Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 静岡伊東市八八ひものセンター殺人事件-エピローグ

I am ashamed of having suspected whether the criminal of this case might be the family of the victim(この事件の犯人が被害者の家族かもと疑ったことを恥じている)!

東仙坊、昨年暮れ緊急プロファイリングした、緊急プロファイリング  静岡伊東市八八ひものセンター殺人事件で、ようやく事件捜査に進展があった。
実は、事件直後、数人の団員から事件に関する情報がいろいろあった。
そんななかに、事件の被害者の一人である女性経営者の継息子(?)を名乗る方からのメールもあった。
しかしながら、残念なことに、その正否を確認するノウハウを所持していないので、触れたくはなかったし、いくらなんでもそこまでの甘ちゃんでもなかった。
ともあれ、ただただ事件の早期解決を願うとともに、無念の被害者である2人のご冥福をお祈りするだけだった。
さて、今回、かなりの事件の有力な容疑者(?)が別件で逮捕されたことを契機に、もう一度、この事件を再検証することにした。
そもそも、前回、あのプロファイリングをする原因になったのは、通常、あのような殺人ケースでは、その被害者家族が何らかのコメントをやたらと発するもの。
けれでも、事件直後から、凄惨な被害者である59歳女性経営者と71歳男性常務に関し、その遺族から一切のコメントが出なかったことに、メチャクチャ違和感を覚えてしまった。

見苦しく言い訳するつもりもないが、それがそのまま「■静岡伊東市八八ひものセンター殺人事件/●東仙坊がプロファイリングする事件の不可解な点」として指摘する結果に繋がってしまった。

①金目当ての強盗、怨恨による復讐…。
単純にそのどちらかだとしても、まだ午後9~10時ごろ、ヘッドライトをつけたまま向かい合わせに止まった2台の車の間で、大声で言い合うのは、ホシにかなり不利だと思わないか?
その意味で、従業員や元従業員による金目当ての強盗という線もほとんど消えるのでは? 

②殺害が目的だとすると、すでにその目的は十分に果たしていたはず。
それなのに、2人をわざわざ冷凍庫にいれたのは、なぜ?
あるいは、生きている間に脅しながら冷凍庫に入れてから、止めを刺したということ?
そこまで、ブチ切れたのは、もしくは、恨んだのは、なぜ?

③この事件で、ミステリアスなホシの行動は、店の鍵を持って行ったこと。
では、2人の被害者を冷凍庫に入れたのと全く同じ無意味な偽装行為だったのか?
この行為には、瞬間的にホシの潜在意識的欲求が現れていると考えているのだが、どうだろう?

④東仙坊、99%、このホシは、女性経営者の血縁者と感じているのだが、どうだろう?
どうあれ、このホシは、かなりヤングだと思うが、どうだろう?
それも、かなりデリンジャラスな?
つまり、一見、メチャクチャありそうな従業員や元従業員の怨恨でもなく、女性経営者の家族の問題が真相なのでは?


そのプロファイリングに対し、現場付近の方からと思える情報メールが数通、そして、その被害者である59歳女性経営者の継息子と名乗る方からのメールが1通…。
それらの情報を総合的に集約すると、次の通りになる。

被害女性経営者には、いわゆる同居家族も、実子もいなかった。
いたのは、唯一、継息子。
それも、正確には、かつていたということ。
つまり、13年前に亡くなった先代社長であった夫の連れ子が1人。
実際、その跡取りである継息子は、わざわざ妻子ともども伊東市に引っ越しし3年間現場の店で店長していたものの、義母と経営方針の相違で、9年前に退職。
その際、勝手に出てくのだから金輪際一銭も出さないと一筆まで書かされ、引越し費用のみで離別し、疎遠なまま(?)。

②その継息子、当然のごとく警察の取り調べも受けていて、明確なアリバイがあり、無実であることは証明済みとのこと(?)。
そして、その継息子の見解では、義母にはやさしい部分があるもののかなりの全ツッパで(?)、個人的には彼女への怨恨が殺害理由では?と感じているということ。

さて、東仙坊、そのメールを懸命に精査し、継息子である青年(?)の名誉のために、このことを公表しようとも考えたが逡巡していた。
なぜならば、本当にそうなら、必ずその失地はいつか回復すると確信していたからに他ならない。
その最大の理由は、まだ30歳そこそこのその青年、今どきの若者にはメズラシク、妻子を抱え気合で1日平均15時間、年350日以上働いているとのことだったからである。
と同時に、あんな事件が起き、従業員の給料、業者への支払、家賃はどうなっているのか、それを考えると歯痒いと吐露していたからでもある。
無論、この青年が無実であると確信した理由は、実はまだまだある。
しかし、かなりのプライバシーに関わるものなので、ここではあえて公開しない。
とにもかくにも、2月26日、伊東市内に住む、その八八ひものセンター元従業員、無職(?)の60歳のオトコが、静岡県警伊東署に、失業手当を騙し取ったとしてが詐欺で逮捕された。
何でも、一昨年6月(?)、伊東市内の水産加工会社に勤務していたにも関わらず、三島公共職業安定所伊東出張所に対し「仕事がない」などと虚偽の申請をしておよそ6万円の失業手当を詐欺したというから、小賢しい卑怯者。
しかも、その一昨年6月(?)、被害女性経営者と口論しているのが目撃され、パトカーが出動するトラブルになっていたというのだから、何をかいわんや。
まだまだ別件逮捕の段階だが、このクソッタレが本ボシであることを切に願っている。
どうあれ、東仙坊、こんな簡単な事件をなぜすぐに解決できないのだ静岡県警と責任転嫁せず、自分のプロファイリングの甘さを素直に恥じている。
最後に、被害女性経営者の継息子である青年の今後の飛躍に、心から期待していることも付記しておきたい。
えっ、この60歳のクソッタレの動機は?って?
47歳で未亡人になって独り暮らしのままの女性経営者、1歳年上の元従業員クソッタレとの勘違い痴情怨恨に金銭がらみ…そんなところだったということでは?
その意味で、71歳常務だけはとんだトバッチリだったのでは?
ところで、それで俄然気になることが一つ。
そ、そ、そういえば、事件発生直後、やたらテレビの前で明るく「社長が従業員に厳しくトラブルが多かった」と喋っていた元従業員なるオトコがいたが、まさかまたフィルターなしで放映するのではあるまいな…。

I wonder if the grudge murder that increased money in blind love should have happened cruelly again finally(結局は、痴情に金銭が加わった怨恨殺人が、また残酷に起きたということでは)!

緊急プロファイリング  静岡伊東市八八ひものセンター殺人事件-2

It should be proved that a criminal is young by having abandoned two victims in a freezer(被害者2人を冷凍庫に遺棄したことで、ホシが若いと証明している)!

■静岡伊東市八八ひものセンター殺人事件

●東仙坊がプロファイリングする事件の不可解な点

①金目当ての強盗、怨恨による復讐…。
単純にそのどちらかだとしても、まだ午後9~10時ごろ、ヘッドライトをつけたまま向かい合わせに止まった2台の車の間で、大声で言い合うのは、ホシにかなり不利だと思わないか?
捜査で、その車を特定するのは、極めて簡単なのでは?
ところで、万一強盗だとすると、あの店に金庫があったとしても、冬場の火曜日、一体いくら現金があったと思うのか?
また、女性経営者は、毎日売上金を営業終了時に回収していたというのだから、そんな時間では金庫に現金が残っていない可能性が強かったのでは?
どちらにしても、はした金だったのでは?
となると、金目当ての強盗の線はかなり薄いのでは?
その意味で、従業員や元従業員による金目当ての強盗という線もほとんど消えるのでは? つまり、財布や現金を奪ったのは、あくまで行きがかりの駄賃では?

②ホシは、2人の首、頸動脈を切っている。
そのために、かなりの出血をしている。
それだけじゃない。
2人とも、必死で抵抗したために防御創もたくさんで、さらに出血している。
ということは、殺害が目的だとすると、すでにその目的は十分に果たしていたはず。
それなのに、2人をわざわざ冷凍庫にいれたのは、なぜ?
シャッターが下りていたのだから、その煩雑な行為をやる必要はなかったのでは?
引きずった痕跡がないということは、その返り血を大量に浴びながら(?)、抱えたということ?
あるいは、ホシは一人ではなかったということ?
あるいは、生きている間に脅しながら冷凍庫に入れてから、止めを刺したということ?
そこまで、ブチ切れたのは、もしくは、恨んだのは、なぜ?
実は、東仙坊、マンガか映画か何かで冷凍庫に入れるシーンを観ていたから、どうしてもそれをマネして実行してみたかっただけと確信しているのだが…。

③この事件で、ミステリアスなホシの行動は、店の鍵を持って行ったこと。
それはそうだと思わないか?
まさか、後で干物を盗もうというのでもないはず。
では、2人の被害者を冷凍庫に入れたのと全く同じ無意味な偽装行為だったのか?
東仙坊、この行為には、瞬間的にホシの潜在意識的欲求が現れていると考えているのだが、どうだろう?

④この事件の真相を解くカギは、やはり、その夜、店の前で、被害常務(??)とヘッドライトをつけたままの2台(?)の車の間で言い争っていたというオトコ。
誰が考えても、午後5時の閉店後、売り上げを締めていた女性経営者との間で、電話でもめていた相手が「フザケロ! 今、そっちに行くから待ってろ!」ということになったのでは?
そこで、その剣幕を心配した被害常務が、店先で待ち構え、穏便に収めようとしたのでは?
それがかえって裏目に出て、火に油を注ぐことになったのでは?
では、なぜ、わざわざ被害常務はそんな行動を取ったのか?
それより何より、なぜ、女性経営者まで残っていたのか?
仕事上のトラブルだったら、被害常務だけで十分だったと思わないか?
実は、ここに、この事件の大きなポイントがあるはず。
東仙坊、99%、このホシは、女性経営者の血縁者と感じているのだが、どうだろう?
それこそ、息子の一人? あるいは、甥? あるいは、娘の旦那?
だからこそ、被害常務が間に入ろうとしたのでは?
すなわち、いくら頼んでも聞いてくれない何か?
その点では、今や定番の娘の元夫?とか? ストーカー?ということもあるのでは?
もしかしたら、孫娘のそれ?
どうあれ、このホシは、かなりヤングだと思うが、どうだろう?
それも、かなりデリンジャラスな?
つまり、一見、メチャクチャありそうな従業員や元従業員の怨恨でもなく、女性経営者の家族の問題が真相なのでは?
と、ここまでプロファイリングをしていたら、午後6時ごろ、女性経営者がかかりつけの動物病院に「1時間後の診察を予約したい」という電話をしていたが、予約時間になっても姿を見せず、病院側が女性経営者に電話したものの出なかったという新情報が出てきて、唖然…。
となると、犯行時間は午後7時ごろまで、閉店直後。
もし通行人男性の目撃情報が正確だとすると、ホシと常務の間での「何で殺したんだ!」というやり取りか? ホシが仲間との間で「マズイ殺してしまった」とのやり取りということになるのでは?
とにもかくにも、今後、八八ひものセンターが営業するなら、体長2~5cmの「キュウリエソ」の佃煮(?)か、体長1.3m「サケガシラ」の切り身(?)か、いやいや伊豆なのだから、体長4.5mの「リュウグウノツカイ」の切り身(?)、胴体の長さ20cmの「ユウレイイカ」の干物(?)、サメの仲間の「ラブカ」の干物(?)を置くべきでは?
えっ、それは何だって?
最近なぜか打ち上げられる深海魚たち…。

I don't like the dried fish of the deep-sea fish(深海魚の干物は好きじゃない)!






緊急プロファイリング  静岡伊東市八八ひものセンター殺人事件-1

This must be the grudge murder case that is not robbery seeing from wherever(これはどこから見ても、強盗ではない怨恨殺人事件)!

東仙坊、何年か前に、今回現場になったその店でよく鯵の干物を買った。
「天日干し」という何の変哲もないオシャレでない大きな文字に、好奇心を持ったからだった。
もちろん、鯵の干物が好物ということもあった。
けれども、地元の漁師の方から「この辺のお土産屋で扱っているものは、地元で水揚げされたものではない輸入品がほとんど」と聞かされていたから、複雑な気持ちで買っていた。
あくまで、「天日」、お天道様の陽射しを浴びた鯵の味に、どこかワクワク興奮させられただけ。
そ、そ、それなのに、 あれほど交通量の比較的多い国道135号線沿いの静岡県伊東市八幡野の干物店「八八ひものセンター」で、残忍非道な事件が発生したというから、ショック。
果たして、お天道様は見ていたということになるか?
実は、東仙坊、一報が50代女性と70歳男性の心中のように報道されたから、触手が動かなかったが、全くそうではない続報に接し、慌ててプロファイリング。

■静岡伊東市八八ひものセンター殺人事件

●現時点で知り得る限りの事件の概要

12月19日午前8時半ごろ、伊豆急行線の城が崎海岸駅近く、静岡県伊東市八幡野の干物店「八八ひものセンター」の男性従業員から、「店の冷凍庫に血だらけの男女の死体がある」と119番通報。
何でも、通勤してきた従業員たちが、開いているはずの店のシャッターが閉まっていたためにしばらく外で待っていたところ、店舗横の通用口に鍵がかかっていなかったことに気づき、男性従業員が店内に入り、店舗奥にある業務用大型冷凍庫(広さ2畳ほど?)を開けたところ、男女2人の遺体を発見。
その際、伊東市富戸に住む、女性経営者(59歳)は冷凍庫内のドア付近に仰向けに倒れ、伊東市荻に住む、男性常務(71歳)は奥の方にうずくまるような状態で、2人の体には複数の刺し傷があり血だらけだったというから、残酷。
しかも、死後硬直が進んでるかのように、半ば凍っていたというから、残虐。
また、2人は手足を縛られるなどの拘束はなく、衣服は前日のまま。
さらに、 店のいたるところに血痕があったものの、店内に荒らされた形跡はなく、店内外に遺体を引きずって運んだ痕跡が見当たらないうえ、その冷凍庫の扉を塞ぐカタチで大きなテーブルが置かれていたというから、不可解。
ちなみに、商品も多数入っていたという冷凍庫は、中からも扉を開けられるもの。
そのほか、表の駐車場に、2人の車は止められたまま。
凶器とみられる刃物は未発見。
2人が管理していた店の鍵も未発見。
浜松医科大で司法解剖の結果、2人とも首を複数切られたことによる出血性ショック死で、手首などにはかなりの防御創。
それから、2人の財布が未発見で、レジは開けられ、売上金は残っていなかったこと。
また、営業時間は午前8時から午後5時までで店のシャッターは閉まっていたのに、12月18日午後9~10時ごろ、店の前で、「ヘッドライトをつけたまま向かい合わせに止まった2台の車の間で男性とみられる2人が、言い合いをしているようで、切羽詰まった険悪な雰囲気だった。普段、その時間帯に人や車の姿はないのでオカシイと思った」と、通行人男性の目撃証言があること。
殺害された女性経営者には、温厚でやさしい面と感情的になりやすかった面、常務にも低姿勢で人当たりのいい面と陰険な面があったとの元従業員(?)の証言があること。

さて、本格的なプロファイリングに入る前に、どうしても触れておきたいことがある。
東仙坊、懲りずに、日本再生のためにはBlue(警官)の正義の復活こそ急務と「日本をブルーにしている「ブルー」たち!?」を終えたばかり。
そ、そ、それなのに、12月22日、2年前の2010年4月、富山県富山市大泉の79歳と75歳の高齢会社役員夫婦が、自宅ビルで首を絞められて殺害され、灯油をまいて放火された極悪非道な事件で、富山県警が、富山県警警部補、加野猛(54歳)なる「イーブル・ブルー」を殺人などで逮捕したというから、思わず絶句。
しかも、この世紀のクソッタレでしかない「イーブル・ブルー」、12月7日、覚醒剤事件の捜査情報を知人に漏らしたとして、地方公務員法違反で逮捕・起訴されていて、休職中だったというから、何をかいわんや。
富山県警本部長、新美恭生が、「現職警察官がこのような凶悪・重大事件を起こしたことにつきまして、県民の皆さまに深くお詫び申し上げます」と言ってすむ問題ではないのでは?
それこそ、謝ってすむなら警察はいらない…。
何でも、「イーブル・ブルー」、36年前から知り合いだった高齢会社役員から金を借りていて、返済に困っての蛮行だったというから、言語道断。
つまり、この残虐無比な「イーブル・ブルー」、そのBlueとしての在職中に、一体どれだけの不正と蛮行を行っていたかわからないのでは?
どうあれ、これからは、凄惨な事件が起きたら、まず警官を疑えということに他ならないと確信しているのは、東仙坊だけではないと思うが…。
どちらにしても、この国が再生するには、相当な心的大手術が必要なのでは?

I wanna teach it when the sun watched it to the great asshole who easily murder a person(簡単に人を殺す大バカ者どもに、お天道様は見ていたと教えたい)!

To be continued...











profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード