Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 新潟小学校7歳女児殺害線路遺棄事件


In order to seriously stop the brutal violence like this case, we should clarify the details of humiliation received by the victim girl. Then at least the parents with their daughters will defend their daughters on their own risk(この事件のような残忍な蛮行を本気で阻止するためには、被害女児の受けた屈辱の詳細を明らかにすべきである。そうすれば、少なくとも娘を持った親たちが命懸けで自分たちで娘を守るようになる)!

■新潟小学校7歳女児殺害線路遺棄事件

●結局、今回のホシも被害女児の目と鼻の先にいた典型的なペドフィリア型サイコパスのクソッタレ

○何も考えずに笑顔を浮かべられる人間として未成長なクソッタレによる自己満足のための残忍な蛮行…。
実は、東仙坊、この事件の一報に、被害女児UTDの自宅近くに家族と住む、現在のヤングらしく恋愛経験皆無のコクーンヤング、もしかしたら、まだティーンエイジャーがホシと直感していた。
そして、そのクソッタレの母親は離婚するか死別するかで夫がいないか影の薄い夫にストレスを貯めていて、その意味で、クソッタレはファーザーレスチャイルドのようなもので、女の兄弟がいても、姉で妹ではないとも直感していた。
なぜなら、UTDのようなコケットリーと無縁なタイプの女児をターゲットにするくらいだから、相当、その審美眼は未熟で、マザコン度はハンパじゃないと確信したからでもある。
また、自宅に自分だけの部屋があるだけでなく、家族の車それぞれにカーポートがあるのでは?と想像していたからでもある。
実際、事件発生からちょうど1週間後の5月14日、UTDの死体遺棄と死体損壊で、新潟県警西署に逮捕されたのは、新潟県新潟市西区小針上山に住む、電気工事関連会社(?)社員、小林遼(23歳)。
そう、UTDの自宅からたったの100m、1、2分。
そして、UTDの遺棄現場までたったの60m。
何でも、そのUTDが通っていた新潟市立小針小学校の卒業生であるだけでなく、新潟市西区にある40人のクラスに女子生徒が1人という工業高校を卒業後、近くの会社の電気工事士として就職。
両親と、姉、弟との5人暮らしで、彼女いない歴が長かったとか。
しかも、祖父が入院した際は周囲に「自分が看病に行っている」と吹聴していたというから、まあ、それだけのヒト。
いろいろな元同級生なる方々が証言されているが、ある男性の高校同級生が言っていたように、「目立つ感じではなかく内気なイメージだったが、決して純な感じではなかった」というあたりが、言い得て妙か。
どちらにしても、緊急プロファイリング  神戸長田区小1女児行方不明事件緊急プロファイリング 千葉県松戸9歳ベトナム女児全裸絞殺事件のクソッタレどものように、満足に大人の女性を相手にできないだけの自信なきオトコということ。
その意味からは、ペドフィリアにさえなれないほどの未熟なガキ。

○UTDの遺体遺棄現場の南東約4㎞(車で15分?)、道の駅「新潟ふるさと村」駐車場で、黒っぽい色(濃いパープル)の軽乗用車(日産軽自動車DAYZ、「新潟584 に708」)に乗っていて、白い作業着姿で確保されたクソッタレ。
そして、UTDを轢いた列車の1本前の列車の運転士の証言も、「線路脇で見た不審車は黒だった」とは!!!
どうだろう?
本当に開いた口が塞がらないのでは?
それこそ、何がクソッタレの黒い車が犯行時間帯にUTDの通う学校周辺やUTDの遺体が遺棄された現場の近くで防犯カメラなどに写っていただと思わないか?
司法解剖で車との衝突の形跡などUTDの遺体にはなかったのに、何が「車の事故で女の子にぶつかってしまった。女の子が泣いていたのでパニックになり、首を絞めて車に乗せた(???)」だと思わないか?
神隠しではないことが明々白々である以上、誰が考えてもUTDの身近にいるクソッタレオトコの蛮行と考えるのが自然。
そ、そ、そうしたら、6年も無欠勤だったのに事件当日、会社に姿を現さなかったオトコが、UTDのすぐそばにいた。
ソヤツの総務担当者が、「今日はどうした?」とメールを送信するも、朝も昼も無返信。
ようやく夕方になって、「会社に向かったけど着くことができない。ゴールデンウイークで休んだら気が抜けて、行けなくなった」と体調不良を訴える返信をしてきたオトコ。
しかも、事件翌日の5月8日には、会社に新潟県警西署から電話があり、出社状況や勤務態度を聞かれたというオトコ。
さらに、会社を休み続けるオトコ。
それだけじゃない。
事件以来、自宅に戻らないオトコ。
そ、そ、そして、そのオトコは、4月、別の女子中学生を車で連れ回した(?)青少年保護育成条例違反と児童ポルノ禁止法違反(?)などで書類送検されたばかりだったというのでは?
本当にとことんいい加減な新潟県警西署と思わないか?
そもそも、コヤツ、あの絞首刑になった宮崎勤にソックリなのでは?
もっとも、それで完全にワケがわからなくなったのが、UTDがたったの7歳でこのクソッタレに殺されるハメになった最大の理由。
クソッタレがじっくりと目にし触れる生まれて初めての異性の裸体、異性のシンボル???
今後クソッタレの愛人としてつき合ってくれる近くに住む便利なsexパートナー???
家族や会社や社会に書類送検の事実がバレたら生きていけないと一人じゃ怖いから無理心中しようとした情けないオトコの一足先にあの世で待たされる悲運の異性???
最近よくいる誰でもいいから人を殺してみたかったとほざくキチガイの仲間の餌食にされた子羊???
どうだろう?
これだけ何も考えられないクソッタレにたった一度の人生を奪われてしまったUTDは、一体どうやって成仏するのか?
本当に不思議な世の中になったと思わないか?
何が「仕事の帰りに車で撥ねてしまい(???)、パニックになってそのまま車に乗せた。すぐに車内で殺害した(???)」だ???
ランドセルに軽く接触した形跡があったもののUTDの遺体自体には撥ねられた形跡はナシなのでは?
それにしても、日本海に面した海岸沿いの海水浴場の駐車場(遺棄現場から約2.5㎞、拉致約15分後ごろには、日本海の海岸方面に向かって走行する様子が防犯カメラで確認)など、遺体を乗せたまま7時間も車で新潟市内を移動したうえで、線路に横たわらせるとは、ただの鬼畜生では?

In particular, to keep pedophilia psychopaths from doing whatever they want, constant care of their mothers and female brothers must be necessary(特にペドフィリア的サイコパスに好き勝手をさせないためには、その母親と女性の兄弟の絶え間ないケアが絶対不可欠)!








 




















緊急プロファイリング 新潟小学校7歳女児殺害線路遺棄事件

If Niigata prefectural police were to have low-level information manipulation etc., should we have done training to see through the nature of this psychopath who sent the documents(新潟県警は低レベルな情報操作などしているヒマがあったら、書類送検をしたこのサイコパスの本性を見抜く訓練でもしておくべきだったのでは)?

■新潟小学校7歳女児殺害線路遺棄事件

●例外なく遺体は語るから必ず追い詰められるクソッタレのホシ

○司法解剖の結果、UTDの死因は窒息死。
胃に残留物が残っていたということは、消化には3時間程度かかるはず。
ということは、その空白の7時間のかなり早い段階で、無残にもUTDは殺害されたということ。
つまり、遺体発見現場とは別の場所で殺害され、数時間後に現場に遺棄されたということ。
となると、クソッタレは、自分の家か、車か、ガレージか、どこか発見されにくい隠し場所に、UTDの遺体を保管していたということ。
実際、UTDの顔に鬱血、目に溢血があるうえ、列車に轢かれたことによる出血がほとんどないということは、体温が低くなって血液が凝固していたということで、すなわち、死後硬直が始まっていたということでもある。
では、なぜクソッタレはすぐUTDのクビを締めて殺害してしまったのか?
そうなると、何のために拉致監禁しかのかわからなくなってしまうのでは?
もしかして、どうしても黙らせたいためにUTDの口周辺を力任せに押さえつけてしまったとでもいうのか?
どちらにしても、この異常で特異な蛮行を同様な犯罪の抑止に繋げるなら、UTDのプライバシーに配慮し、「着衣に乱れはなかった」の一言で片づけてしまってはいけないのでは?
このクソッタレが、本当のペドフィリア かどうかは重要な意味を持っていると思うが、どうだろう?
事実、クソッタレが、UTD自身をターゲットにしたのか? もしくは、他の何かのための犠牲になったのか? それによって、ホシは大きく違ってくると思わないか?
とにもかくにも、UTDの遺体は徹底的に解剖すべきだったのでは?
ところで、あまりにもUTDが悲惨すぎるせいか、はたまた、また的外れなUTDへのプライバシーの保護のせいか、列車に轢かされたUTDの無残な遺体の詳細な状況が一切漏れてこない。
そして、せっかく許し難きクソッタレが逮捕されても、いっこうにそのへんの情報が出てこない。
どうだろう?
コヤツにおバカな人権派弁護士がつかないためにも、ここはその残虐非道な蛮行の詳細を思い切って伝えるべきなのでは?

○黒装束???、そして、黒い傘???
もしくは、白いワゴンタイプの車(???)。
とにかく、なぜか異常に多い不審者情報や不審車情報?
とりわけ、ミステリアスなのが、その殺人事件後も活発に活動し続けるかような黒装束のオトコ情報???
ともあれ、その踏切から線路沿いの道に5月7日午後8時ごろ、白い車に乗った不審なオトコがいたとか。
その線路沿いの道を北東に約400m行って突き当たると、北西へ延びる細い道路があるとか。
また、その100mぐらい先に小さな踏切。
5月7日午後10時20分ごろの約30分前に、その細い道路の途中で線路とは逆の方を向き、エンジンはかけたままライトは消し白いバンが停まっていて、様子を伺うとライトを点けて立ち去ったとか。
さらに、5月7日午後10時半ごろ、UTDを撥ねた列車の前に、逆方面に向かう列車が5月7日午後10時19分に小針駅を発車し、現場を通過していたが、線路上では何も確認されていないとか。
ただし、その列車のJRの運転士、「現場付近に白い車が停まっていた(???)」と証言。
つまり、5月7日午後10時20分~30分までの約10分間に、クソッタレは線路内に入り込んでUTDを放置したことになる。
そして、実に注目すべきことが、3つ。
1つは、UTDのランドセルから、数多くの指紋が検出されたということ。
もう1つも、不審な白い車が住民に目撃されていた柵の付近でも、指紋が検出されたということ。
最後が、事件当日に、事件翌日に、事件翌々日にも頻発し続ける同様な事件(?)。
どうだろう?
このうえななく有能な新潟県警は、一体何のために黒を白にする情報操作が必要だったのか?
それより何より、この地域には、逮捕された大バカのクソッタレ、小林遼以外にも、同じようなクソッタレどもがワンサカいるのでは?

Parents with daughters! We should bear in mind that it is only sex offenders in the world, including school teachers.(娘を持つ親たちよ、学校の教師を含め渡る世間には性犯罪者ばかりだということを肝に銘じるべき)!

To be continued...




緊急プロファイリング 新潟小学校7歳女児殺害線路遺棄事件


It should be regretted to this motherfucker that they should taste the fear and disassembly more than the victim girls received and committed suicide with briquettes(このクソッタレには被害女児が受けた以上の恐怖と解体を味合わせ、練炭で自殺しておけばよかったと後悔させるべき)!

■新潟小学校7歳女児殺害線路遺棄事件

●現時点で知りうる限りの事件の概要

UTDの授業は5月7日午後3時ごろに終了し、午後3時15分ごろまでに、複数の友人と一緒に下校したとか。
そして、新潟市立小針小学校から約500mにある踏切から約100m手前で友人たちと別れ、1人になったとか。
それから、その踏切から自宅までは約300mで、子どもでも数分の距離とも。
ちなみに、その鉄道、JR東日本の運行するJR越後線という全線が単線。
そして、上下線の電車が1時間に3本ずつ走っており、約10分ごとに電車が行き交う状態だとか。
ともあれ、多種多彩な情報を整理すると、UTDがその踏切を越え、自宅に向かう線路沿いの道路を1人で歩いていたことは確かのようなのだが(?)…。
ただし、その道路、住宅街に面してもいるが、住宅街側には空き部屋の多い集合住宅やブロック塀などがあり、道幅が狭く、通行人の様子が他人の目に触れにくい様子。
さらに、その下校時の気温は14.6℃で、小雨だったために、余計に視界が悪かったとも。
どちらにしても、自宅に着く前に(?)、UTDは、何者かによって、突然、拉致監禁されたことだけは間違いない。
それこそ、一瞬のスキを突かれて…。
そう、自宅から100mのところに住む23歳の小林遙なるクソッタレの黒い軽自動車の中へ…。
そして、なぜかこの道路には防犯カメラが設置されていないというから、何をかいわんや。
5月7日午後4時20分ごろ、UTDの母親が、「娘が戻らない」と小学校に連絡。
すぐに教員ら20数人が捜索を始め、UTDにその日の朝に起きたことを知る。
5月7日午後5時ごろ、新潟県警新潟西署に、母親と学校が連絡。
新潟県警は、30~40台の車両を出し、130人態勢で通学路付近の捜索を開始。
と同時に、UTDの両親のそれぞれの携帯電話に盗聴器を設置。
そう、誘拐にも対応。
す、す、すると、UTDは思わぬカタチで発見される。
それも、この世では起きてはいけないような凄惨なカタチで…。
そう、UTDは「小動物」にされてしまったのである。
しかも、列車によって木っ端微塵にさせられそうになったのである。
そう、JR越後線のJR青山駅とJR小針駅間のほぼ中間に位置する地点のレールとレールの間に横たわされ、5月7日午後10時半ごろ、JR越後線新発田発内野行き上り普通電車(4両編成)に轢かせられ、発見されたのである。
その見てはいけないものを見るハメになったJRの電車運転士、「人が線路付近に横たわっているのが見えてブレーキをかけた」と証言。
そして、現場近くの線路上には、UTDのランドセルやスニーカーなど登校したときと同じ着衣や持ち物が散乱していたとか。
どうだろう?
思いあまった小2女児の鉄道自殺のようにほんの一瞬だけ見えないか?
また、現場は、UTDの自宅から約150mぐらいの人通りの少ない生活道路の突き当たり付近で、夜間は人目につかない場所。
新潟市水道局の青山浄水場と小針駅付近の閑静な住宅街に挟まれる場所で、午後5時ごろに施錠される青山浄水場側には防犯カメラ数台と有刺鉄線が何重にもめぐらされているとか。
住宅街側の車道との境には高さ120㎝ほどの3段の鉄柵があり、歩行者らが線路に入るのを防ぐようにしているとも(???)。
もっとも、それぞれの鉄柵の段間は30㎝以上あり、大人でも容易に出入りできるというから、マンガ。
と、と、ところが、このUTDの遺体発見は、UTDを殺人・死体遺棄事件被害者と確定し、とんでもない世紀のうつけ者、小林遼がすぐそばに住んでいることを証明しただけ。
それにしても、目と鼻の先に住んでいる7歳女児を車に引っ張り込み殺害し、一体何をしたの?
仮にペドフィリアだとしてもどうしてすぐ殺害できるの?
どう考えても、書類送検されたことからのヤケクソ的な殺害が最初から目的なのでは?
とにかく、そういうサイコパスには、UTD同様、線路に寝かされるべきなのでは?
そして、身長120㎝のUTDがそうされることで味合わされたバラバラにされる小動物気分をイヤというほどこのクソッタレにも味合わすべきなのでは?

The principle of almost none religious my Yamato ethnic group should be all equivalent exchange(ほぼ無宗教の我が大和民族の原則は、すべてが等価交換であるべき)!

To be continued...

緊急プロファイリング 新潟小学校7歳女児殺害線路遺棄事件

We couldn't trust the local volunteer 's fathers, but is it somewhat of an elementary school responsibility avoidance to leave out that there is no watching attendance at school(地域のボランティアのオヤジたちも信用できないが、通学の見守りがいないのを放っておくのは、小学校のある種の責任回避なのでは)?

■新潟小学校7歳女児殺害線路遺棄事件

●現時点で知りうる限りの事件の概要

この日、7歳小2女児UTDは、朝からイヤなことばかりだった。
ピンクのジャンパー、水色のトレーナー、グレーのパンツ、キャラメル色のスニーカー、キャラメル色のランドセル、ピンクの傘。
身長120㎝のUTDは、それなりの雨で歩くのも面倒だったのに、朝、1人で登校途中、「黒い服を着て、サングラスをかけたオジサンだった」と気色の悪いオトコに追いかけられた(?)ことを友人に告げていたというのではないか?
さて、そこで、気になることが、いくつか。
◇近隣エリアでは、新潟県警や新潟市教育委員会などが把握する不審者事案がゴマンとあったというのでは?
それも、昨年4月からだけで、12件(?)以上。
UTDと同じ新潟市小針小学校の女児だけで、3件。
そして、その事件後も、なぜか2件。
①昨年4月15日午後1時55分、帰宅途中の小学生男児が車のオトコにつきまとわれた。
昨年9月22日午前7時55分、新潟市西区小針の路上で、サングラスをかけたオトコがすれ違いざまに小学校に登校中の別の女児の肩をつかんだ。女児は逃げて無事
オトコは30代くらいで身長約170㎝。黒い長袖の服、黒いズボン姿、野球帽(?)。マスク(白? 黒?)。髭(?)。黒いコウモリ傘(?)

UTDの指摘では、このオトコに似ていたとのこと。
③昨年9月25日午後4時5分、見知らぬ30代(?)の上下黒のサングラスをかけたオトコに4年生女子が声をかけられた。
④昨年9月27日午後4時、2年生男児が登校中に走ってきたオトコに腕を叩かれた。
⑤昨年9月28日午後5時10分、4年生女子が自転車のオトコに腕をつかまれた。
⑥昨年10月3日午後7時、小針西で帰宅途中の女児の前にオトコが立ち塞がり腕を掴み引っ張った。
⑦昨年11月27日午後4時30分、遊んでいた男児数人がオトコに追いかけられた。
⑧昨年12月18日午前8時、サバイバルナイフを持ったオトコが歩き回っていた。
⑨4月13日午後4時、下校途中の女子中学生6人が40代くらいのオトコに追いかけられた。
⑩4月13日午後4時10分、下校途中の小学生男児が「オウチはどこ?」とオトコに声をかけられた
⑪5月8日午後3時ごろ、小針小近くの小針青山公民館付近で、黒い服に黒マスク(?)のビデオを手にしたオトコにブツブツ言われながら女子中学生が追いかけられた。
⑫5月9日午後6時ごろ、小針小から約2㎞の西区松海が丘の路上で、黒い服に黒い帽子の叫ぶオトコに3人の女子中学生が追いかけられた。
こ、こ、これだけじゃない。
○4月中旬、UTDの家のすぐ近くに住む女子中学生が黒い運動着のオトコに追いかけ回された。
○4月下旬、このUTDが通学する線路沿いの道で日差しがないのにサングラス姿の上下黒の服のオトコが踏切から突き当たりの方向に向かって歩いていた。
極めつけが、これ。
○5月7日午後7時15分ごろ、隣の区の中央区桜木町で、歩いて帰宅していた中学生女子生徒が走ってきたバイクに乗ったオトコに体を触られた事案。オトコは、中肉、または小太り。ヘルメット着用。丸型のライトが付いたスクーターのような小型バイク。
どうだろう?
このエリアは、まさにデリジャラスゾーンと言っても過言ではないのでは?
にもかかわらず、小学校のHPにも明確な注意喚起は一切なかったが、実のところはどうだったのか?
年1回、不審者対応の訓練を実施していて、1、2年生はほぼすべて緊急時に大きな音で危険を伝える防犯ブザーを付けさせていたというが、それでお茶を濁せるような状況ではなかったのでは?
不審な行為を受けた場合の連絡ネットワークぐらいは整備しておくべきなのでは?
ところで、UTDは携帯電話を所持していなかったのか?
仮に母親に朝の不快な出来事を伝えていたら、何らかの対応が取れたのでは?
自分が迎えに行くとか、兄を一緒に帰らせるとか?
それで、どうしてもわからないことが、1つ。
この歴史ある小学校、それはそれなりに問題があっても、集団登下校はなぜしていなかったのか?
それより何より、これまたそれにも問題があるかも知れないが、地域での子どもの見守りをなぜしていなかったのか?
どちらにしても、今回のホシである黒い軽自動車に乗った小林遼が5月14日に逮捕された後にも、現場周辺では、下校中の男子小学生が上下が黒の服装で黒手袋の30代(?)のオトコに腕を掴まれたりしているのでは?

Even Japanese schools that are not allowed to possess guns must be not as secure as the schools in the USA that are permitted to possess guns(銃所持が許されていない日本の学校だって、銃所持の許されているUSAの学校同様に、とっくに安全ではないのでは)!

To be continued...










緊急プロファイリング 新潟小学校7歳女児殺害線路遺棄事件


If anything seems to belong to that country like USA, parents who were murdered by a brutal encroachment will be able to shoot that culprit if they allow the gun to be held(どうせならその属国らしくUSAのように銃の保持を許可すれば、大切な娘を残忍非道に殺害された両親がそのホシを撃ち殺せるようになる)!

野球から我がイチローなる本物のプロフェッショナルが消えゆくように、今、世界中のありとあらゆる世界で、本物のプロフェッショナルたちが消えようとしている。
そう、世界中がアマチュアだらけの世界に、したり顔で本物を演じるだけの最悪なニセモノどもがのさばる情けなくてみっともない世界になってしまっている。
ドナルド・トランプ、習近平、金ボンボン、サプアの茶髪大統領、テリーザ・メイ 、レジェップ・タイイップ・エルドアン、エマニュエル・マクロン、92歳のマハティール・ビン・モハマド…。
どこをどう観ても、恥知らずのド素人ばかり。
その意味では、これでは本物のスパイ、ウラジミール・プーチンに敵わないと感じるのは、東仙坊だけではあるまい。
世界がそうなのだから、ご多分に漏れず、我が国も何もかもがオコチャマの世界。
まあ、1日3億円ずつ浪費して、相も変わらず、お友だちだから便宜を図ったに違いないと物証もないまま国民に選ばれた代表を自認するニセ政治屋どもが臆面もなく跳梁跋扈。
そんな政治屋を養成するだけの勘違い機関の財務省にいたっては、とうとう5月9日、幹部ら約80人を対象にセクハラ研修を開催したというから、ほとんど末期状態。
しかも、講師に頼んだ女性弁護士菅谷貴子なるご仁、どこから探したの?と言わざるをえないピンボケ。
「財務省の感覚と世の中の常識が非常にズレている、大きく乖離がある。どこかゴシップの一つであるとして『本当に訴えたいなら証拠を持ってきなさい』という驕りがあったのではないか? 人権侵害の問題であり、刑事事件にもなりうる大きな不祥事であることについてしっかり認識していただきたい。二度とこのようなハラスメント問題を起こさないためにどうすればいいのか? 何がハラスメントなのか? ハラスメントが起きたときにどう対応すればいいのか? しっかりと当事者意識をもって認識していただければ…女性と1対1での会食を避けることは再発防止策として適当ではない。私的な場と思っていても公の人間と見られている意識が必要」
どうだろう?
もはやこの国は救えないのでは?
当然ごとくそんな国では、断固許し難き極悪犯罪が横行。
さすがに、路上で電気ドリルで38歳女性の頭を襲うような17歳少年はまだ出現していないが、それも時間の問題なのでは?
えっ、それって、どこの国か?って?
UK領北アイルランドティロン州ストラベーン、5月5日午前2時ごろ…。
襲われた女性は?って?
もちろん、いまだ危篤。
ともあれ、またまた、誰もがセクハラ、パワハラ、モラハラを十分に熟知しているはず(?)我が国で、また反吐が出るような不快な事件が起きた。
それも、近くの小学校からの通学帰りの7歳小2女児が、その通学帰りに拉致され、無残にも窒息死させられたうえ、わざわざ自宅近くの線路上に置かれ、その小さな遺体をグジャグジャにして証拠隠滅を図ろうとしたというから、もうワナワナワナ。
一刻も早く取っ捕まえて八つ裂きにしたくてもそうできないので、せめて日本中の国民の地獄に堕ちろ!という念に応えさせたいと思っていたら、なんとかホシは逮捕されたというのだが…。

■新潟小学校7歳女児殺害線路遺棄事件

●現時点で知りうる限りの事件の概要

新潟県新潟市西区小針に、「創造 健康 健康な心と体を育み、新しい文化を創り上げる」と簡易科小市小学校として1887年に創設された由緒ある「新潟市立小針小学校」に通う7歳小2女児(便宜上、「UTD:Urashima Taro's daughter(浦島太郎の娘?)」と呼ぶ)がいた。
何でも、1964年の新潟地震以降、周辺は新築ブームで新潟市のベッドタウンとして人口が急増。
以前からこの地域に住んでいた人たちでさえ衝撃を覚えるほど短期間で発展。
それにともない児童数も急増。
1970年青山小学校が分離したのを皮切りに、真砂小学校、東青山小学校、坂井輪小学校と次々に新設分離校が誕生している、全国でもメズラシイ地域とか。
ともあれ、そのUTD、ゴールデンウィーク明けの初日の5月7日、学校から約800m離れたその新潟市西区の自宅から、徒歩で小学校に向かったとか。
ちなみに、彼女は、両親と兄との4人暮らしで、2年前に現在の自宅に引っ越してきたとか。
となると、その仲よしだったという兄も同じ小学校に通っていたのでは?と思うのだが…
あるいは、転校せず別の小学校だったのか?

If we possess the possession of a gun in our country, it must be no doubt that the school will become a mere battlefield over the USA(我が国で銃の所持が許可されたら、学校はUSA以上の単なる戦場になることは間違いナシ)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード