Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 母親による牛乳アレルギー5歳一人娘牛乳での殺人未遂事件


When there is no spirit of own sacrifice, one doesn't get away for a good mother(自己犠牲の精神がなければ、いい母親にはなれない)!

東仙坊がプロファイリングするこの事件の問題の本質。
1人の男と女が出遭い、やがて結婚する。
これについては、一夫一婦制やLGBTのことは棚に上げておき、人類誕生以来続けられているごく普通の定番的行動。
それぞれのヒトびとがそれぞれに出遭い、結果的にそうなることはそれぞれの責任問題で、他人が決して関知すべきものではないはず。
そもそも、恋愛自体が、「蓼食う虫も好き好き」と「アバタもエクボ」がベースだから、当事者同士にしか絶対に理解できないはず。
その意味でも、この鬼母が、いつ?どこで?夫となるオトコと知り合いなぜ?いつ?どこで?結婚したかについても、不問にしたい。
一番のポイントは、この鬼母が30歳になって子どもを産んだこと。
つまり、産む前に、どう子どもを育てるのか?とか、子どもの将来設計をどうするか?と、どのくらい夫と話し合ったのか?
もちろん、経済的に、物質的に、精神的に…。
もし本当に話し合っていたのなら、娘が5歳とカワイイ盛りなのに、なぜ別居しているのか?
その意味では、その別居理由は大きな意味を持っているはず。
これまた定番の性格の不一致なのか? 性の不一致なのか? 夫の不倫なのか? 自分の不倫なのか? 夫の甲斐性のなさなのか? 舅や姑の問題なのか? 近ごろ、やたらと多い自分のスペースを欲しがっただけなのか?
どうあれ、その際に、自分たちのまだたった5歳の娘の養育と未来について、どれだけ話し合ったのか?
今のバカ親らしく、その確固たる1人の人格と存在など一切無視し、自分たちの気分だけを優先しただけなのでは?
まるで、我が子をペットかロボット、イヤ、単なるモノにみなして…?
どちらにしても、鬼母はもちろん、その父親、昨今の「孫はカスガイ」のはず両方の祖父母、それらの愛情の匂いが全くしてこないのも気にならないか?
どうあれ、この悲劇的な5歳幼女の鬼母とその父親が人間として成熟していなかったことだけは確か。
特に、影さえも見えてこない父親は、一人前の男ではないのでは?
とにもかくにも、東仙坊、この鬼母をフォーカスするために、そのブログに注目。
そこで、気になったことは、やはり、そのジコチュウ度。
①自分で、自分を「何事もガンバってしまう性格」とか、「仕事と家事育児で精一杯で自分の時間が持てない」と嘆いている甘さ。
②滑り台で、「ママも滑ってもいい?」と尋ねることが、子どもとのコミュニケーションと勘違いしている幼稚さ。
この鬼母、もう一度娘に戻って母親から躾をきちんと受けるべきなのでは?
そして、その決定的なジコチュウ的バカなプライドが、「カルトナージュ(厚紙で組み立てた箱などに紙や布を貼り付けて仕上げるフランスの伝統的な手芸)、ラシェリボン(リボンワークの一種)、日本ホームスタイリング協会のディプロマ(資格証)を取得しました。来年から、読売かるちゃー金町の公開講座の講師になります」という自己顕示。
好きなことで自分らしく働くキャリアウーマンを自慢したいのかも知れないが、それが何?
それ以上に、致命的な甘えと幼稚さが鮮明に表われているのが、千葉県柏児童相談所なる何の役にも立たないところに出向いているということ。
そのような無機質な場所に、ヒューメインで慧眼で含蓄を持つ人間がいるワケもないのでは?
実際、何かいいアドバイスを受けたり、いいサジェスチョンをもらえたのか?
かえって当惑するようなハメになっただけなのでは?
さらに、呆れるのが、千葉県警流山署にまで相談に行ったということ。
対応のできない無能警察、「子どもを連れて署に相談にきている」と千葉県柏児童相談所に連絡しただけなのでは?
そのときすら、千葉県柏児童相談所は、警察にまで飛んでこず、「問題はない」と答えたというのでは?
とにかく、鬼母自身、人を見る鑑識眼のない未熟なオコチャマだったのでは?
その意味で、せめて子どもを産む前に、本物の人間力を磨いてほしかったと思わないか?
そう、子どもを産む最低限の自覚を、子どものためにすべてを犠牲にする覚悟を身につけられないのなら、産むべきではなかったのでは?

Child rearing must be the last selfless devotion to country(子育てとは、究極の滅私奉公)!










 








緊急プロファイリング 母親による牛乳アレルギー5歳一人娘牛乳での殺人未遂事件

For whom is there responsibility which has made a mother be such ugly woman(こんな醜悪なオンナを母親にさせてしまった責任は誰にあるのか)?

東仙坊、前回、親の資格のないヒトが親になるから子どもが残酷な目に遭うと書き込んでいたら、それを決定的に証明する母親が出現し、メチャクチャ激怒している。
それも、これまた前々回取り上げた千葉県というから、なおさら憤怒。
12月13日、千葉県警流山署は、殺人未遂で、千葉県流山市に住む、会社員、佐久ちはる(35歳)なる鬼母を逮捕。
何しろ、12月11日午前9時ごろ、自宅アパートで、牛乳アレルギーの5歳の1人娘に、紙パックの125㎖牛乳を飲ませ、「アナフィラキシーショック」を引き起こさせたというから、断固許し難し。
それはそうだと思わないか?
その5歳幼女にとっての致命的なハンディキャップ、母親だからこそ知りうるプライバシーの重大秘密のようなもの。
それを逆利用して我が子を殺害しようとするなんて、どう考えても人間じゃないはず。
えっ、昨年から「経口免疫試験」という牛乳アレルギー治療を始めていたからじゃないか?って?
冗談ポイ。
この鬼母、医師から、きちんと0.1ccと支持を受けていたというのでは?
0.1ccとは、ボタリと、1、2滴の量のはず。
それを鬼母が熟知していたことは、昨年11月、自分のインスタグラムに、「牛乳アレルギーのある娘。今日から経口免疫の試験を始めることになりました。今回は0.1cc」と書き込んでいるというのでは?
えっ、すぐに救急措置として「エピペン」を娘に注射し、自分で「娘がアレルギー症状でグッタリしている」と119番をかけているって?
だから、5歳幼女は、呼吸困難になり、全身が真っ赤になり、血圧が低下していたのに、ドクターヘリで救急搬送され、一命を取り留めたって?
バカは休み休みおっしゃれ、ウサギさん。
「アナフィラキシーショック」は、ほんの少し口に含んだだけでショック状態を引き起こし、呼吸筋がマヒして、酸素を取り込めなくなって死ぬことが圧倒的に多いはず。
この鬼母、だからこそ、1人娘を殺害しようとして牛乳を飲ませたに違いないはず。
たまたま、東仙坊、数日前に、UKの研究チームが生後6ヵ月くらいまでにごく少量の牛乳を与えるようにすれば、ほぼ牛乳アレルギーの発症を抑えられるというニュースを観ていたから、余計にブチ切れ。
そもそも、幼児の約3~6%に発症するという牛乳アレルギー、正式には「新生児・乳児消化管アレルギー」で、牛乳や羊乳に含まれている「カゼイン」というタンパク質が原因。
つまり、母乳で育てれば、ほぼ発症しないもの。
というのも、母乳に含まれている「カゼイン」は分子サイズが小さく吸収しやすくなっているから。
どうあれ、こんな鬼母に、子どもを産ませたオトコは、その家族は何を考えていたのか?
もちろん、この千葉県に住む鬼母、夫と別居中でシングルマザーもどき、生活のために働くワーキングプア、そして、その不幸極まりない娘と2人暮らし…。
そう、今や、定番の子どもの貧困と子どもへの虐待にストレートに繋がる環境…。
実際、この鬼母、「精神状態が不安定だった」と供述しているというのでは?
そう、自分の心模様だけ。
それだけじゃない。
4月から8月にかけて、4回も千葉県柏児童相談所に、「育児に不安がある。子どもを預けたい」と行っているというのでは?
さらに、7月には、なぜか千葉県警柏署に、「子どもを預けたい」と訴えたために、一時、父親(???)が娘を預かったというので???

When did you need “mother qualifying exam” increasingly in Japan(日本では、いよいよ「母親資格試験」が必要になったのでは)?

To be continued...








profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード