Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング NHK記者広域連続強姦事件

NHK has a climate that tolerates sexual crime, so that he couldn't see the oddness of this motherfucker(このクソッタレの異様さを見抜けないほど、NHKには性犯罪を容認する風土がある)!

■NHK記者広域連続強姦事件

●東仙坊が結論するこの事件に見られる日本の最大の問題点

②NHKが総務省の特殊法人であるということは、ほぼ官僚のシステム。
人事採用に際し、サプア同様、その人格など微塵も考慮されず、学歴が偏重されるだけなのでは?
つまり、このクソッタレにとっては、メチャクチャ好都合だったはず。
なぜなら、女性にアプローチをするのに使った「早稲田大学政治経済学部」の肩書き同様、日本の公共放送である「NHK」の肩書きが必要だったからである。
どちらにしても、コヤツが、NHK甲府支局に赴任するやいなや、前からのプラン通りにレイプ活動に邁進し始めたことは間違いナシ。
さて、それで気になってくるのが、この独身のクソッタレの家宅捜査で発見されたという大量の女性の下着と鍵。
大量の女性の下着って、一体どのくらいあったのか?
というのも、この正真正銘の勘違いサイコパス的レイピストにとって、それらは間違いなく戦利品的記念品。
すなわち、その下着の枚数だけ被害女性がいるはず。
それ以上に問題なのが、鍵。
仮に襲った被害女性の部屋の鍵だとすると、また襲うつもりで奪ったということなのか?
いくら鈍感な現代女性でも、レイプ被害に遭ったうえ、部屋の鍵が奪われたとしたら、部屋の鍵ぐらいは変えるだろし、それ以前に引っ越すはず。
だとすると、被害女性がすぐに引っ越すことを見込んで、次に住むかも知れない女性を襲うために利用できる可能性はゼロではない。
今の女性らしくレイプ被害を口にできないまま、そっと引っ越すかも知れないのだから。
他に考えられることはまだある。
同僚女性を襲うくらいに図に乗っているクソッタレなのだから、女性職員のロッカールームに忍び込んで、鍵を持ち出しその勤務中に合鍵を作っていた可能性も棄てきれない。
コヤツだからこそやったかも知れない鍵の強奪方法は、山梨県警担当だった2年間で、事件現場への取材や取材にかこつけて、その管理人室などから盗んだかも知れないということ。
実際、かなりの女子大生が被害に遭っているというから、女子寮などの管理室から盗んだ可能性も高いはず。
どちらにしても、この鍵の出所を徹底的に捜査する必要があるのでは?
③コヤツの連続蛮行を阻止できるチャンスは、実はNHKという組織にあった。
少なくとも、そうしていれば、山形県で不運な犠牲者は生まれなかったはず。
それは、東仙坊、すでに指摘してあるが、2015年7月23日、コヤツの送別会の後、それに出席していたその同僚女性が帰宅時に何者かに襲われた事件を警察にきちんと連絡し、このクソッタレが右腕を骨折していることを捜査すれば、それで十分に逮捕されたはず。
そうならなかったということは、このNHKの女性職員が、もしくはNHK甲府支局が、口を閉ざしたか、隠蔽しようとしたに違いないと思うが、どうだろう?
そう、不祥事を忌み嫌う官僚的体質そのものに問題があったのでは?
とにもかくにも、いまだにサプア人のようにシラを切り続けるコヤツのようなオトコがやたらNHKにいることは事実。
もっとも、それはNHKだけに限らず、我が国のマスメディア全体の致命的欠陥だと思うが…。

If we don't improve the constitution of NHK, there must be no value as Japan's public broadcasting at all(NHKの体質改善をしないと、我が国の公共放送としての価値は全くない)!

緊急プロファイリング NHK記者広域連続強姦事件

It is supposed to be overflowing with the expression of a motherfucker who is obsessed with a woman relentlessly planning rape crimes(執拗にレイプ犯罪を計画するモテないクソッタレの表情には、その異様さが溢れているはず)!

■NHK記者広域連続強姦事件

●現時点知りうる限りの事件の概要

コヤツの根っからのレイピストとしての蛮行の数々…。
いまだにレイプが親告罪である以上、訴えられない女性が多いことを考慮すると、その卑怯で卑劣な実態はどんなに捜査したところで、氷山の一角のはず。
実際は、一体どれだけ余罪があるのかは、永久に闇の中。
何とか、判明しそうなレイプ事件だけで、少なくとも5件以上、立件できそうなレイプ事件が2件ぐらいというから、何をかいわんや。
もっとも、山梨県と山形県では手口が違うというから、コヤツ、自信を深めて進化したということか?
ともあれ、このクソッタレの略歴をちょっとチェイスするだけでも、コヤツが正真正銘のただのレイピストであることがわかるのだが…。
この見るからにモテそうもないクソッタレ、生まれはレイプのメッカ埼玉県。
ド田舎の共学の早稲田大学本庄高等学院でも、モテなかったことは間違いナシ。
そこで、思いついたのが、文部科学省主催の「同世代の犯罪を考える」分科会リーダーになって、レイプを学ぶこと。
それは、海外留学を経て、ますます自信から確信に。
そして、早稲田大学政治経済学部に入学すると、その肩書きを使って必死にナンパ。
しかしながら、やれることは、酔っ払った女性を連れ込むことぐらい。
その結果、マスメディアの肩書きなら、もっとなんとかなるかもということ。
2011年、公共放送のNHKに入局。
所属したのは、NHK甲府放送局。
そして、山梨県警担当になると、レイプ犯罪を2年間、研究。
そのせいか、甲府市で女子大生がレイプされる事件が増加。
その後、NHK富士吉田支局に移ると、今度は、近隣エリアでやたらレイプ事件が発生。
そして、再びNHK甲府放送局に戻り、スポーツ担当になると、レイプ三昧。
その間、遅刻で怒られ殴られると、上司を「パワハラ」で訴える大トラブルを演出。
その結果、2015年7月、NHK山形放送局に異動させられるのだが、そのコヤツの2015年7月23日の送別会後の話が意味深。
送別会帰りのNHK女性同僚が部屋に入ろうとすると後ろから何者かに顔を手で押さえられたとか、彼女が慌ててドアを閉めるとオトコは腕が挟まって、逃走したとか。
す、す、すると、翌日、コヤツ右腕を骨折して平然と出社したというから、ほとんどレイプモンスター。
どうあれ、コヤツに舐められた山梨県警、何とか2013~2014年の山梨県内の1人暮らしの2人にレイプした事件で現場の遺留物(?)から検出されたDNA型がクソッタレのものと一致したとして、もうすぐ再逮捕できるというから、ガンバレ山梨県警。

●東仙坊が結論するこの事件に見られる日本の最大の問題点

①NHKとは、血税で活動している以上、すでに指摘したとおり、何があっても、国民益、国益のために存在すべき公共放送なのでは?
そこに、歪んだ大ウソだらけの反日教育を受けざるを得なかった中韓人をなぜに好んで採用するのか?
一体、誰が何を目安に採用しているのか?
総務省はどんな管理をしているのか?
とにかく、その人事採用に鑑識眼のないことだけは確か。
と同時に、特にサプア人やサプア系をなぜか採用することが異常な雰囲気を作っていると思うが、どうだろう?
少なくとも、思わずコヤツを「パワハラ」上司になることを覚悟で殴った上司は、その異常さを感じていたのでは?
なぜなら、ここまで好色のサイコパス的レイピストなら、間違いなく普通じゃなかったはず。
どちらにしても、我が国の公共放送に、サプア人やサプア系を採用することは根本的に控えるべきなのでは?
それこそが、NHK改善のスタートになると思うが…。

There must be a fundamental problem in NHK's environment where such a wide-area continuous rape devil is honestly hired(こんな広域連続レイプ魔を平然と雇うNHKの環境に、根本的な問題がある)!

To be continued...
































緊急プロファイリング NHK記者広域連続強姦事件


Because it must be a reporter of NHK, has it become possible to become a regional continuous rapist attack until this far(NHKの記者だから、ここまでの広域連続強姦魔になれたのでは)?

NHKって、一体何なのか?
Nippon Hoso Kyokai」、「日本放送協会」、総務省が所管する特殊法人だったのではないのか?
そう、国民の血税で運営されている胡散臭い団体の1つ。
ということは、国民益、すなわち国益を第一義にすべき公共放送なのでは?
にもかかわらず、いつもどこか中韓寄り。
それも、さりげなく日本のやったことにすぐに中韓がこんな対応をしているという狡猾な方法で批判するやり方で。
とりわけ、デタラメ歴史認識での反日一筋のサプアに対して、日本はもっと彼らの心情を理解し何でも許してあげなきゃダメという論調で。
それで、東仙坊、なんとなく気にかけていたいたら、やたら職員にサプア人やサプア系がいることに、気づいた。
それも、ディレクターやリポーターにまで。
もしかしたら、派手好き、プロパガンダ好きのサプア人やサプア系にとって、実に働きやすい環境なのかも。
これでは、新卒大学生の2人に1人が就職できないという反日色に染まったサプア人の格好の就職先になること請け合いでは?
さて、そのタガの緩み切ったNHKから、広域連続強姦魔記者が出現した。
そう、「シリアルレイピストリポーター、NHKにあり」。

■NHK記者広域連続強姦事件

●現時点知りうる限りの事件の概要

2月6日、山形県警は、山形県酒田市本町に住む、NHK山形放送局記者、弦本康孝(28歳)なるクソッタレを、強姦致傷と住居侵入で逮捕。
何でも、昨年2月23日午前4時半ごろ~午前7時10分ごろ、山形県村山地方に住む20代女性宅にオトコが無施錠の玄関から侵入(?)。
就寝中の女性に馬乗りになってレイプしたうえ、全治2週間のケガ(?)を負わせたというから、言語道断。
現場に残された体液のDNA型などからその蛮行が割り出されたというから、どこかマヌケ。
ただし、ドアの鍵や窓は壊れていなかったので、玄関から侵入ということなのだが、本当はどうだったのか?
それで、気になるのが、クソッタレの自宅から押収されたという複数の鍵。
それと、大量の女性用下着。
それだけじゃない。
その事件の数時間前に、近くで別の女性が自宅で襲われそうになっていたことも判明し手口の類似性からクソッタレの関与が問い質されているというから、完全なるレイピスト。
ちなみに、酒田報道室で1人勤務だったというクソッタレ、犯行当日は休みだったとか。
2月7日、NHK幹部が会見を開き、「被害者や関係者、そして視聴者に深くおわびする」と陳謝。
2月9日、2月16日付での懲戒免職処分を発表。
それに対し、卑怯で卑劣なシリアルレイピストリポーター、「やっていません」とシラを切り通し。
2月27日、山形地検に起訴されても、相変わらず「身に覚えがない」とうそぶいているというから、開いた口が塞がらない。
す、す、すると、DNA型を警察庁のデータベースで検索すると、山梨県で発生したかなりの未解決強姦事件の遺留物のDNA型と一致したというから、大変。

Why did not this motherfucker promptly be told that “murder of the soul” is said to be brutal(なぜこのクソッタレが臆することなく「魂の殺人」と言われる蛮行を続けられたのか)?

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード