の拳銃よりも始末が悪く、それこそバズーカ砲や大砲並みの拳銃でしかないのに、誰もが許可証を手に入れられる拳銃のような車。
そんな拳銃車による卑怯で卑劣な犯罪は、本当にとどまることを知らない。
何しろ、よほどのことがない限り、自分が撃ち返される心配がない一方的な凶器なのだから、ジコチュウの大バカどもには最適(?)…。

9月5日、「うっとうしくて話をしたくなく、振り切るつもりで車を発進させた」と、交際していた49歳女性を車で轢いて殺害しようとしたとして、愛知県警江南署は、殺人未遂で、愛知県岩倉市大市場町郷前に住む、会社員、井田雅久(43歳)を現行犯逮捕。
女性は病院へ運ばれたが、間もなく死亡したため、容疑は殺人。
何でも、9月5日午前0時ごろ、オトコの自宅前で女性がオトコの帰りを待ち構えていた。
2人は、同じ会社に勤めるトラック運転手で交際していたが、オトコの方から別れ話を切り出したために、女性が何を今さら!と納得できなかったに違いない。
女性に、年齢的なプレッシャーもあるうえ、更年期障害的アンバランスな精神状態もあったに違いない。
面倒で乗用車から降りないオトコが、そのまま逃げようとすると、「女性がドアにしがみついてきたので、振り払おうと車を発進させたら、後輪でひいてしまった」というから、最悪。
あわてて、「彼女を車で轢いた」と自ら110番。
その結果、オトコは拳銃による女性射殺犯。
ところで、気になるのは、現場から30㎞以上離れた岐阜県岐阜市西鶉に住んでいた女性、おそらく車で訪れていたのでは?
なぜ、その車の中で待っていなかったのか?
それが、仕事のトラックだったらよかったのでは?
そうすれば、トラック運転手同士。
立派な真夜中の決闘。
拳銃の撃ち合いになったのでは?
ついついそんな風に思ってしまうのは、東仙坊だけではあるまい。

9月22日午前11時25分ごろ、横浜市瀬谷区宮沢の市道で、一時停止中の乗用車が後退し、後ろを歩いていた近くに住む37歳会社員の長男で幼稚園児(4歳)に衝突。
病院に搬送されたが頭などを打って約1時間40分後に死亡するという痛ましい事故が起きてしまった。
神奈川県警瀬谷署は、自動車運転過失致死の現行犯で、横浜市瀬谷区阿久和東に住む、主婦、梅津裕子(31歳)を逮捕。
現場は緩やかな坂道。車は約20m後退し、曲がり角の民家の壁にぶつかって停車。
不運極まりない幼稚園児は、壁と車の間に挟まれてしまったというから、あまりにも残酷で悲劇的。
「ギアやサイドブレーキを引いたのかどうかよく覚えていない」という、このオンナ、本当にサイドブレーキとギアを正しい位置に引いていなかったというから、最低。
何でも、このオンナ、後部座席に長男(2歳)を寝かせて友人宅に向かう途中。
「前方に子どもが飛び出してきたので、急ブレーキをかけた。長男の体勢が崩れたので、直すために車を降りたら、バックし始めた」というから、子どもを撃ちそうになったうえ、結局、子ども撃ってしまったことになったのでは?
極論すれば、実弾入りの拳銃を子どもの水鉄砲のそばに置いたようなものだと思わないか?
どうあれ、これでしばらくは拳銃に触れないばかりか、我が子の顔も見れないのでは?

ところで、なぜにここまで拳銃と同じでしかない車への認識が欠如しているのか?
自分が凶器を手にしているという自覚がないのか?
それは、モラル意識の欠如そのものなのでは?
そんなタガの緩みを決定的に象徴するのが、本物の拳銃を持つ警察官のもう一つの拳銃である車への認識…。
9月22日午前1時25分ごろ、秋田県秋田市保戸野千代田町の市道で、秋田市飯島西袋に住む、秋田県警捜査一課、秋元伸州警部補(41歳)の軽乗用車が道路左側の電柱に衝突、大バカコップは胸の骨を折る重傷を負った。
そして、問いかけになかなか反応しないため、呼気検査は大甘に4時間以上たってから実施(??)。
す、す、すると、呼気1リットル当たり0.15㎎以上の基準値をはるかに超えるアルコールを検出。
何でも、この大バカコップ、9月21日午後7時から、秋田市内の居酒屋で開かれた上司の送別会で飲酒後、近くのスナックでも飲酒
帰宅前に「代行を2回頼んだがこなかった」と自家用車を運転(???)
しかも、「秋の全国交通安全運動」が9月21日に始まったばかり
さらに、事故現場では、交通安全の旗数本がなぎ倒されるなどしていたというから、極刑に処すべきでは?
こんな情けなくてみっともなくて恥ずかしい警部補がこの国にいるなんて、開いた口が塞がらないのでは?
とにかく、一事が万事、このテイタラクなのでは?
ともあれ、東仙坊、このまま放置しておくと、この車の拳銃化はますます顕著になり、日本中で不幸な被害者がますます増えるとと断言しておきたい。

In our country of the morals perfection collapse, the crime that is mean with the cowardice with the car becomes more and more remarkable(モラル完全崩壊の我が国では、車による卑怯で卑劣な犯罪がますます顕著になる)!

彷徨う大和魂-20  今や日本の拳銃、それは車!?-1

The times arrival to use the car for as a weapon as a substitute for the handguns. Will you please make a bulletproof jacket to take the Nobel Prize(車を拳銃代わりの凶器として使う時代到来。ノーベル賞を取るために、誰か防弾チョッキを作って)!

もし、今、誰かが通りで拳銃を乱射していたら、アナタは通りに出ますか?
おそらく一歩も外に出ないばかりか、何重にも家の鍵をかけ、110番通報し、じっと息を殺して隠れるのでは?
もし、歩いていて背後から、突然、誰かが拳銃を撃ってきたら、アナタはどうしますか?
もし、歩いていて前から、突然、誰かが拳銃を撃ってきたら、アナタはどうしますか?
もし、彼氏が拳銃を取り出し撃ってきたら、アナタはどう逃げますか?
もし、家のそばに停められた車が自爆テロの車だったら、どうしますか?
実は、アナタはそんな現実が日常茶飯事だと気づいていますか?
えっ、拳銃所持が禁じられている日本では、ありえないって?
実際、そのくらい本物の拳銃の不法所持が横行しているのも、事実。
でも、東仙坊、ここで指摘している拳銃とは、本物の拳銃よりも、それこそバズーカ砲や大砲並みの拳銃でしかない車のこと。
このモラル完全崩壊社会の日本では、すでに何度も何度も糾弾してきたが、極めて深刻になっていると思うが車の拳銃化が…。

10月8日、「道路を広がって歩いていたので注意したら、生意気な口をきかれので頭にきた」と道路を歩いていたグループを轢き殺そうとしたとして、埼玉県警所沢署は、殺人未遂で、埼玉県所沢市美原町に住む、建設作業員、衣斐昂(23歳)を逮捕。
何でも、このオトコ、10月7日午前1時40分ごろ、埼玉県所沢市緑町の市道で、普通乗用車を運転中、白線で仕切られた歩道から一部車道にはみだして2列になって歩いている約10人のグループを発見。
車を降りて注意したところ、口論。
会社員らが最後は「すみません」と謝罪したことで、その場はいったん収まり、一度は走り去った。
ところが、腹の虫が収まらなかったのか、あるいは、さらに何かがあったのか、約25m先でUターンし、ブレーキをかけることなく、後ろからそのグループの列に車で突っ込んだというから、キチガイの拳銃乱射事件の様相。
まさに、キチガイに刃物というより、キチガイに車。
結果的に、2人が頭や腰に打撲、1人が右足捻挫ですんだことは、ほとんど奇跡だったでは?
オトコは、そのまま逃走したが、その被害者グループの中に高校時代のクラスメートがいたことで、あえなく浮上。
10月8日午前、所沢市内のホテル(??)で見つかり即刻逮捕されたというから、お天道様は見ていたということ。
ただ、東仙坊、オトコもそのクラスメートの存在に気づいたからあえて戻ったのでは?と、少々うがっているのだが…。
どうあれ、この拳銃乱射テロリスト、相当の厳罰に処すべきなのでは?

9月21日、「女性に気づいていたが、クラクションを鳴らせば止まってくれると思った」と、東京都中野区弥生町の区道交差点で横断歩道を渡っていた81歳女性を撥ねたとして、警視庁中野署は、自動車運転過失致傷(?)で、埼玉県川口市木曽呂に住む、トラック運転手、石井勝治(30歳)を現行犯逮捕。
何でも、このオトコ、9月19日午前10時20分ごろ、ほとんどスピードを落とさず時速30㎞のまま走行し、クラクションを何度も鳴らして横断歩道に侵入し、そのまま跳ね飛ばしたというから、武器も持たない無抵抗な相手に向かって拳銃を撃ったようなもの。
その意味では、このうえなく卑怯で卑劣なガンマン。
しかも、相手は明らかに弱い高齢女性。
より刑罰の重い危険運転致傷に切り替えたからってすむものではないのでは?
実際、女性は意識不明の重体。
いかなる理由があろうと、このようなオトコは、銃殺の刑にすべきだと思わないか?

10月1日、「車ではねたことは間違いないが、殺すつもりはなかった(??)」と、元交際相手(?)を車で撥ねて殺害しようとしたとして、岡山県警水島署は、殺人未遂で、岡山県倉敷市北畝に住む、配管工、岡村銀伺(25歳)を逮捕。
何でも、このオトコ、9月29日午後11時25分ごろ、倉敷市の自宅アパート前の路上で、元交際相手の同じ市内のの無職女性(39歳)を軽ワゴン車で数m撥ね飛ばし、全治約3週間のケガをさせたというから、言語道断。
それも、女性が他の男性と話していたことに腹を立てて口論していて(??)、軽ワゴン車に乗り込み、それで撥ねたというから、拳銃を持ち出したことと同じ。
ちなみに、女性は頭を打ち、全治3週間。
それでいて、殺すつもりななかったって、一体どんなつもりだったのか?
まさか、やさしく愛撫するつもりだったとでも言うのか?
それ以上に、元交際相手が何をしようと勝手なのでは?
だとすると、その14歳も年上の女性も、何でこんなオトコの自宅前にいるの?
もしかして、お隣さんか? ご近所さん?
ということは、自殺願望でもあって、このオトコに撃たれたかったの?
あるいは、この若いオトコの拳銃が忘れなれなかったの?

You should deal with a grave offense if you commit murder by car(車で殺人を犯したら、重罪に処すべき)!

To be continued...

真実イチロー  夏の終わりのハロームーン!?

When a game of Ichiro disappears, it is almost fall for me(イチローのゲームがなくなると、秋本番)!

夏はとっくに終わったのはずなに、イチローとともに、どこまでも熱い思いを持ち続けた、東仙坊。
けれども、ニューヨーク・ヤンキースがデトロイト・タイガースとのALCSを0勝4敗のスィープで敗れ、ワールドシリーズ進出を逃し、一気に秋本番。
その敗色濃厚の9回表、ベンチの手すりに腕をかけ、戦況を見つめるイチローは、一体何を思ったていたのか?
その野球少年そのもののイチローの眼差しを食い入るように観ながら、東仙坊、心のどこかに異様に冷たい風が吹き始めたのをシミジミと感じている。
8回の最終打席、なぜか突然目覚めたヤンキースをお払い箱になった左腕のフィル・コークの速球を、強烈にセンター返し。
すると、ノリノリのフィル・コークがグラブで叩き落とし、ピッチャーゴロ。
これで、3-0、結果的にALCSは、17打数6安打、1本塁打、2打点、353。
ポストシーズン全体でも、40打数11安打、1本塁打、5打点、275。
どうあれ、シアトル・マリナーズから7月にヤンキース加入後、67試合に出場し、322とチームの東地区優勝に貢献。
あのシニカルなヤンキースのキャッシュマンGMをして、「イチローは本当に大きく貢献してくれた。本当に能力が高い。特に、控えに回る可能性などヤンキースの条件を受け入れたイチローには感謝している。グラウンドでもクラブハウスでも好影響を与えてくれた」」と賞賛、評価せしめたほど。
そして、「今オフにFAとなるが、ほかの選手とともにFA選手としてオーナーと将来の計画について話し合う。明らかにイチローは素晴らしいヤンキースの選手だ」とも一応は言ってくれているのだが…。
また、試合後、「悔しい気持ちしかない。ただ、こういう気持ちは久しく味わったことがない。短い時間でしたが、この場所にはいろんなもの、いろんな時間を与えてもらった。最後はこういう形で負けてしまいましたが、本来持っている気持ちを思い出させてもらった。それに至るまでのプロセスでもっとやっておけばよかった、というのは一切ない。ですが、結果としてもっとできることがいっぱいあった。このチームはワールドシリーズに出ることが最低ラインみたいな宿命を背負っているから当然ですね。ベストメンバーでグラウンドに立ちたいというのは当然のこと。でもこれも野球の一部。ジーターがいなくなって、こういう形でスイープされてというのが情けない。ここでしか味わえないものは確実に存在するということ。ただ、これまでシアトルでプレーしてきて孤独を感じる時間がすごく多かったんですが、そこで自分なりに戦ってきたことは、確実に自分の力になっていたと思った」と、我がイチローもコメントしているというのだが…。
ともかく、これでイチローのチャンピオンリングの夢は露と消え、東仙坊、2012年はジ・エンド。
果たして、来年も何とか生きられるのか?
ふと、夜空を見上げると、かなりの三日月…。
そのカタチ煌めきが、どこかデレク・ジーターの瞳に見え、「Hello moon(ハロー、お月様)。Hello Jeter(ハロー、ジーター」と思わず声を上げていた。
誰がどう言おうと、イチローがヤンキーになったことのメリットは、デレク・ジーターと一緒にプレーができること。
どうかお月様、来年も、2人一緒の笑顔が観たいと、心から願うばかり…。

さて、「シアトル・ポスト・インテリジェンサー」が、今回の結果を受けてのイチローに対する記事を掲載し、同時にアンケートも実施した。
すると、メチャクチャうれしい結果が…。
な、な、なんと、伝統的にヤンキースを嫌いのマリナーズファンが、多くのマリナーズファンがイチローが今季途中に移籍したヤンキースを応援していたというから、喜色満面。
しかも、まもなく39歳になるイチローが今後世界一になるチャンスは低いとしているが、イチローがチャンピオンリングを手にする男にふさわしいと考えているというから、ただただ感涙。
さらに、イチローについて実施したアンケートでも、「世界一を逃したイチローを気の毒に思うか?」との問いに、「イチローがいたからヤンキースを応援していた」が大半の62%。
「イチローは残念だったが、ヤンキースが負けて嬉しい」が22%。
「ヤンキースはヤンキースだから」が6%だったというから、東仙坊、シアトル市民は、やっぱり好き…。

At last I like Seattle citizens supporting Ichiro who went to New York(ニューヨークに行ったイチローを応援してくれるシアトル市民が好き)!

新・新日本砂漠化-87  日本国という名のハチャメチャ保育園!?

I don't know why you could easily kill a pleasant woman in this way(なぜに愛すべき女性をこのように簡単に殺害できるのかわからない)!

今、我々日本人は、保育園児政府の下で、日常生活を漠然と続けている。
何かがオカシイ、このままでダメだ、と、百も承知でも、日本人らしく仕方がない、と半ば諦めながら…。
それはそうである。
その保育園児政府を冗談でもチョイスしてしまったのは、1億2千万人総保育園児化の我々国民自身。
軽々に責めることは、天に唾棄すること。
その結果、日本中がハチャメチャ状態、まさに一つの保育園。
いたるところで、好き勝手にやりたい放題し放題。
やったもの勝ち…。
いくら怒られようが怒鳴られようが、馬耳東風。
悪いことは、みんな人のせい…。
首相味占め症候群(?)首相でいたい病(?)のドジョウの「悪いのは前政府!」の人になすりつけを筆頭に、「尖閣だって買うと言い出した東京都知事のせい」の大きく期待を裏切られた親韓オタクの前原誠司、「ノーベル賞受賞者にさぞ生活者としてお困りだろう(?)。閣僚がお金を出し合って洗濯機を贈ろう」のトンチンカン親中おたくの田中真紀子、「暴力団のどこが悪い。金をくれれば大切な神様」の法相である田中慶秋と財務相である城島光力。所詮、政治屋なんて、すべてが私利私欲、我欲のために行動するもの。
もっとも、自民党だって、すぐに政権を取りたい本当の理由は、東日本大地震の復興費を自分で好き勝手に使いたいからだけ。
どうだろう?
日本の代表者どもがこんなアリサマでは、東仙坊、模索し続けるモラル再生など、風前の灯、夢のまた夢…。
それにしても、毎日、毎日、保育園のように、ワイワイガヤガヤ、ギーギー、簡単に人を殺す人の多い国になってしまったのか、この日本?

10月5日午後7時半ごろ、青森県青森市八ツ役芦谷のアパートで、仕事から帰宅したオトコが「同居女性が死んでいる」と110番。
駆けつけた警察官が、台所で、膝を折り曲げ、全裸でうつぶせに倒れた状態で死んでいる31歳女性を発見。
そのそばには、なぜか犬の合成皮革製首輪が…。
「10月5日午前11時ごろに仕事で家を出たときは女性は生きていた」と言うオトコを厳しく事情聴取したところ、「女性が暴れてケガをしないように、犬用の首輪とワイヤで拘束し、南京錠をかけておいた」と供述。
その後の捜査で、女性の体には複数の外傷があったうえ、首輪付きのワイヤを台所に固定され、半径2mほどしか動けなくさせられ、逃げられなくさせられていたことが判明。
さらに、警察がくる前に外そうと、オトコがハサミで首輪を切ったことも判明。
青森県警青森署は、その飼い主のオトコ、トラック運転手、桑野貴志(38歳)なるデーモンキーパーを、逮捕監禁と傷害致死で逮捕。
司法解剖の結果、女性の死因は「多発性外傷に起因した多臓器不全」。
致命傷となる大きな傷はなかったものの、傷が原因で多臓器不全を起こしたというから、メチャクチャ残酷。
それに対し、「女性の自傷を防ぐために拘束した」ととぼけているというから、こちらの方は本物の犬畜生。
このデーモンキーパー、愛知県で育ち、小学校のときに岩手県大船渡市に転校。
岩手県の高校を卒業後、仙台の専門学校に進み、青森で航空関係の仕事をし、離婚歴があり、2年ほど前からトラック運転手。
無断欠勤や遅刻もなく、「彼女はいるの?」と尋ねられても「いない」と答えてつつ、1年ほど前から被害女性と同居。
この段階で、被害女性の運命はほとんど決まっていたと言えるかも?
それが、「事件2日前の深夜に女性の甲高い叫び声が何度も聞こえた。何をしているのか分からず、不安だった」と臆面もなく証言できる、奇特で勇気ある「絆」を大切にする隣人男性(60歳)のおかげで、ラクラクDV三昧。
何しろ、10月4日~5日、2人と友人関係(?)にある、青森市高田朝日山に住む、無職(?)、斎藤真紀(40歳)、青森市岡町藤戸に住む、無職(?)、蝦名勝俊(38歳)、青森県平内町小湊和田に住む、家族経営鉄工所事務員、小形将人(37歳)の3人と共謀してまで(???)、暴行したというのだから、たまらないはず。
中でも、斎藤真紀はデーモンキーパーと一緒に、事件前日に青森市内の量販店で購入したというから、開いた口が塞がらない。
どうだろう?
何もかもが幼稚で子どもじみていて、吐き気がしてくるのは、東仙坊だけではあるまい。
保育園児同士のバイオレンスゲーム?
集団SMゴッコもどき?
もっとも、親族から8月、10月の2回捜索願が警察に出ていて、被害女性自身が警察からの連絡に携帯電話で、「警察は関係ない」と応えていたというから、ハナからMで、犬になりたかった側面はあるのかも?
それにしても、あまりにも命の尊さを意識しない、このハチャメチャな行動は一体何?
今、日本人に早急に必要なのは、日本人本来の矜持の復活なのでは?
その意味で、東仙坊、話題騒然の「尼崎遺体遺棄事件」など、プロファイリングするのもウンザリ。
勝手にどこかよその国の話と決めつけ、見ザル読まザル。
本当に我が日本は、内側から沈没してゆくと思うが…。
そうしたら、10月11日、山形県天童市駅西の県営アパート3LDKで、交際相手(?)の山形県村山市名取に住む、無職(?)の28歳女性の首を後ろから羽交い絞めにして腕で絞めて殺害したと、無職(?)、鈴木涼平(27歳)なる生活保護受給遊び人を、山形県警天童署が、殺人で逮捕され、かなりショック。
10月10日午後11時25分ごろ、兄(30歳)と一緒に山形県警天童署に、「自宅で交際中の女性を殺した。約1年間交際していたが、昼ごろ、『殺すなら殺して!』と頼まれたので殺すつもりでやった」と、生活保護受給遊び人が自首してきたというから、何をかいわんや。
やっぱり、日本中が完全に一つの保育園なのかも。

The country called Japan might be the huge nursery school now(今や、日本という国は、一つの巨大な保育園)!













プロファイリング-24  島根県松江市26歳女性車ごと失踪事件-3

What kind of shop was the shop which this disappearance woman committed more than five years(この失踪女性が5年以上も働いていた店って、どんな店だったのか)?

■島根県松江市26歳女性車ごと失踪事件

●東仙坊がプロファイリングする、この事件の不可解な点

③東仙坊、メチャクチャ着目しているのが、被害女性である夢見るネイリストの働いていた店の22歳店長と36歳グループ・オーナーの10月11日の会見。
特に、その中にあった次のコメント。
「閉店時に2人の男性客を見送り行って、戻ってきて定時に帰った。2人の客だから、いつものなら2人の女の子に見送らせるのに、一人で行かしてしまったから、心配になって、翌朝8時に電話させたのに電話に出なかった」
「2人の男性客は、新規、今まできた方ではないですね。トークも盛り上がっていたと思いますけど。新規のお客様の場合、『アフター』はなかなかしない。馴染み客でない限り、なかなかアフターには新規では行けない。それなのに、夢見るネイリストは行ったらしく、近くのラーメン店、よく行くスナックに行ったようだ」
「防犯ビデオで確認した限り、午前2時ごろ、スーツを着たお客さんに手を振って、別れたとこまでは確認した。右側に人がいて、1人しかおらんかった。2人とも手を振り、その後、別々の方向に向かう様子が確認できた」
「彼女の車が走り去る様子が防犯カメラに写っていた。帰る方向的には、家は向こうなんで、普通なら逆方向になりますね。なんでそっちの方向に行ったかはわからない。ただし、運転していたのが彼女かは解析できないんですよ
どうだろう?
店サイドが、この2人の一見の客にどこか違和感か不信感を覚えていたのは歴然だと思わないか?
それで、俄然気になるのが、店の実際の業態。
地元で店舗展開をしているようだが、一体どんな店なのか?
俗語でピストルを意味する店舗名という話も出ているが、夢見るネイリストのファッションから想像すると、いわゆるクラブのようなものなのか?
あるいは、キャバクラもどきか?
どうあれ、その2人は、その場で夢見るネイリストを指名したのではないのか?
どちらにしても、その2人をとっくに特定し、任意であろうときちんと取り調べをしているに違いないと期待しているのは、東仙坊だけではあるまい。
ところで、その防犯ビデオに映る夢見るネイリストの車を運転していたのは、本当に夢見るネイリストなのか?
とにかく、その細密な画像解析をちゃんとしてほしいのだが…。
ところで、ヤタラメッタラ出てくる防犯ビデオ映像、他の場所のビデオはどうなっているのか?
さらに、午前2時なのに、夢見るネイリストの車はタクシーとタクシーに挟まれて走っていたほど、それなのに、なぜ車の目撃情報がもっと出てこないのか?
失踪から3週間、公開捜査から10日間も経って、情報提供がたったの59件とは、本当に呆れないか?
どうあれ、これだけでも、卑怯で卑劣なホシども(?)が地元の土地勘というより裏道に精通したクソッタレということがよくわかると思うが…。
少なくとも、車が遠くに行った形跡がないから、島根県警だけでなく海上保安庁のダイバーまで動員して、大がかりな大橋川の水中捜索をしたのでは?
こうなってくると、ますます危惧されるのが、いまだに逮捕されていない島根女子大生バラバラ殺人事件のサイコパスの存在、確か誰にも目撃されることも証拠を残すこともなく、広島県山県郡北広島町東八幡原の臥龍山山頂および登山道付近なる超辺鄙な場所に狡猾に遺体を遺棄したのでは?

④東仙坊、このプロファイリング真っ最中の10月16日、島根県警松江署員がJR松江駅でチラシを配ったというニュースに卒倒しかけている。
一方、松江新大橋商店街が、防犯カメラ画像を公開したということに、開いた口が塞がらない。
無能極まりない警察は、何人動員とか、何かをしていますを見せてお茶を濁すパフォーマンスをしているだけなのでは?
本当に情けなくてみっともなくて悔し涙が出てこないか?
さて、なぜか松江新大橋商店が公開した、夢見るネイリストの客に手を振る新たな映像に愕然とさせられ、もう黙っていられない。
いくらそれが日常になってしまっていたとしても、そのリアリティのなさ、無防備さ、軽佻浮薄さが、かなりショックで、何とも言えない空虚さ、無念さを覚えたからである。
午前2時なのでは?
26歳の妙齢の女性なのでは?
それで、今の百鬼夜行の時代をユートピアだとでも思っているの?
一見の客2人と1人で「アフター」するだけでも、メチャクチャ未熟なのでは?
それなのに、なぜ手まで振るのか?
それより何より、夢見るネイリストはアルコールを口にしていなかったのか?
平気でいつも飲酒運転をしていたということ?
逆に、その素人っぽさは客が付くだろうが、ともすると客を異常に意地にさせるのでは?
その家出少女のようなムードは、バカなオトコをその気にさせがちなのでは?
もっとも、それだからこそ、店側も重宝だったのでは?
そもそも、5年以上も同じ店に働いていたこと自体、かなり不自然では?
一体どんなメリットがあったの?
いや、どんな打算や思惑が働いていたの?
それより何より、その間、どれだけのオトコ友だちがいたの?
もしくは、真剣につき合ったオトコがいたの?
いや、いわゆる水商売をしながら、どうして安易にプライバシーをfacebookなどに公開できたの?
それより何より、かなりの夢見る夢子であることはわかるが、本当にネイリストになりたかったの?
いや、何で26歳にもなって今さら上京しようとしたの?
本当は何も考えていなかったのでは?
東仙坊、どうせ誰も言わないだろうから、誤解されること覚悟で言わざるを得ない。
そのスキだらけのどうしようもない軽さが、拉致誘拐の被害者(?)になる要因になってのでは?と思うが…。
それにしても、連日、許し難いクソッタレどもに簡単に殺されるヤングレディの相が、なぜにここまで似ているのか?
やはり、根本的な心の鍛錬不足としか思えないが、どうだろう?

Why is what the aspect of women who are easily murdered closely resembles(簡単に殺されてしまう女性たちの相が酷似しているのは、なぜ)?

プロファイリング-24  島根県松江市26歳女性車ごと失踪事件-2

You should open a criminal investigation immediately if you wanna help a victim with an abduction kidnapping(拉致誘拐事件で被害者を助けたいのなら、即刻、公開捜査すべき)!

■島根県松江市26歳女性車ごと失踪事件

●東仙坊がプロファイリングする、この事件の不可解な点

①東仙坊、緊急プロファイリング 北海道滝上町立図書館員女性失踪or蒸発(?)-2 緊急プロファイリング  岐阜瑞浪幼稚園教諭女性拉致事件-2とすでに書き込んだが、拉致誘拐事件だった場合、ターゲットの生存率は発生後24時間以内で70%、48時間以内で50%、72時間以内で30%。
それが、殺害や強姦が目的だった場合は、ターゲットの生存率は、1時間半以内で75%、2時間以内で53%、3時間以内で44%とUSAでは言われているはず。
しかも、あれだけ猟奇的かつ凄惨な「島根女子大生バラバラ殺人事件」の捜査の不手際経験から多少は学んだはずなのでは?
その意味でも、島根県警も、相変わらずワケがわからないほど無能なのでは?
誰がどう言おうと、事件捜査の基本は迅速で的確な初動捜査。
これだけの1億2千万人総保育園児化のいつも繋がっていないと不安症候群の日本で、ヤングレディの携帯電話が繋がらない時点で、事件とみなすべきなのでは?
にもかかわらず、失踪後9日目での公開捜査では、すべてがtoo late、遅すぎるのでは?
もしかして、島根県警は、ハナから26歳の夢見るネイリストの生存を諦めてしまっているということではあるまいな?
どちらにしても、東仙坊、夢見るネイリストの無事を祈りながら、どうしても言っておかざるを得ない。
ルビコン川を渡り残虐非道な本物のサイコパスと化したオトコは、必ずよりドラスティクでラジカルな再犯を必ずする。
つまり、シリアルキラー(連続殺人犯)に確実になる。
だからこそ、野放しにしておいては絶対にいけないのでは?
それこそ、いくら平和ボケでも、島根県中の人びとが協力し合って、犯人逮捕に全力を挙げるべきでは?
どうあれ、この事件(???)も、最悪のケースである島根女子大生バラバラ殺人事件を視野に入れて捜査すべきだと思うが、どうだろう?
とにかく、事件後(???)できるだけ早い時期に捜査を開始すれば、26歳の夢見るネイリストの携帯電話や車のGPS(?)追跡ができたのでは?と、ヤキモキしているのは、東仙坊だけではあるまい。

②この事件(???)の一報が出て、東仙坊、すぐに思い出した事件が、実はもう一つある。
これまた、今の無能極まりない警察のせいで、なぜか情けなくみっともなく未解決のままの「愛知一宮女性業務用冷凍庫死体遺棄事件」。
緊急プロファイリング 愛知一宮女性業務用冷凍庫死体遺棄事件-1 で書き込んだ、ミステリアスなあの事件。
店が終わった後、人と会うようなことを言って(?)、車で真夜中にフィアンセを部屋に残して残して出かけ、結果的に無残にも業務用冷凍庫の中に入れられ、湖に棄てられた27歳キャバクラ女性なるラスティック・クイーンの事件。
しかも、店を結婚のためにもうすぐ店を辞めると公言していたはず。
正直、動機的には、こちらのパターンでは?と、なんとなく直感したほど。
もっとも、この事件のホシは、間違いなくラスティック・クイーンのそばにいて、そのワガママさに辟易し、思わず手を出してしまった殺人で、それこそ殺すつもりで殺したのではないことだけは確かだが…。
その間接的要因になったのが、金を稼いだことによる勘違い。
白いベンツを乗り回していたことでも明らかなように、何百万円も貯金していたことや夢のように盛大な結婚式を考えていたことでも明らかなように、どこか居丈高な上から目線が引き金になったはず。
その点から考えると、今回の夢見るネイリスト、いくら5年(7、8年?)近く一生懸命働いたところで、¥2000(?)×3h×6d×52w×5y=¥9360000。
月の生活費を80000円に節約し、それでトヨタbBを仮に買ったのだとしたら、せいぜいその貯金だって200万円がいいところでは?
となると、ラスティック・クイーンとは違い、金を稼いだことによるシガラミはほぼ考えられないのでは?
もし共通点があるとすると、店で人気だったこと、妙齢だったことから、当然のごとくそれなりにあったはずのオトコ関係。
いわゆる色恋沙汰。
確かに、夢見るネイリストが上京すると言い出したことの一つに、腐れ縁のオトコから逃げ出すという側面があることは、否定できない。
そうなると、元カレたち、今カレなども考えられる。
しかし、そうだとすると、ラスティック・クイーンのケース同様、その車の始末はかなり面倒なのでは?
そんなリスクを背負わずとも、チャンスはいくらでもあるのでは?
それより何より、相当綿密なアリバイ作りを用意しておかなければ、即刻バレルのでは?
もちろん、ラスティック・クイーンのケースのように、遺体(?)を簡単に見つからないようにすれば、不可能ではないが…。
しかし、いくら安直に人を殺してしまう時代だからといって、もし元カレたちや今カレなら、ラスティック・クイーンのように最後通牒に近い結婚を持ち出されたワケではないのだから、東京までストーカーのように追っていけばいいだけ。
そのために、わざわざ自分の人生もも終わらせることになる殺害(?)を企てる必要はないはず。
だとすると、一体何が夢見るネイリストの身に起きているのか?

If it may be an ex-boyfriend and a now boyfriend, he'll finish it if he become a stoker and run after her to Tokyo(元カレや今カレだったら、ストーカーになって東京まで追いかければすむのでは)?

To be continued...

プロファイリング-24  島根県松江市26歳女性車ごと失踪事件-1

As for the citizens of Shimane, why is it kept letting singular psychopath run loose in history(島根県民は、どうして史上まれに見るサイコパスを野放しにしたままでいられるのか)?

実は、東仙坊、連日、これだけ凄惨かつ安易な殺人事件が続いて、その絶望感と義憤から胃をギュルンギュルンさせては、大きな溜息を繰り返している。
そして、本当に日本人の心の奥底の何かが溶け切ってしまったのでは?と危惧しながら、もしかしたらオゾマシイ犯罪のメッカUSAも真っ青のシリアルキラーが島根県にいるのでは?と、戦慄している。
その直感を確認しようと、島根県警のHPをチェックし、その「日本一治安の良い『しまね』を目指して」というキャッチフレーズに、いきなり鼻白んでしまった。
そして、やっぱり!と再確認してから、地図をチェックした。
どうやら、そんなに遠くはない…。
ざっと見た限りでは、100㎞~120㎞(?)くらいか?
ともかく、2人の口元、歯並び、特に前歯の大きさもかなり気になる。
もちろん、その背丈のかなりの小ささ、細っぽい感じ、セミロングヘアー、それ以上にファッションがどうしても気になる。
また、2人組のオトコが登場してくるということも、凄く気になる。
そのうえ、2人の行方不明女性が、仕事帰りというところも、メチャクチャ気になる。

A)身長147cm、細身、セミロング(ポニーテール)。
白地に黒のボーダーでフードがついたワンピース、黒色のレギンス様のもの、黒っぽい靴、黒色のバック。

B)身長155cm、やせ形で、長髪。
白と黒のワンピース、 黒のジャケット、黒のレギンス。


もう少し詳述してみたい。

A)10月26日午後9時すぎ、アルバイトを終え店を出た後、行方不明。
 公開捜査、失踪9日後。
 失踪直後に危ない雰囲気の2人のオトコと歩いている目撃証言(?)と防犯ビデオ映像(?)。

B)9月27日午前2時ごろ、2人のオトコと飲食した後、行方不明。
 公開捜査、失踪9日後。
 失踪直前に駐車場で2人のオトコと直前、自分の車の前でもめていたという証言(?)。
ただし、自分も女性と一緒(?)。

 
どうだろう?
シリアルキラー(連続殺人犯)の様相も否定できないのでは?
本当にイヤな事件では?
もうお気づきだと思うが、Aのケースは、3年前の2009年、島根県浜田市原井町に住んでいた、島根県立大学1年生の19歳女性が、凄惨かつ猟奇的なバラバラ死体で発見された事件。
しかも、面映ゆいことにいまだに未解決…。
東仙坊、心理的プロファイリング  島根女子大生バラバラ殺人事件-1と、書き込んだ通り。
そして、Bのケースが、今、発生したての事件(???)。

■島根県松江市26歳女性車ごと失踪事件

●現時点で知り得る限りの事件(?)の概要

島根県松江市菅田町に家族と住む、26歳独身女性なる夢見るネイリストは、5年前(7、8年前?)から、松江市寺町にある地元で店舗展開する飲食店で働いていた。
店では、最近では週6日勤務し、無断欠勤もなく、誰からも好かれる性格で客の間の評判は上々だった。
ただし、10月いっぱいで店を辞め、ネイルアートの勉強のため(?)上京予定だった。
そのことは、9月21日、自分自身のfacebookに、「ネイルの勉強をするために少し東京に行って参ります」と書き込み、周知の事実になっていた。
ちなみに、最後のfacebookへの書き込みは、失踪前日の9月26日。
また、東京で同居する予定だった女友だちによると、「11月5日に上京するねと。ネイルの学校に行きながら、カフェでアルバイトしてみたいとか。早く東京に行きたいという感じで話していました」と語っていたとのこと。
9月26日午後9時ごろ、いつも通りに出勤した夢見るネイリストは、通常通りの接客をこなし、9月27日午前0時に男性客2人を見送り、午前0時20分退店。
その後、その男性客2人と近くのラーメン店、別のスナックに立ち寄り、午前2時ごろ、店外で男性客2人に手を振って別れ、1人で勤務先から約200mの場所にある駐車場に向かう姿が繁華街のアーケードに設置された防犯カメラに映っている。
さらに、駐車場近くの防犯カメラには、県道を南方向に1人で走っていく夢見るネイリストの車が映っている。
しかし、夢見るネイリストの自宅は駐車場から1㎞以上北側の場所。
そのほか、27日午前2時ごろ、1人で自分の乗用車を運転しているのを見たという知人の証言(?)。
客を送って行ったという証言(?)。
車を止めていた駐車場で、男2人と女2人が言い争っていたという証言(?)。
どうあれ、その後、夢見るネイリストは失踪。
9月27日午前8時ごろ、同僚女性が携帯電話に電話をかけたが通じず、「携帯にかけてもつながらない。帰宅しない。心配している」と母親が夜に島根県警松江署に捜索願を提出。
女友だちの1人は、「9月26日午後9時にメールがきてから、それからは一切何もないです。いないことがわかったときに、ラインのメッセージも既読になっていないし、ずっと携帯見ていないんだと思って、すごく心配」と証言。
島根県警は、なぜか10月6日になって、ようやく公開捜査。
その直後、松江市内を流れる大橋川の遊覧船乗り場付近で、「駐車場の川岸の車止めに新たな傷がある」という通報があり、大捜索も、結局、無駄骨。
ちなみに、夢見るネイリストの車の車種は「トヨタbB」のパールホワイト、車両番号は島根500め7071。

I think the evidence that the community collapses as for an abduction kidnapping easily happening(拉致誘拐事件が簡単に起きるのは、そのコミュニティが崩壊している証拠)!

To be continued...








検証プロファイリング 東京・世田谷ハブ&マングース日本刀死亡事件-2

Even if anything rises, you are wrong only for hub and two of them of the mongoose(何が起きても、ハブとマングースの2匹だけにしてはいけない)!

■東京・世田谷ハブ&マングース日本刀死亡事件

●東仙坊がプロファイリングする、この事件の不可解な点

①誰もがすぐ思うのは、いくら暴力団べったりの大バカが法務大臣の国だからといって、我らが日本人の矜持、思いやり精神は一体どこに消えてしまったのか? 今、再認識されている「絆」は一体どこに隠れてしまったのか? ということでは?
2人とも還暦を過ぎ、人間としての一つの涅槃に達しているべきなのに、なぜここまで徹底してジコチュウでいられるのか?
もう、ほとんどミステリーの世界では?
そこで、まず驚愕を覚えるのが、ハブは62歳の女性でありながら、マングースがいくら杖を突いた高齢男性だとしても、どうして取っ組み合いのケンカができるのか?
元女子プロレスリングの選手だったの?
あるいは、何か武術でも身につけているの?
マングースはマングースで、それだけ元警視の誇りを持ちながら、なぜ30年前の登録で日本刀を保持していられるの?
それより何より、肉体的なケンカにまで発展し日本刀どうこうの話が出てきているのに、世田谷警察署は、どうして放置しておけたの?
しかも、2人とも世田谷警察署に連絡しているのでは?
確かに、ストーカー事件のような面倒な様相を呈しているが、ストーカー事件のように命の問題になったらシャレではないのでは?
ここにも、今の日本の警察の怠慢、テイタラクが、大きな引き金になっていると思うが、どうだろう?

②東仙坊、一番不可解千万なのが、その世田谷コミュニティに属する住民たちの事件への反応。
「よくもめていたが、こんなことになるなんて…まさかこんな事件になるとは…」。
どうだろう?
ハブもマングースもイヤだけど、自分が巻き込まれるのは、もっとイヤ。
どうだろう?
その情けなくてみっともない事なかれ主義、触らぬ神に祟りなし精神は、かなり露骨なのでは?
東仙坊、死んでも住みたくないイヤな環境だと思うが…。
それこそ、ウザったくて厄介なだけのハブとマングース、放っておいたら、いつか殺し合って両方いなくなると待ち構えていた観もあるのでは?
あれだけ自然が多いのに、そのコミュニティの実態は、そのくらい冷たいコンクリートだらけだったのでは?
それにしても、あの狭い空間で、ボサボサの野草収集、臭い野良猫の世話、そのために道路を塞ぐハブに、ほとんどのヒトたちは閉口していたのでは?
それなのに、ハブの様子があまりにも不気味だから、これ幸いと「元警視」を自負する脚の悪い86歳高齢男性に、代理戦争させていただけではないのか?
その意味で、かなり卑怯で卑劣な小心者どもが集まる街だと思わないか?
そうでもなければ、モラル崩壊社会らしく隣人トラブルが日常茶飯事だとしても、斜め前の近所トラブルって、かなり奇妙なのでは?
どちらにしても、自治会レベル、町レベル、区レベルで、早急な話し合いの場を作るしかなかったのでは?

③不幸にもハブとマングースは2人とも本当に亡くなってしまった。
それゆえ、ストレートな疑問は避けようと考えていたが、どうしても気になるので書かざるを得ない。
そもそも、ケンカをするということは、かなり興奮して血圧が上がるもの。
それが取っ組み合いのケンカになったら、それだけで心筋梗塞なのでは?
そのうえ、かなり骨も弱っているから、軽く叩いただけでも打ち所が悪いという状況が生まれるもの。
それこそ、勝手に転ばれてお陀仏ということもあるのでは?
それなのに、このハブとマングースはどうして取っ組み合いのケンカができたのか?
言い方を替えよう。
仮に日本刀を出さなくても、結果的に相手を殺してしまう可能性は、あるいは自分が勝手に死んでしまう可能性はかなりあったのでは?
もちろん、ハブとマングースである以上、宿命的なものがあったとしても…。
お互いに最低限の配慮をしないケンカは、人間のやることではないのでは?
それで気になるのが、今、やたらと問題のイジメと同じレベルなのでは?
62歳と86歳でこれでは、イジメ問題など永久になくならないと思わないか?
ところで、この事件当日、マングースの妻は何をしていたの?
もちろん、おそらく何らかの用があって止むを得ず家を留守にしてしまっていたのだと思うが、今、半狂乱になるほどそれを後悔しているのでは?
また、その子どもたちは、孫たちは、どうして放っておけたのか?
少なくとも、ちゃんと相談に乗るか、そのハブとの戦いの無意味さを笑って伝える責任があったのでは?
そして、しばらく家を空けなよ!とアドバイスすべきだったのでは?
それは、ハブの方にさらに言えることだと思うが、どうだろう?
実は、今、生活のできない独り暮らしの老人のことばかりが問題視されているが、東仙坊、生活に困らない独り暮らし老人の唯我独尊の方が、かなりデリンジャラスだと確信しているのだが…。
というのも、必死でやらなければならないことがないから、こういう近所トラブルに全身全霊で取り組みがちになるから。
どうだろう?
この日本、何か大切な心の芯みたいなものがフクシマノブイリの炉心みたいに、はっきりメルトダウンしてしまっていると思うが…。

The destruction of the soul of lonely elderly people who can spend the selfish rest of life might be remarkable now(好き勝手な余生を送れる孤独な高齢者たちの魂の破壊が、今、著しい)!

真実イチロー オー・マイ・ジーター!?

I worry about remaining baseball life itself of Ichiro now(今、イチローの残りの野球人生そのものを心配している)!

東仙坊、そのあまりに衝撃的で考えたくない現実のシーンを前にしながら、久しぶりに食べていたランチのサンドウッチをただただ噛み続けていた。
そうして、母親から百万回は言われた「よく噛みなさい。最低でも20回は噛みなさい」という言葉を思い出していた。
テレビ画面には、あれほど痛がらないデレク・ジーターが、監督のジョー・ジラルディとトレイナーに担がれ、左足を使わず、ベンチの奥に下がるシーンが続いていた…。
アナウンサーも、解説者も、これはこの試合に負けるということ以上に、ヤンキースにとって大ダメージだとすでに断言している。
東仙坊、言わせてもらえば、我がイチローにこれは最悪。
案の定、敗戦後、大勢のチームメイトは取材に応じているのに、イチローは「今日は勘弁してください」と、ノーコメントだった。
それは、そうである。
前夜、ALDSをやっとのことで制したヤンキース。
東仙坊、試合直後のイチローとデレク・ジーターの2ショットを、生まれて初めて、PCから汗を垂れ流してプリントアウトしたくらいなのだから…。
そのうえ、ヤンキーとして2回目のシャンパンファイトにイチローが騒ぐシーンがないことを気に病んで、必死にweb検索し、「寒いから5分で切り上げた」というイチローがデレク・ジーターからシャンパンをかけられるシーンを見つけ出し、感涙していたくらいなのだから…。
どうあれ、これでもうイチローがダメかも?と、こちらの胃が一足先にWBC状態。
なぜなら、イチローのフェニックスは、デレク・ジーターとの「あうん」のケミストリーと確信しているからである。
「キャプテン、松葉杖をついてもベンチに入って!」と、今はただただ祈るだけ。
それにしても、では、なぜデレク・ジーターは足首を骨折してしまったのか?
それもケガしていたところではないところが?
東仙坊、その原因を究明してみた。
もともと、デレク・ジーターは足首のケガを押して強行出場していた。
本来なら、DHにすべきなのに、今やMrオク~トー~バーであるラウル・イバンニェスをオフェンスで使わざるをえず、ムリしてショートを守っていた。
昨日のゲームでも、2死満塁で、ショート前のボテボテのゴロを前進して、華麗なプレーをしてチームを救いつつ、足首に負担をかけていた。
さて、1回裏、四球で出塁したデレク・ジーター、二死満塁で、Aロッド(Kロッド?)が三遊間に深いゴロ。
懸命にホームを駆け抜けるも、ショートのファインプレーで無得点で、ガッカリ。
2回裏、一死1塁でライト前に得意のインサイドアウトの渋いヒット。
そして、イチローのショート前のボテボテのゴロで、懸命に走って、イチローの内野安打に協力し、二死満塁。
すると、ロビンソン・カノーが、強烈なセンター返し。
ピッチャーのダグ・フィスタ、何と右腕を出して、そのライナーを当てると、ボールはショート前に、慌ててサードに懸命に走るも、無得点で、ガッカリ。
それが、9回裏、我がイチローとノリノリ・ラウル・イバンニェスの奇跡の連続2ランで、同点。
ベンチで大喜びするデレク・ジーター。
10回裏、二死3塁、一打サヨナラの場面で、デレク・ジーター。
必死に食いつくもライトフライで、無得点で、ムッツリ。
11回裏、先頭打者のイチローが4本目のヒットで出塁するも、後続が全くダメで、ガッカリ。
12回表、一死二塁で、ライトライナーをライトのニック・スウッシャーが逸らして、勝ちこされ、ガッカリ。
すると、今度はセンター前に抜ける強いゴロに飛びついて、悶絶。
東仙坊、苦痛に顔を歪めるデレク・ジーターを見ていたイチローの胃、ショックで号泣していたと確信しているのだが…。
どちらにしても、これで、ALCSも、WSも、デレク・ジーターのいないヤンキース。
今日だって、ヤンキースのヒット11本のうち、4本がイチロー。
こうなったら、イチロー、2人分、打って打って打ちまくれ!!!

Until a minute of Derek Jeter who is the support of the heart, Ichiro cannot but beat(心の支えであるデレク・ジーターの分まで、イチローが打つしかない)!

検証プロファイリング 東京・世田谷ハブ&マングース日本刀死亡事件-1

I wonder why those elderly people should easily go berserk like inexperienced kids(未熟なガキどものように、高齢者たちまでがなぜ簡単にブチ切れるのか)!

東仙坊、そのワケのわからない暗示に、鳥肌になっている…。
その日、お昼近くに、やっとの決意で久しぶりにバスに乗った。
やっぱり気になるので、近くの大きそうな病院で診察してもらおうとしたからである。
も、も、もしかしたら、今話題騒然の新種の抗生物質の効かないマイコプラズマ肺炎かも…。
オモシロいもので、タバコの吸い過ぎによる肺ガンは全く疑っていないから、どこまでも勝手。
ヤバい。
完全に老人になってしまったのかもしれない。
そう思って、その病院行きのバスに仕方なく乗った。
あたりを見回すと、自分以外の乗客は2人。
1人は、自分の年齢ぐらいの女性が前の方に座り、もう1人は、傘を杖代わりにした脚の悪い80代に思える高齢男性が真ん中あたりのシルバーシートに座っていた。
すると、いきなり女性が「あら大変。間違ったバスに乗っちゃったわ。下ろしてよ。乗り換えなきゃならないから…」と大声を上げる。
「申し訳ありません、お客様。停留場でないところでお停めするわけにはいかないんです」「何を言っているよ。ワタシはどうすればいいのよ。冗談じゃないわよ。すぐ停めなさいよ」
その金切り声が琴線に触れたのか、ドライバーがムッとして車を停め、「次は行先を確かめてからご乗車ください」と小声で言った。
「……」
女性はそれに応えることもなく、そそくさと降りて行った。
それから、停留場が3つぐらい過ぎたときだった。
「何やってんだよ! オレを下ろせよ! ボタン押したのに、なぜ停まらないんだ」
ガラガラのバスの中に、驚くほどの怒声が響き渡った。
「ボタン押してらっしゃいませんけど…」
圧倒されたのか、ドライバーが弱弱しく答えた。
「バカもん! ちゃんと押しただろうが!」
さらなる怒声が鳴った後、急停止したバスの中をゆっくりゆっくり傘音を立て、降りてゆくその高齢男性の後姿を目に焼き付けながら、東仙坊、心の中で、「イヤだイヤだ。あんな老人にはなりたくない」と独り囁いていた。
そ、そ、そうしたら、まるでその乗客2人が主役かのような不気味な事件が発生したから、ビックリ仰天…。
10月10日白昼、涎を垂らしたままのテレビは、生々しい犯罪ドラマのライブ中継。
東京・世田谷区の高級住宅街の一角で、緊迫の立てこもり事件が発生とバカ騒ぎしているのに、映る映像の家々は庶民的な下町の建物ばかり…。
そして、オトコが日本刀を振り回し、人質を取って立てこもっているというのに、映る映像ははしゃぎ回る報道陣ばかり…。
本当にタガの緩み切った国だと絶望的な気分になっていたのは、東仙坊だけではあるまい。
それにしても、10月10日午前11時半ごろ、「男が日本刀を振り回し、人が倒れている」と110番通報があったとか、「近所の家の人が『農薬をかける』と言ってキレた」と女性から110番通報があったとかいう情報の錯綜ぶりは、もうメチャクチャ。
とどのつまりは、午後1時ごろ、「今、住宅2階部分のベランダからSIT(特殊班警官隊)が突入しました」、午後1時40分ごろ、「また、SITがまた突入しました」と大声で叫ぶものの、そのSITの動きは、かなり緊張感のない鈍いもので、まさに「Holy shit!(ホーリー・シット:違った驚き)」。
本当に我が国のマスメディアのレベルの低さには、改めてガッカリ。
そして、その極めつけが、警察官たちがまた始めた、摩訶不思議なブルーシート張り…。
我が国の警察とホームレスとの間には、どこか共通する精神性があるのかも?

■東京・世田谷ハブ&マングース日本刀死亡事件

●現時点で知り得る限りの事件の概要

10月10日朝、渋谷から直線で約3km、国道246号線や環状7号線など幹線道路が通り、駒沢オリンピック公園にもほど近い高級住宅街(??)である、東京都世田谷区野沢に住む、無職、62歳女性ハブが「マングースに、昨日、植木鉢を割られた」と騒ぎ始めた。
その数時間後の午前11時過ぎ、いつものようにハブとマングースは言い争いに発展。
ちなみに、マングースである徳永重正(86歳)は、警視庁に38年間勤めた元警察官。
新潟県出身で、1948年に入庁し、主に警察署の警ら課や交通課などで勤務。
1985年に赤坂署防犯課課長代理を最後に警視へ昇進し、定年退職。
現場で妻と2人暮らし。
一方、ハブである62歳女性は、そのマングースの向かいに2、3年前(10年前?)に引っ越してきて独り暮らし。
それはそうである。
2人はハブとマングース。
戦うのが宿命。
何しろ、ハブは戦後生まれの典型的ジコチュウ。
植木鉢を家の前の私道にはみ出して置いたり、野良猫に餌を与えたり、その餌容器を散らかしたり、犬とか通ると出てきて怒ったりする、重度の更年期障害的錯乱オンナ。
すると、「オレは警察官」を自負する昔気質の警視だったマングース。
もともと、退官後も民生委員を務めたほどのウルサ型。
足がやや不自由で杖を突くほどの高齢なのに、非常識に対しては決して黙っていない。
瞬く間に「何で道路いっぱいに置くんだ」と怒鳴り合う、本格的「不毛のご近所トラブル」に発展。
そして、今年の5月ごろからは、かなりのっぴきならない状況に…。
ハブが植木の水やりをしていたところ、水がマングースにかかったため、マングースが逆上、日本刀で切りかかろうとしたというのだから、すでにかなりデリンジャラス。
それでも、脚の悪い高齢マングースに臆さないハブは、「農薬をかけられた」などと反撃し、一歩も引く気配ナシ。
そこで、6月ごろから、年老いた自覚があるマングース、よせばいいのに必死に、自宅近くで日本刀を素振りして威嚇。
にもかかわらず、ハブはチョロナメ。
7月、「家の前で殺虫剤をまいていたら、ハブにに体当たりされた」などと、世田谷署に相談。
警察官の沽券を粉砕されたマングース、悔しくて悔しくて告訴を考え続け、ついに10月2日、ハブから暴行を受けたと代理人弁護士を通じ世田谷署に刑事告訴。
それに対し、事件前日の10月9日午後3時半ごろ、「マングースに植木鉢を投げ込まれた」と110番通報。
呼ばれた世田谷署員が事情聴取。
そこで、事件前夜、「こともあろうに女性に倒されて、人間の尊厳を傷つけられたと夫の怒りが収まらない。ここは、夫に謝って穏便に片づけてほしい」とマングースの妻がハブに直訴したのに、拒絶されたてというから、メチャクチャリスキー。
そして、翌日、ついに凄惨な事件は起きるべくして起きてしまった。
それも、事件発生直前の10月10日午前10時ごろ、世田谷署員がトラブルの内容確認のためにハブ宅を訪問し、15分近くも現場にいたにもかかわらず…。
東仙坊、つくづく思うのだが、ハブは、平和を声高に叫べば平和になる、戦争反対を声高に叫べば戦争は起きないと錯覚している、戦後生まれの勘違い女性の典型だったのでは?
ともかく、切腹覚悟の元警視マングースにとって、ハブ退治は日本刀で頸動脈を叩き切ることだったはず。
かくして、ハブは路上で息絶え、マングースもなぜかハブの家で自殺して、その宿命の対決は、ジ・エンド。

Why is the quarrel of the scuffle possible between old people(どうして年寄り同士で取っ組み合いのケンカができるのか)?

To be continued...







緊急プロファイリング  東京・江戸川保育士主婦刺殺事件-2

It must be easy to turn out worst when you talk about money to part when troublesome(別れるのに面倒だからと金を話しをすると、最悪の結果になりやすい)!

■東京・江戸川保育士主婦刺殺事件

●東仙坊がプロファイリングする事件の不可解な点

②実は、東仙坊、facebookが殺人被害女性の定番では?と感じている。
誰がどう言おうと、webの世界を過信すべきではないと思うが…。
この被害女性も、また典型的なfacebook活用者。
そこで、あまり興味がないが、以前から面識があったという2人の出遭いに言及せざるを得ない。
被害女性は、静岡県熱海市出身で、日本女子体育大を経て、都内の保育園勤務。
2009年8月に静岡県出身のシェフである夫(28歳)と結婚し、都内暮らし。
昨年、保育士免許取得のために都内の保育専門学校を卒業。
4月、夫は2014年の帰国予定で料理修業のため渡仏。
「夫の店を手伝うのが私の夢」と周りに言いながらも、スキャンダラスに「包丁片手のチャッカル」と「love affair(ラブアフェア:浮気)」。
やはり、夫より10歳も年上だと違う(?)、左官だから盛ん(?)とドキドキ。
ところで、その「包丁片手のチャッカル」はというと、かつて岡山県倉敷市茶屋町早沖で父親の「込山左官」の左官工で、近所から「やんちゃで、難しいし性格。 かなり粗暴で近所とトラブルだらけ」と言われていたオトコ。
それなのに、事件後、「包丁片手のチャッカル」の父親は、「ビックリした。事件を起こすような子じゃないのに。よっぽど何かあったと思う」と他人事。
しかも、2008年、倉敷ケーブルテレビに(??)「暮らしの家を支える職人、左官工」として取り上げられ、数多くの道具を見事に使い分け、正確な手さばきを披露し、「これからも古いものと新しいものの融合をさせ未来へつなごうという思いで日々、腕を磨いている」と話していた結果が、被害女性を15ヵ所刺しただけ。
どちらにしても、2人の出遭いは、facebookか、今や男女間犯罪の定番の出会い系サイトと考えるのが、自然では?
もしくは、言われているように、都内の被害女性の前の部屋近くで偶然知り合ったのか?

③東仙坊、今回も、いつもながらに被害女性の自業自得的側面、身から出たサビを糾弾せざるを得ない。
その決定的な論拠が、空き部屋情報…。
同じマンションの同じ階で空き部屋が出たことを迅速に知れるのは、どう考えても、被害女性。
夫が留守をいいことに、そそくさと「包丁片手のチャッカル」にコンタクトして、呼び寄せたと確信している。
そして、その論拠は、それだけにとどまらない。
実は、この事件で最初から一番気になった点が、これ。
軽トラックを運転し、岡山から東京に吹っ飛んできた「包丁片手のチャッカル」、どう見ても、お金が十分にあったとは思えない。
となると、家賃8万円前後の2DKマンションへの引っ越し費用は、一体どう工面したのか?
東京だと、何だかんだで、40~50万円くらいは必要だったのでは?
それに、駐車場だって、全部で10~20万円は最初に必要だったのでは?
そこで、事件直前の被害女性の金切声の「何で返してくれないの(?)」で、目からウロコ。
被害女性が、その費用を立て替えたのでは?
つまり、自分のお金でアマンをそばに呼び寄せたのでは?
ところが、予想以上に「包丁片手のチャッカル」がその気になって、閉口。
黙らせるために、言うことを聞かせるために、直情的にそれを責め立てたのでは?
どうだろう?
かなり真実をついていると思うが…。
そして、それこそが、「包丁片手のチャッカル」の被害女性への思いを、一気に殺意に変えたと思わないか?
どちらにしても、世の主婦たちよ、アバンチュールをエンジョイするなら、貧しいオトコだけは絶対に止めた方がいいと思うが…。
なかでも、前のオトコとのヤケボックリほど始末に悪いモノはないと思うが…。
そんなオトコを相手にするくらいなら、東仙坊、明確にバイブレーターの使用をおススメしたい。
とにかく、言われているストーカー説は、身内用のマユツバだと思うが…。

④東仙坊、パリで男としてのメンツをグシャグシャにされ、いい面の皮にされた夫に深く同情している。
しかし、偶然、今いるところがパリなのだから、きっと立ち直れる。
パリでは、どこかで書き込んだことがあるが、「cocu(コキュ:妻を寝取られた男)」は、男のペーソスのシンボル。
そこから、さらに寛容になって女性を深く愛せるようになれるはず。
負けるな!
そんなことより、凄く心配しているのが、事件当日、外出していたというネイリストの妹の心理状態。
なぜなら、間違いなく「包丁片手のチャッカル」のことを相談されていたはずだから…。
「家を空けなければよかった」とか、「ちゃんと親に相談しておけばよかった」とか、姉の凄惨な死を自分の責任かのように自分自身を責めているのでは?
どうかそんな風には考えないで!
誰のせいでもない。
みんな姉が自分で蒔いた種。
せいぜい姉を反面教師にして、自分が同じ過ちをしないように肝に銘じてほしいのだが…。

The miserable ending of the damage woman might be the natural consequences after all(被害女性の悲惨な結末は、結局、自業自得かも)!







緊急プロファイリング  東京・江戸川保育士主婦刺殺事件-1

If your life has a clear plan, you should marry after realizing it(自分の人生に明確なプランがあるのなら、それを実現してから結婚すべき)!

これだけモラルを完全喪失し、それぞれがそれぞれにジコチュウ的になりふり構わず自分のしたい放題好き放題の時代。
モラルについて取り上げること自体、口幅ったいが、それでも幾分の節度はいるのでは?と、ついつい言いたくなる不快な事件がまた一つ…。
夫が自分のしたいように4月から料理修業のために単身渡仏。
どのくらいのスパンなのか興味がないが、その間、にわか独身の妻が何を好き勝手にしようと、夫の許容範囲にあったはず。
それでも、一応、2人の愛の巣に(?)別のオトコをいかなる理由でも連れ込むのは、やはりタブーなのでは?
どうあれ、今、夫はパリでいい面の皮…。
まあ、東仙坊、そんな夫に対し、妻の奇怪な死にめげずガンバっていいシェフにおなりなさい!としか言いようがないのだが…。

■東京・江戸川保育士主婦刺殺事件

●現時点で知り得る限りの事件の概要

10月8日午後10時15分ごろ、都営地下鉄一之江駅の北西約1.7㎞の住宅街にある東京都江戸川区松江のマンション住人から、「男女の争う声が聞こえる(?)」、「女性が助けを求める声をあげている(?)」と110番通報。
警視庁小松川署員が駆けつけると、そのマンションの3階の1室の台所付近で、そこに住む、30歳保育士主婦が背中など15ヵ所を刃物で刺され、左手には防御創を作り、Tシャツとジーパン姿でうつぶせの状態で倒れて死んでいるのを発見。
その近くには血の付いた包丁が2本。
1本は、その家のものではないことが判明。
玄関は無施錠で、室内には争ったような形跡。
司法解剖の結果、死因は失血死。
被害主婦の部屋から、同じ階に住む30代オトコの部屋まで血痕が付いているのを確認。
その後の捜査で、マンションの廊下や周辺の階段、路上、現場から南東に約100m離れた公園内、公園内駐車場へ転々と続く血痕を発見。
どうやら、被害女性ともみ合った際に負傷したホシが、駐車場に止めていた自分の岡山ナンバーの軽トラックで西の方向に逃走。
ただし、高速道路を使った形跡はナシ(?)。
さらに、その後の捜査で、オトコの部屋から血痕と血を拭ったタオルを押収、DNA鑑定で被害女性の血を確認。
また、現場に残された凶器の包丁に付着していた指紋がオトコと一致。
10月9日、警視庁は殺人で、その同じマンションの同階に住むオトコ、職業不詳、込山昌寛(38歳)なる「包丁片手のチャッカル」を指名手配。
すると、10月10日正午ごろ、名古屋インター近くの愛知県名古屋市名東区のラブホテル「サンマリーノ」の部屋で、照明コードを首に巻きつけた状態でベッドの上で自殺しているのを、10月9日午後2時半ごろにチェックインしたのにチェックアウトしないので、部屋を確かめに行ったホテル従業員が発見。
しかも、手が切れ血がついていたというから、間違いなく本ボシ。
ホテルの部屋にあった運転免許証で、本人確認。
もっとも、その逃走に使用していた軽トラックは未発見というから、ミステリー。
どうあれ、わざわざ現場から約270㎞先で、エンド・オブ・ライフ。
警視庁は、容疑者死亡のまま殺人で東京地検に書類送検。
ところで、マンション近隣住民によると、「包丁片手のチャッカル」がそのマンションに住み始めた8月以降、いきなり被害女性の部屋で、男女が頻繁に言い争う声を聞くようになったというから、何をかいわんや。
いつも女性の方が「何で返してくれないの(?)」とか金切声を上げ、特にここ1週間前から激しくなり、事件当日はとりわけ「いつもより怒鳴り声が大きかった。今回はオトコの方が『うるさい!』と怒鳴っていた」というのだが…。

●東仙坊がプロファイリングする事件の不可解な点

①東仙坊、どうしても気になるのが、現場に残されていたという血のついた2本の包丁…。
もしかしたら「包丁片手のチャッカル」が本当に包丁を持って部屋にきたのに対し、被害女性も包丁で立ち向かおうとしたのか?
それが、残忍無比な15ヵ所も刺す結果を招いたのでは?
どう考えても、「包丁片手のチャッカル」の方は夢中だったはず(?)。
脅かしてまで言うことを聞かせようとしただけだったのでは?
ところが、被害女性が敢然と戦おうとしたので、本来の直情径行性格がそのまま剥き出しになったと思うのだが…。
どうしてもそう感じてしまう理由が、「包丁片手のチャッカル」のベランダにメチャクチャきれいに干されている洗濯物の数々。
そして、血を滴らせながら、自殺の逃亡にすぐ出発したという事実(?)。
どうあれ、こんな凄惨な結末を迎えたのは、被害女性の何も考えないふとした心の緩み、寂しさのハケグチのせいだと感じているのは、東仙坊だけではあるまい。
それはそうである。
「包丁片手のチャッカル」のストーカー的片思いだけだったら、夫が渡仏した直後にすぐケンカが始まっているだろうし、あえて同じマンションに引っ越してくる必要もないのでは?
誰がどう言おうと、元カレだか今カレ高興味もないが、被害女性の方からコンタクトを取ったのは間違いないのでは?
それも、夫が渡仏してから…。
そして、8月、「包丁片手のチャッカル」が同じマンションの同じフロアに引っ越してきた直後は、その状況に陶酔していたことも間違いないのでは?
かなりスリリングでエキサイトできるそのアバンチュールに…。
けれども、「包丁片手のチャッカル」にそんなシャレがいつまでも通じるワケもなかった。
慌てた被害女性は、ネイリストの妹を9月下旬から同居させることで、何となくコトを荒立てずにその状況を打破しようと浅知恵を絞った。
それがますます「包丁片手のチャッカル」をムキにさせる結果になり、諍いはより激しくなることに…。
そして、妹が外出すると、すぐまたファイト。
どうだろう?
そんな顛末だと思わないか?
えっ、被害女性の前の部屋からストーカーで、4月にそれを避けて引っ越してきたのに追っかけてきたって?
だから、もし本当にそうなら、「包丁片手のチャッカル」にだけは絶対知られないように引っ越ししただろうし、夫の方が包丁で戦っていたのでは?
それ以上に、最初から妹と同居するだろうし、ストーカーを一人住まいの自分の部屋にあえて入れるはずは絶対にないのでは?

You should select carefully in the men of the partner to enjoy a short-lived dangerous love affair(つかの間の危険な情事を楽しむには、相手の男を厳選すべき)!

To be continued...

検証プロファイリング 岐阜臨床検査技師内三角関係清算殺人事件-2

Immorality should give father having a daughter to a daughter with an illegal act in the civil law well(娘を持つ父親は、娘に不倫が民法上の違法行為としっかり教えておくべき)!

■岐阜臨床検査技師内三角関係清算殺人事件

●東仙坊がプロファイリングするこの事件不可解な点

②実は、東仙坊、この事件のディテールが判明した段階で、部屋のカードキーまで持って娘の心配をしていた被害女性の父親が、無残な自分の娘の遺体を発見した瞬間の気持ちに、心からの憐憫の情を覚えていた。
と同時に、そこまで心配していたなら、いくら恋愛は自由の時代とはいえ、不倫というよりは不貞は、列記とした民法的には違法行為だと教えておくべきだったのでは?と、ついつい言いたくなってしまったのだが…。
えっ、どういうことだって?
例えどれだけ心身ともに本気で愛し合っていようがなかろうが、明々白々と妻のあるオトコと肉体関係を持つことは、刑法上の犯罪ではなくても、違法行為なのだということ。
すなわち、民法770条1-1貞操義務違反だということ。
それゆえ、その不貞行為がバレたら、オトコの妻から膨大な慰謝料を請求されるということ。
今回のように、その妻とも同僚であるということは、圧倒的に自分が不利なだけでなく、道義的には不道徳かつ非倫理的なタコという烙印を押されるということ。
その意味では、実際に妻を裏切っている「トランポリン利用フェイクバタフライ」よりも非人間的であり、例え
「トランポリン利用フェイクバタフライ」に卑劣に卑怯に殺されなくても、その妻からこのうえなく最低最悪の理不尽な許し難い存在として精神的かつ物質的に殺される可能性があったということ。
どうだろう?
このことは日本中の好きなものは好きなのだからしょうがないでしょ!とすぐ開き直るヤングレディたちにも言えることでは?
どうあれ、まず不貞がインモラルな行為であるという認識ぐらいは、最低限身につけてほしいものでは?
どちらにしても、それでメチャクチャ気になるのが、「トランポリン利用フェイクバタフライ」の結婚式に当然出席していたのでは?と思える被害女性…。
そうなると、ウブだったというよりは、単なる非常識なうえ、ほとんど恋愛について未成熟だったとしか言えないと思うが、どうだろう?

③東仙坊、この36歳の情けなくてみっともない無知蒙昧のアンポンタン、宮部高典(32歳)を「トランポリン利用フェイクバタフライ」と呼称した理由は、簡潔明瞭。
次から次へ花である女性の蜜が吸いたいだけで、調子よく近づくオトコを「バタフライ(蝶)」と呼ぶ。
そんな中で、この知性皆無のアンポンタンは、自分で飛び回ることもできずトランポリンを利用して飛んでるフリをしているだけの恥知らずな偽蝶…とみなしたからに他ならない。
それにしても、一方を殺したら片づくと思い込んでしまう人間としてのクズっぷりは特筆ものでは?
本当に我が日本には、こんな大バカ者のオトコどもが増えてしまったのでは?
中国や韓国につけ込まれるのもムリはないのでは?
もっとも、だからこそ、東仙坊、こんな「トランポリン利用フェイクバタフライ」みたいな低レベルなオトコに簡単に引っかかるオンナたちも五十歩百歩と感じてしまうのだが…。

④さて、この事件の最大の不可解さは、誰もが感じているように、こんな同じ職場における低レベル不倫込み三角関係が、1年半も保持できたのか?ということのはず。
少なくとも、被害女性は、その愛人ポジションを自らの意思で甘んじて受け入れていたはず。
もちろん、それは人を愛するからの忍耐からなどではなく、単なる「トランポリン利用フェイクバタフライ」への稚拙な優越感からだけ。
つまり、職場でその妻を見るたびに、「フン。可愛そうなヒト。アンタは気がつかないでしょうけど、アンタの夫が本当に愛しているのはワタシなのに…」とほくそ笑んでいたからだけ。
実は、東仙坊、昨今のこの手の三角関係に、この女性が男性よりも同性である女性の目を意識する風潮が大きく影響していると確信している。
それは、人生を単純に勝ち負けで判断する風潮のことでもあり、自分がどうこうというよりもあの女性よりは上でいたいとか、あの女性にだけは負けたくないとか、あの女性よりは幸せであればいいとかいうようなものでもある。
そうすることで、自信のない本当の自分と対峙しなくてすみ、ラクだからに他ならない。
すなわち、「easy living(イージー・リビング:安易な人生)」の率先垂範。
その見地からすると、2人の媒介になっている男性である「トランポリン利用フェイクバタフライ」への気持ちなど大して関係ないとも言えるのである。
逆に言えば、妻にだけは勝ちたいから、愛人にだけは負けたくないから、そんな程度の気持ちでバカなオトコからも自分からは手を引かないのである。
今回の事件は、その典型だと思うが、どうだろう?
被害女性は、「トランポリン利用フェイクバタフライ」を心底愛しているから別れたくない!と言っていたのではなく、「トランポリン利用フェイクバタフライ」と別れるということは、あの妻より自分が下になってしまう…と、それだけはガマンできない!と思っていただけなのでは?
つまり、「トランポリン利用フェイクバタフライ」にほんの少しの知性と洞察力があったら、つまり、女心というものを知ってさえいれば、愛人を殺す必要もなかったと思わないか?
それ以前に、ほんの少しの男としての責任感があったら、妻に本当のことを話し、愛人にも「妻にすべてを話す。妻は、妻の周りはキミを絶対に許さないだろう。キミは間違いなく今の職場にはいられなくなる。ボクは一文無しになるうえボクも今の職場にはいられない。キミの家族も相当傷つくことになり、恥ずかしい思いをすることになる。そんなボクでも今までのように愛してくれるかい? キミにはまだまだ未来はあるし、そんな自分なんかじゃもったいない」と尋ねるべきだったのでは?
それだけで何もかもがすんだと思うが…。
えっ、妻を本当に愛していたのだから話せないに決まってるじゃないか?って?
バカも休み休み、おっしゃれウサギさん。
万一そうだったら、同じ職場に愛人を創らないに決まっているし、妻も浮気にすぐ気づくに決まっていると思わないか?

The man should recognize the truth to live when a woman doesn't wanna be defeated by only the woman who is the same sex now(今、女性が、同性である女性にだけは負けたくないと生きているという真実を、男は認識しておくべき)!


検証プロファイリング 岐阜臨床検査技師内三角関係清算殺人事件-1

When an ignorant woman associates with an indecisive man, she must come to risk death before she knows it(無知な女性が優柔不断な男と関わると、知らないうちに命懸けになる)!

easygoing, easycoming...
これって、本来は「slow life(スローライフ:のんびりゆったり生きよう)」と、そんなに悪い意味ではなかったのに…。
平和ボケのあまりタガの緩み切った我が国では、いつのまにか「easy life(イージーライフ:簡単に生きよう)」。
そして、「easy sex(イージー・セックス:刹那的セックス)」。
それから、「easy murder(イージー・マーダー:無思慮な殺人)」。
その動機が、「difficult separation(ディフィカルト・セパレーション:難しい別れ)」というのだから、本当にイヤにならないか?
恋愛は、成熟した人間同士だけの生きる歓びなのかも…。
東仙坊、終えたばかりのプロファイリング、検証プロファイリング  同志社女子大事務局ドロドロ殺人事件-1 で、かなりムナクソ悪いが、さらに不快な事件がある。
しかも、それは、発覚当初、自殺と報道されていたから、開いた口が塞がらない。
9月30日午前9時半ごろ、岐阜県各務原市鵜沼川崎町のアパートの一室で、公立学校共済組合「東海中央病院」臨床検査技師女性(29歳)が冷却用タオルを二重に首に巻き、腕を胸の前で交差させ、うつぶせの状態で倒れているのを、電話応答がなかったため娘の所在を心配して訪れた父親(61歳)が発見。
岐阜県警各務原署は、部屋が施錠され、侵入した形跡や室内を物色した跡がないことなどから、独身独り暮らしの女性は自殺した可能性が高いと報道されていた。
その最大の根拠が、部屋の磁気情報が組み込まれたカード型キーが部屋にあったということだというから、何をかいわんや。
キーは2枚しかなく、1枚は独り暮らしを心配する父親が保持していたというのだから、その変わり果てた娘の姿を発見したときの父親の無念はいかばかりか…。
そ、そ、そうしたら、10月1日、女性の父親の無念はさらに拡大される残酷な展開に…。

■岐阜臨床検査技師内三角関係清算殺人事件

●現時点で知り得る限りの事件の概要

9月29日夜、岐阜高校から名古屋大学医学部保健学科検査技術科学科を卒業し、2002年から公立学校共済組合「東海中央病院」で臨床検査技師を務める、岐阜県岐阜市高田に住む、宮部高典(32歳)なる「トランポリン利用フェイクバタフライ」は、東海中央病院での会合に出席後、その日休日だった2009年から自分の部下になった女性の部屋を訪ねた。
というのも、その女性とは3年近くも男女の仲(?)だったが、特に1年半前、「トランポリン利用フェイクバタフライ」が結婚して以来、不倫関係を続けていたが、だんだん飽きてきたこととそろそろヤバい気がして、別れ話を切り出しても、「別れたくないとしつこく言われ、困り果てた。そのことでトラブルになった」とこのうえなく身勝手に
冷却用タオルを女性の首に二重に巻き、窒息死させた。
それから、とっさに自殺に見せかけようと、室内を整理整頓し、「鍵を使わず、玄関のドアを外から施錠した」と密室を装ったというから、犬畜生。
それはそうだと思わないか?
その結婚した妻も、同じ東海中央病院の臨床検査技師だというのだから…。
どうあれ、なぜか事件発覚の翌日、10月1日、天網恢恢疎にして漏らさず、岐阜県警各務原署は、殺人で、「トランポリン利用フェイクバタフライ」を緊急逮捕。
とりあえず、ホシが逮捕されないという最悪のケースだけは避けられたのだが…。

●東仙坊がプロファイリングするこの事件不可解な点

①東仙坊、プロファイリング-23  千葉県浦安元カレ部屋元カノ刺殺事件で、医者と看護師の関係として触れたが、今、白い巨塔は、まさに「White Easy Orgy Tower(WEOT:ホワイト・イージー・オージー・タワー:白い安直乱交搭)」。
理科系タイプにありがちな自信過剰、自己陶酔からのハチャメチャワールド、ある種のクリップルド・インサイド集団。
本来なら、「どうぞよかったら召し上がれ」と「ごちそうさま」の暗黙の了解のうえでの大人の世界だったはずが、1億2千万人総保育園児化の現代では、シャレが通じないばかりか、ときとして、醜悪なドロドロの世界。
とりわけ、この摩訶不思議な東海中央病院、新人研修を1ヶ月間、宿直室を使用して泊まり込みでやるというのだから、開いた口が塞がらない。
もちろん、被害女性も、新人研修の指導者が、「トランポリン利用フェイクバタフライ」。
おそらく、妻も同じだったと思うが、どうだろう?
この事件で、冷や汗をかいている東海中央病院関係者は、ワンサカワンサいると思わないか?
どちらにしても、この事件の最大の不可解さは、1年半前、どうして「トランポリン利用フェイクバタフライ」は妻と結婚するハメになったのか?
どう考えても、妻の方が、被害女性よりも年上だと思うが…。
そして、それを選択せざるを得なかったのなら、愛人を別の病院に移すか? もしくは妻に仕事を辞めさせなかったのはなぜ?
まさかいくらトランポリンを利用した偽バタフライでも、そこまでのぼせていたとは思えないのだが…。
また、どう考えてもウブなのは被害女性の方だったのでは?
その点からいっても、リスキーなのは最初から被害女性の方だったのでは?
その意味では、妻の方は相当鈍感な女性だったということ?
それはそうだと思わないか?
ここまで知的ではない「トランポリン利用フェイクバタフライ」と結婚するくらいなのだから…。

The cheap relations in the extremely small world have a smart place nowhere(極めて狭い世界での安直な関係は、どこにも粋なところがない)!

To be continued...











検証プロファイリング  同志社女子大事務局ドロドロ殺人事件-4

This case must be scrambled for the bait of an eagle and the hawk after all(結局、ワシとタカのエサの奪い合い)!

■同志社女子大事務局ドロドロ殺人事件

●東仙坊がプロファイリングするこの事件の不可解な点

②この事件でどうしてもわからないのが、いくら不真面目で厚顔無恥な情けなくてみっともない恥知らずの59歳の魅惑のないオヤジ、「愛よシルバー」だからといって、ストーカーするほどトチ狂ったのは、一体なぜ?
物質的に愛したのか?
つまり、その肉体を弄びたかったのか?
心身ともに人生最後の恋愛と感じたのか?
つまり、老いらくの恋?
だとすれば、なぜその相手が職場の同僚女性なのか?
うまくいこうがうまくいくまいが、同じ職場ということは社会的に極めてリスキーなのでは?
それは、人間である以上、恋に落ちるのに明確な理由などない。
けれども、人間だったら、本当に愛したのならストーカーになれるはずはない。
逆に、それほど魅力的な女性が、そんな金儲け主義の無機質な職場空間にいるはずもないと思うが、どうだろう?
実は、東仙坊、その「愛よシルバー」のストーカー被害に遭った同僚女性が、かなり無防備のコケティシュでエーモーショナルなアウトサイダー的20代半ばから後半のヤングレディだと決めつけている。
そして、そのどんなドリンクでもグラスに入れてしまい、ともすると自分でガチャンと壊れてしまいそうなムードに、「愛よシルバー」もとりつかれたと確信している。
つまり、そのヤングレディのどうしようもない猥雑さとインモラルな行動を知ってしまっていたと確信している。
そう、自分だけがヤングレディのフシダラサを更生させ、守ってやれると錯覚したに違いないとも確信している。
それにしても、今、そのヤングレディは、被害男性の死を一体どう感じているのか? それをどうしても知りたいのは、東仙坊だけではあるまい。
少なくとも、自分のせいで一人は殺人鬼になり、一人は不運な殺人被害者になってしまたことで、かなり自分を責めているはずだから…。
それにしても、そのヤングレディは、「愛よシルバー」のストーカー行為を、なぜ外部カウンセラーによるハラスメント相談員せずに、被害男性に相談したのか?
凄く変だと思わないか?

③この事件で、メチャクチャ最初から気になるのが、36歳の被害男性そのもの、そして、その行動。
赤色レガシィ、ピンクのポロシャツに黒のジーンズ姿で通勤?
学校なら、いくらでも静かに秘かに話し合える場所があるのに、車の中?
家の近くのガソリンスタンドから、帰宅5分前に妻に電話?
妻と小学生の子どもがいるのに、毎日、帰宅が午前様?
自宅近くなのに、妻に電話せず、110番通報?
妻は夫がなかなか家に入ってこないことに、不信感を抱かなかったのはなぜ?
血まみれの夫を発見したのは、偶然通りかかった銭湯帰りの男子大学生(20歳)と女子大学生(18歳)だったのでは?
どうせ誰も言わないだろうから、東仙坊言わざるを得ない。
被害男性は、毎晩、そのヤングレディと逢瀬をしていたのでは?
以前からずっとか? 相談された後からか?
もしくは、いろいろな同僚女性と浮名を流していたのでは?
どうあれ、それが事実なのでは?
だからこそ、「愛よシルバー」は、ヤングレディを殺害せずに、被害男性を妬んで最初から殺す気で殺したのでは?
結局、最近定番のドロドロの愛憎劇だっただけ。
59歳のダサいオヤジが、なぜか自分が気になるヤングレディがダサい妻子あるたかが係長のダサい同僚男性と不倫関係にあるのを知る、あるいは目撃する。
そして、「あんなオトコに引っかかってもったいない。あんなオトコに引っかかっていたらダメだ。それだったら、オレがつき合ってやる。オレの方がよっぽどマシ、オレが相手をしてやる」と、柄でもなく積極的にアプローチ。
ところが、男を見る目の全くないヤングレディは、逆に「愛よシルバー」の方を気味悪がる始末。
「みんなアイツが悪いんだ。アイツのせいで彼女の目は節穴になってしまったんだ。彼女をいいようにしているアイツだけは許せない。オレが罰してやる。自分がクズ野郎のくせに、オレに向かって『いい年して、何考えてるんだ』って、お説教までしやがって…。何様のつもりだ。とんでもない野郎だ。バカにするのもいい加減にしろ、目にもの見せてやる。オレだって、東京出身、青山学院大卒業。あんな田舎侍にここまでバカにされるくらいなら、もうオレはどうなったっていい。オレの家族が世間からどう思われようと構わない。アイツだけは、アイツだけは絶対に許せねぇ」。
とにかく、相当な返り血を浴びながらタクシーで逃げたくらいだから、刺殺した後のことを何一つ考えないほど逆上していたことは間違いない。
ついついそんなバカなプライドから、23歳も若い息子のような被害男性の胸を包丁で何度も何度も執拗に刺しまくり、せっかくの今まで築き上げた虚飾の人生を棒に振ったのがコトの真相だと思うが…。
どちらにしても、この平和ボケ日本には、愛に未熟なヒトたちでいっぱいなのでは?

The asshole must have been fooled as a man in front of a woman thoroughly by a damage man(ホシは、被害男性に、女性の前でとことん男として愚弄されたに違いない)!










検証プロファイリング  同志社女子大事務局ドロドロ殺人事件-3

If there is a heart you love neighbors, and to serve others, you won't ever easily murder a person(隣人を愛し他者に仕える心があったら、人を簡単には殺さない)!

■同志社女子大事務局ドロドロ殺人事件

●東仙坊がプロファイリングするこの事件の不可解な点

①同志社女子大なる学生数約6500名の超マンモス大学で、女子学生たちは何を考え何の勉強をしているのか?
そして、そんな大量の女子学生を相手にする教職員どもは、何を考え何の仕事をしているのか?
ちなみに、教員約840名(?)、職員250名(男53名)。
そして、京都府京田辺市興戸にある京田辺キャンパス、京都市上京区今出川通寺町西入にある今出川キャンパスと2つに分かれているというのだが…。
念のために、学校の基本ポリシーは、3つ。
◇キリスト教の教えに基づく愛と自由の精神。自己確立のための学びは、隣人を愛し他者に仕える心を育むことによって深まる。自己の利益にのみとらわれず、自由かつ主体的に他者への愛を実践できる女性、社会において「地の塩、世の光」となりうる女性の育成。
◇新島襄による国際的視野に立って歴史や事象を客観的に俯瞰し分析しうる能力を培うことの重要性を認識し、それを教育のなかで実践。宗教や文化、言語や民族の違いを越えて、グローバルな視点から世界を見つめ共生の道筋を探ること。
◇リベラル・アーツの起源は、中世ヨーロッパの知識人が文法・倫理学・修辞学・算術・幾何学・天文学・音楽の7分野の学問を修め、人間観・世界観を養うための基礎。そのリベラル・アーツを教育の柱として、専門分野の知識や技術の修得はもちろん、多様な分野の学問を修めることで広い視野を養い、物事の本質を捉える力を身につけ、豊かな世界作りに寄与する女性を育成。
さらに、この学校のポリシーと無縁な殺人鬼、「愛よシルバー」が次長をしていた、同志社女子大教育・研究推進センターの創設理由は、2つ。
◇本学の教育の継続的な充実と発展を目的として、全学的な教育施策の企画・開発および教育活動の改善を行うこと。
◇本学の各学問分野の研究活動を高めるとともに、社会や地域への貢献をはかることを目的として、全学的な学術研究推進業務を統括すること。
どうだろう?
ほんの少しでも人間としてそれらを理解していたら、同僚へのストーカーや同僚殺人など、どうやっても不可能だと思わないか?
そこで、長い間にかなりたくさんの女性と関わってきた、東仙坊、必死で振り返ってみたが、同志社女子大の卒業生とまだ一度も出会ったことがないことに気づいた。
所詮、こんな「愛よシルバー」を、「真面目で温厚。問題があったとは思わない」と言っているような大学組織なのでは?
ついでに、学長の加賀裕郎の「緊急学長声明」なるものをチェックしてみて、思わず呆れ果てた。
本学職員が亡くなられた事件で、昨日9月29日(土)に、教育・研究推進センター天野祐一次長が容疑者として逮捕されたとの報道がありました。このようなことは教育研究機関としてあってはならないことであり、在学生、保護者、卒業生等様々な形で本学に関係する方々や、社会全体に与えた衝撃の大きさを重く受け止め、皆様にご迷惑とご心配をおかけしたことについて、心より深くお詫び申し上げます。
このような状況の中でも、教育研究を継続していくことが本学の使命であると考え、また、今回の事件は業務上のトラブルに起因したものではないことから、静穏な学習環境の維持に最大限の努力を払い、授業や大学行事は明日10月1日(月)以降も通常どおり行います。
特に、在学生や卒業生の皆様に、大変つらい思いと動揺を与えたことを真摯に受け止め、創設以来136年間、本学が標榜してきた「良心教育」の原点に立ち返り、教職員一同、教育研究およびその支援業務に取り組んでいく所存です。
ご遺族の皆様に心からの慰めをお祈りし、被害本学職員に対して哀悼の意を表します
どうだろう?
金儲け目当ての学校法人以外の何ものでもなく、すべてが空しいお題目なのでは?
そして、この手の空間にいる数少ないオトコどもは、いつも鵜の目鷹の目、魚心あれば水心…。
タガの緩み切ったモラル完全崩壊の時代らしく、何の変哲もないルーティン業務の中で、スキあらばお相伴にあずかりたいと、それだけが役得とばかりにギンギラギン。
そのためだけ、こんなつまらない仕事でもガマンしているというノリ。
それどころか、それぞれがそれぞれに自分の養魚場を作り上げ、誰にも自分の魚は渡さないと戦い合っているのが実情なのでは?
だからこそ、「愛よシルバー」のようなロートルまでがその気になって、トラになりライオンと立ち向かったり、ワシになりタカに立ち向かったりするのでは?
その意味で、同志社女子大キャンパスは、真っピンクの世界だったと思うが、どうだろう?
どちらにしても、最近のオトコどもの考え方で理解できないのは、自分がまず人間として男として魅惑的になろうとしないで、自分勝手に女性を自分の養魚場にムリヤリ入れようとばかりするのか?
とりわけ、還暦を前にした男などは、若い女性に心底敬愛されるしかないのでは?
ときには、それを勘違いして盲愛されても、そっと諭すのが本物の男なのでは?
凄く変だと思わないか?

When there is it in a large number of women, an asshole without the fascination should mistake his fishes when much(大勢の女性の中にいると、魅惑のないオトコまでが自分の魚がいっぱいいると錯覚する)!

To be continued...



検証プロファイリング  同志社女子大事務局ドロドロ殺人事件-2

I'm concerned about this country which a child and wife staff of 59-year-old university which there is became the stoker of the co-worker, and he was jealous, and self-centered, kills a co-worker(妻子ある59歳の大学職員が、同僚のストーカーになったうえ、嫉妬して同僚を身勝手に殺害するこの国が心配)!

■同志社女子大事務局ドロドロ殺人事件

●現時点知り得る限りの事件の概要

誰がどう言おうと、この凄惨な事件で着目せざるを得ないのが、「すみません、やりました(??)」、「取り返しのつかないことをしてしまった(?)」とかオコチャマ供述しているというホシである天野祐一なる59歳の「愛よシルバー」の殺害動機…。
以前から同志社女子大事務局の同僚女性(???)につきまとい、無言電話(?)などのストーカー行為の日々。
それが、9月に入ってからその同僚女性の自宅近くで待ち伏せするなどにエスカレート(??)。
そこで、その同僚女性はなぜか被害男性に相談(?)。
事件数日前には、車の中で3人で話し合い、被害男性にストーカー行為を注意され、それを逆恨みしたというのだが…。

ちなみに、59歳の「愛よシルバー」、東京都出身で青山学院大卒。
1981年に文部省入省のノンキャリア。
文部省学校法人調査課課長補佐、大学入試センター事業部長、山形大総務部長。
2004年4月から同志社女子大に勤務。
企画部主幹、企画室長、入学センター次長を経て、2010年5月から教育・研究推進センター次長。
妻子がいるが、マンションで一人暮らし
一方、被害男性は、妻子のいる教務係長。
2人は、業務上の接点はほとんどないというのだが…。
どうあれ、こういう事件後の大学の記者会見は、だいたいこんなドロドロしたことが起きるのも当然と思える絶望的なもの。
加賀裕郎学長は、「皆様にご心配、ご迷惑をかけたことを心よりお詫び申し上げる(?)。女性職員へのストーカー行為について大学側は把握していない。教職員と外部カウンセラーによるハラスメント相談員を設置しているが、相談はなかった」と居丈高に謝罪。
「愛よシルバー」の直属の上司、山本寿教育・研究推進センター長は、「真面目で温厚。問題があったとは思わない。9月25日に事件について会話したが、変わった様子はなかった」というテイタラク。
ある意味、この大学はこんなことばかりなのでは現実は?
事実、親亀の同志社大大学院心理学研究科の40代ピンク男性教授が、20代女性大学院生にセクハラ行為をしたとして、8月10日から出勤停止1ヶ月とする懲戒処分を受けていたのでは?
そのピンク男性教授、昨年4月、実験室で指導中に院生を引き寄せて肩を抱き、昨年5月から病気休職。
20代女性大学院生が昨年6月、キャンパス・ハラスメント相談員に相談し発覚。
今年4月の復職後にやっと調査したというのだから、相当手ぬるいのでは?
また、10月3日、京都府警上京署は、強姦未遂で、京都市上京区元福大明神町に住む、同じく親亀の同志社大2年野球サークル所属、平隆久(21歳)を逮捕されたばかり。
「夜歩いていたら女性を見つけ、いいなと思い、ナンパした。性行為をしたいと思った」と襲ったというのだから、救いようがないのでは?
何でも、8月9日午後11時半ごろ、自宅近くで帰宅途中のエステティシャン女性(22歳)に「遊ぼうよ」などと声をかけて自宅にムリやり連れ込み、レイプしようとしたというのだから、言語道断では?
スキをみて逃げ出した女性が8月10日に被害届を提出。
目撃情報などから逮捕されたという根っからのオタンコナス。
9月3日から始めたツイッターで、「300人の女性と関係を持った」、「5000本以上の作品に出演したAV界のカリスマ男優・加藤鷹を目標に、卒業までに1000人斬りや」などと書き込まれていたうえ、逮捕2日前までの466回のつぶやきのうち、「セックス依存症やわ」約100回が性的な話題に関するもの。
そのほか、男性への興味、京都府内の別の大学で講演した有名女性タレントにもナンパ目的で接触を図ったとタレントとの2ショット写真、少女と性的関係を持ったとする記述もあるというから、典型的な誇大妄想的豆腐の角で頭の割れるパーバートでは?
いけない、いけない、話が脱線しそうなので本題へ戻る。
とにかく、犯行現場に残されていた血痕の中に、自分もケガをしたのか、天野祐一こと「愛よシルバー」の血痕も見つかり、そのDNA型が一致。
また、供述通り、鴨川から凶器も発見できたというから、物証は十分。
59歳の「愛よシルバー」が、同僚である36歳男性を、何が何でも殺害しようとして殺害したことだけは間違いないはず。
つまり、この事件は、同僚女性をストーカーしていた発情した老いらくのジコチュウ、「愛よシルバー」が、それを間に入って注意した(?)息子のような男性同僚を、逆恨みして問答無用に殺害した殺人事件ということになるのだが…。

I wonder if a signboard called Doshisha University considerably has a problem(同志社大学という看板に、相当問題があるのでは)!

To be continued...






 






検証プロファイリング  同志社女子大事務局ドロドロ殺人事件-1

The educational front where is full of pink must be all in pink in the head even at the time of such national life and death every day(ピンクだらけの教育界は、こんな国家存亡のときでも、毎日頭の中はピンク一色)!

樹齢7200年の縄文杉などの神秘的太古の森で知られる、世界遺産、「東洋のガラパゴス」屋久島。
その屋久島で、今、ある外来種動物の繁殖が、深刻な問題になっているというから、ハンパじゃない。
なかでも、絶滅危惧種のウミガメまで被害に遭っているというから、簡単に看過できない。その外来種動物とは、なんとタヌキ。
これがかなり獰猛なうえ、メチャクチャ小ズルくて、実に厄介。
東仙坊、捕獲されたタヌキを観ていて、思わず鳥肌。
隣の兄弟の国やヤクザ国家のヒトの顔にソックリで、ビックリ。
どうやら、日本中で、同じ問題が起きているのは、明白。
もっとも、それ以上に、日本人そのもののタガの緩み、モラル完全喪失の方が、もっと問題かも…。
紀元前3世紀ごろの山代原野の原生樹林と同じ植生が群生する世界遺産である「糺の森」で有名な下鴨神社。
そこから、わずか西約150mの閑静な住宅街で、呆れるほど低劣で下品な理由での残忍非道な刺殺事件が起きた。
それも、妻子ある59歳オトコが、妻子ある36歳男性をその自宅近くの路上で待ち伏せして殺害したというから、開いた口が塞がらない。
しかも、2人は職場の同僚…。
それより何より、その2人の職場、その殺害動機が、まさしく平和ボケ日本を象徴するものだから、もう反吐が出そうで、ウンザリ。
そういえば、戦火の一段と激しくなったシリアで、古代都市ダマスカス、ボスラ、アレッポ、パルミラ遺跡などが危機に瀕しているというから、愚かな人間のやることなどこんな程度なのかも。
さらにいえば、今、シリアでは、悲惨なレイプが日常茶飯事だとか…。

■同志社女子大事務局ドロドロ殺人事件

●現時点知り得る限りの事件の概要

9月20日午後11時57分ごろ、同市左京区下鴨下川原町の路上で、近くに住む、今年5月に同志社女子大学教務係長に昇進したばかり36歳男性が、自ら110番(??)。
「変な人が包丁を持っている」と冷静に話した後、しばらく無言になり、やがて「助けて!」と悲鳴を上げ、約20秒後から呻き声に変わった。
そこで、京都府警のパトカーが現場付近に急行。
9月21日午前0時過ぎ、通行人が血を流して倒れている被害男性を発見。
ほぼ同時に、駆けつけた警察官も、ピンクのポロシャツに黒のジーンズ姿、右手に携帯電話、左手に車のカギを持った状態で路上であおむけに倒れていた被害男性を発見。
15m離れた場所には、被害男性の赤色レガシィが、エンジンがかかった状態でハザードランプを点灯し停められていて、ロックがかかっていたところから、車をガレージに入れようとしたところを襲われたというから、無念。
また、自宅にいた被害男性の妻(35歳)が、午後11時50分すぎ、車が止まる音を聞いた後に、自宅前でオトコと話す夫の声を聞いていたというから(??)、近隣の住民が悲鳴のような声を聴いていたというから(??)、悲劇的。
さらに、午後11時45分ごろ、被害男性が京都市左京区のガソリンスタンドで給油し、スタンドから携帯電話で「帰る」と妻に連絡してもいたというから、残酷。
ちなみに、司法解剖の結果は、胸を数ヵ所刺されたことによる出血性ショックでほぼ即死。
致命傷となった心臓の刺し傷の深さは10cm以上だったというから、物凄い殺意。
実は、この事件の前日の9月19日深夜にも、すでに不気味な予兆的器物損壊事件発生していた。
被害男性が帰宅直後、車の盗難防止センサーが作動。
なんと、被害男性の自宅ガレージにコンクリート製ブロックが投げ込まれ、車が傷つけられていたのである。
そこで、9月20日午前0時ごろ、被害男性が110番通報

駆けつけた京都府警下鴨署が調べたところ、そのブロックは被害男性宅が面する東鞍馬口通り沿いからなくなっていたものだったことが判明していたというから、何をかいわんや。
そして、この事件は、思わぬ結末を迎える。
9月29日、京都府警下鴨署が、殺人で逮捕したのは、京都市伏見区竹田西段川原町に住む、被害男性の同僚である同志社女子大学教育・研究推進センター次長、天野祐一(59歳)なる「愛よシルバー」。
何でも、この「愛よシルバー」、9月20日午後5~6時ごろ、勤務する同志社女子大京田辺キャンパス(京都府京田辺市)で国の補助金に関する説明会に出席した後、退勤。
自宅に戻ると、「最初から殺すつもりで、自宅から包丁を持って被害男性方にタクシーで向かった」。
そして、かなり長い間(?)、じっと現場で「待ち伏せしていた」。
それから、予定通りに残虐に刺殺すると、南に向かい約700m先の葵橋を通った際、「橋の上から包丁を捨てた」と凶器を鴨川に。
その後、現場東側にある下鴨神社近くの府道でタクシーに乗車。
最初は、「市営地下鉄くいな橋駅に行ってくれ!」とドライバーに指示したが、途中で行き先を「京阪丹波橋駅!」に変更し、さらにもう一度行き先を変更し、「近鉄小倉駅!」で最終的に降車。
事件直後の9月21日も、通常通り出勤。
事件発生の一報を受けた大学が対策本部を設置。
9月21日午後3時、捜査への全面協力を申し合わせた部課長会議にも、何食わぬ顔で出席していたというから、開いた口が塞がらない。

The old age before the sixtieth birthday is unshapely so that a stoker act of taking its ease remains(還暦前の老いらくのストーカー行為なんて、あまりにも無様)!

To be continued...

新・新日本砂漠化-86  日本人に「ごチュウゴク」!?

Believe it blindly in “the United Nations” and “China”must be unenlightened(「国連」と「中国」を盲信する、無知蒙昧)!

東仙坊、急激な気温変化、喫煙のし過ぎなどで、慢性的睡眠不足状態。
ついに、pcを打ちながら、「コックリ」、「コックリ」…。
赤ん坊のように首が座らず、かなりリスキー。
ついにコマが停止するときのように、グラン、グラン…。
「コックリ」が原因で、頭をぶつけて死んだら、「コックリ死?」。
そこで、ピクンと覚醒した。
「国連」って、一体何の役に立っているのだろうか?
そういえば、「国連」が「刻廉」だったことはあるのか?
つまり、「厳格で潔白」であったことが…。
どうあれ、「国連」は「光輪」ではない。
「降臨」でもない。
単なる自分たちだけベネフィットのジコチュウ的主張の場。
それはそうだと思わないか?
自分たちのベネフィットのに無関係だと、会議会場に出席することもないのだから、バカバカしい。
今回の日本の演説だろうと、ヤクザ国家の下品な主張だろうと、聞いていたのは、一体何か国?
スズメの涙のような国々では?
あんな国連にバカ正直に巨額な資金を提供し続けている日本って、本当にお人好しなのでは?
そういえば、東仙坊、個人的に秘かに応援しているジョディ・フォスター似のオーストラリア美人女性首相、国連創設時以来、健気に資金提供してきているのに、なぜ自分たちオーストラリアが常任理事国になれないのか! と怒っていた。
それ以上に、トルコ外相は、「なぜ国連はシリアを見捨てていられるのか? 大勢の一般市民があれほど苦しんでいるのに…」と国連を露骨に非難しつつ、「同じように見捨てたボスニアでは、10万人の女性が凌辱されたというのに…」と国連の無能を断罪していた。
どうだろう?
日本も国連のバカなスポンサーでありつづけることをいい加減辞めるときなのでは?
そして、何の役にも立っていない国連を過信するのを止めるときでは?
ちなみに、世界一のお人好し国家の国連分担金は、1位のUSAが借りと開き直って払っていないから、2012年も相変わらずのぶっちぎりの実質1位が日本で、12.5%の296100000ドル(約236億8800万円)。
分担率8位の中国、3.189%の75400000ドル(約60億3200万円)、分担率10位の韓国、2.260%の53400000ドル(約42億7200万円)。
どうだろう?
日本はいわゆるいい人だと思うのは、東仙坊だけではあるまい。

そんなおバカさん度の最たるものが、中国の軍事力強化への日本のキチガイ沙汰の献金(??)。
財政難を叫ぶ日本の膨大な血税をワケもなくくれまくってきた事実。
日中国交正常化後の1979年からスタートした対中ODAだって、とっくに経済大国になっていた2008年まで放りっぱなしで、湯水のように垂れ流し。
外務省主導の「有償資金援助協力金」は、すでに3兆6000億円。
その後だって、返済の不必要な「無償資金援助協力金」や「技術協力金」はなぜか継続、2010年度「無償資金援助協力金」約14.7億円、「技術協力金」約34.7億円、2011年度「無償資金援助協力金」約7.2億円、「技術協力金」約30.6億円。
累計で、「無償資金援助協力金」約1565億円、「技術協力金」約1769億円。
それ以外にも、日本が最大出資国(約16%)のADB(アジア開発銀行)を迂回した陰険な融資を累計259億ドル(約2兆202億円)、つまり、41億ドル(約3198億円)。
そのほか、環境省や文部科学省などの中国共同事業を加えた、新たな援助金を加算したら、一体いくらになるのか?
極論すれば、ヤブヘビのように自分たちの首を絞める援助金を一体どれだけくれてやったのか?
とっくに6兆円を超えていることだけは間違いないのでは?
本当に呆れないか?
もちろん、それに乗じて私腹を肥やす売国奴もがワンサカいるせいだろうとは思うけど、本当に悲しくならないか?

We can't buy the love for money(お金で愛は買えない)!


真実イチロー『号外』   11年振りのMLBでのシャンパンファイト!?

Finally Yankees made it with Ichiro(ついにヤンキースがイチローとともにやった)!

優勝、優勝、優勝…。
2番に戻って、ヒットは二塁打1本、打点2だけだったけど、とにかく14-2で大勝。
そして、アメリカンリーグ勝率1位。
ヤンキーススタジアムのファンが、仲間がベンチでボルチモアの敗戦で優勝を歓んでいても、我関せずのクールなデレク・ジーターが言うように、「一番であり続けることが重要だった。地区優勝が俺たちにとって大事なものだったんだ。負けてもワイルドカードだという人もいるが、俺たちはそんなもの見ちゃいなかったよ。これで練習試合は終わりだ」…。
その言葉に感銘を受けたイチローは言う。
「シャンパンファイトはそんな凄くもないですけど、思ったほどという感じでしたけど…。地区優勝はあくまでファーストステップと考えていれば、それも当たり前。この瞬間はもう過去のものになるので、明日から先を見据えて、足を地にしっかりつけてやっていきたいです」それは、日ごろから、「僕はニューヨークが好きだ。ジーターらと一緒にプレーしている。ここでの経験は僕が死ぬ前に必ず思い出すだろう」と言っている言葉と同じ次元…。
それにしても、ヤンキー・スタジアムの大観衆からはスタンディングオベーションが巻き起こり、「物凄い歓声だった。なんでここで俺にって混乱したよ」とAロッドがブラックジョークを言っていたとき、二塁上で我がイチローは何を感じていたのか?
どうあれ、その後ホームインしたベンチで、デレク・ジーターと笑顔でどんな言葉を交わしたのか?
メチャクチャ興味深く感じているのは、東仙坊だけではあるまい。
そういえば、昨日、サヨナラのホームを踏んだフランシスコ・セルべりを、イチローはバットを持ったまま迎えていた。
それを観ながら、ニューヨークタイムズに「イチローはバットをバイオリンの名器ストラディバリウスのように大切にする。湿気を避ける特製アルミケースに入れて持ち運ぶ。道具に対する尊敬の念がヒット量産のキー」などと書かれたことを意識しているのか?と思っていたが…。
どちらにしても、プレイオフでMVP級の活躍をして、デレク・ジーターに6個目の、自分にとって初めてのチャンピオンズリングを獲得して欲しい~。

An encounter with Derek Jeter lets Ichiro certainly have Ichiro(デレク・ジーターとの出会いが、間違いなくイチローをイチローにさせている)!



 



 

真実イチロー  162試合目の最終戦で、2地区も優勝決定とは!?

Supervision Joe Girardi who violated folly to exchange the batting order that they got on with much effort with again(せっかく乗っている打順を替える愚をまた犯した監督ジョー・ジラルディ)!

東仙坊、もう、もう、モウ、牛はイヤと叫んでいた。
胃がギュウッ、ギュウッ、ギュウっと、牛が口から出てきそうで、気が狂いそうだった。
6回の裏、二死2、3塁、1-2の1点負けている中で、絶好の逆転のチャンス。
そんなときに、我がイチローに打順が回ってきてしまった。
東仙坊、ヤンキースタジアム化してしまって、一人、イチロー、イチローの大合唱。
そして、ヤンキースタジアムの観客同様やったー!と思った瞬間、その右中間へのライナーは、無情にもジャコビー・エルズベリーのグラブの中へ…。
思わず、頭の中で闘牛が始まってしまった。
こ、こ、それじゃ、イチローがマタドールどもの餌食になってしまう。
そう思った瞬間、さっき飲み込んだクロワッサンが再び胃の中へ…。
そもそも、この日は、最初からイヤな予感がしていた。
せっかくイチローが2番に座って順調に機能し、いいリズムで踏ん張っていたのに、やっと4番のロビンソン・カノーが打ち始め、いいムードになっていたのに…。
実況解説者も試合開始前から指摘したように、なぜかまたあの監督は相手が左腕のジョン・レスターというだけで、打順を懲りずに替えていた。
なぜかイチローを9番、ロビンソン・カノーを5番に下げたから、不安。
案の定、ヤンキースはことごとくチャンスをフイにして、10安打で1点。
念のために付け加えておくと、今シーズン、イチローはジョン・レスターに対し、9-4、444。
過去5年間でも、31-9、290、ホームラン2、打点3。
本当にサムライの魂を理解できないのか?
どうあれ、調子の上がっているプレイヤーを軸にしないのは、もう、ほとんどミステリー。
この期に及んで、サブキャッチャーを使ったり、ラッキーボーイのラウル・イバンニェスを先発で使わないのは、もうナンセンス。
それでも、9回の表に致命的な追加点を取られたのに、そのラウル・イバンニェスが奇跡の代打同点2ランホームランを打った直後、イチローもサヨナラホームランを狙って二塁ゴロ。
東仙坊、それでいい、それでいいと目が真っ赤。
12回裏、一死2塁で、ラウル・イバンニェス。
お願い。イチローの親友のラウル。後生だからイチローまで回さないように、サヨナラを打っちゃって!という懸命の念力が通じ、三遊間を破るサヨナラヒット…。
一瞬、ラウル・イバンニェスが闘牛に観え、ビックリ。
とにもかくにも、それで、ついに、最終戦、162試合を前に、アメリカンリーグ東地区優勝へのマジックナンバー、1…。
今日の試合で、すべてが決まるから、さあ、大変。
イチローも、「これだけ厳しい状態が続いていて、最後にそれを勝ち取ることはダントツで勝つことよりもずっと難しいこと。その間に培われているものが必ずあると信じている」と思わず吐露するほど。

さて、その最終戦で、松坂大輔と黒田博樹が投げ合い、イチローと親分子分が対決するというから、メチャクチャ残酷。
何しろ、手術明けの子分の松坂大輔、いまだに1勝6敗、防御率7.68、4連敗中で、解雇寸前…。
ああ、何と日本人をイジメる監督の多いことよ。
まあ、ここは、我がイチローの顔を立てて、ダイスケと覚悟するだけ。
ところで、MLB9月の月間MVPが発表され、アメリカンリーグは打率337、11本塁打、19打点でテキサス・レンジャーズのイチローの元同僚エイドリアン・ベルトレーが選ばれ、打率385、11打点、9盗塁だったイチローは受賞を逃し、凄く残念。
そういえば、テキサスも、今日のオークランドとの直接対決で西地区優勝の行方が決まるというのだから、こちらも大変。
改めて痛感させられるが、このスケジュールを作成者は、間違いなく天才では?
その点だけでも、MLBの方が断然興味深いと思うが、どうだろう?
そして、マネーボールが話題になった年のせいか、そのテキサスとオークランド戦でアンビリーバブルなことが起きた。
3回を終わって、5-1とリードしていたテキサスが、信じ難いジョシュ・ハミルトンのエラーから、4回裏に5-7と逆転されると、そのまま5-12で敗北。
な、な、なんとアメリカンリーグ西地区は、東仙坊、その開幕戦を東京ドームで観戦したオークランド・アスレチックスが優勝してしまったのだから、ビックリ仰天。
何でも、Yuダルビッシュがそのワンデー・プレイオフ進出決定戦で投げるというから、さらにビックリ。
となると、ヤンキースも不安。
すると、1回の表に黒田博樹が先取点を取られるイヤな展開。
しかも、松坂大輔は、たった6球で、デレク・ジーター、イチロー、Aロッドを抑えるスタート。
特に、イチローを、インコース高めのストレートで三塁ポップフライに打ち取ったから、ますますイヤな予感。
ところが、2回裏にカーティス・グランダーソンにあっさり3ランホームラン。
そして、3回裏、またしてもイチローを一塁ゴロで打ち取った後、ロビンソン・カノーに2ラン、そして、続くニック・スイッシャーにヒットを打たれ、松坂大輔はクビを宣告されてしまったから、イチローは複雑。
どうあれ、4回まで5-1でリード。
こうなったら、イチロー、子分の後を追わないように、後は打って、打って、打ちまくれ!と祈るばかり…。

I think the professional baseball of Japan should be finished at all team same time, too(日本のプロ野球も、全チーム同時終了するようにすべき)!
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード