Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 「アキハ、バラバラ」のキチガイ!?そして!?-2  

Gee, how come did they do the same failure in this kind of case(どうしてマスメディアはこういう事件で同じ失敗をするのか)?

東仙坊、また逆鱗に触れられた。
あれほど秋葉原無差別殺傷事件の犯人が、劇場型売名を画策しているから、模倣犯防止の見地からも、絶対無視すべきと断言したのに…。確かに、報道責任もあるのかも知れないが、これでは結局キ印の思うつぼ…。すぐにレーザー・レーサーを身に着け記録更新を狙い、このキ印に「勝とう」とする大バカ者が出てくる気がしないか?
Isolation(孤立無援)の中で、卑劣で卑怯な犯罪によって、徒花の自己顕示を企むキチガイは、いつの時代にも世界中に出現する。
東仙坊、「週間映画人間」考察で指摘した、週間映画人間(a movie of the week)、ワイドショーネタになりたがるヒトを抑止するには、完全無視以外に方法はないと思うのだが…。
どうあれ、加藤智大なるキ印が「ワイドショー独占」を切望していたのに、

俺がなにか事件を起こしたら、
みんな『まさかあいつが』って言うんだろ
『いつかやると思ってた』そんなコメントする奴がいたら
そいつは理解者だったかもしれない


と期待していたのに、なぜ、マスコミはこのキ印の思い通りにしてしまうのか?
マスコミに、もっとintelligence(知性)を誇る人間としてのプライドを示して欲しいと思うのは、東仙坊だけなのか?
確かに、いつも通りマスコミにも怒っているが、今回の激怒のメインターゲットは、そのマスコミではない。

あれほど宗主国の警官のように、すぐ撃ち殺せば被害者が減ったのでは?と瞬間的に感じたのに…。実際、このキ印がナイフを振り回しているときに、警官が棍棒で遠巻きに応戦していたために、新たな2人の被害者が出てしまったというではないか…。
しかも報道によると、そのキ印を追い込んだ警官は、手が震え、すぐに拳銃が取り出せなかったばかりか、手錠すらすぐにかけられなかったというではないか…。
本当に情けなくてみっともないと思わないか?
天下の警官がそんな状態で、どうやって市民の安全を確保できるのか?
事件に巻き込まれ、不運にも友人を亡くし、自分も軽傷を負った大学生のブログでも、警官から、

事情調査、事情調査、事情調査
名前は?住所は?生年月日は?電話番号は?状況は?
同じ質問を何度も何度も何度もされた


とあったが、そこに今の警官のレベルを感じないか?
プロファイリング-11 普通仮面を被った異常犯罪-5で、指摘したが、警官もプロフェッショナルであって欲しいと思うのは、東仙坊だけなのか?
確かに、警官にも怒っているが、今回の激怒の対象は、その警官がメインでもない。

東仙坊、前々回の緊急プロファイリング 「アキハ、バラ」のキチガイ!?そして!?でも書き込んだが、どうしても人間として許しがたいのは、その凄惨な事件現場をカメラや携帯で撮り続けた、秋葉原オタク・モンスターの存在である。
前述の大学生のブログにも、

カメラ、携帯、カメラ、携帯、カメラ、携帯…
なんだよお前ら、馬鹿ばっか…
カメラぶっ壊してやろうかと、携帯逆折りしてやろうかと
そう思った。
「不謹慎です、やめてください!」
とりあえずやめさせようとした。
無視された。
嫌な顔もされた。
…なんで?
悔しくて涙が止まらなかった。


とあった。
そんな狂気に満ちた愚行を、なぜ、ためらいなく取れるのだろうか?
どこに成熟した大人としての思いやりがあるのだろうか?
目の前で繰り広げられている信じ難い現実を、リセットのできるバーチャルなゲームとでも思ったのだろうか?
おぞましいマンガの1ページでも見ているつもりだったのだろうか?
そのリアリティのなさは、一体どこからくるのだろうか?
そんなオタク・モンスターたちを、本当に一人前の人間扱いして、まるで一つの日本文化の担い手のように扱っていいのだろうか?
もちろん、全員とは言わないが…。
本来なら、その目を覆うような光景に、ただただ戦慄のあまり、立ちすくんでしまうのが人間の常ではないのか?
あたかも、メイドカフェのメイドやアキバ系アイドルの写真を撮るかのように、あるいは、偶然出くわしたドラマの撮影現場や出演タレントを撮るかのように、どうして平然とカメラや携帯を使い続けられたのだろうか?
その行為を人間として恥ずかしいと、なぜ感じないのだろうか?
また一方、なぜ、メイドカフェは即刻営業を停止し、アキバ系アイドルたちはそのコンサートを即刻中止しなかったのだろうか?
これもまた、同じ人間として、相当恥ずべき行為だと思うが、どうだろう?
どこに人間としての最低限のモラルがあるのだろうか?
このような悲劇的な現実に直面したら、自然に哀悼の意を表するのが、人間が人間たる所以ではないのか?
東仙坊、単なる歩行者天国の中止だけではなく、秋葉原そのものに、改めて目を向ける必要があると思うが、どうだろう?

人間は、生きている限り、生きているという現実をしっかりと凝視してゆかなければならないと思うのだが…。

The virtual must never be the real for eternity(仮想のことは永遠に現実のことではない)!



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

緊急プロファイリング 「アキハ、バラ」のキチガイ!?そして!?-1

Obviously sound might be needy at Akihabara(秋葉原の環境は、明らかに貧しいのかも)!

東仙坊、この時代が生成させたような劇場型犯罪愛好キ印、加藤智大(25歳)を絶対にプロファイリングしない。それ自体が、このキ印の思惑に加担すると確信するからである。
もちろん、絶対に納得できないだろう不慮の死の犠牲者の方々には、慎んで哀悼の念を表する。
そして、またこのキ印を、アスペルガー障害、強迫性障害、解離性同一性障害とお見立てする奇特なヒトが出現しないことを、心より祈っている。
さらに、宗主国のように、非運にも(?)刺されてしまった最初の警官がその場で射殺してくれたら、犠牲者が減ったのでは?とも、正直思っている。
ただ、誰もが感じているように、このキ印、秋葉原でこの犯罪を実行しなければならなかったのであり、秋葉原に集まる人を何が何でもターゲットにしたかったに違いない。それだけは断言しておく。
また、東仙坊、唯一このキ印に関して注目している点は、《履いているクツの色と形》である。
そこに、この卑劣で卑怯な犯行計画の全てが集約されていると感じている。

東仙坊、以前から、秋葉原は、「秋は、バラ」だったのに、「空きは、黒バラ」になってしまったと、憂慮していた。確か、オウム真理教なるテロ・カルト集団が出没し、オタク(?)と呼ばれることに自己満足するヒトたちが跋扈するようになったころである。
マスメディアを中心に、世の中が、無修養で社会参加しない利己的若者に媚びへつらうだけでなく、それを一つの文化のように仕立てて稼ぐ不逞の輩が跳梁し始めたころでもある。
自由民主主義国家である以上、誰がどんな生き方をしても、カラスの勝手、そんな風潮を助長し、加速させたのが、この秋葉原と言っても過言ではなかったかも知れない。
もっと簡単に言えば、世の親(?)と呼ばれるだけで親の責任を負わない、情けなくてみっともない大人たちが、子どもにおもねり、へつらうようになったのが、秋葉原疑似文化(?)の台頭からだった。
我が国のモラル喪失のスピードの加速に、この秋葉原の変化が影響していることは、否定できないと思うが、どうだろう?
東仙坊、昔のように、電気の街になれと時代錯誤のことを言っているのではない。
あたかも、「オタクなのだから」という疑似アイデンティティがあるような雰囲気が、心的障害者のような特権を与えるようなムードが、凄く変だと思わないか?
これは、いい意味での差別になっているのでは?

どうあれ、この加藤智大なるキ印に対しては、また偉い先生たちがいろいろに分析されるだろうから、東仙坊、それに全てを委ねたい。
では、なぜ、何に黙っていられなくなったのか…?
それは、この悲惨極まりない秋葉原惨殺事件を、まるで他人事のように、テレビのドラマを観るかのように、それ以上に、その世紀の残虐非道な犯罪現場に出くわし、運よく自分が被害者にならず、にわか仕立ての報道カメラマンにでもなったかのように、携帯カメラ(?)で撮影したり、報道のインタビューに応えたりしている、不届き千万なassholeたちが一杯いることに、憤怒したからである。
とりわけ、報道カメラに向かってポーズを作り、それを携帯電話で仲間か家族に連絡していたアホどもが画面にいたことに、ハラワタが煮えくり返り、憤懣やる方ない思いになったからである。
この国のモラルは完全消失してしまったのか?
その究極のリアリティのなさ、教養のなさ、心配りのなさ、バーチャルな行動は、どこから生まれるのか?
事実、これだけの写真やビデオを提供したbastardは、一体どんなつもりなのか?
まさか、営利目的ではないだろうな?
さすがに、いくら東仙坊でも、このキ印と同等とは言わないが、相当恥を知るべき犯罪者と呼べないだろうか、どうだろう?
そんな暇があったら、遠巻きに見ていないで、みんなで力を合わせて、取り押さえるのが人間じゃないのか?
実際、必死で救助の手伝いをしていた人も、間違いなくいたではないか…。
どちらにしても、東仙坊、テレビカメラにポーズを取っていた不届きなアホどもの顔も、よく覚えておいたほうがいいと思うが、どうだろう?
そんなヤツは、すぐに、周りから「あのいい人が…」と言われるようになるに違いないと思うが、どうだろう?
東仙坊、ずーっと叫び続けているように、お天道さまは見ているはず。

ついでだから、どうしてもマスコミの方々にお尋ねしたい。
被害者家族、すなわち遺族に何を話させたくて、あのようなインタビューをするのか?その意図が全くわからないのだが…?
特に、「犯人に何か言いたいことはありませんか?」という質問に、マスコミの終末を感じるのは東仙坊だけなのか?
そして、こういう全く因果関係のない無差別殺人のケースで、なぜ被害者のプライバシーを出す必要があるのか、本当に理解に苦しむのだが、どうだろう?

Surely Heaven should be watching you(お天道さまは必ず見ている)!



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード