Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

The declining reality of Japan's stupid mainstream media seen on “TV Asahi” that no one could save anymore(「テレビ朝日」に見る我が国のおバカメインストリームメディアどものもはや誰にも救えない凋落の一途の実態)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

東仙坊、五輪の「五」すら書きたくないのに、偶然、閉会式を垣間観てしまったので、どうしても少し触れたくなった。
我が国のおバカメインストリームメディアどもが、「やってよかった、こんなコロナ禍の下で、日本の底力を見せられた」と恣意的に終らせようとしているのが見え見えだから、なおさら触れたくなった。
そもそも、今回の感染症がいかなるものかとほんの少しでも理解しているのなら、なぜあれだけの選手たちを集めて、杓子定規な閉会式をする必要があったのか?
それこそ、せめて各国1人代表で出席させればよかっただけなのでは?
もちろん、かなりの「ソシアル・ディスタンシング」を取らせて、手短に、特に、それぞれの含蓄など微塵もない挨拶など超手短に、意味不明の三文ショーもやらず、どこまでも日本的にしめやかに…。
そう、体操競技じゃないけど、せめて着地ぐらいは決めるために…。
それなのに、中韓のごとくの事大主義的フィナーレにして、本当におバカ組織委員会はナンセンス。
それで、唖然とさせられたのが、この呼吸器感染症の「呼」すらいまだ理解できていないおバカアスリートどもの行動。
マスクなしの「密」を作っただけではすまなかったらしく、やたら輪になって騒いだり踊ったり、まるでリオデジャネイロ五輪の閉会式の再現。
そう、見せられたのは、「スポーツの力」ではなく、「スポーツ・バカ」の正体。
なかでも、最悪だったのが、木造の国立競技場のなかで、USA選手の超バカどもに葉巻をスパスパと吸わせたまま放置したこと。
まさに、卑屈な勇気なき今の日本の真骨頂とも言えるのでは?
そして、今回の東京オリンピックの実態を完璧に象徴したのが、東京・渋谷のカラオケ「パセラ渋谷店」で、「テレビ朝日」のスポーツ局オリンピック担当スタッフ6人とによる社外スタッフ4人の計10人が酒を持ち込んで行った打ち上げ宴会、それにともなうメチャクチャ不可解な20代女性社員の2階窓(?)からの転落(?)事故(?)。
何でも、閉会式終了後から8月9日午前4時ごろにかけ、打ち上げ宴会を決行。
ちなみに、このカラオケ店、正午から翌午前5時までが営業時間とか。
また、そのカラオケルームに防犯カメラはなく、なぜか普段立ち入れない(?)非常階段から、「人が落ちてきた(?)」と目撃者が110番通報。
その20代女性社員、病院に緊急搬送されたものの左足の骨を折るなどの重傷を負って、現在入院(?)しているとか。
さて、そのケガをした女性社員、歩けないほど泥酔していたのなら、他に9人もいるのだから、誰かがケアをするのが自然なのでは?
それに都会のど真ん中のカラオケ店、入退店に非常階段を使うことなどまずないのでは?
普通は、エレベーターか、内階段。
もしかして、この何でもありの時代、正面入り口を意図的に閉めて営業していた可能性がないワケでもないが…。
そうなると、その女性社員、ワケあってその場から必死に逃げようとした可能性だってあるのでは?
そう、レイプじゃなくてsexのメッカの国立競技場の後なのだから…。
まあ、おそらく誰も真実を話すことはないと思うが、どうだろう?
ともあれ、この件に関し、あの口八丁手八丁の「テレビ朝日」の社員コメンテーター玉川徹が、「『テレビ朝日』の社員として、視聴者の皆さまの信頼を損ねたことに関して謝罪を申し上げます。申し訳ございませんでした」とメズラシク頭を下げて次のように言い足したとか。
「1つは、緊急事態宣言下で行動の自粛を呼びかける立場の『テレビ朝日』社員が、10人で集まって酒を飲んで宴会をしていたということ。2つ目は五輪に関しての感染拡大が危惧されている中で、それを訴える立場の、さらに五輪番組を担当する社員がこのような宴会をしていたということ。3つ目は、今、感染爆発で医療体制が逼迫する中、救急医療体制に対して無用な負荷をかけてしまったということ。どれ1つとっても恥ずべきことで、非難されることです。一体なぜこんなことが起きてしまったのか? 調査委員会などを作って全て明らかにする必要がある。社員個人の資質の問題なのか? 指導が足りなかったのか? それとも『テレビ朝日』の構造の問題なのか? これを全て明らかにして、視聴者の皆さまにそれをすべてお伝する。そこからしか信頼は回復できないと思っています」
そして、東仙坊、秘かにバランスがいい司会者と認めている羽鳥慎一も次のようにコメントしたとか。
「今回のことはあり得ないことだと思います。自覚がないというレベルをはるかに超越しています。特にやってはいけない立場の人間がやってはいけないこと全てやりました。番組ではこれからもコロナ関連の報道、皆さんへの外出自粛等を行っていきます。とても恥ずかしいです。『どの口が言っているんだ』という批判をしっかりと受け止めながら、放送を続けていきたいと思います」
では、お二人にお尋ねしたい。
確か、4月に、「テレビ朝日」ニュース番組のスタッフ6人がカラオケへ行き、5人が感染したのではありませんか?と。

We ordinary Japanese should never ride on the stale agitation of the stupid mainstream media rather than the deteriorating “transfer fraud group”(我々普通の日本人は、劣化しきった「振り込め詐欺集団」よりもおバカなメインストリームメディアどもの陳腐な煽動に絶対に乗ってはいけない)!

To be continued...


profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード