Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Those who don't feel that Xi Jinping has made China a more vicious and frenzied country than North Korea should doubt that he might be really Japanese(習近平が中国を北朝鮮よりも凶悪で狂乱した国にしてしまっていることを感じない人は、本当に日本人なのか疑うべき)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

東仙坊、心の底から不思議に思っているのが、一向に減らない我が国の内にいるいまだ媚中派剥き出しに国賊的売国奴に自らなるニセ日本人の存在。
それはそうだと思わないか?
その人間としての本分を棄てたクソッタレどもは、「自分たちは絶対に悪くない。悪いのは中国人以外だ」とばかりに、事実を認めない、謝罪しない、約束や契約を守らない、難癖をつける、脅迫する、人権など眼中にない、そんな中国の横暴さや悪辣さを一体どう考えているのか?
実際、2020年、USAの「ビュー・リサーチ・センター」が実施した世界14ヵ国の中国への認識調査によると、「中国をイヤ」と言っている国は、日本86%、スウェーデン85%、オーストラリア81%、サプア75%、USA73%
2020年、我が国の「言論NPO」による「中国によくないイメージを持っている人」89.7%。
ということは、単純に我が国の内にいる約10%のニセ日本人どもが、893国家中国を維持させていると言えるのでは?
にもかかわらず、世界は我が「中華」のモノとばかりに横暴極まりない893国家、「夷狄の日本よ、黙って従順に言うことを聞け!」とこれっぽちも感謝ナシ。
それどころか、ちょっとでも口答えするだけで、すぐに脅迫。
2017年中国企業の依頼で温泉探査に向かった日本人技術者6人を拘束したり、2019年中国政府シンクタンク「中国社会科学院」の招待で訪中した北海道大学教授を拘束したり、どこまでも手下扱い。
とどのつまりが、数十年前に「盧溝橋事件」が勃発した昨年7月7日、「ソニーが新製品を発表するというnet予告が、国家の尊厳や利益に損害を与えてはいけないとする広告法9条に違反した」と「ソニーグループ」中国法人に100万元(約1800万円)の罰金を科したとか。
そのために、ソニー中国法人は、昨年7月1日に予告を削除し、中国での発表会を中止。
そして、「罰金の決定を尊重し、協力していく。関係する政府部門の指導のもと、同様の過ちの再発を防ぐために、運用プロセスを徹底的に見直し、この事例を日常業務で適切な予防策を講じる教訓とする」というコメントを公表する情けなさ。
それで、話は少しそれるが、どうしてても触れておきたいことが、1つ。
「オミクロン株」の大爆発で、死者が減るはずのワクチン接種をせっせとしている羊のように心穏やかな国民なのに、なぜか死者が激増している日本。
それなのに、相変わらず超少ない検査数のまま感染者が減少し始めていると言い始めた、実にミステリアスな我が日本政府と我が国のおバカメインストリームメディアどもが、なぜかその詳細を報道し続けるサプアの感染激増状況報告。
どうだろう?
これだけ自分たちの感染が拡大しているときに、サプアの感染拡大のニュースに我が国に何のメリットやニュースバリューがあるのか?
ましてや、サプアは、我が日本を敵性国家とみなしているだけでなく、茶髪大統領自らが、「自分たちは、『天の下に大きな山、その麓の小さな山』の『小中華』だから、夷狄の日本よりも上の存在だ」と893国家中国の若頭国家を自慢するトンデモナイ裏切り者国家なのでは?
それでいて、茶髪大統領、5年間に就任するやいなや、真っ先にボスにゴマするかのように訪中し4日間も滞在しながら、肝心のボスも代貸も盃を交わすどころか飯さえ一緒に食べてくれなかったのでは?
そう、完全にハナから三下扱い。
そんないい加減な若頭が率いる国で例えどんなコトが起きようと、できるだけ関わらない方がイイ国のはず。
そ、そ、それなのに、何のためにサプアの感染拡大だけは報道し続けるのか?
ところで、その893国家の若頭気取りのサプアが、なんとボスの国で開催中の北京冬季五輪で、ボスの国に平然とアヤをつけているから、さすがチンピラ国家。
発端は、韓服の(?)チマチョゴリを、キムチ同様にオレ様たちのモノを強奪しやがって冗談じゃないとマジ切れ。
それが、ショートトラック競技での中国らしい掟破りで、爆発。
すると、2月9日、釜山の路上で、20代中国人留学生が、30代サプア人男性2人から暴行される事件が発生したとか。
それに対し、中国のマスメディアは、「この中国人へのヘイトクライムに関し、サプア大使館や釜山警察は、『北京冬季五輪のサプア失格判定によって沸き起こったサプア国内の反中感情と関連性がない。道を歩いていて肩がぶつかり争いになったと見られる。加害者が中国人を特定して暴行したワケではない』と説明しているが、この説明には疑惑が残る。また、釜山警察は、2人を任意同行して簡単な調査をした後に返したうえ、被害者に金銭的賠償を提案したが、中国人留学生がこれを拒否し、駐釜山中国総領事館に連絡を取った。道で偶然に肩がぶつかって事件が発生したというのも事実とは異なる。この問題は中国外交部が最高水準の関心を向けている特別事案である」と報道。
中国外交部も、「2022北京冬季五輪の審判紛争と関連して中国人留学生が最大の被害者となり、結果的に極端な差別を受ける可能性について注意を払わなければならない。とにかく、私たちはこのことについて高度に注目し、釜山駐在総領事館がすでに当事者に連絡して状況を把握して協力を提供しているし、現地警察の調査に協力する意向だ」と発言。
どうやら、中国人留学生が宿舎の下階にいたところ、通り過ぎたサプア人2人が、彼の話し方から中国人だという事実を知ってから、襲いかかり無差別に殴打、侮辱した後に、慌てて現場を離れ、頭と顔に傷ついた中国人留学生は警察に通報したというのが、顛末の模様。
どこまでチンピラ国家がボスの893国家に牙をむくのか、興味津々なのは、東仙坊だけではあるまい。

Isn't it a permanent know-how that it's better not to get along with the yakuza nation and the thug nation(ヤクザ国家とチンピラ国家とはつき合わない方がイイということは、恒久不変なノウハウなのでは)?

To be continued...







profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード