Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

検証プロファイリング Jリーガーによる連続10回1人PK型レイプ事件!?

In Japan, it might be anxious about the activation of the volcanic activity, but it is the explosion of his own volcano of egocentric athletes that must be more anxious(日本では、火山活動の活発化も心配だが、それ以上に心配なのが自己中心的なアスリートどもの自分の火山の爆発)!

東仙坊、ある通信社のアーカイブで、あの写真を初めて見たときの震撼をまた覚えている…。
なんという光景なんだ…一体これは何なんだ…なんというカタチなんだ…こんなモノを見てしまって…。
そのぐらい、4月22日、なんの予兆もなく1972年以来43年ぶりに発生した、チリの標高約2000mのカルブコ火山の大噴火の映像にショックを受けていた。
この世のモノとは到底思えない…生きている間に見たいモノではなかった…アー、イヤだイヤだ…。
そのミステリアス極まりない火山性雲、そして、異様にカラフルでオゾマシイ稲妻、たかが人間がこのような爆発に近いモノを創り上げ、同じ人間にしようとする神経は、それこそ神をも恐れぬ不遜な行為でしなかいと改めて確信。
そう、東仙坊が見た写真とは、人類が初めて核実験に成功したビキニ諸島でのモノ…。
脆弱な人間の怒りの脳のカタチをしたような写真…。
ともあれ、5月1日、その3回目の大爆発が発生したというから、ますます不気味。
それゆえ、考えざるを得ないのが、無能でジコチュウの人間どもへの大自然の激怒がどのくらいなのか?というその程度。
4月25日午後3時11分、今、世界中の災害救助隊の方々が過酷な条件下で奮闘している、M7.9のネパール大地震。
その余震は、一向に収まる気配はなく、M6.7を始め、連日、M5クラスがジャンジャン。
では、地震に関しては、自信を持って先輩面ができる我が国だって、4月26日午前5時6分、与那国島近海、M5.6、5月3日午前2時43分、鳥島近海、M5.9。
天皇陛下と皇后さまが訪れられたばかりのパプアニューギニアでも、5月1日午後5時6分、M7.1。
我が日本の場合は、それで止まらない。
4月24日、北海道・知床半島の羅臼町幌萌町の海辺が、約800m、高さ約10~15m、幅約30mの規模で突然隆起。
4月28日、箱根町の大涌谷付近で、火山性群発地震。
何しろ、M1程度のものが毎日1日100回以上になっていて、吾妻山で火山性ガスが出ているというから、まさか、いよいよ、我が国を象徴している富士山大爆発の登場が間近の観?
そんな状況下で、我が国の恥知らずの軽佻浮薄なヤングは、蛮行三昧。
小学生並みの頭でしかないおバカ18歳オンナ同士が、金のために働いているだけのおバカホストを奪い合い、自分のカラダで稼ぐだけでは間に合わずそのライバルの同じくカラダで稼いだ金まで借りて、100万円のシャンパンタワー作り。
しかも、金が足らず、約半分はツケ。
それでも、ほら、これが私が彼に捧げたシャンパンタワーよと自慢げにライバルにツイート。
ブチ切れたオンナの方が自分の好意を寄せるおバカヤングどもを使って、マンガのごとくオンナを生き埋めにして殺害しまうようなおバカな事件が簡単に起きる社会…。
そんななかで、自分のマグマの趣くままに自分勝手に自分の火山を爆発させるクソッタレどもがいっぱい。
とりわけ、頭が腐っているからラクして好きなスポーツをしながら生きたいと考えたそこそこのプロアスリートは、最悪。
いつのまにか、自分は人とは違う、人よりは上にいる、特別な待遇があって当然と勘違いする大バカヤング揃い。
カラダを酷使した後には、オイシイ水が飲みたいというぐらいの感覚で、レイプ三昧。
なかでも、そうでなくても頭が悪いのにヘディングで頭の中まで壊しているサッカー選手に、女性をモノにしか見ないウツケモノが多いのも、当たり前なのかも?
東仙坊、新・新日本砂漠化-55 サッカーレイプ犯をゴールポスト磔の刑に!?でも書き込んだはず。
事実、日本のJリーグの歴史など、性犯罪者の歴史のようなもの。
◇アビスパ福岡、平島崇
2001年、選手寮内(?)で中3女子生徒を買春し、児童買春禁止法違反で逮捕されたオトコ。
◇川崎フロンターレから期限付き移籍で柏レイソル、茂原岳人
2006年、川崎市麻生区内の女性宅に住居侵入で逮捕されたオトコ(泥酔でのご侵入かとで起訴猶予)。
それなのに、ますます過激化。
2008年、2001年に神戸市西区の女性宅に侵入し下着3点や携帯電話など計10点を盗んだ住居侵入と窃盗で逮捕(最高裁が上告を棄却し、懲役1年執行猶予3年が確定)。
2009年12月中旬、深夜の路上で帰宅中の女性を駐車場に引きずり込み猥褻な行為をし現金数万円入りの財布を強奪。2010年2月に指名手配され山梨県内で逮捕(冤罪で??起訴猶予)。
◇ジュビロ磐田、菊地直哉
2007年、女子高生に対して淫行で逮捕(起訴猶予処分)。
日本サッカー協会が1年間の選手登録の停止処分(???)。
すると、大分トリニータ、アルビレックス新潟で再びJリーガー(???)。
◇元浦和レッズ、三上明紀
2008年、net掲示板で知り合った14歳少女に売春させたとして、児童福祉法違反で逮捕(懲役1年8ヵ月)。
◇元京都サンガF.C、福寿伸一
2009年8月14日、京都市西京区のマンション3階にある22歳女性方のベランダに侵入し住居侵入で逮捕。
2009年1月のぞき目的で住居侵入したとして逮捕され罰金10万円の略式命令を受けていたばかりというから、唖然。
どうだろう?
選手生命が比較的短いと言われるJリーガー、大した活躍もしなければモテないのも仕方がないのかもしれないが、頭の程度が相当低いのが問題なのでは?

■Jリーガーによる連続10回1人PK型レイプ事件

●現時点で知り得る限りの事件の概要

4月30日、神奈川県警捜査一課と神奈川県警相模原南署などは、埼玉県蕨市中央に住む、元サッカーJ2選手で医療法人職員(?)、神村奨(26歳)を、強姦致傷と住居侵入で逮捕。
何でも、昨年3月31日午前2時半ごろ、神奈川県相模原市南区のマンションに侵入し、就寝していた大学2年生女性(21歳)の顔を殴って、「静かにしろ、殺すぞ」と脅すなどしてレイプし、頭部挫傷などの軽傷を負わせたというから、言語道断。
すると、2009年から今年3月にかけ、小田急電鉄相模大野駅周辺などを中心に、マンションに1人で暮らす20代女性ばかり(?)を狙ったレイプやレイプ未遂などの同様の事件が10件ほど発生していることが判明。
その手口は、まさにPK。
①マンションの玄関ドアに手当たり次第に触れ、無施錠の部屋を見つける(???)。
②玄関先に置いてある靴で、若い女性が住む部屋かどうかを判断(?)。
③まず女性のタイツを見つける。
そのタイツで女性の手を縛り、バスタオルで目隠しをするなどして、脅迫しながらそそくさと蛮行に及んでいたというのである。
ちなみに、この勝手にPKのクソッタレ、2011年、サッカーJ2の水戸ホーリーホックに所属し、その後、J3のFC町田ゼルビアに移り、2013年に現役引退。
また、小田急線相模大野駅近くの神奈川県相模原市南区に実家。
つまり、Jリーガーの現役時代から蛮行を繰り返していたということだけは、確実。

●東仙坊がプロファイリングするこの事件の不可解な点

①J2の選手であるということは、1日も早くJ1で活躍したいと、一心不乱に粉骨砕身にストイックに練習に明け暮れる毎日ではないのか?
普通の人間なら謙虚にそう考えるものなのでは?
しかしながら、今のヤングの多くがそうであるせいなのか、あるいは、頭をボールで打ち付け続けるせいなのか、このチームには自分の才能を理解しないヤツラしかいない、そのせいで自分は不遇だと一方的に勘違いし、冗談じゃないよ、やってられないよ、こんなところでクスぶっている自分が可哀想…と不平不満タラタラ。
そうしているうちに、本来オレサマはスターで女の子たちからチヤホヤされていたはずなのに…と思い込み、その誇大妄想的幻想の虜。
オンナどもよ、オレとsexできることをアリガタク思えとばかりに、傍若無人にレイプ三昧。
えっ、東仙坊が連日書き込んでいるサプア人みたいだって?
もしかしてそれはあるのでは?
再三再四指摘してきているが、好きなコトをしてラクして華やかに生きたいというのは、サプア人の真情なのでは?
実際、サッカーの世界には、ゴルフや野球の世界同様、元サプア人やサプア人の血を濃く受け継ぐヒトたちがかなりいるのでは?
②PKを成功させるには、キーパーとの読み合いが前提になるのでは?
左右どちらに飛ぶか?
こちらが左右どちらに蹴ろうとしているのか?
その意味で、洞察力と直感力に優れた選手が成功しやすいのでは?
そこで、大きな疑問が1つ。
玄関先にある靴でとっさにそこに住んでいる女性がいい女かどうか、若くてピチピチかどうか、読めるほどの選手だったのか?
どう考えても、そんなセンスはなかったのでは?
ということは、日ごろから、このクソッタレ、相当女の子を物色して歩いていたと思うが、どうだろう?
それで、さらに大きな疑問が1つ。
今日日、玄関の鍵をかけないで眠る女のことが何でそんなにいるの?
どちらかというと、そちらの方が不思議では?
③東仙坊、今回、メチャクチャ忙しいのにこのクソッタレについて触れたくなった理由がある。
それは、このクソッタレ逮捕のニュースを偶然観た瞬間、コイツ、アイツにソックリと思ったからに他ならない。
ソイツとは、4月30日、仁川地裁での公判が結審したばかりの、冨田尚弥。
偶然、この大バカが26歳ということもあるが、それ以上に、そのジコチュウはなはだしい相が瓜二つ。
最後まで、被告人質問に対し、「カメラを盗っていない。無実です」と訴えていたというから、豆腐のプールにでも飛び込ませるしかないウツケモノ。
5月28日に判決が言い渡されるというが、それで有罪になったらどの顔をして日本で暮らせるのか?
いかなる理由があったも、国益を損なうようなコトをしてしまっただけで、十分にすでに有罪なのでは?
仮に、本当に有罪判決を出すのなら、無能なサプア検察よ、「罰金100万ウォン(約11万円)を科すべきだ」などとノンビリしたことを言っていないで、そっちでどこかに島流しにしてほしいと思うが…。

どうだろう?
スポーツで自己満足しつつ、功名心や名誉心を満たし、そこそこの金を得て勘違いする大バカヤングが増殖しているのも事実では?
特に、そういう幼稚ジコチュウの不逞の輩どもの顔には、ある種の共通点があると思わないか?
このクソッタレの元Jリーガー神村奨、三流スイマー冨田尚弥、あえて挙げておくならJUDO家内柴正人、コヤツらの顔に同じ臭いを感じないか?
世のヤングレディたちよ、ぜひ心して欲しいと思うが…。

Sho Kamimura, Naoya Tomita, Masato Uchishiba, the face of these three assholes have a considerable common point(神村奨、冨田尚弥、内柴正人、この3人の顔には、かなりの共通点がある)!



profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード