Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 沖縄20歳女性強姦殺人死体遺棄事件

This dreadful case must be all over the world, not one of cowardly and mean rape murder which has occurred every day(この凄惨な事件は、世界中で毎日起きている卑怯で卑劣なレイプ殺人の一つ)!

■沖縄20歳女性強姦殺人死体遺棄事件

●東仙坊がプロファイリングするこの事件の糾弾されない本質

②この許し難い残虐非道なレイプ殺人死体遺棄事件を、何が何でもUSA軍撤退と結びつけようとするヒトたちの欺瞞こそが沖縄県の抱える悲しい性と言っても過言ではない。
確かに、USAは誰もが認める凄惨な犯罪天国でもある。
しかし、それは残念ながら、そのUSAの富と自由に憧れ、その後をひたむきに追従する我が国でも、今や同様である。
人への思いやりに欠けたジコチュウのクソッタレどもが、そこらじゅうで我が物顔。
明日は我が身というのが、現実なのでは?
そ、そ、それなのに、こんな犯罪を犯すのはUSA人の軍人や軍籍の人たちだけかのように、大騒ぎするのは、恥の上塗りだと思うが、どうだろう?
にもかかわらず、いとも簡単に、それを我が日本国の国防の根幹に結べつけようとするような卑怯で卑劣なヤツラは、人非人であるだけでなく、間違いなく売国奴。
ともあれ、そんなヤツラにどうしても問いたくなるのは、東仙坊だけではあるまい。
そう、ウソだらけの巨悪な中国共産党の思い通りに、中国領に本気でなりたいのか?と、そして、我が国を裏切り我が国の敵になりたいのか?と…。
数年前、中国社会科学院学院学部委員張海鵬と同科学院中国辺彊史地研究センター研究員李国強が、人民日報で、「馬関条約と釣魚島問題」と沖縄の帰属は未解決で中国に領有権があると示唆したように。
何でも、2人によると、「日本は中日甲午戦争(日清戦争)を通じてこれらの尖閣諸島などの島嶼をかすめとり、清朝政府に圧力をかけて、1895年4月、『台湾とそのすべての附属島嶼』および澎湖列島の割譲という不平等条約『馬関条約(下関条約)』に調印させたが、日本政府の条約の中に、台湾附属の島の処理を曖昧にしようとする意図が見える。下関条約第2条に基づき接受された台湾全島および附属の各島嶼について、なぜ曖昧な説明しかないのか? 尖閣諸島は日本の領土ではない。沖縄も歴史上の懸案であり、未解決問題だ」とのこと。
そして 「琉球王国は一つの独立国家であり、中国の属国だった」とのこと。
では、あえてその通りだったとしても、ぜひ沖縄の人々に尋ねてみたい。
今、本当に中国領になることを望むのか?と…。
何よりも大切なことは過去よりも未来なのでは?
もっとも、その示唆だって、2007年、国会図書館外交防衛課濱川今日子が発表した「尖閣諸島の領有をめぐる論点」と題する論文のパクリでしかないのだが…。
何でも、彼女によると、1895年6月2日、水野弁理公使と清国李経方全権委員との間で行われた「台湾附属の各島嶼にどの島嶼を含むのか」を巡るやり取りで、「台湾受け渡しに関する公文」に署名する際に、その点が議論の焦点にもなったとのこと。
どちらにしても、慰安婦問題や南京問題など、すべてに曖昧模糊な態度を取る我が国の煮え切らなさがネックであることだけは確かなのでは?
ともあれ、沖縄県の人々は、本当にどうしたいのか?
本気であの黒社会の中国の軍門に下りたいのか?
ちなみに、「自治を保障する」と言われ、1965年中国に編入されたチベットはどうなったか?
武力制圧にともない20万人以上を虐殺され、常に監視され、母国語の使用を禁止され、漢民族と無理やり結婚させているのでは?ついでに、その示唆が発表されたとき、中国netユーザーたちは、「沖縄の帰属問題について中国が現地住民に投票を促せば、中国のチベットやウイグルでも投票をしろと言われる事態が発生し、取り返しがつかなくなってしまう可能性がある」と反応している。
また、浙江理工大学副教授は、「琉球は1879年に日本の領土に編入された。琉球の人たちが編入を望んでいたのかどうか、今の沖縄の人たちに投票してもらえばわかることだろう。しかし、これは非常に危険な行為だ。というのも、中国が投票を促せば、中国のチベットやウイグルでも投票をしろと言われる事態が発生し、取り返しがつかなくなってしまう可能性がある。さらに、日本は投票を恐れてはいないのだ」と指摘。
さらに、環球時報のweb上でアンケート「沖縄帰属問題の再燃は日本の痛いところを突いたのか?」では、98%4万3547人が「突いている」、2%952人が「突いていない」。
そして、次のような意見が。
「琉球は本来の姿に戻り、琉球人のための国を創るべきだ。琉球人にとって公平な歴史を取り戻そう」
「琉球人の独立思想を牽引しよう! 彼らの独立を支持し、日本を分裂させよう! 琉球の独立は中国にとってもよいことだ。日中の間を取り持ってくれるだろうから」
「第二次大戦中に占領した領土に対し、日本は『当時は我々が統治していた』と言い訳する。こうした略奪好きの民族には強い態度で臨まないとならない。盗っ人に彼らの愚かさを説いて聞かせれば、暴力で反撃されるのと同じ」
「琉球問題を再議するのはいいが、やり方は考えないとならない。問題を再燃させることで、琉球と日本の間にさらなる緊密な協力関係が生まれる可能性がある。琉球人はすでに自分の一部が日本人であると認識しているだろうし、彼らの独立心を刺激するしかないだろう」
「琉球が中国の帰属となる可能性は低い。しかし、業を煮やした日本政府に『だったら尖閣諸島は中国にあげてしまおう』と思わせることはできるかもしれない。そうした意味で、この手法は賢いと言えるだろう」
「また始まった一部の中国人の自己満足。愚かだ」
「日本は何とも思ってないよ。尖閣問題で万策尽きて、琉球にまで手を伸ばそうとは笑止千万。おウチに帰って夢でも見てな」
「中国マスメディアは国際マスメディアを見習って、世論をどう牽引するか勉強した方がいい」
「人民日報はもう少し国民が喜ぶことをせよ、国民を教育することばかり考えるな」
どうだろう?
さあ、どうする?と訊きたくならないか?
最後に、東仙坊、沖縄とかなり深く関わったので、私見を少々。
沖縄県人、ウチナチャの本質は、モノにこだわらずモノゴトを深く追求しない面倒臭がり屋。
よく言えば、明日死ぬかもしれないのだから、今日を目いっぱいエンジョイしようという楽天家。
酒と歌と踊りがあれば満足の刹那主義者。
それもこれも、「沖合にある漁場(ナワ)」、「沖縄(ウチナー)」でも明白なように、海と戦い海に生きる質実剛健な九州の猟師たちの涅槃的達観。
だからこそ、執拗な左翼の売国奴どもに翻弄されてしまっていると思うのだが…。

When Okinawa-ken person should recover original easy-going good sense(沖縄県人は、本来の大らかな良識を取り戻すべきとき)!











profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード