Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

In a country that has lost its spirit, it often happens that sympathy is drawn to the perpetrators of gruesome murders rather than to the victims(気概をなくした我が国では、凄惨な殺人事件の被害者よりも、加害者に同情が集まる情けなくてみっともないことが、よく起きる)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本の希望に満ちた未来は、敢然と侠気を持って、近隣諸国と完全無欠に隔絶しない限り、ゼロ、零、皆無、ナッシング。

東仙坊、誰がどう言おうと、卑劣で卑怯な暗殺テロが簡単に我が国で発生する理由は、我が国が育んできた世界に類を見ない「権力」と「権威」を明確に分けるその政治体系にある確信している。
では、なぜそんな特異な政治体系が構築されたのか?
それは、ひとえに、日本人には、誰か一人が突出して「権力」を握ることを忌み嫌う、メチャクチャ嫉妬深い本性があるからに他ならない。
と同時に、その嫉妬を懸命にコントロールしようとするバランス感覚も兼ね備え、執拗であること、堅苦しいこと、杓子定規なことなどをも忌み嫌い、どこか臨機応変にときの流れに鋭敏に身を任す本性もあるからに他ならない。
それはまた、どこか軽佻浮薄で、コトの重大さを無視する本性でもある。
そして、そのある種の温和さのようなものは、決して「権力」を持つような人には向かず、「権力」を持ち自分たちの上に立つ人を妬み嫉み、ときには憎んだり腹を立てたり引きずり下ろそうとする傾向がある。
それゆえ、今回のような極悪非道な暗殺テロが発生しても、我々が怒り狂うべき相手は加害者である卑劣で卑怯なテロリストであるはずなのに、どこか異様なほどテロリストである41歳のマザーファッカーに同情的。
それどころか、我が国の元総理を暗殺したのだから、即刻、重罪に処すだけのはずなのに、マザーファッカーの家庭の事情ばかりがなぜか出てきて、いつのまにか厳罰に下すには忍びない可哀想という話までが出てくる始末。
なぜ、このような暗殺テロ事件で、無念極まりない被害者のみがフォーカスされず、いかなる理由があろうと残忍な暗殺者になった加害者にばかりフォーカスし、非業の死を遂げた被害者が二の次にされてしまうのか?
それどころか、加害者のプライバシーやバックグランドにばかりスポットライトを浴びせ、二度とこの世で何もできなくなってしまった被害者の死を、まるで病死、イヤイヤ、事故死、イヤイヤ、自然死かのように扱うようにしてしまうのか?
これもそれも、今や、意思と無関係にたった一度の人生を終結させられてしまった人の悔しさ、苦しみに本気で身を寄せようとしなくなった、被害者の代わりに怒り狂わなくなってしまった日本人の根本的な欠陥と言えるのでは?
その日本人らしい凜とした義侠心のようなものは、一体どこに行ってしまったんだ!と憤怒の念に駆られているのは、東仙坊だけではないと思いたいが…。
とにかく、どこか弱腰で現実と正面から対峙しようとせず、面倒臭いことは考えたくないとばかりに、自分で首相になったのだから暗殺されることも仕事のウチじゃないのか?とでも言うように、どこか他人事と冷たい視線。
いつから、こんな気概のない情けなくてみっともない日本人が増えてしまったのか?
むやみやたらとストレスやフラストレーションだらけで底辺で生きていた加害者に同情しなければ、自分がイヤなヤツに思われるかもしれないとでも考えるのか、とにかく、絶対同情すべき被害者のことなど、全く顧みようとしないから、ジコチュウ丸出しのキチガイ暗殺テロリストは、とりわけ、無差別劇場型テロリストは、我が国に跋扈するばかり。
実際、凄惨な安倍晋三元総理暗殺事件のほぼ1週間後には、net上で、殺人容疑で送検された41歳のマザーフォッカーの「減刑」を求める署名活動が始まったというから、開いた口が塞がらない。
何でも、その「減刑」を求める署名を立ち上げたとされるアンポンタンは、7月15日、Twitter上に、「山上徹也容疑者の非常に辛かった生育環境(?)、境遇(?)に対しての情状酌量(???)、また、非常に真面目で努力家な人柄であり(??)更生の余地が大きいことを訴える署名です。いかなる理由でも殺人を肯定するものではありません」と書き込んだとか。
すると、署名サイト「Change.org」内検察庁長官宛ての署名に、な、な、なんと7月21日22時30分時点で賛同者なるクソバカどもが180人超もいたというのだから、言語道断。
おそらくサプア人のように何も深く考えずエモーショナルなノリで賛同しているのだろうが、こういうクソバカどもには、中国か北からのミサイルの不発弾か、大地震で頭に何かが落ちるに違いないと思うが、どうだろう?
それにしても、こんなヤツらのために安倍晋三元総理が全身全霊で国際社会で戦っていたと思うと、ただただ悲しい気分になるだけ。
「山上徹也容疑者が、精神的、金銭的苦悩を抱きながらも真っ当に生きよう努力していた」
「親の信仰によって、生活も精神も追い詰められる人が非常に多いです。このような状況で物心ついたときから生活していた山上徹也容疑者に、どうか寛大な見解をお願いします」
もっとも、それに対し、ほんの少し救いのコメントもある。
「減刑も何もまだ起訴すらされていない。山上徹也容疑者に更生の可能性があることは認めます(?)。しかし、被害者である安倍晋三元総理は彼が更生したところで生き返るワケではない。殺人の被害者は永遠に被害者のままです」
「減刑が犯罪者のためになるとは限らない。犯罪者が自分の犯した罪と向き合う機会を減らしてしまう可能性もあるから。罪をシッカリと償ってこそ更生することができるのでは(??)」
「他の似たような原因で罪を犯した人には何もしないのに、山上徹也容疑者だけ減刑を求めるとか不公平としか言えませんね」
「どんな理由があろうと、犯罪やテロは許されないし、お気持ちで司法を歪めるなど論外です。例外を作れば司法が歪みます」

Despite the untimely death of former Prime Minister Shinzo Abe, to whom many leaders from all over the world have sent their heartfelt condolences, it seems that there are just as many fake Japanese traitors in this spoiled peace-obsessed Japan(世界から心温まる弔意を届けてくれるリーダーたちが大勢いる安倍晋三元総理の非業の死なのに、この甘えきった平和ボケの日本国内には、売国奴のニセ日本人が同じくらい大勢いるらしい)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード